*

カイヨーマー(ピータン)入りのジョークを食べよう

公開日: : グルメレポート


ジョークといえば、タイのおかゆ。
米粒の形がなくなるほど、どろどろに煮込まれている。

ジョーク1

ジョーク屋台は、朝方と夜遅くに出没することが多い。
昼間は寝静まっており、夜になると蠢き出すという憎いやつだ。

二日酔いの朝や、酒まみれの夜に食べるととにかくうまい。
疲れた体に染み透るような食感。
日本人なら、誰しもが受け入れられる味だろう。

ジョークの汁には、あまり味がついていない。
屋台に置かれた黒醤油や酢や唐辛子で味を整える。
あまり唐辛子を入れ過ぎないようにしましょう。

SPONSOR LINK

カイヨーマー入りジョーク

夜のパタヤには、ちょこちょことジョーク屋台が出没する。あまり多くはないが、探すのは難しくないはず。
出会いは突然なので、心の準備はしておこう。

ジョーク屋台 (3)

大きな寸胴からおかゆがたっぷり入っている。
具材を加えて、最後に味付けをするだけ。

具材は、豚肉がメイン。内蔵系も置いてある。お好きなものをどうぞ。

あとは、日本のおかゆや雑炊でも定番の卵を投入する。

ジョーク屋台 (1)

タイのジョーク屋台で用意されている卵は主に三種類。

カイトム:ゆで卵。殻は茶色。半熟のこともある。
カイケム:塩漬けされたゆで卵。殻は白色。
カイヨーマー:ピータン。殻はピンク。

屋台のガラスケースに三色の卵が置いてあるので、好きなものを指定すればよい。

ここは、ぜひともカイヨーマーを指定してもらいたい。ピータンである。

すると、ピンク色の卵の殻を割ってくれる。

これが
ジョーク屋台のカイヨーマー

こうなる
カイヨーマー

うーん、真っ黒な中身がたまらない。

外見がピンクなのに一皮むけば黒光りするとは、これまた憎いやつ。
まさに夜の卵である。

黒いやつを軽く半分に切ってから、熱々の白いジョークにインサート。
ああ、入った。

カイヨーマー入りジョーク

少々画像が汚らしいが、食べてみればばっちりだ。

真っ黒なピータンだが、味は見た目ほど濃くはない。
ゼラチン質で、口に含むと適度な弾力があって、思わずしゃぶりつくしたくなる。
とろけるような快楽にしびれる。

そして、汁と米と卵の三位一体の温かさが、夜の街ですさんだ胃袋をやさしくいたわってくれるのだ。

やはり、ジョークはいい。
ジョークは夜に食べたい。
黒光りするカイヨーマーは夜こそ似合う。
カイヨーマー入りの真っ白なジョークは、深夜夜12時過ぎの味だ。

朝にジョークを食べるなら、半熟たまごがいいけどね。

ジョーク肝臓入り

どうしても夕方くらいから食べたいなら、ソイブッカオ北側のカシコーン銀行近くのロータスエクスプレス前に常設ジョーク屋台が出ている。

ロータス前のジョーク屋

ここはセット内容が写真入りで掲示してあり、注文しやすい。煮込んだ椎茸なんかも入っていて、日本人にはうれしい食感と味。
ただし、卵はカイヨーマーと指定することを忘れずに。

日本では滅多に味わえない、ピータン入りおかゆをぜひどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

ヌアヤーン

カオトムプラジャンバンのヌアヤーンがうまい。ヤムプーマーやクンパオもいける。

パタヤカンのフードランド斜め向かい側にあるレストラン、カオトムプラジャンバン。

記事を読む

白身魚フライとスパゲッティ

BIG-C惣菜コーナーの巨大白身魚フライ(PANGASIUS STEAK)49バーツがうまい

ノースパタヤにあるBIG-Cは、パタヤ老舗のスーパーマーケット。かなり巨大な店内で、品数も豊富。

記事を読む

ドリーステーキフィッシュステーキ (1)

ソイユメの新しいステーキ屋でドリーフィッシュステーキを食べる。79バーツ。

ここしばらくマイブームとなっているパタヤのローカルステーキ屋探し。 いやあ、60バーツほどでス

記事を読む

パタヤのムーガタセーチュアン (3)

セーチュアン。199バーツでシーフード焼き放題のムーガタ屋。

以前少しだけ紹介したサードロードに新しくできたムーカタ屋。 ここは、199バーツでシーフードが食べ

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツカレー (1)

ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

パタヤのカツカレー カツカレーが好きだ。 海外では、わざわざ日本食を食べようとはあまり思わな

記事を読む

カオトムプラジャンバン料理

おすすめレストラン、カオトムプラジャンバンふたたび。追加料理多数。

少し前に紹介したおすすめのタイ料理&イサーン料理&シーフードのおいしいレストラン、カオトムプ

記事を読む

ジョーク屋台 (3)

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。

酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。 タイ料理なら、ジョークである。

記事を読む

khao man gai soi AR (2)

パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ屋のご紹介。 場

記事を読む

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (9)

食べ放題で139バーツ、ソイボンコットのムーガタ屋

パタヤのムーガタ屋で有名なのはニンジャ。 わたしも過去何度も訪れている。 おおよそ200バー

記事を読む

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ (1)

豚骨入りトムヤムクイティアオは、男の迫力で辛くてうまい@パタヤタイ

うまそうな店を求めてパタヤタイのワットチャイ市場裏側のソイを走っていると、ふと目に止まったのが、

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya soi7
スレてない新人バービア嬢を探せ。19歳初日宿無しと遭遇。

沈没日記6 パタヤのバービアめぐりの醍醐味の一つが、田舎から出て

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑