*

タイのマクドナルドの朝マックには、おかゆとパートンコーが売ってるよ。29バーツから。

公開日: : 最終更新日:2016/09/28 グルメレポート


タイの朝食といえば、おかゆ。
タイ語でジョークという。
原型がなくなるまでに煮こまれたお米が特徴だ。朝にぴったりの料理。

ジョーク

朝になると街角にジョーク屋台が出没する。屋台なら30バーツか40バーツほどだ。

とはいえ、まったくのタイ初心者には屋台はちょっときついかもしれない。
そういう人は、マクドナルドへ行きましょう。

mcdonald

タイの朝マックでは、お粥も提供しているのだ。
しかも、パートンコーも売っている。

SPONSOR LINK

朝マックのジョーク

店内にあるジョークメニュー
タイの朝マックジョークおかゆ (2)

英語で、PORRIDGEと書いてあるのがジョークのこと。タイ語が苦手な人は、ポリッジと言えば通じるはず。もしくはメニューを指差せばいいでしょう。

あひるの肉が入ったジョークが35バーツ。
鶏肉、豚肉入りのジョークが29バーツとなる。

ジョークに定番の卵は別料金となる。10バーツ。
ジョークを注文すると、「卵を入れますか」と質問されるかな。

今回は卵入りの鶏肉ジョークを注文した。
これにコーヒーをつけたセットにして、合計49バーツとなる。
コーヒーがいらなければ、卵付きジョークで39バーツだ。
ジョークだけでいいなら、シンプルに29バーツ。

セットの実物
タイの朝マックジョークおかゆ (3)

ジョークは、プラスチック容器に入れられている。

蓋をあけると、こうなる
タイの朝マックジョークおかゆ (4)

卵は目玉焼きにしてある。まあ、バーガーに挟む卵をそのまま利用している模様。

鶏肉は、フライドチキンを細かくしたもの。これもフライドチキン用のものを流用しているのだろう。

あと、緑の野菜は、ずばりパクチーです。
風味付けにはもってこいだけど、苦手は人は取り除きましょう。
匂いのかけらも嫌だという人は、注文時に「マイサイパクチー(パクチーを入れないでね)」とお願いしておきましょう。たぶん、抜いてくれます。

調味料として胡椒がついてきてますね。
おかゆ自体にはあまり味がついてないけれど、フライドチキンと混ぜると、ほどよい塩加減と油具合になるんじゃないでしょうか。
卵も一緒に食べれば、なおよし。
パクチーの香りで食が進みます。

ぐしゃぐしゃに混ぜてやりましょう。

タイの朝マックジョークおかゆ (5)

屋台に比べると、まったくクセのない味。
実に食べやすい。量も少なめ。

屋台のジョークに慣れている人は、味・量ともに物足りないかも。

まあ、屋台はちょっとなあと敬遠している人向けです。
あと、涼しい店内で食べられるのも高ポイント。
食後にコーヒーで一服できるのもいいね。

パタヤの屋台や食堂で食べるなら
関連記事:タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

パートンコー

タイの朝マックジョークおかゆ (1)

さらには、パートンコーも朝マックで売られている。

パートンコーとは、揚げパンのこと。

屋台のパートンコーは、こんな感じとなる。

パートンコー (1)
関連記事:タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

揚げたてほくほくの食感がたまらない。
ジョークと並んで、タイの朝食の大定番だ。

朝マックのパートンコーは、大ぶりサイズ。
これにコーヒーがセットになる。
セットで29バーツととてもお値打ち価格。

屋台では練乳をつけて食べることが多いが、マックでは、チョコレート味などのディップを別途注文可能。10バーツから15バーツ。

ちなみに、日本の朝マックでもおなじみのエッグマフィンセットは59バーツとなる。

タイの朝マックは、午前6時から11時まで。
夜遊び疲れの朝は、すずしいマクドナルド店内で、おかゆとパートンコーをどうぞ。

なお、今回取材したのは、パタヤアベニューというショッピングモール内にあるマクドナルド。
タイのマクドナルドは、同じパタヤ内にあっても価格設定が異なるため、他の店舗でも同じ料金とは限りません。あしからず。

SPONSOR LINK

関連記事

ガトォーン (1)

ちょっと珍しいタイの果物、ガトォーン(グラトーン、サントル)。

日本ではあまり食べる機会がないであろう果物を食べてみた。 ガトォーン ク

記事を読む

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない

記事を読む

カイピン (3)

カイピン-殻付きの串焼き卵

屋台でちょこちょこ見かける変わった卵をご紹介。 鶏の卵に味をつけて、殻ごと焼いたもの。

記事を読む

ヒルトンパタヤ・ホライズン (7)

HILTON PATTAYAの屋上ラウンジ「HORIZON ホライズン」

つい先日、ヒルトンホテルパタヤの屋上にあるラウンジ「HORIZON」に行ってみた。 ここから眺

記事を読む

ジョムティエンナイトマーケット (2)

ジョムティエンのナイトマーケットは、シーフードからファラン飯まで何でも揃う屋台街

ジョムティエンのビーチロードを走行していると、ナイトマーケットに遭遇した。 こんな場所があった

記事を読む

イーノENO (1)

タイのコンビニで買える胃腸薬、ENO FRUIT SALT(イーノフルーツソルト)は6秒で効く?

調味料が多く、油っこいタイ料理は胃腸に負担がかかるもの。 さらに連日連夜飲み歩きしていると、さ

記事を読む

baritaliabygiegieバーイタリアパタヤ (3)

センタン2階にあるBAR ITALIAは、テラス席が気持ちいいイタリアンレストラン

用事があって、友人とセントラルフェスティバル(通称センタン)を訪問。 その後、センタン

記事を読む

屋台のカオニャオマムアン (2)

今が旬!一度食べると病みつき?カオニャオマムアンは、もち米にマンゴーをのせた甘くておいしいタイ名物お菓子

タイは、5月前後がマンゴーの季節。 甘くておいしい完熟マンゴーが1kg100バーツ(310円)

記事を読む

小鳥の丸焼き屋台 (2)

小鳥の丸焼き、ノックヤーン屋台

変わり種のタイ屋台料理シリーズ。 バービア群でかわった屋台を発見した。 何やら棒

記事を読む

サードロードのカオカームーイエンターフォー屋台 (2)

サードロードソイ19屋台のイエンターフォーとカオムーデーンをお持ち帰り

タイの屋台では、ご飯物だけでなく、麺類の持帰りも可能。 熱々のスープをビニール袋に入れてくれる

記事を読む

アドステア

アドステア

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

airport-ais-shop
【タイのスマホ】同じ携帯電話番号を維持しつつ、タイ到着と同時にネットを使う方法。AIS・12CALL、TRUE、DTAC。

タイ訪問時に毎回空港でSIMカードを求めて並んでませんか?

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

→もっと見る

PAGE TOP ↑