*

タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

公開日: : グルメレポート ,


タイの定番朝食といえば、ジョーク。
お粥のことだ。

ごはん粒の形がなくなるほどに煮込んであるのが特徴。
味は薄味で、自分で調味料を加えて整える。
あっさり食べることができるんで、朝食や夜食に向いている。

SPONSOR LINK

ソイニュープラザのジョーク屋

午前11時頃、遅めの朝食を求めてふらふら走っていると、ジョーク屋を発見した。
場所は、ソイニュープラザのブッカオ寄り。

ここには屋台がいくつも並んでいる。

ジョークはこの屋台
ソイニュープラザのジョーク屋台 (4)

テーブルも置いてあるので、もちろんその場で食べられる。
無料の水もあり。

ソイニュープラザのジョーク屋台 (1)

看板メニューは二つ
ソイニュープラザのジョーク屋台 (3)

右のRICE CONGEEがジョークのこと。英語では、RICE PORRIDGEという呼び方もする。
左は、ガオラオ。豚肉と豚の血入りだ。ガオラオは麺なしのクィティアオで、ご飯と一緒に食べることが多い。
どちらも40バーツだ。

ジョークを注文。
具材の指定は無し。
デフォルトで豚肉が入るようだ。

こちらが日本人だからか、「タップ(肝臓)は入れるか?」とか「パクチーは入れるか?」と親切に聞いてくれた。
わたしはジョークに生姜を入れたくないので、「マイサイキン」とだけリクエストした。キンは生姜のことね。
各自、苦手なものがあれば、リクエストしておこう。

完成
ジョーク

ジョークの量が半端ない。

画像では対象物がないためわかりづらいが、普通にラーメンを入れるような大きさの丼にジョークが盛られている。それも、丼の縁ぎりぎりまで。
どんだけサービスしてくれんだか。

前述通り、ジョーク自体にはそれほど味が付いていない。
店の人が、胡椒と黒醤油をちょっとかけてくれるだけ。まあ、このままでも食べられるが、テーブルの上の唐辛子や酢で味を整えてもいいかな。
ナンプラーはあまり合わないんで、さらに味付けしたい場合は、黒醤油をかけるほうがいい。

ソイニュープラザのジョーク屋台 (2)

醤油は、タイ語でシーウ。ちょっとカタカナ表記が難しい。シィウでもいいか。まあ、中国語の醤油から来ていることは間違いない。つまりショウユだ。
おかゆと醤油文化は、日本とタイがつながっているね。

ジョークは、熱々。
大きな寸胴ですでに煮こまれているジョークを別の鍋に移して、さらに煮込んでいる。アツアツのはずだ。

よくかき混ぜてから食べましょう。

豚肉は肝臓の他にミンチ肉も入っている。
あとは、半熟卵。
やはり、おかゆや雑炊には、卵が欠かせない。生に近い卵が怖い人は、固茹でにしてもらったほうがいいかも。

まあ、ここのジョークの味は正直普通。いや、普通においしんだけど、特筆してうまいと絶賛するほどのものではない。
でも、とにかく、この量の多さは圧巻である。

朝から丼満載のおかゆを食べきることはできなかった。
無理っす。
がっつりおかゆが食べたい人には向いているかな。
腹をすかせてどうぞ。

次回はガオラオを食べてみようっと。
隣のタイ人が食べていたけど、やはりご飯とセットにしていた。さすがにご飯は、普通のお茶碗サイズだったが、ガオラオは具だくさんでおいしそうだった。

地図

ソイニュープラザのブッカオ側。ブッカオ側から入るとすぐだ。
セカンドロードから入ると、歩いて3分くらいはかかりそう。

営業時間ははっきり聞いていないが、おそらく朝早くから夕方くらいまで。暗くなってから通りかかると閉まっているんで。
まあ、朝に行きましょう。ジョークは朝食向きなんで。

午前中のブッカオ沿いには、ジョーク屋台も出没していることもある。
特にソイダイアナとソイレンキー交差点付近に屋台が多くて、ジョーク屋が見つかる可能性あり(毎日必ず出ているわけではない)。

パートンコー屋台 (4)

これまた朝食名物のパートンコーもおすすめ。

パートンコー
関連記事:タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

夕方以降にジョークが食べたくなったら、ブッカオ常設市場の近くのテスコロータスエクスプレス前にジョーク屋台が出ている。
ロータス前のジョーク屋
ここは固定店舗なので、定休日でないかぎり、確実にジョークが食べられる。お持ち帰りでなく、その場でテーブルで食べられるのもいいね。

あとは夜遅くなるとバービア群にジョーク屋台が出没することが多い。

カイヨーマー入りジョーク
関連記事:カイヨーマー(ピータン)入りのジョークを食べよう

SPONSOR LINK

関連記事

MALEE3マリーレストラン (1)

MALEEレストランの日替わり99バーツセット。ソイレンキーに新MALEEオープン。

MALEE(マリー)は、パタヤで数店舗展開しているレストラン&ゲストハウス。 今回訪れたのは、

記事を読む

ソイカオタローの踏切 (2)

パタヤの踏切とソイカオタロー市場の焼き鳥

ソイカオタローの踏み切り スクンビットからパタヤダークサイドのソイカオタロー方面へ進ん

記事を読む

LKメトロケバブ屋 (4)

ソイLKメトロとソイダイアナ周辺のケバブ屋台を食べ比べ

ソイダイアナのLKメトロ入り口付近からソイレンキーにかけては、さながらケバブ屋銀座になっ

記事を読む

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (4)

パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

食べ放題のムーカタレストラン、ニンジャへ行くことになった。 場所は、サウスパタヤ店。 ブ

記事を読む

queen-vic-breakfast-6

THE QUEEN VICのブレックファスト105バーツ@ソイハニー

セカンドロードのソイ11(ソイハニー)は、いかがわしい通りでもあり、長期滞在系ファランのたまり場

記事を読む

ヒポポタマスのヒポスムージー

センタン6階のヒポポタマスは、眺めのよいカフェレストラン。フルーツスムージーがおいしいよ。

セントラルフェスティバルパタヤ(通称センタン)の6階の一番ビーチ寄りにあるのが、HIPPOPOT

記事を読む

チムチュム2

パタヤの中心部でチムチュム

チムチュム チムチュムとは、イサーン地方の鍋料理のこと。 日本では、タイ風ハーブ鍋と呼ば

記事を読む

パタヤタイの39バーツステーキ屋 (3)

これがパタヤ最安か?39バーツステーキ屋@パタヤタイ

パタヤタイ(サウスパタヤ通り)をひたすら走っていると、またしてもステーキ屋の看板を発見した。

記事を読む

パートンコー屋台 (6)

タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

ソイブッカオのパタヤ市民病院(Pattaya City Hospital)近くで、朝だけ営業して

記事を読む

バミーナム1

ブッカオのおすすめバミーとカオムーデーン屋台

バミーナム ブッカオの南端近くにある屋台のバミー。 焼き豚(ムーデーン)とワ

記事を読む

アドステア

アドステア

take-away-breakfast-5
TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE

ノヴァエクスプレスホテルパタヤ (4)
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)

《更新情報》 〈リンク切れを修正しました〉 2016年

walking-street-201612
バカラ、ハッピー、ギンザ、パレス、ランウェイなど、パタヤ最新ゴーゴーバー訪問レポート

ここ数日、珍しく熱心にウォーキングストリートへ日参してきた。 いくつ

royal-qd-suite-hotel-8
ソイイエンサバイの格安ホテル、ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)宿泊レポート

Soi Yensabaiとは、パタヤタイにあるソイのこと。セカンド

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

→もっと見る

PAGE TOP ↑