パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2016年4月~パタヤ沈没日記

禁酒日前夜のバービアとウォーキングストリート。日系OLと出会う

投稿日:

沈没日記25

禁酒日前夜のバービア

本日5月20日は仏教の祝日のため禁酒日。

昨晩19日は、まずバービアから夜遊びをスタートさせた。
19日の24時をもって、バーはクローズするはずだ。
最初に知り合いのバービアを軽くはしご。23時頃にLKメトロかウォーキングストリートの様子を見に行こうと考えていた。

ブッカオのバービアでだらだら飲んでいると、突然の大雨が降りだした。
ここ最近、夜中になると雨が降ることが多い。それもスコールだ。

これでは身動きがとれない。

降ったり止んだりを繰り返しているうちに、深夜0時となった。
が、このバービアも周囲のバービアも一向に閉店する気配はない。

ただ、少し照明を落として、音楽の音量も絞っている。

普通に酒を提供しているし、ビリヤードで遊ぶこともできる。

雨は上がったが、結局、深夜1時半過ぎまで遊んでしまった。
ちょうどバイクに乗った警察官が巡回に来て、ジエンド。

それでも、一部のバービアは営業を続けていた。
中には照明をつけて、音楽もガンガン鳴らしているところすらあった。大丈夫かよ。

深夜2時のウォーキングストリートでの出会い

深夜2時。
どうせ閉まっているだろうけど、ウォーキングストリートの様子を見に行くことにした。

禁酒日ウォーキングストリート (1)

やっぱり、ほぼ全滅。
ゴーゴーバーもバービアも軒並み閉まっている。

バカラは、閉店作業中で、店内にはまだ明かりがついていた。たぶん、0時をまわっても遅くまで営業していたっぽい。

ディスコも同様で、どこも閉まっている。

禁酒日ウォーキングストリート (2)

が、マリーンディスコだけは、中から爆音が聞こえてきた。
まだ営業しているっぽい。ほんとかよ。

通りは、閑散としているが、たちんぼは多い。
それ目当てなのか、アラブ系インド系の男がふらふらしている。
それにしても、たちんぼのレディボーイ率は異常に高いなあ。
ここで選ぶのはあまりにも危険だ。

禁酒日ウォーキングストリート (3)

と、ウォーキングストリートをふらふらしていると、物陰からわたしを呼ぶ声がする。
シャッターのおりた店の前で座り込んでいる女性たちがいて、そのうちの一人がわたしを呼んでいるのだ。

おばさんだった。

誰だ?

知り合いのバービア嬢かと思ったが、心当たりがない。
思い出した。
少し前にバービアの誕生日パーティで、たまたま横に座ったおばさんだ。

関連記事:バービアのパーティは出会いのチャンス。豚の丸焼きもおいしいんで、参加すべし。

なにやらフリーランスで働いているようで、この日もウォーキングストリートのディスコで客漁りをしていたが、見つからずに放り出された。まあ、そんなところだろう。
年の頃なら40前後で、当然わたしの守備範囲外。

でも、おばさんと一緒に座っている女性が気になった。
他に二人いるのだが、そのうちの一人が美人なのである。

これは気になるじゃないか。

おばさんを通じて、紹介してもらう。
紹介料は、近くに出ていたケバブ屋のケバブ1本60バーツ。おばさんにおねだりされたので、喜んで買ってあげた。まあ、半分わたしが食べたけど。

横に座って、気になる彼女に挨拶。

すっきりした顔の美人タイプで、体型も悪くない。
たぶん、ディスコメインのフラーランサーなのだろうと思っていたが、話を聞いてみると、パタヤ近郊で働いているという。
しかも某日本企業勤務。
おお、OLか。
まあ、たぶん工場のライン製造だろうけど、とりあえず日系OLとしておく。
23歳くらいに見えたが、実際は30歳。
仕事が休みの日にパタヤへ遊びに来ているとのこと。

都合よく解釈すれば素人だけど、やっぱり、フリーランサーでしょう。
ディスコで出会って、気が合えば、男と寝る。もちろんカネは取る、と。

まあ別にどっちでもいい。

おばさんが、連れて帰りなさいと煽ってくる。
金銭は発生するだろうけど、見た目は美人だし、連れて帰ってもいいかなあ。

が、彼女はやんわりと断ってきた。

会話はタイ語オンリー。
わたしのタイ語レベルでは、すべてを理解することはできない。

「パタヤには遊びに来た。出会ったばかりで、一緒に部屋に行くことはない。まずは仲良くなることからはじめましょう」

というような内容だと、推察された。
たぶん、そんな感じだと思う。
邪険に拒否されたわけではなく、笑顔で話してくれた。
すぐに電話番号とLINEの交換して友達となる。

ちょっとヤリたい気分だったので、本当に連れて帰ってもよかったのが、これはこれでヨシとしよう。

でも、彼女は30歳だし、もっと即物的な対応でもよかったと思う。
まあ、かりにフリーランサーではない素人と仮定すれば、これが一般的なタイ女性の反応だろうけどね。

ここでお別れ。
彼女はパタヤ近郊の自宅に帰るという。

結局、わたしのバイクの後部座席に座ったのは、ブッカオに住んでいるというおばさんだった。

こらあ、抱きついてくるなあ。
悪いけど、おばさんに興味はないんだよ。

でも、きちんと電話番号とLINE交換。
また別の若い女性を紹介してもらえる機会が出てきそうだ。
ケバブ奢ったんだから、これからもよろしく。

 

というわけで、禁酒日前夜のウォーキングストリートでは、まったく遊ぶことはできなかったけど、少々面白い出会いがあったというお話でした。

ちなみに、日系OLからは頻繁にタイ語でメッセージが来ますね。
グーグル翻訳を使えばメッセージのやり取りは難しくないけど、面倒くさい。
ビデオコールでの会話に切り替えた。これなら文字通り話が早いです。

うーん、パタヤのディスコ遊びはまったくしてこなかったけれど、出会いの宝庫かもしれないなあ。
ほとんどはおカネ目的のフリーランサーだろうけど、中にはパタヤやパタヤ近郊から遊びに来る一般女性もいるはずで、そういった女性を狙うのもおもしろいかも。
まあ面倒くさいんで、あんまりやらないけどね。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-2016年4月~パタヤ沈没日記
-, ,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.