広告

当サイトは広告を利用しています。リンク先を通じて当サイトに収益がもたらされることがあります。

カフェ・コーヒー

パタヤ火金市場の新しいオシャレカフェ SIRASA CAFE

投稿日:

パタヤのソイブッカオ南端にある大きな市場。
基本は火曜日と金曜日に本格開催のため、火金市場などと呼ばれている。
パンデミック中に一度解体されて、更地なった。
その後、おそらくは別の運営会社によって再建された。

現地の看板には、シンプルにBUAKAW MARKETとの表記。
開催はEVERYDAY。
実際に市場自体は毎日オープンしているが、すべての店が揃うのは火曜日と金曜日、それに日曜日だ。
他の曜日は、果物売りなど一部の店だけが営業している。
パンデミックで一度は滅びかけたものの、現在はほぼ復活した。

ひさしぶりにパタヤ訪問中の人は市場に行ってみるといい。
以前より綺麗になっているんで。

広告



火金市場脇の新しいカフェ

さて、この火金市場沿いの道には、カフェが多い。
有名なのがBenjamit Coffeeだ。
ここはいつも長期滞在ファランで人気だ。
コーヒー豆だけの販売もする本格派である。

他にもカフェがいくつかある。

今回は、新しくオープンしたばかりのSIRASA CAFEを紹介。
オープンしたのは、2023年2月頃。

表にはテーブルあり。

店内はさっぱりとしてオシャレな雰囲気。
このエリアでは屈指の綺麗さだ。

上品な女性店主がお出迎えしてくれた。

エスプレッソ ホット45バーツ アイス65バーツ
カプチーノ ホット55バーツ アイス65バーツ
ラテ ホット55バーツ アイス65バーツ
アメリカーノ ホット45バーツ アイス60バーツ

パンも売っている。
クロワッサンが45バーツ、ブレックファーストセット80バーツ
など

訪問時はパンはすでに売り切れだった。

オーダーは、アイスエスプレッソ。

タイのローカルカフェでアイスエスプレッソを頼むと、自動的にミルクと砂糖入りとなる。俗に、エスイエンとか呼ぶ、タイスタイルのアイスエスプレッソだ。
SIRISA CAFEでは、何を入れるのか聞いてくれる。
砂糖を少々とお願い。

ブラックに近い、アイスエスプレッソのできあがり。

苦味と深みあり。
いいね。
ただ、個人的にはやっぱりタイスタイルのミルクと砂糖どばどばのほうが好きかも。味覚がタイ人になってきたのか。

テラス席では喫煙可能だ。

市場で買ってきたフルーツやら豚串なんかも持ち込みで食べても、まあ大丈夫ka。

地図と営業時間

地図

SIRISA CAFEの営業時間は、8時から15時30分。

水曜と木曜日は閉店だ。市場もほぼやっていないのでカフェも休みということらしい。

暑いパタヤでは涼しいカフェへ

現在のパタヤはとにかく暑い。
市場内の蒸し暑さは半端ではない。
むちゃくちゃ暑い。
油断していると、あっという間に熱中症で倒れかねないレベルだ。
市場の散策も楽しいけれど、暑さを感じたら、即座に避難を。
涼しいカフェでおいしいコーヒー飲めば、体も心も落ち着くはず。
無理せずパタヤを楽しみましょう。

広告

-カフェ・コーヒー

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.