*

タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

公開日: : グルメレポート ,


タイの定番朝食といえば、ジョーク。
お粥のことだ。

ごはん粒の形がなくなるほどに煮込んであるのが特徴。
味は薄味で、自分で調味料を加えて整える。
あっさり食べることができるんで、朝食や夜食に向いている。

SPONSOR LINK

ソイニュープラザのジョーク屋

午前11時頃、遅めの朝食を求めてふらふら走っていると、ジョーク屋を発見した。
場所は、ソイニュープラザのブッカオ寄り。

ここには屋台がいくつも並んでいる。

ジョークはこの屋台
ソイニュープラザのジョーク屋台 (4)

テーブルも置いてあるので、もちろんその場で食べられる。
無料の水もあり。

ソイニュープラザのジョーク屋台 (1)

看板メニューは二つ
ソイニュープラザのジョーク屋台 (3)

右のRICE CONGEEがジョークのこと。英語では、RICE PORRIDGEという呼び方もする。
左は、ガオラオ。豚肉と豚の血入りだ。ガオラオは麺なしのクィティアオで、ご飯と一緒に食べることが多い。
どちらも40バーツだ。

ジョークを注文。
具材の指定は無し。
デフォルトで豚肉が入るようだ。

こちらが日本人だからか、「タップ(肝臓)は入れるか?」とか「パクチーは入れるか?」と親切に聞いてくれた。
わたしはジョークに生姜を入れたくないので、「マイサイキン」とだけリクエストした。キンは生姜のことね。
各自、苦手なものがあれば、リクエストしておこう。

完成
ジョーク

ジョークの量が半端ない。

画像では対象物がないためわかりづらいが、普通にラーメンを入れるような大きさの丼にジョークが盛られている。それも、丼の縁ぎりぎりまで。
どんだけサービスしてくれんだか。

前述通り、ジョーク自体にはそれほど味が付いていない。
店の人が、胡椒と黒醤油をちょっとかけてくれるだけ。まあ、このままでも食べられるが、テーブルの上の唐辛子や酢で味を整えてもいいかな。
ナンプラーはあまり合わないんで、さらに味付けしたい場合は、黒醤油をかけるほうがいい。

ソイニュープラザのジョーク屋台 (2)

醤油は、タイ語でシーウ。ちょっとカタカナ表記が難しい。シィウでもいいか。まあ、中国語の醤油から来ていることは間違いない。つまりショウユだ。
おかゆと醤油文化は、日本とタイがつながっているね。

ジョークは、熱々。
大きな寸胴ですでに煮こまれているジョークを別の鍋に移して、さらに煮込んでいる。アツアツのはずだ。

よくかき混ぜてから食べましょう。

豚肉は肝臓の他にミンチ肉も入っている。
あとは、半熟卵。
やはり、おかゆや雑炊には、卵が欠かせない。生に近い卵が怖い人は、固茹でにしてもらったほうがいいかも。

まあ、ここのジョークの味は正直普通。いや、普通においしんだけど、特筆してうまいと絶賛するほどのものではない。
でも、とにかく、この量の多さは圧巻である。

朝から丼満載のおかゆを食べきることはできなかった。
無理っす。
がっつりおかゆが食べたい人には向いているかな。
腹をすかせてどうぞ。

次回はガオラオを食べてみようっと。
隣のタイ人が食べていたけど、やはりご飯とセットにしていた。さすがにご飯は、普通のお茶碗サイズだったが、ガオラオは具だくさんでおいしそうだった。

地図

ソイニュープラザのブッカオ側。ブッカオ側から入るとすぐだ。
セカンドロードから入ると、歩いて3分くらいはかかりそう。

営業時間ははっきり聞いていないが、おそらく朝早くから夕方くらいまで。暗くなってから通りかかると閉まっているんで。
まあ、朝に行きましょう。ジョークは朝食向きなんで。

午前中のブッカオ沿いには、ジョーク屋台も出没していることもある。
特にソイダイアナとソイレンキー交差点付近に屋台が多くて、ジョーク屋が見つかる可能性あり(毎日必ず出ているわけではない)。

パートンコー屋台 (4)

これまた朝食名物のパートンコーもおすすめ。

パートンコー
関連記事:タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

夕方以降にジョークが食べたくなったら、ブッカオ常設市場の近くのテスコロータスエクスプレス前にジョーク屋台が出ている。
ロータス前のジョーク屋
ここは固定店舗なので、定休日でないかぎり、確実にジョークが食べられる。お持ち帰りでなく、その場でテーブルで食べられるのもいいね。

あとは夜遅くなるとバービア群にジョーク屋台が出没することが多い。

カイヨーマー入りジョーク
関連記事:カイヨーマー(ピータン)入りのジョークを食べよう

SPONSOR LINK

関連記事

カオパットトムヤムマハーサムット (3)

カオパットトムヤムタレー。シーフード入りトムヤム味の焼き飯。

サードロードにあるシーフード満載のトムヤムクイティアオで有名となった「マハーサムット」。

記事を読む

ドランクンダックの99バーツブレックファースト (2)

ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ

たまに、がっつりと朝食が食べたくなる時がある。それもタイ料理の朝食ではなくて、洋食系、特にイング

記事を読む

third-road-steak-loong-yai-2

サードロードの格安ローカルステーキ屋ルゥンヤーイmini。ハンバーグがそこそこおいしい。

パタヤサードロードは、ローカル向けの安くてうまい食堂やレストランの宝庫。 タイ料理だけでなくて

記事を読む

khonkaen-ramen-9

コンケーンで見つけた日本ラーメン屋台は、謎仕様に美味いスープですごい

イサーンでは、ふいに日本語の看板やのれんに出くわすことがあり、びっくりさせられる。 ブリラ

記事を読む

roast-duck-dry-noodle-4

あひる肉のせラーメン、バミーヘンペット。パタヤタイのトゥッコム裏手。

パタヤタイのトゥッコム裏手を歩いていると、店先にぶら下がったアヒルたちを見つけた。

記事を読む

flandria-2

移転したFLANDRIAのフライドチキンステーキがうまい。チムチュムもやってるよ。

以前、ソイブッカオ沿いでムーガタとベルギー料理とイサーン料理が食べられるレストランとして紹介した

記事を読む

カオカームー (2)

サードロードの中華屋台でカオカームー。豚の豚足煮込みご飯。

以前から少し気になっていたサードロードにある屋台。 大きな中華スタイルの寸胴が置い

記事を読む

FRYDAYのフィッシュバーガー (2)

FRYDAYのフィッシュバーガー&チップス、99バーツ

以前紹介したフィッシュ・アンド・チップスの名店「FRYDAY」。 場所は、ソイニュープラザ内で

記事を読む

chapayom-2

CHA PAYOM(チャーパヨム)はどれでも1杯25バーツのカフェ。抹茶ミルクがおすすめ。

タイ全土でフランチャイズ展開している路上カフェー店が、CHA PAYOMだ。 読み方は、たぶん

記事を読む

ヌアヤーンとナムトックムーのダブル焼き肉丼

ヌアヤーンとムーヤーンのダブル焼き肉丼うまし

ある夜のこと。 食事中の友人たちから誘いを受ける。 食べきれないくらい量があるんで、食べに来

記事を読む

アドステア

アドステア

スクリーンショット_032317_055159_PM
GWにも年末年始にも。サプライス(Surprice)の5000円割引きクーポン配布中。

格安航空券販売のSurprice(サプライス)が、恒例の割引きクー

Walking street201702
パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。

Navin mansion2 (12)
パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

ナビンマンション2は、日本人には定番のサービスアパートメント。

Book of Philipin pub (2)
おもしくて一気読み。「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象。

最近各所で高評価の新書、「フィリピンパブ嬢の社会学」(中島弘象)を購入

Yak statue
パタヤ復帰後はカラオケ嬢と付かず離れずで。ノーブンブンライフも悪くない。

沈没日記11 (10からの続き) バンコクからパタヤへ シーロム

→もっと見る

PAGE TOP ↑