*

タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

公開日: : グルメレポート ,


タイの定番朝食といえば、ジョーク。
お粥のことだ。

ごはん粒の形がなくなるほどに煮込んであるのが特徴。
味は薄味で、自分で調味料を加えて整える。
あっさり食べることができるんで、朝食や夜食に向いている。

SPONSOR LINK

ソイニュープラザのジョーク屋

午前11時頃、遅めの朝食を求めてふらふら走っていると、ジョーク屋を発見した。
場所は、ソイニュープラザのブッカオ寄り。

ここには屋台がいくつも並んでいる。

ジョークはこの屋台
ソイニュープラザのジョーク屋台 (4)

テーブルも置いてあるので、もちろんその場で食べられる。
無料の水もあり。

ソイニュープラザのジョーク屋台 (1)

看板メニューは二つ
ソイニュープラザのジョーク屋台 (3)

右のRICE CONGEEがジョークのこと。英語では、RICE PORRIDGEという呼び方もする。
左は、ガオラオ。豚肉と豚の血入りだ。ガオラオは麺なしのクィティアオで、ご飯と一緒に食べることが多い。
どちらも40バーツだ。

ジョークを注文。
具材の指定は無し。
デフォルトで豚肉が入るようだ。

こちらが日本人だからか、「タップ(肝臓)は入れるか?」とか「パクチーは入れるか?」と親切に聞いてくれた。
わたしはジョークに生姜を入れたくないので、「マイサイキン」とだけリクエストした。キンは生姜のことね。
各自、苦手なものがあれば、リクエストしておこう。

完成
ジョーク

ジョークの量が半端ない。

画像では対象物がないためわかりづらいが、普通にラーメンを入れるような大きさの丼にジョークが盛られている。それも、丼の縁ぎりぎりまで。
どんだけサービスしてくれんだか。

前述通り、ジョーク自体にはそれほど味が付いていない。
店の人が、胡椒と黒醤油をちょっとかけてくれるだけ。まあ、このままでも食べられるが、テーブルの上の唐辛子や酢で味を整えてもいいかな。
ナンプラーはあまり合わないんで、さらに味付けしたい場合は、黒醤油をかけるほうがいい。

ソイニュープラザのジョーク屋台 (2)

醤油は、タイ語でシーウ。ちょっとカタカナ表記が難しい。シィウでもいいか。まあ、中国語の醤油から来ていることは間違いない。つまりショウユだ。
おかゆと醤油文化は、日本とタイがつながっているね。

ジョークは、熱々。
大きな寸胴ですでに煮こまれているジョークを別の鍋に移して、さらに煮込んでいる。アツアツのはずだ。

よくかき混ぜてから食べましょう。

豚肉は肝臓の他にミンチ肉も入っている。
あとは、半熟卵。
やはり、おかゆや雑炊には、卵が欠かせない。生に近い卵が怖い人は、固茹でにしてもらったほうがいいかも。

まあ、ここのジョークの味は正直普通。いや、普通においしんだけど、特筆してうまいと絶賛するほどのものではない。
でも、とにかく、この量の多さは圧巻である。

朝から丼満載のおかゆを食べきることはできなかった。
無理っす。
がっつりおかゆが食べたい人には向いているかな。
腹をすかせてどうぞ。

次回はガオラオを食べてみようっと。
隣のタイ人が食べていたけど、やはりご飯とセットにしていた。さすがにご飯は、普通のお茶碗サイズだったが、ガオラオは具だくさんでおいしそうだった。

地図

ソイニュープラザのブッカオ側。ブッカオ側から入るとすぐだ。
セカンドロードから入ると、歩いて3分くらいはかかりそう。

営業時間ははっきり聞いていないが、おそらく朝早くから夕方くらいまで。暗くなってから通りかかると閉まっているんで。
まあ、朝に行きましょう。ジョークは朝食向きなんで。

午前中のブッカオ沿いには、ジョーク屋台も出没していることもある。
特にソイダイアナとソイレンキー交差点付近に屋台が多くて、ジョーク屋が見つかる可能性あり(毎日必ず出ているわけではない)。

パートンコー屋台 (4)

これまた朝食名物のパートンコーもおすすめ。

パートンコー
関連記事:タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

夕方以降にジョークが食べたくなったら、ブッカオ常設市場の近くのテスコロータスエクスプレス前にジョーク屋台が出ている。
ロータス前のジョーク屋
ここは固定店舗なので、定休日でないかぎり、確実にジョークが食べられる。お持ち帰りでなく、その場でテーブルで食べられるのもいいね。

あとは夜遅くなるとバービア群にジョーク屋台が出没することが多い。

カイヨーマー入りジョーク
関連記事:カイヨーマー(ピータン)入りのジョークを食べよう

SPONSOR LINK

関連記事

ホーモックガイ (3)

天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

タイの街角では、いまだに天秤をかついで行商する人がいる。 パタヤでも、ちょこちょこ見かける。

記事を読む

24時間営業のクイティアオとクイジャップユアン食堂 (3)

24時間営業のクイティアオ&クイジャップユアン食堂

サードロードに24時間営業のクイティアオ屋を見つけた。 場所は、サードロードのソイ15角のファ

記事を読む

The haven breakfast the works (3)

パタヤ最強かも。THE HAVENのブレックファースト100バーツ。

パタヤのブレックファーストシリーズはまだまだ続く。 いったい、パタヤにはいくつものファラン向け

記事を読む

cool-house-kaosoi-4

パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。

パタヤでカオソーイを食べよう企画の第2段です。 前回は、サードロードにある紫の看板の食堂で

記事を読む

queen-vic-breakfast-6

THE QUEEN VICのブレックファスト105バーツ@ソイハニー

セカンドロードのソイ11(ソイハニー)は、いかがわしい通りでもあり、長期滞在系ファランのたまり場

記事を読む

BBQ moogata soi bongkot (5)

ソイボンコット2軒目の食べ放題ムーガタ屋は、189バーツ

以前、ソイボンコットにある食べ放題ムーガタ屋を紹介した。 139バーツという破格値であった。

記事を読む

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ (1)

豚骨入りトムヤムクイティアオは、男の迫力で辛くてうまい@パタヤタイ

うまそうな店を求めてパタヤタイのワットチャイ市場裏側のソイを走っていると、ふと目に止まったのが、

記事を読む

ice-frost-bingsu-pattaya-6

パタヤで巨大かき氷。韓国式かき氷屋「ICE FROST」は噂通りの山盛りだった。

以前ちょろっとだけ日記に登場したはずの、かき氷屋「ICE FROST」。 パタヤタイのスクンビ

記事を読む

ブッカオ火金市場のクイジャップ (4)

ブッカオ火金市場の屋台群にあるクイジャップがおいしかった

ブッカオとパタヤタイ交差点近くで、火曜日と金曜日限定で開かれる市場がある。 通称、ブッカオ火・

記事を読む

ビーチクラブ前カオマンガイ (3)

ウォーキングストリート、ビーチクラブ前屋台のカオマンガイとバミーナム

ウォーキングストリートの目抜き通り沿いには、かなり高めの観光客向けレストランばかり。 ローカル

記事を読む

アドステア

アドステア

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

Asoke noodle soup (4)
手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見

→もっと見る

PAGE TOP ↑