パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

パタヤ・ウォーキングストリートの現状:閉店するゴーゴーが増える

投稿日:

4連休明けのパタヤ・ウォーキングストリートの様子を見てきた。
4連休中は、バンコクあたりから遊びに来た在住外国人やタイ人が多くウォーキングストリートに集まっていたようだ。

広告

ウォーキングストリートの現状

連休が明けた単なる平日ともなると、やはり客足は少ない。

ウォーキングストリート20200730 (1)

全体的に暗い。
ネオンが明るのはウォーキングストリート中ほどだけ。

暗い部分はウォーキングストリート内でもあっても、平気で駐輪可能。

ウォーキングストリート20200730 (7)

そういえば、屋台が減ったような気がする。

ソイ15も暗い。

ウォーキングストリート20200730 (6)

ただ、ソイ15入り口にあるICE BARは再開していた。

ウォーキングストリート20200730 (5)

ほとんど客はおらず、店内は冷え切っていたが。

閉店したバー

再開したはいいものの、その後閉店したゴーゴーがいくつかあった。

TABOO(タブー)
ウォーキングストリート20200730 (2)

PACHA(パチャ)
ウォーキングストリート20200730 (4)

この2店はクローズ。

また、エアポートクラブ2階にある入場徴収店もクローズ。

ウォーキングストリート20200730 (3)

よって、ピンポンショーとか言いながら勧誘してくる客引きも消滅。
まあ、在住外国人しかいない現在のウォーキングストリートでそんな客引きについていくやつはおらんやろと。

先にクローズをお伝えしたのがBLISS(ブリス)。

ウォーキングストリート20200723 (4)

ここはスタッフまるごとPALACEへ移動した。
よって、パレス前には呼び込みやらなんやらうじゃうじゃうといる状態。
なかなかの盛況ぶり。

Pin-up(ピンナップ)も絶賛営業中。
現在の2強は、ピンナップとパレスで決まり。
あとはファーレンハイトとタントラといったところか。

センセーションズとバカラとハッピーとサファイアクラブというメジャー店は頑なに沈黙を守っている。
バカラとハッピーは内々の事情があるようだが、センセーションズとサファイアが営業再開しないのは、やはりこの現況を見据えてのことなのだろうか。
でもサファイアだったら、在住ファランを取り込めそうな気もするのだが。

7月30日時点で、ウォーキングストリート内で営業が確認できたゴーゴーは以下のとおり。

ファーレンハイト
ムーン
グラスハウス
タントラ
アトランティス
パレス
ピンナップ
ココ
ウィンドミル
ドールハウス

計10店舗

なんとも寂しいかぎり。

8月1日以降、また動きがあるかも。
それが明るい方向か暗い方向かはわからないが。

LKメトロ

LKメトロは変化なし。

パンドラ
レディラブ
バチェラー
クイーンクラブ
デスティニー

以上の5店舗が営業。

ソイブッカオ沿いとなるが、セレニティも営業している。

まとめ

平日のパタヤの夜は寂しい。
外国人観光客がゼロのため、もはやどうしようもない。
在住外国人だけで回すのはほぼ不可能。
これ以上の閉店は勘弁してほしいが、さてどうなることか。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.