*

パタヤ・デンダムレストランのすっきりスープ海鮮バミーナムはおすすめ


パタヤの庶民的なレストランとして有名なのがデンダム。
パタヤ在住のタイ人なら、ほとんどみんな知っているはず。

デンダムメニュー (2)

赤と黒が目印だ。
デーンダムともカタカナ表記できるか。
英語表記の店名が、Dang-Dum Food Centerとなる。
デーンが赤で、ダムが黒だ。

華僑資本なのか、漢字の看板も掲げられている。

パタヤデンダムデンダーム (4)
「喃鈴」と書いてあるが、読み方も意味もわかりません。

SPONSOR LINK

パタヤカンのデンダム

デンダムは、パタヤでいくつか店舗展開しているようだ。
アヴェニューの裏口付近にも店舗があったが、いつの間にかなくなっている。
テパシットのソイ8入り口は営業中。
他は不明。

今回訪れたのは、一番有名なパタヤカン店。
デンダムといえば、ここです。

外観
パタヤデンダムデンダーム (6)

丼の上で箸がつみれ(ルークチン)をつまんでいる看板が目印。

場所は、パタヤカン(セントラルパタヤロード)のサードロード寄り。
ソイでいうなら、パタヤカンのソイ10だ。

パタヤデンダムデンダーム (5)

地図

ソイブッカオから出て、少しサードロード方面へ進んで、道路を渡ったところ。
パタヤカンの乗り合いソンテウに乗ってもいいし、ブッカオからなら徒歩でも行ける。パタヤカンの横断には注意しましょう。

壁のない作りでエアコンなしだけど、それほど暑くはない。

店内やテーブルはわりと綺麗にメンテナンスされている。

ぶっかけ飯コーナーがあって、自分の目で見ておかずを選ぶこともできる。

パタヤデンダムデンダーム (3)

パタヤデンダムデンダーム (2)

午後3時頃の訪問のため、おかずは少なくなっていた。
マッサマンカレーが見えるなあ。

シーフード入りすっきりスープヌードル

今回オーダーしたのは、クイティアオ。

デンダムメニュー (9)

メニュー番号38番、Clear noodle soup with saefood。
まあ、要するにバミーナムタレーである。

数年前にこの近所でアパートぐらしをしていたので、何度かここのバミーナムは食べている。
スープがうまかった覚えがある。
ひさしぶりに食べてみたくなった。

並盛り70バーツ、大盛り80バーツ。
たぶん3年ぶりくらいだが、間違いなく値上がりしている。まあ、しょうがない。
どうせならと、大盛りで注文してみた。

到着

デンダムバミー (2)

練り物が数種類たっぷり入っている。
あとは、エビとイカと野菜だ。

デンダムバミー (1)

麺は、普通の中華麺というより、平麺に近い。
きしめんみたいだが、味は中華麺である。
ちょっとインスタント麺っぽい印象だが、これはこれでおいしい。
というか、やっぱり、スープがおいしい。
クリアスープの料理名に偽りなし。

パタヤデンダムデンダーム (1)

テーブルの上には定番調味料が置いてあり、さらには別途、酢のようなものを持ってきてくれた。
この酢と、かるく唐辛子と砂糖を入れるくらいで充分だろう。
あまり入れ過ぎると、せっかくのすっきりスープが台無しになってしまう。

シーフードにはトムヤムのような濃厚で辛いスープもいいけど、こういったクリアスープもよく合うね。

練り物は、柔らかくて食べやすい。噛むと味が滲み出てくる。
スープと一緒に食べるとなおよし。

大変おいしゅうございました。
屋台のクイティアオに比べると割高だけど、満足です。

タイ風のアイスティー30バーツを別途注文。

で、大盛りバミーが80バーツなんで、合計110バーツのはず。
と思いきや、請求額は100バーツだった。
ということは、バミーは大盛りではなくて並盛り70バーツのほうだったのかも。それとも単なる計算間違いか。
まあ、深く詮索せずに100バーツ払っておしまい。

その他のメニュー

デンダムメニュー (1)

メニューは英語併記の写真付きでオーダーは簡単。指差しすればいいだけ。値段が二つ書いてあるのは、並盛りと大盛りの違い。

デンダムメニュー (3)

水が10バーツは、ローカル食堂価格だ。
コーラやホットコーヒーが20バーツ。
アイス系は30バーツ。
全体的に安い。

たぶん、無料のお茶もあると思われる。

料理は、ルークチンなどの練り物系やワンタンなど。
揚げワンタン60バーツはうまそうだ。

デンダムメニュー (4)

麺料理が得意のようで、パッタイやパスタが並ぶ。
デンダムメニュー (11)
デンダムメニュー (8)

マッサマンカレーは75バーツ。
デンダムメニュー (5)

シーフードたっぷりのスペシャルフライドライスは100バーツ。カオカームー60バーツ。
デンダムメニュー (6)

ガパオライスは70バーツから。
デンダムメニュー (12)

バミー以外のクイティアオももちろんあり。
デンダムメニュー (10)

 

料理は、練り物やシーフードを多用しているようで、食堂や屋台に比べると、少し高め。
それでも、観光客向けのレストランよりは安いだろう。

ローカル食堂は衛生的にも言葉的にもちょっとなあ、でも綺麗なレストランは高いし、それなりに清潔なところで安くておいしいタイ料理が食べたいなあって時に利用価値が高いですね、デンダムは。
味は間違いないでしょう。

一人で訪れてもまったく問題ない雰囲気です。タイ人も一人で来てますね。
お気軽にどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

ブッカオ常設市場のナムトックムー (2)

ブッカオ常設市場のナムトックムー屋台

ソイブッカオ北側にある、ブッカオ市場。 ブッカオとパタヤタイ交差点近くに火曜日と金曜日限定で開

記事を読む

BBQ moogata soi bongkot (5)

ソイボンコット2軒目の食べ放題ムーガタ屋は、189バーツ

以前、ソイボンコットにある食べ放題ムーガタ屋を紹介した。 139バーツという破格値であった。

記事を読む

パタヤタイカオマンガイ (1)

ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。

ソイブッカオとサウスパタヤロード(パタヤタイ)の交差点にあるカオマンガイ屋台に行ってみた

記事を読む

THE SWAN Breakfast (10)

カンバーランドソーセージ入りイングリッシュブレックファースト。THE SWAN@ソイヤマト

ソイヤマトとは、ビーチロードのソイ13/1のこと。 ソイの中に「YAMATO」という日

記事を読む

Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (5)

【アンヘレスの朝食】Phillies Sports Grill&Barで大盛りブレックファースト125ペソ

アンヘレスで朝食付きプランのホテルに滞在していないと、少し困るのが朝食。 ジョリビーやマクドナ

記事を読む

chiangmai-restaurant-pattaya-8

パタヤのチェンマイ料理レストランでカオソーイを食べる。あと、深夜食堂とたこ焼き情報。【追記あり】

パタヤでカオソーイを食べるシリーズ第3段。 今回は正統派のチェンマイ料理レストランへ。

記事を読む

ハーバーパタヤ (27)

ハーバーパタヤは、パタヤの新ショッピングモール。マックスバリュもあるよ。

パタヤカン沿いに新しくオープンした大型ショッピングモール、ハーバーパタヤを訪問してきた。 地下

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツカレー (1)

ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

パタヤのカツカレー カツカレーが好きだ。 海外では、わざわざ日本食を食べようとはあまり思わな

記事を読む

ガトォーン (1)

ちょっと珍しいタイの果物、ガトォーン(グラトーン、サントル)。

日本ではあまり食べる機会がないであろう果物を食べてみた。 ガトォーン ク

記事を読む

豚のトン焼 (1)

ししゃもフライと豚のタン。ミミガーも買えるよ@ブッカオ常設市場。

庶民の台所といえば、市場(タラート)。 パタヤの中心部では、パタヤタイのワットチャイモンコン向

記事を読む

アドステア

アドステア

Walking street201702
パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。

Navin mansion2 (12)
パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

ナビンマンション2は、日本人には定番のサービスアパートメント。

Book of Philipin pub (2)
おもしくて一気読み。「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象。

最近各所で高評価の新書、「フィリピンパブ嬢の社会学」(中島弘象)を購入

Yak statue
パタヤ復帰後はカラオケ嬢と付かず離れずで。ノーブンブンライフも悪くない。

沈没日記11 (10からの続き) バンコクからパタヤへ シーロム

The haven breakfast the works (3)
パタヤ最強かも。THE HAVENのブレックファースト100バーツ。

パタヤのブレックファーストシリーズはまだまだ続く。 いったい、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑