*

カイヨーマー(ピータン)入りのジョークを食べよう

公開日: : グルメレポート


ジョークといえば、タイのおかゆ。
米粒の形がなくなるほど、どろどろに煮込まれている。

ジョーク1

ジョーク屋台は、朝方と夜遅くに出没することが多い。
昼間は寝静まっており、夜になると蠢き出すという憎いやつだ。

二日酔いの朝や、酒まみれの夜に食べるととにかくうまい。
疲れた体に染み透るような食感。
日本人なら、誰しもが受け入れられる味だろう。

ジョークの汁には、あまり味がついていない。
屋台に置かれた黒醤油や酢や唐辛子で味を整える。
あまり唐辛子を入れ過ぎないようにしましょう。

SPONSOR LINK

カイヨーマー入りジョーク

夜のパタヤには、ちょこちょことジョーク屋台が出没する。あまり多くはないが、探すのは難しくないはず。
出会いは突然なので、心の準備はしておこう。

ジョーク屋台 (3)

大きな寸胴からおかゆがたっぷり入っている。
具材を加えて、最後に味付けをするだけ。

具材は、豚肉がメイン。内蔵系も置いてある。お好きなものをどうぞ。

あとは、日本のおかゆや雑炊でも定番の卵を投入する。

ジョーク屋台 (1)

タイのジョーク屋台で用意されている卵は主に三種類。

カイトム:ゆで卵。殻は茶色。半熟のこともある。
カイケム:塩漬けされたゆで卵。殻は白色。
カイヨーマー:ピータン。殻はピンク。

屋台のガラスケースに三色の卵が置いてあるので、好きなものを指定すればよい。

ここは、ぜひともカイヨーマーを指定してもらいたい。ピータンである。

すると、ピンク色の卵の殻を割ってくれる。

これが
ジョーク屋台のカイヨーマー

こうなる
カイヨーマー

うーん、真っ黒な中身がたまらない。

外見がピンクなのに一皮むけば黒光りするとは、これまた憎いやつ。
まさに夜の卵である。

黒いやつを軽く半分に切ってから、熱々の白いジョークにインサート。
ああ、入った。

カイヨーマー入りジョーク

少々画像が汚らしいが、食べてみればばっちりだ。

真っ黒なピータンだが、味は見た目ほど濃くはない。
ゼラチン質で、口に含むと適度な弾力があって、思わずしゃぶりつくしたくなる。
とろけるような快楽にしびれる。

そして、汁と米と卵の三位一体の温かさが、夜の街ですさんだ胃袋をやさしくいたわってくれるのだ。

やはり、ジョークはいい。
ジョークは夜に食べたい。
黒光りするカイヨーマーは夜こそ似合う。
カイヨーマー入りの真っ白なジョークは、深夜夜12時過ぎの味だ。

朝にジョークを食べるなら、半熟たまごがいいけどね。

ジョーク肝臓入り

どうしても夕方くらいから食べたいなら、ソイブッカオ北側のカシコーン銀行近くのロータスエクスプレス前に常設ジョーク屋台が出ている。

ロータス前のジョーク屋

ここはセット内容が写真入りで掲示してあり、注文しやすい。煮込んだ椎茸なんかも入っていて、日本人にはうれしい食感と味。
ただし、卵はカイヨーマーと指定することを忘れずに。

日本では滅多に味わえない、ピータン入りおかゆをぜひどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

コンビニの缶コーヒー (2)

タイの缶コーヒー11種類飲み比べ。ナンバーワンはDAOコーヒー。

コーヒーが好きだ。 カフェで飲む本格的なコーヒーもいい。 タイの屋台で売っている甘っ

記事を読む

クイティアオトムヤム (2)

クイティアオトムヤムタレー屋台。イカとエビ入りのトムヤムラーメン@サードロードセブン前

サードロードのソイ13入り口、セブンイレブン前で営業している屋台。 基本はクイティ

記事を読む

セイラーバーレストランのシュニッツェルカツレツ (2)

セイラーバーレストランでシュニッツェル(豚カツ)を食べる

ソイ7とソイ8を歩いていると、急に洋食が食べたくなった。 こんな時は、ソイ8にあるSAILOR

記事を読む

パタヤタイバミーナム (2)

バミーギアオは、ワンタン入りバミーナム@パタヤタイソイ18

最近、ちょこちょこと夜食を取りに行っているのが、パタヤタイとサードロード交差点近くにあるバミー屋

記事を読む

カオカームー (3)

ワットチャイ向かい側の屋台群でカオカームーを食べる。とろとろの豚足がうまい。

ワットチャイ前屋台通り 夜になると、パタヤタイ通りの路上で営業を開始する屋台群がある。

記事を読む

カオパットトムヤムマハーサムット (3)

カオパットトムヤムタレー。シーフード入りトムヤム味の焼き飯。

サードロードにあるシーフード満載のトムヤムクイティアオで有名となった「マハーサムット」。

記事を読む

ブッカオ市場のタレートート (4)

タレートート(ホイトート)。タイ風海鮮お好み焼き。

今日も今日とてソイブッカオの常設市場へ。 何を食べようかと、うろうろわくわくする。

記事を読む

デンダムバミー (2)

パタヤ・デンダムレストランのすっきりスープ海鮮バミーナムはおすすめ

パタヤの庶民的なレストランとして有名なのがデンダム。 パタヤ在住のタイ人なら、ほとんどみんな知

記事を読む

panpan-bbq-hotpot-3

ムーガタとチムチュムとカラオケの店、パンパン

サードロードに以前から気になっている店があった。 明らかにムーガタとチムチュムの店

記事を読む

10-bahts-fried-chicken-4

ソイブッカオの10バーツ唐揚げ屋台、ガイトートナコンナヨック

恒例のパタヤ10バーツ唐揚げ屋台シリーズ。 これまで何店舗か紹介してきたが、灯台下暗しとでも言

記事を読む

アドステア

アドステア

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

→もっと見る

PAGE TOP ↑