タイ入国情報

タイ開国は11月1日からとプラユット首相。娯楽施設は12月1日までに再開を。

投稿日:

10月11日夜、プラユット首相がテレビ演説をタイ全土に向けて放送した。
プラユット首相は、11月1日に低リスク国からの隔離無し入国を認め、12月までにはレストラン店内飲酒ならび娯楽施設の最下許可を与えると声明を発表した。
いよいよ、タイは国の再開へ向けて本格的に動きだした。

広告



タイ開国は11月1日に設定

プラユット首相はテレビ演説の中で、以前から計画していたように11月1日から完全にワクチン接種を受けた外国人観光客に国を開放すべく推進すると述べた。

11月1日に対象とするのは、10の低リスク国からの完全なワクチン接種済み旅行者とする。
首相は、低リスク国として、イギリス、シンガポール、ドイツ、中国、アメリカを挙げた。

首相はCCSAと保健省に対して、11月1日の開放について早急に検討するよう指示を出した。

低リスク国から空路でタイに到着した場合は隔離を免除して入国できるようにする。
本国を出発する前のPCR検査を実施し、タイ到着時にも検査を行って陰性であれば、タイ国内自由に旅行できるようにする。タイに住むタイ人が自由に行動しているのと同じように国内を移動できる。

11月1日の開放は低リスク国10カ国にかぎるが、12月には対象国を拡大、来年1月にはさらに広範囲に拡大していく。

対象リストに含まれない国からでもタイ入国を歓迎するが、隔離検疫などの要件を満たす必要がある。

 

プラユット首相の開国に関する発言の骨子は以上のようになっている。
低リスク10カ国のうち残りの5カ国については明らかにされておず、日本が含まれているかもわからない。
また、11月1日の開放については、バンコク・パタヤ・チェンマイ・ホアヒン・チャアムの5エリアをメインに計画されてきたが、プラユット首相の演説ではエリアに関する言及がない。
タイ人と同じように自由に国内旅行できると言っているので、エリア限定は想定していないのかもしれない。

低リスク国リスト、入国時と滞在中の具体的な運用方法などは、CCSAと保健省で検討していくことになる。
11月1日の開国が正式決定したわけではない。

レストラン店内飲酒と娯楽施設再開は12月1日までに

プラユット首相は、現在は禁止されているレストラン店内飲酒とバーやパブなど娯楽施設の再開についても演説で方針を表明。
年末年始に向けて、12月1日までに再開するための適切な対策措置を検討していくと述べた。

この決定にはリスクが伴うことは承知しているとプラユット首相。店内飲酒と娯楽施設の再開によって、深刻なケースが一時的に増加することはほぼ間違いないだろう。だが、状況を注意深く追跡し、どのように封じ込め、そしてその状況とともにどのように生きていかねばならないのかを見ていく必要がある。
なぜならば、観光業界や娯楽業界での収入に依存している数百万人の人々は壊滅的な打撃を受けており、2年連続で新年の休暇期間を無駄にするほど余裕があるとは思えないからだと。

 

店内飲酒と娯楽施設再開についての具体的な内容と感染防止対策ついては、特に語られていない。
これからCCSAや保健省などで検討していくことになる。
タイ開国と同じく、12月1日の娯楽施設再開が決定したわけではない。
あくまで検討段階だ。
ただ、よほどのことがなければ、12月1日までには店内飲酒ならびにバーの営業再開が見えてきた。

年末年始も含む11月からの数カ月間が経済的に重要となってくる。
まず11月から外国からの観光客を迎え入れ、12月には店内飲酒と娯楽施設を解禁し、年末年始は大いに盛り上がり、経済効果を生むと。

まとめ

6月にプラユット首相が120日以内の開国を目指すと宣言した。
明確な日付は示していなかったが、10月中旬が120日目にあたる。ちょうど今だ。
11月1日に2週間遅れでしかも限定的ながらもプラユット首相が標榜したタイ開国は達成されそうな雰囲気となってきた。
ただし、まだ正式決定ではないし、詳細についても不明だ。
隔離無しといっても、COE取得やSHA+ホテル宿泊義務といったこれまでの条件が不要となるかはわからない。
日本が低リスク国リストに含まれるかもわからない。
サンドボックスは全世界対象となっており、11月以降は、サンドボックスと通常のAQホテル隔離入国と低リスク国隔離無し入国の3つが並存する形となるのか。
今週木曜日にはCCSA本会議が開催される。規制緩和とタイ開国について話し合われる予定だ。このCCSA本会議がで何らかの正式発表があるとみられる。

広告

-タイ入国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.