タイ入国情報

タイ・サンドボックス利用可能対象が78カ国に。インドなど5カ国のタイ入国禁止措置解除。

投稿日:

7月1日に開始されたタイ開国パイロット計画。
最初はプーケットサンドボックスから始まった。
ワクチン接種済み外国人観光客は隔離無しでタイに入国し、プーケットに滞在することができる。
その後、サムイ島、パンガー、クラビへ拡大されていった。
このサンドボックス制度を利用できる国は制限されている。すべての国から参加できるわけではない。
最新のサンドボックス対象国リストが発表された。

広告



サンドボックス対象国リスト

9月22日にサンドボックス対象国リストが更新された。

8つの国(インド、モルディブ、サウジアラビア、ヨルダン、オマーン、ペルー、キルギスタン、カザフスタン)が追加されて、全部で78の国と地域からサンドボックス制度を利用してタイに入国できるようになった。

1.アルバニア 2.アンドラ
3.アンティグアバーブーダ 4.オーストラリア
5.オーストリア 6.アゼルバイジャン
7.バーレーン 8.バルバドス
9.ベルギー 10.ブータン
11.ブルネイ 12.ブルガリア
13.カンボジア 14.カナダ
15.チリ 16.中国
17.クロアチア 18.キプロス
19.チェコ共和国 20.デンマーク
21.ドミニカ 22.エストニア
23.フィンランド 24.フランス
25.ドイツ 26.ギリシャ
27.ハンガリー 28.アイスランド
29.アイルランド 30.イスラエル
31.イタリア 32.日本
33.クウェート 34.ラオス
35.ラトビア 36.リトアニア
37.ルクセンブルグ 38.マルタ
39.モーリシャス 40.モナコ
41.モロッコ 42.ミャンマー
43.オランダ 44.ニュージーランド
45.ノルウェー 46.ポーランド
47.ポルトガル 48.カタール
49.ルーマニア 50.ロシア
51.サンマリノ 52.セルビア
53.シンガポール 54.スロバキア
55.スロベニア 56.韓国
57.スペイン 58.スウェーデン
59.スイス 60.トルコ
61.ウクライナ 62.ウズベキスタン
63.アラブ首長国連邦 64.イギリス
65.アメリカ合衆国 66.ベトナム
67.香港 68.マカオ
69.台湾 70.モンゴル
71.インド 72.モルディブ
73.サウジアラビア 74.ヨルダン
75.オマーン 76.ペルー
77.キルギスタン 78.カザフスタン

もちろん、日本はリストに含まれたままだ。
日本からサンドボックスを利用するには、日本のワクチンパスポートがあれば可能となる。

このリストは国籍を現すものではない。あくまで出発地だ。
タイ入国前に対象の国・地域に21日以上滞在していればサンドボックス利用資格がある。

インドなど5国の入国禁止措置を解除

また、サンドボックス対象国リスト発表に先立ち、タイ外務省からインドなど南アジア諸国からのタイ入国禁止措置が解除されたと発表されている。
インド、バングラデシュ、ネパール、パキスタン、モルディブの5カ国だ。
いわゆるインド変異株の発生後、5カ国からのタイ入国は原則禁止となっていた。新規ビザの発給とCOE(入国許可証)の発給を一時停止していた。
少し前にインドからはワークパーミット保持者に関しては入国を認めるようになっていたが、このたび、全面解除。
あらゆるタイプのビザの発給とCOE発給を再開した。

インドに対しては入国禁止措置を解除し、さらにサンドボックス対象リスト入りもした。

これでインドからのタイ入国者が増えていくはずだ。
人口が多いだけに、金持ちのインド人の絶対数も多い。
サンドボックス制度を使ってプーケットやサムイ島を訪れようとするインド人の需要は意外と多いかもしれない。

7月1日から9月21日までのプーケットサンドボックス利用者の累計は35,169人。

国別利用者トップ5
1位アメリカ4,365人
2位イギリス3,860人
3位イスラエル3,844人
4位ドイツ2,727人
5位フランス2,670人
(帰国タイ人は4,981人)

インド人が欧米イスラエル連合に対してどこまで対抗するのか、少し見ものだ。

なお、タイ開国パイロット計画第2フェイズは、バンコクとパタヤとホアヒンとチャアムとチェンマイが対象となっている。これもサンドボックスの枠組みに入る。リストが維持されているかぎり、日本からの利用は可能だ。
が、第2フェイズの開始は、当初の10月1日から11月1日に延期となることがほぼ確実な状況となった。

関連記事:バンコク・パタヤの開放は11月に延期へ。新しいタイ開国計画ロードマップ発表に。

正式な日程はまだ決定していない。
これから検討されていく。
サンドボックスを利用したバンコクやパタヤへの隔離無し入国はまだもう少し先になりそうだ。

広告

-タイ入国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.