タイ国内情勢

タイ国内状況4月18日:新規感染者1,767人、過去最多更新

投稿日:

4月18日のタイ国内状況。
新規に確認された感染者数は過去最多数となった。
チョンブリ県バンラムン地区(パタヤ)での感染が拡大している。

広告



タイ全国の感染状況

4月18日発表、タイの新規感染確認者は1,767人
(累計42,352人)

外国からの入国2人
国内感染(病院にて検査):1,477人
積極調査:288人
死亡:2人(累計101人)

国内感染内訳
バンコク347
チェンマイ164
チョンブリ229
プラチュワップキーリーカン66
ランプーン25
サムットサコン18
サムットプラカン64
ウドンタニ15
パトゥムタニ24
ピッサヌローク46
プーケット25
スラタニ38
ラヨーン35
ナコンサワン51
(その他多数の県)

ナイトライフ娯楽施設に直接関連すると見られる感染は、バンコクで104例、バンコク周辺県で43例、他県で161例となっている。
感染者との接触による感染例は、バンコク243例、バンコク周辺県230例、他県984例。

最近1週間の感染者数の推移

5日連続で1500人以上の感染者が確認されている。

外国からの入国2人は、隔離中の検査で陽性が確認されたもの。
出発国は、パキスタン、カナダ。
国籍は、パキスタン、タイ。

アジア各国の統計

日本は新規感染者4,473人で前日(4,576人)よりも少し減少。
フィリピンではなおも1万人を上回っている。
インドでは26万人にまで増加。
韓国やカンボジアでも感染者増加中。

タイワクチン接種状況

2月28日から4月17日まで累計:608,521回
初回接種:526,706人
2回目接種:81,815人

チョンブリ県感染状況

4月18日、チョンブリ県発表による新規感染者は120人。
(CCSA発表によるタイ全国統計では229人となっているが、集計タイムラグによるもの)

ムアン地区20人
シラチャー地区11人
バンラムン地区(パタヤ)73人

4月新波での累計は県全体で1,185人(回復済み9人、治療中1,176人)。
ムアン地区が408人、シラチャーが126人、バンラムン(パタヤ)が431人となっている。
パタヤは過去最大の感染の波に見舞われている。

新規感染者の内訳。
チョンブリ県保健局が発表している娯楽施設の名称はかなりあやふやだが、原文表記のまま挙げていく。

808 Club Pattaya 7人
Cystal Cub 1人
Friend Zone(ラヨーン)1人
Infinity 1人
Insomnia 1人
Queen Club 3人
The Box 69 1人
Version Pub 2人

プーケット旅行歴あり1人
パタヤの娯楽施設の授業員2人
感染者との接触40人
調査中58人

また、129人の検査結果待ち。

Cystral Cubとあるのは、LKメトロにあるCrystal Clubのことだろう。バンコクトンローのクリスタルとは別のはず。断言はできないが。
Queen ClubはLKメトロ。
ここ数日、LKメトロでの感染報告が相次いでいる。

チョンブリ保健局より、感染者タイムラインを元にした感染リスクスポットの発表。


(他にもあり)

パタヤを抜粋

Fraser's Sports Bar and Pub(タップラヤー通り)
Fantasy Lounge
パタヤ警察署
パタヤ地裁(タップラヤー通り)
Corona Bar(Lkメトロ)
Foxy Bar Soi 6
Mod's Bar Soi 6
Prime Burger(ソイブッカオ)
Easy Health Coffee(サードロード)
The Chocolate Factory
センタンの8番ラーメン
La Baguette French Bakery Cafe(タップラヤー通り)
サウスパタヤビッグC裏手のロットゥー乗り場 パタヤ発サケオ行き
Pupen Seafood(ジョムティエン)
サケオ発パタヤ行きロットゥー

タイムラインは、チェックイン登録や位置情報記録していないかぎり、感染者の記憶による申告なので、店名はあやふやなことがある。
ただ、LKメトロ、ソイブッカオ、ソイ6に感染が広がっているのは間違いないところ。

CCSAブリーフィング概要

日曜日ではあるが、本日はCCSAブリーフィングが開催された。

本日0時をもって有効となった新しい規制措置について、またあらためて説明があった。

・現在、野戦病院を設置しており、CCSAによる継続的な対応策。野戦病院での患者も、病院と同じ基準で治療を受けることができる。
・国内線のフライトは、午後11時から午前4時まで運航停止とする
・新しいクラスターが、県の機関、民間企業、教育機関で発生している
・バンコクに新しい検査センターを設置した。ここでは社会保障ブログラムの下で、1日あたり最大3000人の無料検査を実施できる
・CCSAは、職場内や通勤時のリスクを最小限に抑えるため、自宅で仕事(Work from Home)を推奨
・バンコク都は、フェイスマスクを処分するためのゴミ箱を1000箇所以上に設置
・クラビとチェンライは、レッドゾーンからの入県者に対する制限を発表。クラビでは72時間以内の陰性証明書あるいはワクチン接種証明書を求める。チェンマイでは14日間の自宅待機を求める。
・病院の部屋とベッドが不足しているため、野戦病院と「ホスピテル」(病院と協力したホテル)に全国25,000の臨時ベッドを提供するよう政府が命令した。

広告

-タイ国内情勢

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.