*

タイのマクドナルドの朝マックには、おかゆとパートンコーが売ってるよ。29バーツから。

公開日: : 最終更新日:2016/09/28 グルメレポート


タイの朝食といえば、おかゆ。
タイ語でジョークという。
原型がなくなるまでに煮こまれたお米が特徴だ。朝にぴったりの料理。

ジョーク

朝になると街角にジョーク屋台が出没する。屋台なら30バーツか40バーツほどだ。

とはいえ、まったくのタイ初心者には屋台はちょっときついかもしれない。
そういう人は、マクドナルドへ行きましょう。

mcdonald

タイの朝マックでは、お粥も提供しているのだ。
しかも、パートンコーも売っている。

SPONSOR LINK

朝マックのジョーク

店内にあるジョークメニュー
タイの朝マックジョークおかゆ (2)

英語で、PORRIDGEと書いてあるのがジョークのこと。タイ語が苦手な人は、ポリッジと言えば通じるはず。もしくはメニューを指差せばいいでしょう。

あひるの肉が入ったジョークが35バーツ。
鶏肉、豚肉入りのジョークが29バーツとなる。

ジョークに定番の卵は別料金となる。10バーツ。
ジョークを注文すると、「卵を入れますか」と質問されるかな。

今回は卵入りの鶏肉ジョークを注文した。
これにコーヒーをつけたセットにして、合計49バーツとなる。
コーヒーがいらなければ、卵付きジョークで39バーツだ。
ジョークだけでいいなら、シンプルに29バーツ。

セットの実物
タイの朝マックジョークおかゆ (3)

ジョークは、プラスチック容器に入れられている。

蓋をあけると、こうなる
タイの朝マックジョークおかゆ (4)

卵は目玉焼きにしてある。まあ、バーガーに挟む卵をそのまま利用している模様。

鶏肉は、フライドチキンを細かくしたもの。これもフライドチキン用のものを流用しているのだろう。

あと、緑の野菜は、ずばりパクチーです。
風味付けにはもってこいだけど、苦手は人は取り除きましょう。
匂いのかけらも嫌だという人は、注文時に「マイサイパクチー(パクチーを入れないでね)」とお願いしておきましょう。たぶん、抜いてくれます。

調味料として胡椒がついてきてますね。
おかゆ自体にはあまり味がついてないけれど、フライドチキンと混ぜると、ほどよい塩加減と油具合になるんじゃないでしょうか。
卵も一緒に食べれば、なおよし。
パクチーの香りで食が進みます。

ぐしゃぐしゃに混ぜてやりましょう。

タイの朝マックジョークおかゆ (5)

屋台に比べると、まったくクセのない味。
実に食べやすい。量も少なめ。

屋台のジョークに慣れている人は、味・量ともに物足りないかも。

まあ、屋台はちょっとなあと敬遠している人向けです。
あと、涼しい店内で食べられるのも高ポイント。
食後にコーヒーで一服できるのもいいね。

パタヤの屋台や食堂で食べるなら
関連記事:タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

パートンコー

タイの朝マックジョークおかゆ (1)

さらには、パートンコーも朝マックで売られている。

パートンコーとは、揚げパンのこと。

屋台のパートンコーは、こんな感じとなる。

パートンコー (1)
関連記事:タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

揚げたてほくほくの食感がたまらない。
ジョークと並んで、タイの朝食の大定番だ。

朝マックのパートンコーは、大ぶりサイズ。
これにコーヒーがセットになる。
セットで29バーツととてもお値打ち価格。

屋台では練乳をつけて食べることが多いが、マックでは、チョコレート味などのディップを別途注文可能。10バーツから15バーツ。

ちなみに、日本の朝マックでもおなじみのエッグマフィンセットは59バーツとなる。

タイの朝マックは、午前6時から11時まで。
夜遊び疲れの朝は、すずしいマクドナルド店内で、おかゆとパートンコーをどうぞ。

なお、今回取材したのは、パタヤアベニューというショッピングモール内にあるマクドナルド。
タイのマクドナルドは、同じパタヤ内にあっても価格設定が異なるため、他の店舗でも同じ料金とは限りません。あしからず。

SPONSOR LINK

関連記事

Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (5)

【アンヘレスの朝食】Phillies Sports Grill&Barで大盛りブレックファースト125ペソ

アンヘレスで朝食付きプランのホテルに滞在していないと、少し困るのが朝食。 ジョリビーやマクドナ

記事を読む

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

パタヤヒル展望台カフェ (6)

パタヤヒル展望台にある絶景カフェ。パタヤ湾を眺めながらコーヒーとチョコトーストを。

パタヤヒル(プラタムナック)の頂上にある展望台。 ここからパタヤ湾を一望することができる。

記事を読む

セイラーバーレストランのシュニッツェルカツレツ (2)

セイラーバーレストランでシュニッツェル(豚カツ)を食べる

ソイ7とソイ8を歩いていると、急に洋食が食べたくなった。 こんな時は、ソイ8にあるSAILOR

記事を読む

thai-sweets-pak-mo-5

【タイのスイーツ】カオグリヤップパックモーとサークーサイムー

ちょっとおもしろいタイのスイーツ屋台を見かけたのでご紹介。 なにやら、鍋の蒸気でク

記事を読む

ジョーク屋台 (3)

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。

酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。 タイ料理なら、ジョークである。

記事を読む

ホーモック屋台

ホーモックプラーは、ちまき風の蒸し魚。プラーサワイとプラーチョン(雷魚)。

ちまきのような料理が並ぶ屋台。 パタヤの街角では、ちょこちょこと見かける。 タイ

記事を読む

central-marina-food-park-khao-soi-1

セントラルマリーナ(ノースパタヤビッグC)のフードコートでカオソーイを食べる

先日、とりあえず改装工事を一段落させて、オープンしたばかりのCentral Marina(セント

記事を読む

チムチュム2

パタヤの中心部でチムチュム

チムチュム チムチュムとは、イサーン地方の鍋料理のこと。 日本では、タイ風ハーブ鍋と呼ば

記事を読む

サードロードのバミー屋台jpg (1)

サードロードのバミー専門店のスープは赤くて美味いのであります。

どうも。 安くてうまい屋台を求めて、日夜パタヤをさまよい歩いております。 体重が少し増え

記事を読む

アドステア

アドステア

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)
特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。

The Bay Pattaya (3)
ノースパタヤの新ショッピングモール、The Bay。完成すれどテナント入らず。

ノースパタヤ、ビーチロードソイ5に新しいショッピングモールが完成し

Buakhao paradise pattaya room (8)
Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

→もっと見る

PAGE TOP ↑