*

ペルシャ人レストランでイングリッシュブレックファーストを食べる。99バーツ。

公開日: : 最終更新日:2017/07/09 グルメレポート


パタヤカンのソイ12(通称ソイAR)をずっと進むと、長期滞在向けのホテルやサービスアパートメントがいくつも並んでいる。
NOVAグループが多くて、あとはKTKなど。
その近くに新しいファミリーマートができており、隣にはレストランもある。

ソイARのブレックファーストレストラン

手前がインド料理屋で奥が洋食レストランだ。

その洋食レストランで、イングリッシュブレックファーストを食べてみた。

SPONSOR LINK

ペルシャ人とイングリッシュブレックファースト

店名は不明。
メニューには、「p.m」と書いてあるが。
ソイARのメニュー店名

レストランからは、センタラノヴァホテルが見える
ソイARのブレックファースト99バーツ (2)

店内
ソイARのブレックファースト99バーツ (1)
朝食は、アメリカンブレックファーストとイングリッシュブレックファーストに分かれている。

ソイARのブレックファースト99バーツ (6)

あと、オムレツなんかもあるようだ。

近くのテーブルにレストランのボスかマネージャーらしき中東系の顔立ちの男性が座っていた。
料理が出来上がるまで、しばらく世間話。

出身を尋ねると、「ペルシャ」との答え。
ペルシャ?
ああ、イランのことか。
イランの人は自分の国のことをペルシャって呼んでいるのか。一つ勉強になった。まあ、たまたまかもしれないけれど。

それにしてもイランの人は親日家が多い。
日本車が大好評で、イランではみんな日本車を欲しがると言っていた。
すでに製造中止となっているクレシーダ(クレシダとも言う。マークⅡクレスタの海外仕様車のこと)がイランでは今でも現役で大活躍中だそうな。

そうこうしているうちに、料理が到着した。ちなみに、料理人はタイ人のおじさんだった。

まずは、コーヒーとミルク。

ソイARのブレックファースト99バーツ (4)

コーヒーは味も至って普通。
ミルクの量が多い。ためしにそのまま飲んでみると、ほぼ普通の牛乳。少しコーヒーに入れて、あとは牛乳として楽しめた。これはアリだな。

メインディッシュ
ソイARのブレックファースト99バーツ (3)

ソーセージは本格的なイギリス風の味。つまり濃厚だ。いかにも腸詰めといった風情でクセはあるものの、なかなかいける。
アメリカンブレックファーストだと、アメリカンなホットドッグ用ソーセージとなるみたい。
ベーコンはカリカリタイプ。これは好みが分かれるところだ。わたしは結構好きで、卵の黄身とパンと一緒に食べるとおいしい。
ハムは特筆すべき点なし。
焼きトマトとベイクドビーンズは、イングリッシュブレックファーストには欠かせない。大好き。
パンはよくある市販品だけど、2枚あるんで、そこそこ腹は膨れる。

ソイARのブレックファースト99バーツ (5)

お値段99バーツ。
料金と量と味をトータルで考えると、及第点には達していると思う。
でも、わざわざ遠くから出向くほどの価値はないかな。
近くに滞在しているなら、また利用してみたい。
ちなみに、オールデイブレックファーストと書いてあるので、たぶん一日中オーダー可能。

他のメニューはピザ、バーガー、スパゲッティなど。
あと、タイ料理が少々。

ソイARのレストランメニュー

カオパット65バーツ
ガパオ80バーツ
食堂に比べると少々高めだが、レストランだとこんなものでしょう。

 

それにしても、アラブ人の名前は難しい。
スペルまで教えもらったが、瞬速で忘れてしまった。
まあ先方も日本人の名前など覚えていないでしょう。
たぶん、レストランのボスかマネージャーだとは思うけど、正体不明。
近くへお越しの際は、ペルシャ人に挨拶してあげてください。
けっこういい奴です。
クレシーダの話をすると喜んでくれます。

ペルシャ人ボスのもと、タイ人が調理するイングリッシュブレックファーストを日本人が食べる。
これもパタヤの面白さですな。

地図

ファミリーマートの裏側にあるカオマンガイ屋もおすすめ。
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

近くには新築のホテルが2軒建っている。
新築で清潔!洗濯機付と日本語TV放送あり。アットマインドプレミアスイーツホテル宿泊レポート@パタヤカン
新築ホテル、ノヴァ エクスプレス パタヤ ホテル (Nova Express Pattaya Hotel)宿泊レポート

このあたりは長期滞在者向けのエリアだが、慣れてくると意外と快適なんで、短期滞在者の人も一度のぞいてみてほしい。
1泊2000円以下の格安ホテルもありますよ。
PJインパタヤ宿泊レポート@パタヤカン

SPONSOR LINK

関連記事

49b-steak-5

ソイブッカオの新しいステーキ屋は49バーツから(閉店)

ソイブッカオの南側に新しいステーキ屋の看板が上がっていた。 たしかに49バーツと書

記事を読む

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。 マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うま

記事を読む

take-away-breakfast-5

TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE AWAY。 白

記事を読む

Gyunoya (1)

タニヤの牛野家で、豚丼と牛丼を食べる。吉野家じゃないよ。

タイ・バンコクにあるタニヤ通りは、まさに日本人街。 日本で有名なチェーン店系居酒屋やとんかつ屋

記事を読む

mcdonald-namtok-salmon-1

日泰合作。タイのマクドナルド限定メニュー、北海道サーモンナムトックライスとバーガー。

ドナルドがワイ(合掌)している姿が有名なタイのMcDonald。 タイのマクドナルドで

記事を読む

豚のトン焼 (1)

ししゃもフライと豚のタン。ミミガーも買えるよ@ブッカオ常設市場。

庶民の台所といえば、市場(タラート)。 パタヤの中心部では、パタヤタイのワットチャイモンコン向

記事を読む

コンチネンタルベーカリーカフェ (8)

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

欧米人が集うパタヤには、カフェがとても多い。 コーヒーだけでなく、パンも販売している店もたくさ

記事を読む

ボンコットステーキ屋 (6)

ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

以前より気になっていたソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 ようやく行く機会があったので

記事を読む

パタヤタイのカノムジーン (2)

パタヤタイのカノムジーン屋は種類豊富。ウォーキングストリートからも近くて便利。

カノムジーン タイ風カレーそうめんとも言うべき「カノムジーン」 カノム=お菓子

記事を読む

ブッカオ火金市場のクイジャップ (4)

ブッカオ火金市場の屋台群にあるクイジャップがおいしかった

ブッカオとパタヤタイ交差点近くで、火曜日と金曜日限定で開かれる市場がある。 通称、ブッカオ火・

記事を読む

アドステア

アドステア

Chonburi Department Of Land Transportation Banglamung (1)
パタヤでタイの運転免許証を取得してきた。2017年最新情報。

昨日のこと、パタヤの陸運局でタイの運転免許証を無事に取得してきた。

Pattaya immigration (4)
【2017年7月最新情報】タイの居住証明書の取得方法。パタヤイミグレーション。

タイの居住証明書をパタヤのイミグレーションで無事に取得してきた。

Jasmine coffee and restaurant (12)
サードロードのカフェ、JASMINE COFFEE & Restaurant。ブレックファーストもあるよ。

サードロードのソイ19入口にあるカフェ、JASMINE COFEE

NINJA
パタヤ初心者アテンドの夜。ソイ7からソイハニー経由LKメトロまで。

海の日の連休を利用して日本からパタヤ初心者の知人が来ていて、軽くアテン

Jumbo Sushi (1)
【大幅メニュー追加】パタヤのローカル日本食屋 JUMBO SUSHI。カツ丼が好き。

晩飯を求めて、サードロードをふらふら歩いていると、小さな食堂を見つ

→もっと見る


PAGE TOP ↑