パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

プチ情報・便利帳

パタヤでPEA電気料金滞納で部屋の電気が止められた話

投稿日:

日本への一時帰国からパタヤの自宅に戻ると電気が止められていた。
びっくりした。
日本でも止められたことないのに。
慌てて復旧手続きを取ったので、今回はその話。

広告



電気が止められるまでの経緯

新しくコンドミニアムに引っ越した。
電気代は、電力会社へ直接払いするシステムだ。
月末締めで数日後に請求書がメールボックスに投函される。
ちょうど一時帰国と重なっていたため、先に払ってしまおうと、事前にコンドの管理事務所のお願いしたが、電力会社からの請求が確定していないため、無理だと言われる。
パタヤを離れるのは10日あまりの予定。
物件を取り次いでくれた不動産屋の担当者に相談したところ、10日くらいなら大丈夫だろうと言われる。
それを信じて、支払いを先延ばしにして帰国した。

で、予定通り、10日あまりでパタヤに戻る。
が、見事に電気ストップ。

最初はブレイカーが落ちたのか思ったがそうではなかった。
完全に元から止められている。

冷蔵庫をあけると、ぷーんと匂いが漂ってくる。

幸いにも生肉や牛乳は入れてなかったが、冷凍フライドポテトはどろどろの液体化していた。
チューブ入りの卵豆腐は緑色に変化。

腐った卵豆腐

密封容器だが、常温保存していると、ここまでカビが生えるものなんだね。
全部処分。

広告

PEAオフィスで電気復旧へ

メイルボックスに請求書を取りに行く。
電気料金は伝票が2枚になっていた。

事情がよくわからず、コンドの管理事務所へ。
担当者が不在だったが、ガードマンに電気を止められた旨を告げると、今すぐPEAのオフィスへ行けと言われる。

PEA 電気料金タイ (3)

PEAとは、Provincial Electricity Authorityの略。
地方電力公社といったところか。
バンコク都市圏は、MEA(Metropolitan Electricity Authority、首都圏電力公社)が担当して、それ以外の地方都市はPEAとなるようだ。

パタヤのPEAオフィスは中心部には2箇所。
ロイヤルガーデンとビッグCエスクトラ内にある。
あとはナックルアやジョムティエンやラン島にもあるようだ。

ビッグCエクストラ店へ。
1階フードコートの奥にある。

PEA 電気料金タイ (2)

支払いに関する窓口の営業時間
平日:午前8時半から午後6時半
土日:午前11時から午後6時半

番号札を取ってから窓口へ。

請求書を見せながら、電気を止められたことを告げる。
英語で通じる。
エレクトリックストップインマイルームとかテキトーに言えばいい。

まずは、料金の支払い。
さくっと現金払い。

ついで電気復旧の手続き。
これも簡単。
住んでいるコンドの名前と部屋番号、それと自分の電話番号を告げるだけ。

てっきりパソコン上の手続きだけで復旧できるものと思っていたが、4時間待てと言われる。
どうやら作業員による工事が必要らしい。
それが最大4時間待ちとのこと。

ちょっと事情を聞いてみると、2ヶ月分の電気料金を滞納すると、電気を止めるそうだ。
今回は、実は1ヶ月ではなく2ヶ月の滞納にあたる。
新しく入居したのが前々月の末頃。
ほんの数日程度なのでわざわざ電気代を払わなくも、あとでまとめて払えばいいだろうとスルーしていた。
実際には44ユニット使っていて、せいぜい160バーツ程度のもの。

その前数ヶ月は誰も住んでおらず利用量はゼロ。

で、丸々2ヶ月分の滞納となった。
2ヶ月分の請求書が発行されてから、だいたい1週間くらいできちんと支払いを済ませる必要があるそうで、今回はそれをオーバー。
よって、電気の供給はストップ。

事情は理解したが、部屋に帰っても、当然電気は復旧していない。
日が暮れ始め、外は徐々に暗くなる。
しばらく待っていると、見知らぬ番号から着信あり。
どうやらPEAの作業員のようだ。
「今どこにいる?(トンニーユーナイ)」とタイ語で聞かれた。
「部屋にいる(ユーホーン)」と答えると、今から工事に行くとのこと。

それから30分ほどして、いきなり冷蔵庫のモーターが動きだした。
照明スイッチを入れると、明かりがついた。
おお、電気が復旧したぞ。

そういえば廊下で何やら物音がする。
のぞいてみると、廊下の隅のほうが作業服をいた工員が配電盤をいじっていた。
「ダイレーオ」とサムズアップ。

これにて一件落着。
PEAのオフィスを訪れてから、2時間半くらい。

まとめ

これまでパタヤには月単位での滞在を繰り返してきたが、アパートやサービスアパートメントばかりで、電気代はアパートの管理人に直接払うスタイル。
家賃と電気水道代をセットにして請求書が来る。
よって電気代の支払いを忘れることもなかった。たとえ短期間の日本一時帰国などがあっても、2ヶ月分の電気料金を滞納するなんてことは起こり得ない。

電力会社への直接払いは今回が初めて。
少しくらい支払いが遅れても大丈夫だろうと甘くみていた。
いい勉強になった。

この先、日本への帰国などで部屋を長く空ける時は、誰か代わりに支払ってもらうようにしたほうがいいかもしれない。
まあ2ヶ月も離れることはないとは思うが、何かしらの解決策は考えておこうと思う。

ちなみに水道代はコンドの管理事務所で払う方式で、こちらも同じく2ヶ月分滞納していたが止められなかった。
システムが違うのだろうけど、水道は待っていてくれるみたい。

ともあれ、電気も水道も支払いはお早めに。

広告

-プチ情報・便利帳

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.