ステーキ・洋食

パタヤタイの45バーツケバブ

投稿日:

パタヤ生活でケバブは欠かせない料理の一つだ。
お手軽価格で肉と野菜が食べられて、ボリュームもある。
ただ最近は少し値上がり傾向にあって、ソイブッカオのトルコケバブ屋は80バーツになった。
お気に入りのソイダイアナのファミリーマート前にある60バーツケバブ屋はずっと閉まったまま。
そんなおり、パタヤタイで45バーツのケバブ屋台を見つけた。

広告



パタヤタイの45バーツケバブ

HATAM Restaurantというイスラム系レストランの店頭でケバブを売り出している。

ここは以前にカオモッガイが安くておいしい店として紹介済みだ。

関連記事:パタヤタイのフライドチキン付きカオモッガイがうまい

レストラン店内でのイスラム料理提供はまだやっていないようだが、表ではカオモッガイは売っているし、ケバブもある。

たしかに45バーツだ。

オーダーすると、アラブ系のお兄さんが調理してくれた。

キュウリ抜きの「マイサイテンクワー」とタイ語で告げると通じなかったので英語に切り替える。ノーキューカンバー。
助手のタイ人女性はタイ語のみ。
辛いソースはかけてもらう。

店を切り盛りしている女将さんは英語が達者で、すごくフレンドリー。
ケバブは売り切れ次第終了だが、夕方5時か6時くらいまでは残っているかなとのこと。お昼に買いに来ることをすすめられた。
実際この時の来店時刻は午後5時過ぎで、肉は終了間際だった。

45バーツを支払い、持ち帰り。

タイ人がやっているケバブ屋台よりも、生地の巻きがかなり緩め。ふんわりとラップしているという程度だ。
また、生地は薄めで、ボリュームも軽い。
味はごく普通だが、肉とトマトの相性がすごくよかった。
ソースはピリ辛。
もうちょっとマヨネーズの量を増やしたい。

ソイダイアナのファミマ前60バーツケバブ、ソイブッカオのトルコケバブ屋と比較すると、量はかなり少なく感じた。
生地と巻き方から、フィリピン・アンヘレスで食べるシャワルマを連想させた。

がっつり食べるというより、小腹が空いたときのおやつ感覚だ。
でも、45バーツならまったく文句ない。日本円で150円である。

地図

トゥッコムから歩いて数分程度。
グーグルマップでは臨時休業となっているが、カオモッガイとケバブは表で営業している。
ケバブはスナックとして、カオモッガイは食事としておすすめ。

また、近くには50バーツのケバブ&ハンバーガー屋が新しくできている。
こちらも近々試してみたい。
パタヤタイのトゥッコム裏手はローカル向けの安い店や屋台が多い。
探索してみるといい出会いがあるものだ。

広告

-ステーキ・洋食

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.