*

タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。


タイの定番朝食といえば、ジョーク。
お粥のことだ。

ごはん粒の形がなくなるほどに煮込んであるのが特徴。
味は薄味で、自分で調味料を加えて整える。
あっさり食べることができるんで、朝食や夜食に向いている。

SPONSOR LINK



ソイニュープラザのジョーク屋

午前11時頃、遅めの朝食を求めてふらふら走っていると、ジョーク屋を発見した。
場所は、ソイニュープラザのブッカオ寄り。

ここには屋台がいくつも並んでいる。

ジョークはこの屋台
ソイニュープラザのジョーク屋台 (4)

テーブルも置いてあるので、もちろんその場で食べられる。
無料の水もあり。

ソイニュープラザのジョーク屋台 (1)

看板メニューは二つ
ソイニュープラザのジョーク屋台 (3)

右のRICE CONGEEがジョークのこと。英語では、RICE PORRIDGEという呼び方もする。
左は、ガオラオ。豚肉と豚の血入りだ。ガオラオは麺なしのクィティアオで、ご飯と一緒に食べることが多い。
どちらも40バーツだ。

ジョークを注文。
具材の指定は無し。
デフォルトで豚肉が入るようだ。

こちらが日本人だからか、「タップ(肝臓)は入れるか?」とか「パクチーは入れるか?」と親切に聞いてくれた。
わたしはジョークに生姜を入れたくないので、「マイサイキン」とだけリクエストした。キンは生姜のことね。
各自、苦手なものがあれば、リクエストしておこう。

完成
ジョーク

ジョークの量が半端ない。

画像では対象物がないためわかりづらいが、普通にラーメンを入れるような大きさの丼にジョークが盛られている。それも、丼の縁ぎりぎりまで。
どんだけサービスしてくれんだか。

前述通り、ジョーク自体にはそれほど味が付いていない。
店の人が、胡椒と黒醤油をちょっとかけてくれるだけ。まあ、このままでも食べられるが、テーブルの上の唐辛子や酢で味を整えてもいいかな。
ナンプラーはあまり合わないんで、さらに味付けしたい場合は、黒醤油をかけるほうがいい。

ソイニュープラザのジョーク屋台 (2)

醤油は、タイ語でシーウ。ちょっとカタカナ表記が難しい。シィウでもいいか。まあ、中国語の醤油から来ていることは間違いない。つまりショウユだ。
おかゆと醤油文化は、日本とタイがつながっているね。

ジョークは、熱々。
大きな寸胴ですでに煮こまれているジョークを別の鍋に移して、さらに煮込んでいる。アツアツのはずだ。

よくかき混ぜてから食べましょう。

豚肉は肝臓の他にミンチ肉も入っている。
あとは、半熟卵。
やはり、おかゆや雑炊には、卵が欠かせない。生に近い卵が怖い人は、固茹でにしてもらったほうがいいかも。

まあ、ここのジョークの味は正直普通。いや、普通においしんだけど、特筆してうまいと絶賛するほどのものではない。
でも、とにかく、この量の多さは圧巻である。

朝から丼満載のおかゆを食べきることはできなかった。
無理っす。
がっつりおかゆが食べたい人には向いているかな。
腹をすかせてどうぞ。

次回はガオラオを食べてみようっと。
隣のタイ人が食べていたけど、やはりご飯とセットにしていた。さすがにご飯は、普通のお茶碗サイズだったが、ガオラオは具だくさんでおいしそうだった。

地図

ソイニュープラザのブッカオ側。ブッカオ側から入るとすぐだ。
セカンドロードから入ると、歩いて3分くらいはかかりそう。

営業時間ははっきり聞いていないが、おそらく朝早くから夕方くらいまで。暗くなってから通りかかると閉まっているんで。
まあ、朝に行きましょう。ジョークは朝食向きなんで。

午前中のブッカオ沿いには、ジョーク屋台も出没していることもある。
特にソイダイアナとソイレンキー交差点付近に屋台が多くて、ジョーク屋が見つかる可能性あり(毎日必ず出ているわけではない)。

パートンコー屋台 (4)

これまた朝食名物のパートンコーもおすすめ。

パートンコー
関連記事:タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

夕方以降にジョークが食べたくなったら、ブッカオ常設市場の近くのテスコロータスエクスプレス前にジョーク屋台が出ている。
ロータス前のジョーク屋
ここは固定店舗なので、定休日でないかぎり、確実にジョークが食べられる。お持ち帰りでなく、その場でテーブルで食べられるのもいいね。

あとは夜遅くなるとバービア群にジョーク屋台が出没することが多い。

カイヨーマー入りジョーク
関連記事:カイヨーマー(ピータン)入りのジョークを食べよう

SPONSOR LINK

関連記事

マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーがうまいブッカオとパタヤカン交差点のぶっかけ飯屋

ソイブッカオの北端、パタヤカン(セントラルパタヤロード)との交差点付近に出ているぶっかけ飯屋があ

記事を読む

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオムー

【定点観測】ブッカオ名無し食堂のガパオムーサップ

ソイブッカオの中ほど、LKメトロ近くにある食堂。 毎度おなじみブッカオの名無し食堂だ。

記事を読む

サードロード24時間営業クイティアオ屋 (3)

豚骨スープのクイティアオ@サードロードの24時間食堂。ルークチンもおいしい。

以前、紹介したサードロードにある24時間営業の食堂。 その際はクイジャップユアンを食べて、けっ

記事を読む

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

Silom khao man gai (4)

シーロム・サラデーン地区は、意外なローカルグルメスポット。バミーナム、カオマンガイうまし。

シーロムは、バンコクを代表するビジネス街。 高層ビルが立ち並んでいて、上を見上げているだけなら

記事を読む

Pattaya takoyaki (4)

パタヤでたこ焼き!ナイトマーケットの巨大イカ入りたこ焼きはまるでエイリアン。

たこ焼きが食べたいのである。 理由はない。 食べたいから食べたい。 が、ここはタイのパタヤ

記事を読む

チャイヤプーン食堂 (2)

ソイチャイヤプーンにある食堂。ぶっかけ飯、イサーン料理、洋食まで何でもそろって、日本語も通じるよ。

前回のパタヤ沈没でお世話になった食堂を紹介したい。 ソイチャイヤプーンにある食堂だ。 た

記事を読む

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (2)

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋。3種類のスパイシーチキンがうまい。

以前、ソイボンコットとパタヤタイの交差点にある10バーツ唐揚げ屋を紹介した。 唐揚げ好きにはお

記事を読む

カオピヤック (1)

カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

アジアといえば麺料理である。 日本、中国、タイ、ベトナム、いたるところで麺料理を食べることがで

記事を読む

アドステア

アドステア

パタヤカンの新しいカオマンガイ屋 (1)
パタヤカンの新しいカオマンガイ屋。バミーナムもおいしい。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに新しい食堂ができていた。

ライトハウス Lighthouse
新ゴーゴー、YES!? 復活ウィンドミルとライトハウス訪問レポ

日本ではお盆休みが完全に開けた月曜日。 昨晩のウォーキングストリート

タイ・パタヤの丸亀製麺のしっぽくうどん (1)
丸亀製麺のしっぽくうどんで日本の田舎を思い出す

用事があってBIG C Extraへ行った際に、ふと気になり、丸亀

ウォーキング夜景 1
【最新2017年版】パタヤ夜遊び相場一覧。ゴーゴーバー、バービア、ソイ6、MP、いくらで遊べるの?

2017年8月最新更新。 大元は2015年4月にアップした記事となり

サイアムビューレジデンス Siam View Residence (7)
サイアム ビュー レジデンス (Siam View Residence)宿泊レポート

パタヤカンのソイ12にあるサイアムビューレジデンスに泊まってみた。

→もっと見る


PAGE TOP ↑