*

ペルシャ人レストランでイングリッシュブレックファーストを食べる。99バーツ。

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 グルメレポート, ブレックファースト


パタヤカンのソイ12(通称ソイAR)をずっと進むと、長期滞在向けのホテルやサービスアパートメントがいくつも並んでいる。
NOVAグループが多くて、あとはKTKなど。
その近くに新しいファミリーマートができており、隣にはレストランもある。

ソイARのブレックファーストレストラン

手前がインド料理屋で奥が洋食レストランだ。

その洋食レストランで、イングリッシュブレックファーストを食べてみた。

SPONSOR LINK



ペルシャ人とイングリッシュブレックファースト

店名は不明。
メニューには、「p.m」と書いてあるが。
ソイARのメニュー店名

レストランからは、センタラノヴァホテルが見える
ソイARのブレックファースト99バーツ (2)

店内
ソイARのブレックファースト99バーツ (1)
朝食は、アメリカンブレックファーストとイングリッシュブレックファーストに分かれている。

ソイARのブレックファースト99バーツ (6)

あと、オムレツなんかもあるようだ。

近くのテーブルにレストランのボスかマネージャーらしき中東系の顔立ちの男性が座っていた。
料理が出来上がるまで、しばらく世間話。

出身を尋ねると、「ペルシャ」との答え。
ペルシャ?
ああ、イランのことか。
イランの人は自分の国のことをペルシャって呼んでいるのか。一つ勉強になった。まあ、たまたまかもしれないけれど。

それにしてもイランの人は親日家が多い。
日本車が大好評で、イランではみんな日本車を欲しがると言っていた。
すでに製造中止となっているクレシーダ(クレシダとも言う。マークⅡクレスタの海外仕様車のこと)がイランでは今でも現役で大活躍中だそうな。

そうこうしているうちに、料理が到着した。ちなみに、料理人はタイ人のおじさんだった。

まずは、コーヒーとミルク。

ソイARのブレックファースト99バーツ (4)

コーヒーは味も至って普通。
ミルクの量が多い。ためしにそのまま飲んでみると、ほぼ普通の牛乳。少しコーヒーに入れて、あとは牛乳として楽しめた。これはアリだな。

メインディッシュ
ソイARのブレックファースト99バーツ (3)

ソーセージは本格的なイギリス風の味。つまり濃厚だ。いかにも腸詰めといった風情でクセはあるものの、なかなかいける。
アメリカンブレックファーストだと、アメリカンなホットドッグ用ソーセージとなるみたい。
ベーコンはカリカリタイプ。これは好みが分かれるところだ。わたしは結構好きで、卵の黄身とパンと一緒に食べるとおいしい。
ハムは特筆すべき点なし。
焼きトマトとベイクドビーンズは、イングリッシュブレックファーストには欠かせない。大好き。
パンはよくある市販品だけど、2枚あるんで、そこそこ腹は膨れる。

ソイARのブレックファースト99バーツ (5)

お値段99バーツ。
料金と量と味をトータルで考えると、及第点には達していると思う。
でも、わざわざ遠くから出向くほどの価値はないかな。
近くに滞在しているなら、また利用してみたい。
ちなみに、オールデイブレックファーストと書いてあるので、たぶん一日中オーダー可能。

他のメニューはピザ、バーガー、スパゲッティなど。
あと、タイ料理が少々。

ソイARのレストランメニュー

カオパット65バーツ
ガパオ80バーツ
食堂に比べると少々高めだが、レストランだとこんなものでしょう。

 

それにしても、アラブ人の名前は難しい。
スペルまで教えもらったが、瞬速で忘れてしまった。
まあ先方も日本人の名前など覚えていないでしょう。
たぶん、レストランのボスかマネージャーだとは思うけど、正体不明。
近くへお越しの際は、ペルシャ人に挨拶してあげてください。
けっこういい奴です。
クレシーダの話をすると喜んでくれます。

ペルシャ人ボスのもと、タイ人が調理するイングリッシュブレックファーストを日本人が食べる。
これもパタヤの面白さですな。

地図

ファミリーマートの裏側にあるカオマンガイ屋もおすすめ。
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

近くには新築のホテルが2軒建っている。
新築で清潔!洗濯機付と日本語TV放送あり。アットマインドプレミアスイーツホテル宿泊レポート@パタヤカン
新築ホテル、ノヴァ エクスプレス パタヤ ホテル (Nova Express Pattaya Hotel)宿泊レポート

このあたりは長期滞在者向けのエリアだが、慣れてくると意外と快適なんで、短期滞在者の人も一度のぞいてみてほしい。
1泊2000円以下の格安ホテルもありますよ。
PJインパタヤ宿泊レポート@パタヤカン

SPONSOR LINK

関連記事

Third road bukkake rice venue (4)

カイトゥン(タイの茶碗蒸し)とぶっかけ飯@元土鍋ジョーク屋

以前、土鍋で食べるトムヤム味のジョーク屋と紹介したジョークプットモー。 サードロー

記事を読む

soi BJ (1)

ウォーキングストリート、ソイBJ屋台の10バーツ唐揚げ

ウォーキングストリートのソイBJに屋台が集結するようになった。 ソイBJとは、ウォーキングスト

記事を読む

Silom khao man gai (4)

シーロム・サラデーン地区は、意外なローカルグルメスポット。バミーナム、カオマンガイうまし。

シーロムは、バンコクを代表するビジネス街。 高層ビルが立ち並んでいて、上を見上げているだけなら

記事を読む

パタヤカンソイ16唐揚げ屋 (1)

まさかの唐揚げ一個2バーツ?パタヤ至高のフライドチキン。

またしても唐揚げネタである。 いや、好きなんですよ、唐揚げ。 嫌いな人、そんなにいないでしょ

記事を読む

moo-pin-3

夜間営業のムーピン屋台@ソイチャイヤプーン入り口

ムーピンとは、タレに漬けた豚肉を串焼きにしたもの。 甘辛いタレと柔らかい豚肉の相性

記事を読む

Prajanban foods (12)

カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストランがある。 それがカオトムプラ

記事を読む

ビーチクラブ前カオマンガイ (3)

ウォーキングストリートソイ15 、ビーチクラブ前屋台のカオマンガイとバミーナム

ウォーキングストリートの目抜き通り沿いには、かなり高めの観光客向けレストランばかり。 ローカル

記事を読む

カオカイジアオ@カオソーイ食堂 (2)

カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

少し前に紹介したサードロードにある、カオソーイが食べられる食堂、ルアンカオプン。 ⇒パ

記事を読む

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

イサーン料理屋ギンニャンの料理

気軽に食べられるイサーン料理専門食堂@パタヤアベニュー裏。生肉サラダも置いてるよ。

セカンドロードとブッカオの間で気軽に食べられるイサーン料理専門店をご紹介。 かなりローカルな雰

記事を読む

アドステア

アドステア

バチェラー4周年 Bachelor (1)
オフィス7周年パーティとバチェラー4周年パーティ

8月16日のLKメトロの様子です。 時刻は深夜0時過ぎ。

Pangpond cafeのカイガタ (1)
サードロードのちょいおしゃれカフェでアラビカ種コーヒーとカイガタ

サードロードとパタヤカンの交差点近くに新しいカフェができている。

ラーメンチャンピオンのたこ焼き
【パタヤでたこ焼き】ローカル食堂ラーメンチャンピオンでたこ揚げと揚げ餃子

たこ焼きが好きだ。 海外滞在中だろうが日本にいようが、ふいにたこ

Ginza ギンザ
【昨晩のウォーキングストリート】アイアンクラブ火事閉店、ギンザとミスティーズ訪問

昨日8月14日のウォーキングストリートの様子。 月曜日の

インスタントジョーク Instant jok (4)
インスタントジョーク(粥)とコーンスナックを組み合わせると、なんちゃってコーンポタージュへ進化する

タイのお粥はジョークと呼ぶ。 雑炊(カオトム)との違いは、米粒の

→もっと見る


PAGE TOP ↑