*

タイのマクドナルドの朝マックには、おかゆとパートンコーが売ってるよ。29バーツから。

公開日: : 最終更新日:2016/09/28 グルメレポート


タイの朝食といえば、おかゆ。
タイ語でジョークという。
原型がなくなるまでに煮こまれたお米が特徴だ。朝にぴったりの料理。

ジョーク

朝になると街角にジョーク屋台が出没する。屋台なら30バーツか40バーツほどだ。

とはいえ、まったくのタイ初心者には屋台はちょっときついかもしれない。
そういう人は、マクドナルドへ行きましょう。

mcdonald

タイの朝マックでは、お粥も提供しているのだ。
しかも、パートンコーも売っている。

SPONSOR LINK

朝マックのジョーク

店内にあるジョークメニュー
タイの朝マックジョークおかゆ (2)

英語で、PORRIDGEと書いてあるのがジョークのこと。タイ語が苦手な人は、ポリッジと言えば通じるはず。もしくはメニューを指差せばいいでしょう。

あひるの肉が入ったジョークが35バーツ。
鶏肉、豚肉入りのジョークが29バーツとなる。

ジョークに定番の卵は別料金となる。10バーツ。
ジョークを注文すると、「卵を入れますか」と質問されるかな。

今回は卵入りの鶏肉ジョークを注文した。
これにコーヒーをつけたセットにして、合計49バーツとなる。
コーヒーがいらなければ、卵付きジョークで39バーツだ。
ジョークだけでいいなら、シンプルに29バーツ。

セットの実物
タイの朝マックジョークおかゆ (3)

ジョークは、プラスチック容器に入れられている。

蓋をあけると、こうなる
タイの朝マックジョークおかゆ (4)

卵は目玉焼きにしてある。まあ、バーガーに挟む卵をそのまま利用している模様。

鶏肉は、フライドチキンを細かくしたもの。これもフライドチキン用のものを流用しているのだろう。

あと、緑の野菜は、ずばりパクチーです。
風味付けにはもってこいだけど、苦手は人は取り除きましょう。
匂いのかけらも嫌だという人は、注文時に「マイサイパクチー(パクチーを入れないでね)」とお願いしておきましょう。たぶん、抜いてくれます。

調味料として胡椒がついてきてますね。
おかゆ自体にはあまり味がついてないけれど、フライドチキンと混ぜると、ほどよい塩加減と油具合になるんじゃないでしょうか。
卵も一緒に食べれば、なおよし。
パクチーの香りで食が進みます。

ぐしゃぐしゃに混ぜてやりましょう。

タイの朝マックジョークおかゆ (5)

屋台に比べると、まったくクセのない味。
実に食べやすい。量も少なめ。

屋台のジョークに慣れている人は、味・量ともに物足りないかも。

まあ、屋台はちょっとなあと敬遠している人向けです。
あと、涼しい店内で食べられるのも高ポイント。
食後にコーヒーで一服できるのもいいね。

パタヤの屋台や食堂で食べるなら
関連記事:タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

パートンコー

タイの朝マックジョークおかゆ (1)

さらには、パートンコーも朝マックで売られている。

パートンコーとは、揚げパンのこと。

屋台のパートンコーは、こんな感じとなる。

パートンコー (1)
関連記事:タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

揚げたてほくほくの食感がたまらない。
ジョークと並んで、タイの朝食の大定番だ。

朝マックのパートンコーは、大ぶりサイズ。
これにコーヒーがセットになる。
セットで29バーツととてもお値打ち価格。

屋台では練乳をつけて食べることが多いが、マックでは、チョコレート味などのディップを別途注文可能。10バーツから15バーツ。

ちなみに、日本の朝マックでもおなじみのエッグマフィンセットは59バーツとなる。

タイの朝マックは、午前6時から11時まで。
夜遊び疲れの朝は、すずしいマクドナルド店内で、おかゆとパートンコーをどうぞ。

なお、今回取材したのは、パタヤアベニューというショッピングモール内にあるマクドナルド。
タイのマクドナルドは、同じパタヤ内にあっても価格設定が異なるため、他の店舗でも同じ料金とは限りません。あしからず。

SPONSOR LINK

関連記事

LKメトロケバブ屋 (4)

ソイLKメトロとソイダイアナ周辺のケバブ屋台を食べ比べ

ソイダイアナのLKメトロ入り口付近からソイレンキーにかけては、さながらケバブ屋銀座になっ

記事を読む

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)

タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系のファストフード店。 タイ全土

記事を読む

Satey sophon market (1)

ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon Market)。 サードロ

記事を読む

ヒポポタマスのヒポスムージー

センタン6階のヒポポタマスは、眺めのよいカフェレストラン。フルーツスムージーがおいしいよ。

セントラルフェスティバルパタヤ(通称センタン)の6階の一番ビーチ寄りにあるのが、HIPPOPOT

記事を読む

central-marina-food-park-khao-soi-1

セントラルマリーナ(ノースパタヤビッグC)のフードコートでカオソーイを食べる

先日、とりあえず改装工事を一段落させて、オープンしたばかりのCentral Marina(セント

記事を読む

thai-sweets-pak-mo-5

【タイのスイーツ】カオグリヤップパックモーとサークーサイムー

ちょっとおもしろいタイのスイーツ屋台を見かけたのでご紹介。 なにやら、鍋の蒸気でク

記事を読む

jasmin-israel-restaurant-4

イスラエル料理レストラン「JASMINE」のブレックファースト125バーツ

ソイブッカオの南側には、なぜかは知らないが、イスラエル系の店やゲストハウスが多い。 この旅

記事を読む

パタヤタイの39バーツステーキ屋 (3)

これがパタヤ最安か?39バーツステーキ屋@パタヤタイ

パタヤタイ(サウスパタヤ通り)をひたすら走っていると、またしてもステーキ屋の看板を発見した。

記事を読む

マハーサムットクイティアオトムヤム (2)

サードロードの絶品シーフードクイティアオ「マハーサムット」ふたたび。

以前紹介した、海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋「マハーサムット」。 場所はサードロ

記事を読む

Chicken world Pattaya (3)

カレー風味の巨大ガイヤーンにかぶりつけ!Chicken World@ソイブッカオ

ソイブッカオの南側に以前から気になっているガイヤーンの店がある。 店頭に大きなグリルがおいてあ

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya soi7
スレてない新人バービア嬢を探せ。19歳初日宿無しと遭遇。

沈没日記6 パタヤのバービアめぐりの醍醐味の一つが、田舎から出て

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑