パタヤ近況

チョンブリ県感染状況4月26日:新規感染者104人、パタヤは62人

投稿日:

連日多くの感染者が報告されているチョンブリ県。
本日の発表でもバンラムン地区(パタヤ)での感染者が最も多かった。

広告



チョンブリ県感染状況

4月26日、チョンブリ県発表による新規感染者は104人。
(CCSA発表によるタイ全国統計値とは集計タイムラグにより数値が異なることがある)
昨日(75人)よりも新規感染者の数は増加した。

内訳
ムアン地区18人
シラチャー地区14人
バンラムン地区(パタヤ)62人

累計
4月新波での累計は県全体で1,965人(回復済み404人、治療中1,561人)。
ムアン地区が562人、シラチャーが210人、バンラムン(パタヤ)が829人となっている。

新規感染者の感染経路内訳

チョンブリ県保健局が発表している施設の名称はあやふやなものが含まれるが、原文表記のまま挙げていく。

Flintstone 6人(4月6日からの累計168人)
The Box 69 1人
The Garden 168 1人
808 Club Pattaya 1人
パタヤの娯楽施設 2人
ソーノー3  1人

バンコクで感染者と接触 3人
ロイエットで感染者と接触 1人
ラヨーンで感染者接触 2人
チョンブリで感染者と接触 54人
ゴミ収集人 1人
調査中 31人

また、111人の接触者と169人の積極調査による検査の結果を待っている。

チョンブリ県内地区ごとの新規感染者数の推移

上から、バンラムン(パタヤ)、シラチャー、ムアンチョンブリと並ぶ。
4月3日にシラチャーで最初の感染者が見つかる。
チョンブリ市内のパブでクラスターが出てからはムアン地区の感染が一気に増加。その後は、バンラムン(パタヤ)での感染者が最も多い状態が続いている。

チョンブリ県リスクスポット

チョンブリ保健局では、連日にように感染者タイムラインを元にした感染リスクスポットを発表。

(パタヤを抜粋)
・セントラルフェスティバルパタヤ2階の婦人服売り場
・ナジョムティエンソイ15のファミリーマート
・セントラルフェスティバルのAKA
・ナコンチェイエアのパタヤ発ブリラム行きゴールドクラスバス
・セントラルフェスティバルパタヤのシャブシ
・Inter Continental Pattaya Resort レストラン

タイムラインにセンタンが掲載されることが多い。ターミナル21も同様に多い。
また、ファミリーマートといったコンビニまでも掲載されるようになってきた。
実際には感染確認者がコンビニに立ち寄るケースはもっと多いだろう。

なお、レッドゾーン18県におけるコンビニの営業時間は、午前5時から午後10時までに短縮されている。
(バンコクは都の命令による営業時間短縮。チョンブリなどは業界団体の自主規制のため実際には時短営業せず11時まで営業する小売店もある)
ショッピングモールは午後8時閉店となった。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.