*

カラオケ嬢とのキーキアットな日常ふたたび

沈没日記35

前夜、まさかの再会を果たし、そのままお持ち帰りしたカラオケ嬢。
眠りについたのは深夜3時頃。

わたしは午前10時過ぎには起床した。

もちろん、カラオケ嬢が目を覚ます気配は微塵もない。
さあ、どこまで寝続けるのか。

刮目しながら、カラオケ嬢の目覚めを待つ。

部屋の電気をつけると怒られるので、こっそりとPC作業したりコーヒー飲んだりしながら、眠り姫の目覚めを今か今かと注視。
たまに彼女の横にもぐりこんで唇を奪ってみるものの、彼女はただ「う~ん」と唸り声をもらすだけで、目を覚ます気配は一向にない。
あまりしつこむからむと、そっぽを向いて人形に抱きついてしまう。

 

ようやく午後2時頃、カラオケ嬢がむくりと起きてきた。

何とも機嫌の悪そうな表情である。
触らぬ神に祟りなし。目覚めのカラオケ嬢はそっとしておくべし。

やさしく「ヒューカオマイ(おなかすいた)?」と尋ねる。

返事はもちろん、大声の「ヒューカオ!」だ。
やあやあ、これぞカラオケ嬢ですな。

さて、何を買ってきましょうか?

食堂のおばさんのところでカオムートート(揚げ豚肉のせごはん)を買ってこいとの指令。
もちろん、仰せのとおりに。
第一、わたしも腹減ったよ。

急いで、おばさんのところへ。
店には、カラオケ嬢の友人がいた。
わたしも旧知の間柄。昨晩の宴会には参加していなかったので、久しぶりの再会となる。
韓国人の客を何人も転がしていて、常に誰かしらビデオコールしているやり手の彼女。韓国語もぺらぺら。
久しぶりの再会だが、彼女もまったく変わっていない。わたしとの挨拶もそこそこ、韓国語でビデオコールを始めていた。
バンコクでは日本語を話す夜嬢なんていくらでもいるだろうけど、パタヤではむしろ韓国語を話すカラオケ嬢のほうが多いんじゃなかろうか。移転した韓国カラオケのモナリザの巨大さを見ると、さもありなん。

と、料理ができたようだ。おばさんがわたしを呼んでいる。
料理二皿と水2本で計100バーツ。安上がりで助かります。

急いで、カラオケ嬢の元へ戻る。
二度寝しているカラオケ嬢を叩き起こして、昼食開始。

わたしは、ガパオプラームック(イカのガパオ)にした。

ムートートとガパオプラームック

うーん、この感じ、ひさしぶりだなあ。
アンニュイな昼下がりに、キーキアット(面倒くさがり)なタイガールと食べるアーハンタイ(タイ料理)。
これぞ、タイの女遊びだ。

生あくびを繰り返すカラオケ嬢。
11時間ほど寝続けても、まだ寝たりないらしい。
「マイポー(充分じゃない)」としきりにぼやいている。

食べ終わると、彼女はまたしてもベッドにもぐりこんだ。
人形を抱きかかえて、三度寝の開始。
いやいや、せめてわたしに抱きついてくれよ。

 

夕方になり、ようやく睡眠終了。
なんだかブンブンするような雰囲気でもなく、彼女はシャワーを浴びて、着替え始めた。

これから知り合いのパーティがあるんで出かけるそうな。

帰り際のセリフはもちろん「コータンノイ(おかねちょうだい)」である。

はいはい。お小遣いね。
1000バーツ進呈。

飲み過ぎるんじゃないぞ、と送り出す。

あとで電話するからと言い残してカラオケ嬢は出て行った。

たぶん、夜遅くなってからカラオケ嬢が部屋に泊まりに来るだろう。
この繰り返しだ。

ああ、またこの日々が始まるのかな。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ワットチャイモンコン (2)

バービア嬢とのキーキアットな2泊3日

沈没日記27 禁酒日ネタを優先させたので、少し時系列が逆になっているが、これは禁酒日前の話とな

記事を読む

禁酒日ウォーキングストリート (1)

禁酒日前夜のバービアとウォーキングストリート。日系OLと出会う

沈没日記25 禁酒日前夜のバービア 本日5月20日は仏教の祝日のため禁酒日。 昨晩19日は

記事を読む

パタヤカンのバミーと唐揚げセット

深夜の修羅場。嫉妬に狂うカラオケ嬢が部屋を飛び出す。

沈没日記36 カラオケ嬢が帰ってから、しばらくPC作業。 いろいろ忙しくなってきた。 ブロ

記事を読む

ナナプラザ (1)レインボー1

大雨のバンコクナイト。ナナプラザのレインボーとテーメーカフェの日本語。

沈没日記47 (つづき) バンコクの夜。 午後11時頃に、ようやく夜の街へ繰り出そうと

記事を読む

寿司屋台 (1)

ついにパタヤラストナイト。最後は挨拶まわりで締めくくる。

沈没日記44 起床したのは午前10時過ぎ。 ベッドの上では、元ゴーゴー嬢が気持ちよさそうに寝

記事を読む

Image

夜の水かけは、元ゴーゴー嬢を部屋に呼び出してスプラッシュ

沈没日記7 ソンクラーン2日目夜の部 夕方から水かけ遊びを楽しみ、部屋に戻って一休み。 ず

記事を読む

ディスコチラシ

今回初のペイバーは20歳バービア嬢

パタヤ沈没2日目 ホテルチェンジ しばらくはホテルを日替わりで転々とする予定。 快適なケッティ

記事を読む

pattaya

パタヤ沈没前半戦終了。1ヶ月の出費と現在のテンション。

パタヤ沈没日記22 今回のパタヤ滞在は2ヶ月の予定だが、すでに1ヶ月が通過している。 前半戦

記事を読む

カラオケ嬢 (1)

カラオケ嬢が早朝に再降臨して最後のブンブン。さらばパタヤ。

沈没日記45 (つづき) 早朝コーリング パタヤラストナイトから一夜明けた。 午前6

記事を読む

バービア嬢1

3年ぶりに再会したバービア嬢が涙を流す

沈没日記23 テンションは上がらないが、バービアめぐりは続ける。 なかば惰性のような気もする

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑