*

チャン島でも見つけたウォーキングストリートとカラオケ置屋とバービア

公開日: : 最終更新日:2016/10/03 パタヤ沈没日記2016年8月~

沈没日記8(チャン島編)

チャン島のホテルにチェックイン後、友人と二人で大通りへ繰り出す。
まずは、ビールやお菓子などの買い出しも兼ねて、チャン島の夜遊びに向けた予備調査である。
すぐに運転再開の友人。ほんと、ご苦労様です。

宿泊しているホテルがあるのは、Klong Phrao Beach(クロンプラオビーチ)。
まずは、島唯一の大通りを北上していく。

さっそく、チャン島名物の象と遭遇。

chang-island-1
大通り沿いに象に乗れるスポットがいくつかあるようだ。

コンビニは、セブンやロータスエクスプレスなんかがすぐに見つかった。

chang-island-2

ローカルのスーパーマーケットもあり。大通りにさえ出れば、生活は問題なさそうだ。

バービア発見

さらに進むと、バービアがちらほらと出てくる。

chang-island-3

各ビーチの近くと、ビーチとビーチを結ぶ閑散としたエリアにもバービアがひょっこり現れたりする。
こんなにバービアがあって、経営がやっていけるんだろうかと心配になるほどだ。

まだ出勤しているバービア嬢は少ないが、ちょっと気になるバービアを発見。
車から顔を出すと、向こうも気づいた様子で、「パイ ドゥアイ」とパタヤと同じ反応が返ってくる。
ぱっと見た感じ、選べそうなバービア嬢が一人いた。
夜、またここに来よう。

この先まで北上するとホワイトサンドビーチだが、とりあえずここでUターン。
今晩の遊びの目星はついた。

カラオケ置屋発見

おっと、帰り道にカラオケの文字を発見。
この雰囲気は間違いなくカラオケ置屋だな。

chang-island-karaoke-2

まだ本格オープン前の様子だが、玄関は開いている。
なかをのぞいてみると、おばさんが登場。
単刀直入に「プーイン ミー マイ?(女はいるのか?)」と尋ねると、「ミー(いる)」との返事だ。
奥の扉から、眠たそうな顔をした女性二人で出てきた。
20代後半くらいからな。まったくイケてない。
やり手ばばあ(というほどの年齢ではないが)いわく、今は二人だけ。値段はショートが1500。ロングは不可という。
これで1500はないよなあ。
あっさり撤収。

chang-island-karaoke-1

すぐ近くにも数軒似たようなカラオケ置屋が並んでいるが、調査する気にもなれなかった。
ファランがこんなところで遊ぶとは思えないし、誰が行くんでしょうねえ。ローカルのタイ人かな。

ウォーキングストリート発見

ホテルを通り過ぎ、ついでに島南部も調査してみよう。
南部にもバービアが点在している。

そして、カイベービーチとロンリービーチの間くらいかな、小さな看板を発見。

chang-island-walking-street-4

過去何回、何十回、何百回と目にしてきた英単語が目に飛び込んできた。
ふふ、見逃さないぜ。そして、テンションが上がるぜ。

chang-island-walking-street-3

WALKING STREET

ここにもあったか、ウォーキングストリートよ。
この道を歩け、パーティが始まる場所だぜ、との宣伝文句だ。
やはりKAI BAE BEACH(カイベービーチ)のようだ。

車を降りて、ウォーキングストリート突入。
言われた通り、歩きますよ。

chang-island-walking-street-2

が、別にゴーゴーバーがあるわけでもなく、小さなバービアが15軒くらい並んでいるだけ。
まあ、ぐるっと歩いて一周できるようになっていて、ウォーキングストリートと言えなくもないけれど。

しょぼいなあ。

今回の長期旅行で、ウォーキングストリートに出会うのはこれで4回目となる。

1アンヘレスのウォーキングストリート
夜のアンヘレスウォーキングストリート (2)

2クラビのウォーキングストリート
クラビアオナンビーチのウォーキングストリート (2)

3パタヤのウォーキングストリート
pattaya-walking-street-2016
4チャン島のウォーキングストリート
chang-island-walking-street-1

まあ、単なるショッピングアーケードであるクラビのウォーキングストリートよりはマシなだけで、これではなあ。
本当にウォーキングストリートなのかよ。

開店前なのか開店後なのか、とにかく暇そうにしているバービアのお姉さんに聞き取り調査してみた。

「ここって、ウォーキングストリートだよね?」

「うん、そうだよ。歩いているのは犬しかいないけどね。ははは。」

確かに、歩いているのは犬しかいなかった。歩いている人間はわたしだけ。
こんなところをふらついている日本人など犬同然の扱いかね。まあ、犬でいいけど。

さらに話を聞いてみると、客はファランがほとんどだけど、たまに日本人も来るそうだ。
みんな、好きねえ。
犬なみの嗅覚力だな。

 

さらにロンリービーチのほうまで進んでみると、こっちにも、バービアが点在している。
いやあ、中身はともかく、バービア満載だね、チャン島は。
サメット島やクラビとは大違い。

そんなわけで、チャン島夜遊びスポットの予備調査は終了。
とりあえず、遊べそうなことはわかった。

ホテルに戻ると、部屋の目の前のビーチからサンセットがのぞめた。

chang-island-5
これで天気がよかったらなあ。
ともかく、夜が楽しみだ。


関連記事

busterminal

カラオケ嬢と再会して、またもやキーキアットな生活が始まる

パタヤ沈没日記14 バンコクの友人はパタヤに2泊して帰っていった。 滞在中は2泊とも同じ

記事を読む

chang-island-bar-beer-lady-1

チャン島2日目は、アルバイトバービア嬢をペイバーしてお持ち帰り

沈没日記10(チャン島編4) バービア嬢と朝食 チャン島二日目の朝は、20歳バービア嬢とともに迎

記事を読む

beer-bar-lady-2

20歳新人バービア嬢をペイバー

パタヤ沈没日記19 23歳の妖艶系バービア嬢をペイバーした翌日。 彼女の働くバービアへもう一

記事を読む

korat-to-buriram-2

コラートからブリラムへ。バスでの行き方やコラートのバスターミナルについて。

イサーン遠征編4 コラートは2泊で切り上げ、次なる土地を目指す。 イサーンを東へ進むこと

記事を読む

pattaya

約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程は約100日となった。

記事を読む

cabaret-1020867_640

パタヤのローカルマフィアにみかじめ料を払いにいった話

沈没日記5 これは、カラオケ嬢がわたしの部屋で寝込んでいる時のこと。 なんだか深刻な顔で

記事を読む

bar-beer-2

ファイデーンな5日間は最後に赤く燃え上がる

パタヤ沈没日記4 カラオケ嬢とのぐーたらな半同棲生活。 その極め付きが、彼女に月よりの使者が

記事を読む

lk-metro-ramen-2

友人とのパタヤ3日間。ソイブッカオ・LKメトロの大定番コースの過ごし方。

パタヤ沈没日記6 カラオケ嬢との半同棲生活はさらに続く。 ファイデーンやらチンピラやらいろい

記事を読む

pat-mama

パタヤ沈没生活はじまりのブンブンとヒューカーオ!

パタヤ沈没日記1 アジア周遊旅行を終えて、ようやくパタヤ沈没日記を始める。 はじめに 時間

記事を読む

beer-bar-lady-2

24歳バービア嬢ふたたび、みたび。

パタヤ沈没日記22 毎日仕事おわりに部屋へ来ると宣言していた24歳スリン出身バービア嬢。 L

記事を読む

アドステア

アドステア

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

→もっと見る

PAGE TOP ↑