*

もやもやパタヤ。送金拒否とペイバー拒否。

25日目

今回のパタヤ滞在も残すところあと4日。
夜を過ごせるのは3日だけだ。

【元バービア嬢への送金】

覚えておいででしょうか、ゴールドの指輪を買ってあげたFちゃんのことを。
元バービア嬢の22歳。
まあ、控えめに見ても、けっこうかわいい。

Fちゃん1

昔知り合った元バービア嬢が田舎から会いに来た/1・2コールの罠

ゴールドの指輪を買わされるの巻

金の指輪をはめて田舎へ戻り、日給200バーツで健気に働いている。
そのFちゃんから、また連絡があった。
パタヤへ会いに来ると言うのだ。
そろそろ、また小遣いが欲しくなったかな。

今回は、ずばり小遣いの金額を指定してきた。
2泊3日で3000バーツほしいそうだ。
プラス、イサーンからパタヤへの往復交通費として1000バーツ。
合計4000バーツ。

む、ちょっと苦しいぞ。
残りのパタヤ滞在もわずか。それほど予算はない。
すかさず交渉して、交通費込みで3000バーツで妥結。
が、手持ちのカネがないから、まず1000バーツを送金して欲しいという。
500バーツがバス代、500バーツが洋服代に使うそうな。

送金かあ。
まあ、昔したことあるけど、あんまり好きじゃない。
まさか、1000バーツだけ受け取ってトンズラってのは無さそうだけど、どうにも気分のいいものじゃない。

でも、どうしようかなあ。
かわいいしなあ。
2泊3日でずっと一緒にいるのも悪く無いかなあ。いつでもヤれるし。
ああ、でもまたショッピングに連れて行かれるかもなあ。
それに、もう他の子とは遊べなくなるしなあ。
Bちゃんとも、もう一回くらいお手合わせしたいしなあ。
でも、やっぱりFちゃんもかわいいしなあ。

う~ん、と、もじもじと考える。

とりあえず飯だ。昼飯を食べに行こう。
と、外出。

 

天気が悪い。
雨が降ったり止んだり。
スコールではなくて、日本の梅雨空のような中途半端な天候。
ずっと薄い雨雲がかかっていて、すっきりしない。

サウスパタヤの食堂で食べようかと思ったが、雨なのでトゥッコムに避難。
そのまま地下のフートマーケットで食事。

豚のガーリック炒めご飯。50バーツ。
豚肉のガーリック炒めライス

飯を食べている最中にも、Fちゃんから送金の催促が入る。
よほどわたしに会いたいのか、単にお小遣いがほしいのか。

トゥッコムのすぐ近くには、カシコーン銀行がある。
よし、Fちゃんに教えてもらった口座番号に送金してみるか。

トランスファーを選択して、口座番号を入力する。
すると送り先の口座名義が出てくるので、確認の番号をおせばオッケー。
そのはずだった。
が、なぜかその画面まで行かず。
これまでは簡単に送金できたのに。
まあ、ATMが使えないことは、タイの銀行ではちょこちょこある。
タイミングが悪いだけか。

よし、これも天の知らせ。
金を送るなってことだ。
あっさり方針転換。

結局、送金せず。

今は、Fちゃんよりも、バービアのBちゃんのほうが気になる。
サービスはBちゃんのほうが断然上なのだ。

Fちゃんには、「ATM使えなかった、ごめん」とだけメールしておいた。

でも、なんかFちゃんも可哀想だなあ。
わざわざイサーンから会いに来てくれるっていうのに。
悪いことしたような、ちょっとした罪悪感。

う~む。

この時のわたしは、文章からおわかりのように、かなりモヤモヤした気分であった。

【Bちゃんをペイバーへ】

送金を断ってしまった以上、Fちゃんとは終わりである。
まあ、来年くらい、また何事もなかったかのように、ひょっこりと連絡を取り合って再会するかもしれない。
それくらいの関係のほうが、お互い楽でいい。
そういうことにしておこう。

というわけで、今夜はBちゃんとしっぽり過ごそうと決意。
残り予算から考えて、ペイバーできるのは、あと二回だな。
今日ペイバーして、明日は休み。
それでパタヤ最終夜のあさってに、もう一回ペイバーする。
うん、計画はばっちりだ。

降り続く雨は、夜10時ころ、ようやく小康状態に。
いそいそとBちゃんのバービアへ。

Bちゃんと仲良く飲む。
で、またもソムタムを奢らされる。
すっかり金づるである。まあ、40バーツだけど。

でもお返しに、ピーナッツをおごってもらった。20バーツ。
バービアつまみの落花生

この落花生、茹でて調理してあるのだが、乾燥させておらず、すごく柔らかい状態。
中の豆も、ふにゃふにゃ。
最初はすごく違和感があったけど、食べているうちに癖になってくるから不思議。
バービアのつまみシリーズに、あらたな食材が加わった。

ピーナッツをつまみに楽しくビールを飲む。
Bちゃんにもレディドリンクを2杯おごった。
わたしにしては、太っ腹である。
普段、レディドリンクは1杯しかおごらない。

Fちゃんへの送金を断ったのだ。その分だけでも楽しまなくては。

時刻は夜12時前。
そろそろ、Bちゃんを連れ出そうかな。
と、ペイバーを切り出す。

が、Bちゃん、まさかのペイバー拒否
体調が悪いから、今日は行かないと。

む、確かに頭痛がすると薬を飲んでいたが、そこまでひどいようには見えない。
そこを何とか、と食い下がってみたものの、Bちゃんの首は横に振られるばかり。

明日だったら大丈夫。明日ね、明日
と、Bちゃんは頑として譲らない。

こりゃあ、無理っぽいな。
なんのために、Fちゃんの誘いを断ったのか。

なんだか、すっきりしない気分のまま、チェックビン。

天気は曇り模様。今にも、また雨が降ってきそうだ。
心も晴れない。
これが天の配剤か。

モヤモヤが続く。

今日の記事も次回に続く。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ウォーキングストリート

街角ハンバーガー屋/バービアとウォーキングストリート

沈没生活18日目。 昼間はカップラーメンをすすって空腹をしのぎ、だらだらと過ごす。 ニッシン

記事を読む

クィッティアオ食堂

プールでまったり/パタヤの屋台メシ相場から物価上昇を考える

K氏がホテルをチェンジ。 全部でパタヤ12泊滞在。 ホテルは二回チェンジして計3つのホテルに泊ま

記事を読む

コーン1

やっぱりバービアで飲んだくれパターン。バービアのおつまみを紹介。

【ルーティーン化したパタヤの毎日】 K氏、パタヤ滞在11日経過。 あさっての朝に帰国予定だ。

記事を読む

パタヤ看板

パタヤ1ヶ月滞在の生活費と夜遊び代のまとめ。2014年9月から10月編

2014年9月から10月にかけてのパタヤ滞在。 トータル28泊29日のパタヤ沈没生活。

記事を読む

アメジスト

今夜もLKメトロgo-go barめぐり

巨乳好きの友人K氏。 昨晩飲んだバービアの巨乳バービア嬢が気になるとのこと。 昨日は酔いすぎてい

記事を読む

ラン島 (12)

ラン島への日帰り小旅行

8時半起床。 パタヤ滞在にしては、早い朝だ。 外は快晴。 どこまでも青い空が広がってい

記事を読む

スパイシーガール2

スパイシーガールズ。ウォーキングストリートの新規ゴーゴーバーが楽しかった。

SPICY GIRLS a go-go 2014年9月にオープンしたばかりの新規ゴーゴーバ

記事を読む

ムーンライト2

ラン島へ一緒に行ってくれる子を探せ大作戦(ウォーキング編)/インフィニティとムーンライト

【ウォーキングストリートへ】 ソイ7をあとに、ビーチロードからソンテウに乗り、一路ウォーキングスト

記事を読む

サワディ・パタヤ

宿代を払うと手持ちの現金が底をつく/最近泊まっている1ヶ月滞在ホテル

沈没生活21日目。 宿の女主人から、そろそろ一ヶ月分の料金を払ってくれと催促された。 以

記事を読む

ドンムアン空港エアアジアカウンター

さらばパタヤ。パタヤからドンムアン空港へ、そして帰国。

ついに日本へ帰る日がやって来た。 帰国日の朝はいつも忙しい。 汗をかきながら、荷造りを終

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Air-G より:

    毎日更新ご苦労さまです。ブログを読んでいると行きたくて行きたくてウズウズしてきます。でも時間も金もないし、あまり行くと奥さんに怒られる(泣)しかたないから今日もテニス、、、。来年まで、テニスをしながら両手にババ~で我慢してます。

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑