タイ入国情報

タイランドパス申請停止とタイ入国制限に関する公式情報まとめ

投稿日:

12月21日に急遽かけめぐったのが、タイランドパス停止と隔離免除入国停止が決定したという情報。
いきなり首相がトップダウンで決定して下へ投げたという形で、情報が錯綜し、大混乱となった。
その後、タイ外務省が公式情報を出し、状況は少し落ち着いた。
昨日12月22日の夜に新しい入国規則が官報に掲載され、ひとまず公式情報が揃った。
ここでは、大使館や観光庁の日本語英語での公式発表をまとめておく。

広告



在東京タイ大使館からのお知らせ

東京にあるタイ大使館の発表。

22/12/2021
2021年12月22日00:00時(タイ現地時間)よりThailand Passシステムにおける「検疫隔離免除(Test&Go)」及び「サンドボックス制度利用(プーケットを除く)」によるタイ入国申請の受付を当分の間停止致しました。

Thailand Pass登録申請が完了している方は、
【1】登録申請が完了しており、Thailand Pass QRコードを受領している方は、ご登録のカテゴリーにより入国することが可能です。
【2】登録申請が完了しており、Thailand Pass QRコードを受領していない方は、承認が完了するまでお待ち頂き、QRコードが発行された場合にご登録のカテゴリーにより入国することが可能です。
【3】Alternative Quarantine(AQ)での検疫隔離及びプーケット・サンドボックス制度利用にて入国する場合は、通常通り Thailand Pass の登録申請が可能です。
【4】登録申請が完了しており、既にタイへ入国している方、及び「検疫隔離免除(Test&Go)」「サンドボックス制度利用(プーケットを除く)」にてタイへ入国する方は、予定されていた抗原検査(ATK)に代わり、政府機関の指定場所にて2回目のRT-PCR検査を受検して頂くことになります。なお、2回目のRT-PCR検査費用の自己負担はありません。

https://site.thaiembassy.jp/jp/news/announcement/10725/

タイ公的機関からの日本語情報としてはこれが公式のものとなる。
が、特に詳しい情報はない。
タイ外務省の発表をそのまま日本語にしただけだ。
現場レベルまで詳しい情報は伝わってないだろうし、これ以上はどうしようもなさそう。

在タイ日本大使館からのお知らせ

次は、バンコクにある日本大使館からのお知らせ。
日本政府機関からの公的な情報となる。

タイ入国のための「Thailand Pass」 の運用方針の変更等について(12月22日付け情報)

12月21日、タイ政府の新型コロナ対策本部(CCSA)は、オミクロン変異種の国内初感染等の状況を受け、タイ入国のための許可申請システムである「Thailand Pass システム」の運用方針の変更を決定・発表しました。
新たな運用方針は以下のとおりであり、明年1月4日の見直しまで当面適用される見込みです。なお、国内外の状況は日々変化しており、タイ政府による措置の変更の可能性もあり得ますので、最新の情報収集に努めてください。

1 Thailand Pass システムの運用方針の変更
(1)一時的に停止されるもの
・Thailand Pass システムを通じた隔離免除入国(Test and Go)及びサンドボックス・プログラム(プーケット・サンドボックスを除く)の新規受付は、12月21日(火)24時をもって一旦停止。
・12月21日までに申請を行い、許可を得た(QRコードが付与された)者については、許可内容に従った入国が可能。
・タイ入国後の所在確認を徹底するため、所定のスマートフォン・アプリ(モー・チャナ、MorChana)の登録を義務とする。入国直後のPCR検査を行う施設の職員が、アプリ登録の有無を厳格に確認する。
・サンドボックス・プログラムでの入国者については、従来通り、2回のPCR検査の受検が必要。
・12月21日までに申請を行い、許可を得ていない方については、引き続き審査が行われており、追って許可・不許可の連絡がある見込み。

(2)引き続き申請が可能なもの
・プーケット・サンドボックス及び政府指定隔離宿舎(AQ)経由での入国については、引き続きThailand Passシステムでの申請が可能。(注:AQ経由での入国に関し、タイ入国後の健康観察期間について情報が錯綜しており、申請時に確認が必要。)

2 タイ国内の感染防止に係る規制措置
(1)不要不急の海外渡航の自粛ないし延期を慫慂。
(2)国内移動に際し、特に長時間の移動に際しての事前・事後の抗原検査(ATK)の実施を慫慂。
(3)年始休暇明けの自宅勤務(WFH)の実施を慫慂。
(4)この他、既存の感染防疫措置の履行を慫慂。

https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_2021104_01_00001.html

CCSA発表全体を取り上げており、タイ大使館より踏み込んだ内容となっている。

詳細部分は情報が錯綜しており、大使館レベルでも把握できていないようだ。
現場レベルの苦労がしのばれる。

タイ国政府観光庁による官報掲載情報

TAT(タイ国政府観光庁)によれば、タイランドパス一時停止と新しい入国措置について12月22日夜に官報掲載された。有効となるのは12月22日からで即日施行となる。
これで最終的に正式決定したことになる。
TATでは、12月23日付けで最新の情報に更新している。新しい規制措置は12月22日から有効。

https://www.tatnews.org/

すでにタイランドパス承認済みであれば、そのままの条件で入国が許可される。
すでに申請済みだがまだ受け取っていない場合は、承認されるまで待つ必要がある。承認されれば、申請した制度でタイに入国できる。

タイに入国するのは、Test & Go、サンドボックス、隔離有り入国の3つの制度があるが、大きく影響を受けるのが最初の2つだ。

Test & Go

Test & Goでのタイランドパス新規申請は一時停止となる。
12月22日午前0時よりすでに停止されているが、正式決定となった形だ。

すでにタイランドパス承認済みでQRコードを受け取っている旅行者、12月24日までに入国する場合は、これまでと同じ条件での入国が許可される。
タイランドパス承認済みで12月24日から入国する場合は、追加要件の対象となる。
滞在5-6日目、もしくは呼吸器系の症状が出た場合は、政府指定の施設でRT-PCR方式(ATKセルフ検査ではない)にて2回目の検査を受ける必要がある。費用は無料。

これまでとの違いは、2回目の検査がATKセルフ方式から、政府指定施設でのPCR検査に変更となること。
すでに発表済みであった情報どおりだ。
この新しい措置は、12月24日からの入国者に適用される。

12月23日入国までは旧措置の適用。明日24日からは新しい措置となる。

ノンカイ陸路国境再開は延期

12月24日からは、ノンカイ陸路国境がTest & Goで開放される予定となっていたが、これは一時延期となる。

すでにCCSAがQ&A形式で発表していたが、これも官報掲載により延期が正式決定となった。
陸路での国境再開がいつになるのかは発表されていない。

サンドボックス

タイランドパス承認済みであれば、タイ入国後の変更内容はTest & Goと基本的に同じ。

すでにタイランドパス承認済みでQRコードを受け取っている旅行者、12月24日までに入国する場合は、これまでと同じ条件での入国が許可される。
タイランドパス承認済みで12月24日から入国する場合は、滞在5-6日目、もしくは呼吸器系の症状が出た際に政府指定の施設でRT-PCR方式(ATKセルフ検査ではない)にて2回目の検査を受ける必要がある。費用は無料。

タイランドパスのサンドボックス新規申請は、プーケットサンドボックスをのぞいて一時停止となる。バンコクやパタヤもサンドボックスエリアに指定されているが、新規申請はできない。
プーケットサンドボックスでの新規申請は引き続き可能だ。

日本からの旅行者はTest & Go利用可能なので、これまでわざわざサンドボックスを利用する必要はなかった。
が、Test & Go停止にともない、これからタイに強制隔離無しで新規入国申請するには、プーケットサンドボックスを利用するしかない。

プーケットサンドボックスの新規申請方法

12月22日以降に提出され、12月24日以降に到着予定のタイランドパス申請には、すべての必要書類と2回のPCR検査が求められる。
プーケット内のSHA++ホテルなど承認された宿泊施設の最低7日間の支払い済み証明書が必要。支払い内容には、2回のPCR検査代も含めなければいけない。
滞在5-6日目、もしくは呼吸器系の症状が出た際に政府指定の施設でRT-PCR方式(ATKセルフ検査ではない)にて2回目の検査を受ける必要がある。

タイランドパス申請サイトでも、緊急告知を掲載。

本日23日より即有効、サンドボックスの新規登録には2回のPCR検査の支払い証明書/レシートの提出が必須となる。検査は、0/1日目と5/6日目。

プーケットサンドボックスでは、まずプーケット到着時に最初の検査を受けて、結果が出るまではホテルで待機。陰性判明後はホテルを出て自由に行動できる。ただし、移動できる範囲はプーケットエリア内のみ。
その後、プーケット内限定で7日間滞在し、2回目の検査で陰性であれば、8日目以降はタイ国内を自由に移動できるようになる。

隔離あり入国

AQ(代替隔離施設)ホテルで強制隔離を受ける入国だ。TATでは、これをHappy Quarantineと呼んでいる。
官報掲載により12月22日からタイ入国制度が新しくなるが、隔離あり入国については中身は変わっていない。
すでにタイランドパスが承認されていればそのまま入国できる。新規申請も可能だ。

TAT情報では、隔離期間の変更は記載されておらず、現行ルールのままとなるはずだ。

・有効なワクチン接種証明書を持つ旅行者は7日間
・ワクチン接種を終えていない旅行者は10日間
・アフリカの低リスク国からの旅行者は14日間
(高リスクのアフリカ8ヶ国からは入国禁止)

PCR検査は、それぞれ、2回、2回、3回となる。

日本からのワクチン接種済み旅行者は7日間の強制隔離となり、隔離が終われば、タイ国内を自由に移動できるようにある。

AQホテルは、バンコクの他、パタヤも選択可能。
プーケットサンドボックスとは違い、強制隔離のため、最初の検査結果が陰性であってもホテルから外に出ることはできない。7日間ホテルの部屋で隔離される。

まとめ

とりあえず、これで公式情報が揃った。
すでにタイランドパス承認済みであれば、24日からも隔離免除で入国できる。2回目の検査はPCRが必要。
2回目のPCR検査の手順や提出先など不透明な部分は残るが、到着時に利用するSHA++ホテルが教えてくれるはずだ。
12月22日から有効となった新しい入国措置の期限は決められていない。CCSAでは来年1月4日に見直すこととしている。
来年以降のタイ入国制限がどうなるのか、年明け早々に隔離免除入国が復活するのかは、現時点ではまったく不明。
状況は刻一刻と変化しており、常に最新情報収集のほどを。

広告

-タイ入国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.