パタヤ近況

旅の体力低下と体調不良

投稿日:

この2日間、体調不良で寝込んでいた。
そのせいで、ブログの更新ができてない。
タイ南部旅行を終えてパタヤに戻ってからの体調悪化だ。
なんだか最近は旅行終わりに必ず体調が崩しているような気がする。
前回のフィリピン旅行の際もパタヤ帰宅後に発熱した。
旅の体力というやつが明らかに弱っているようだ。

広告



旅の体力低下

今回のタイ南部旅行では、それほど激しい移動はしていない。
でも移動のたびに着実に体力が削られていくのを感じた。
体力回復と時間確保のため、1泊で済ませられるところを2泊に延長したりもしたが、なかなか体力が戻らない。
トータル7泊の旅行だが、毎日疲れが残った状態だった。

うーん、明らかに旅の体力というものが弱っている。
昔は、夜行4連発とか平気でやっていたものだが。
今では一日2,3時間の移動だけで大きく体力が削られて、しかも回復に時間がかかる。

単純に年をとったということだろう。
また日頃の不摂生がたたっているともいえる。
20代前半の頃のような移動続きのバックパッカー旅行はもうできない体になってしまった。
50代や60代になっても元気にバックパッカー貧乏旅行を続けている人を心から尊敬する。

体調不良

パタヤに戻ってから体力回復につとめる。
が、なかなか疲れが取れない。
で、日曜日。
この日は、F1が終わり、ワールドカップが始まる日だ。

F1最終戦のバーレーンGPはフェルスタッペンの優勝で幕を閉じた。

ついで、ワールドカップの開幕。

タイのテレビ局では、True4Uで放映している。

VPNで日本のAbema TVに接続して、日本語での放送を観ることができた。

よし。これで日本戦も日本の放送を観られそうだ。

まずは、オープニングマッチのカタール・エクアドル戦を見届ける。

午前1時頃に試合は終了。

その後、突然の眠気に襲われる。
ソファーで1時間ほど寝落ちした。
目が覚めて、あわてて起き上がる。シャワーを浴びてから、ブログ記事を書かねば。ネタは山ほどたまっている。
が、ふたたびとてつもない睡魔がやってきた。
睡魔というか、気絶を誘うほどの強烈な眠気だ。
1歩もできないほどのやばいやつ。
これは無理と即座に判断。かろうじてクッションだけを手に取り、床に倒れ込んでしまう。
ラグマットの上で横になる。
床に臥せた瞬間に寝入っていた。
いちおうコントロール下にはあったけれど、昏倒に近い状態だった。

ふたたび目が覚めると、午前8時頃。
頭がぼーっとしている。

しばらくまどろんでいると、寝室で寝ていた同居人が起き出してきた。
こんなところで寝てないでベッドに行けと母親みたいなことを言う。
まあたしかにそのとおりである。

ベッドで寝直す。
昼過ぎに目が覚めると、明らかに体調がおかしい。
熱がある。
体が動かない。
あかん。これは完全にやらかした。

体温計がないので何度あるかはわからないが、たぶん38度近くありそう。
体が熱い。

さいわいにも少しは食欲がある。
同居人に頼んで、ジョーク(おかゆ)を買ってきてもらう。

病人にはおかゆが一番だ。こういう時、タイのセブンイレブンはありがたい。普通におかゆが買える。
同居人の存在もありがたい。
食後には、これまた買ってきてもらった風邪薬のDecolgen(タイ人の発音でディコージェン)を服用。
あとはひたすら寝るだけ。

月曜日は丸一日寝る。おかげでワールドカップも全然見ていない。
火曜日になると体調は少しましになった。
寝転びながらもワールドカップの試合を観るまでには回復。
夜中になると、さらに回復して、ようやくパソコンを開き、記事を書けるようになったという次第である。

旅明けの体調悪化

それにしても、旅行明けの体調悪化が連続している。
前回のフィリピン帰りの時も今回と同じくらいの発熱だった。
今回は喉の痛みはなく、頭痛もほとんどなかった。
症状は発熱と倦怠感のみ。
それでも2日間はほぼ寝たきりだった。

ブログ更新がないことを心配した友人からLINEで連絡が入っていた。
この友人は先日パタヤに遊びに来て、日本に帰国したあとに発熱したそうだ。
他にも帰国早々に濃厚接触扱いとなった友人もいる。
いずれも抗原検査では陰性だ。

まあたまたまなんだろうけど、どうにも旅行から帰ると体調悪化するケースが多いように思う。
はたしてコロナなのか、それとも単に疲労に起因する発熱なのかはわからない。

今回は海外旅行ではなく、ほぼタイ国内旅行だったけれど、多くの外国人旅行者には接している。
いつ感染してもおかしくはない。
かといって、旅行をためらうほどのことではない。
もはや海外旅行もタイ国内旅行も日本国内旅行も同じことだ。
これが世界のトレンドというもの。
ヨーロッパとタイの往復には何の制限もない。ワクチン接種証明書の提示すら不要だ。
日本入国時にはワクチン接種証明書あるいは陰性証明書が必要だが、ワクチン接種させしておけば実質フリーに日本とタイを往復できる。国内旅行とさほど変わらない。
こうなると、大事なのは自分の体力と免疫力ということになる。そして体調管理をしっかり行うことだ。
あまり無理な移動や行動は避け、帰国日にも余裕をもったスケジュールが必要かもしれない。
帰国後1,2日は体を休めて、もし体調不良となっても自宅で静養できるスケジュールを組んでおけばいくらか安心だ。
休日取得の観点から、なかなか難しいんだろうけどねえ。
今はちょっとした余裕が大事なように思う。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.