パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

アンヘレス情報

アンヘレス最寄りのクラーク空港発着国際線一覧。日本から香港乗り継ぎでクラークまで行く方法。

投稿日:2016年7月19日 更新日:


日本からアンヘレスへ向かうには、まずマニラ空港へフライト。マニラ空港から直接タクシーで2時間ほどかけてアンヘレスへ行くか、マニラ空港から一度マニラ市内へ出て、さらにバスに乗り換える方法を取ることになる。
どちらにせよ、マニラ空港周辺の渋滞を避けることはできない。
この渋滞が大嫌いだ。
この渋滞を避けるには、アンヘレス最寄りのクラーク空港へ降り立てばいい。
そこでいろいろ方法を考えてみた。

SPONSOR LINK



クラーク空港発着フライト

フィリピン、アンヘレスの近くにあるクラーク空港。
ここは国際空港になっていて、国際フライトの発着がある。

スクリーンショット_071916_035942_AM

現在のフライトスケジュールは、ここで見ることができる。

http://www.clark-airport.com/flight-schedules.htm

スクリーンショット_071916_024348_AM

・アシアナ航空
インチョン

・セブパシフィック航空&タイガーエアー
香港
シンガポール
マカオ

・ジン航空
インチョン

・カタール航空
ドーハ

他にも、ドラゴンエア&キャセイパシフィック航空による香港便や、エミレーツ航空によるドバイ便などもある。

また数年前までは、タイガーエアがバンコク便を飛ばしていた。

日本とクラークとの間の直行便は運行されていない。
セブ・パシフィックが就航するという噂を耳にしたことがあるけれど、一向に実現する気配なし。

国際線フライト一覧を眺めてみると、韓国からのフライトが2路線あるのが目立つ。
なるほど、アンヘレスに韓国勢が大挙して押し寄せているはずだ。

日本から乗り継ぎでクラークへ

直行便はないので、日本からクラーク空港へ行くには、どこか第三国の空港で乗り継ぐ必要がある。

一番わかりやすいのは、アシアナ航空だろう。
インチョンでそのまま乗り継げばいいだけなんで、実に簡単。
LCCではないので、荷物預けもできるし、普通に往復で購入もできる。

試しに料金を検索してみた。
アシアナ航空のホームページ調べ。

スクリーンショット_062816_125707_AM

関空⇒インチョン経由⇒クラーク
(往復)
総額84,280円

たまたま予約時期が悪いのか、他にもっと安く購入する方法があるかもしれないが、これはちょっと高すぎる。
あと、ソウルでの乗り継ぎ待ち時間は往復とも悪くないが、クラーク到着と出発が深夜になるのがネック。
とりあえず却下。

やはり無難なのは、香港からクラークへ向かう方法だろう。
まずは、日本から香港まで、ピーチ航空や香港エクスプレス航空やジェットスターで向かう。
次に、香港でセブパシフィックに乗り換えて、クラークへ。

・セブパシフィック 5J149便
香港発09:45 クラーク着11:35

タイガーエアも調べてみたが、該当するはずのDG7933便が見つからなかった。詳細不明。

とりあえず、香港からクラークへは、セブパシフィック一択のようだ。
香港出発が午前の早い時間帯なのが引っかかる。
早朝に香港に到着する日本発のフライトがあれば、ベター。

関空発は、遅くとも深夜0時着。

羽田発の香港エクスプレス航空便なら、香港着午前4時半の便がある。香港での乗り継ぎ待ち時間が5時間ほどあるけれど、まあギリギリ許容範囲かな。

関空利用の場合は、香港空港内で野宿するか、大人しく香港市内で1泊するしかなさそうだ。

 

マニラ空港からアンヘレスへ向かう交通渋滞を避けたい人は、香港経由でクラークへ行く方法を検討してみてはいかが?
日本から香港行きのフライトはたくさん出ているので、各自探してみてほしい。

マカオを経由のバンコク行きチケットをストップオーバーで購入して、ストップオーバーを利用してクラークへ寄り道するなんてルートもおもしろそうだ。
クラーク発のバンコク行き便があればベストなのだが。

わたしは、関空からピーチ航空利用して香港へ、香港からセブパシフィック航空でクラークへ行く方法を選択しました。
これでマニラ空港周辺の渋滞地獄からおさらばできます。

クラークからは、どこへ飛ぼうかしらん。

SPONSOR LINK

-アンヘレス情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.