*

バービア嬢と昼間に会う

公開日: : 最終更新日:2014/10/21 2014年5月~7月パタヤ沈没日記 ,

4日目

【セントラル・フェスティバルへ】

central1

軽く二日酔いだ。
タイ料理の気分ではないので、セントラル・フェスティバル(通称センターン)へ。
入り口には張り紙がしてある。夜8時閉店。外出禁止令は夜10時からだが、早めに閉店してしまうようだ。

centralnotice

フードコートで軽く食事にしようかとも思ったが、結局、マクドナルドでチーズバーガーセット。109バーツ。
日本ではあまり食べないハンバーガーも、海外に行くと利用頻度が格段に高くなる。
外国できちんとした和食を手頃な値段で食べるのは難しいが、世界共通の味である大手ハンバーガーチェーンなら安心して安価で食べられる。
でも、タイのマクドナルドの値段もじわりじわりと値上がりしている。
去年まで130バーツくらいだったフィレオフィッシュセットが140バーツほどになっていた。
ちなみにパタヤのマクドナルドでは、店舗によって値段が違う。セントラルとアヴェニューは同じ値段で、ウォーキングとロイヤルガーデンとソイ5にある店舗は少し高い。
ソイVCに最近オープンした店舗もおそらく高そう。
さらに蛇足ながら、同じようなセットでもタイの地方都市に行くと安い。たとえばウドンタニーにあるセントラル内のマクドナルドではチーズバーガーセットが99バーツだ。

【バービア嬢と再会】

昼食後、セカンドロード沿いのアパートに住んでいる知り合いバービア嬢に電話してみた。
前回のパタヤ滞在時に一度だけペイバーしたことのある子。かりに名前はAとしておこう。たしか28歳くらい。ただ見た目は若い。日本人に人気がありそうな顔つき。日本語も少し勉強している。
2度目のペイバーはないけれど、たまに電話で話すようになった。

アパートの下の雑貨屋にいて、すぐに再会。
Aいわく、部屋に冷房がなくて暑いので、日中は風通しがよくソファーも置いてある、この雑貨屋で暇つぶししているとのこと。
やけに肌が焼けている。
「ダムダム」(黒い黒い)と言ってからかう。
タイ人は肌が黒いことを気にしているので、あまり言い過ぎると嫌われるのでほどほどに。
問い詰めると、Aはファランの客とチャン島に行ったそうだ。

そうこうしている間にも、客らしいファランからLINEでメッセージが送られてくる。
まあ、上客がいるのは結構なこと。

Aのルームメイトで同じバービアで働いている友人も合流。
このバービア嬢には韓国の客からLINEでビデオ通話がかかってきた。
英語でやり取りしているが、お互いあまり通じてなさそう。それに回線の調子も悪い。すぐに切れた。
あとはメッセージのやり取り。
英単語のスペルや文法がわからない二人のかわりに文章を考えてあげる。
何か楽しい。
友達だとわりきれば、素直に応援したくなる。自分が狙っている女性だと嫌だけど。
英語のわからない新人バービア嬢のかわりに先輩がメールを代筆するだけでなく、第三者の変な日本人が書いていることもあるのだ。

屋台のおやつで一休み。
氷入りのあんみつみたいなやつ。タイ語の名称は不明。中国語が書いてあるので、なんとなくわかる。

あんみつ屋台1

あんみつ屋台2

バービア嬢二人は5時から出勤とのことで、ここでバイバイ。
あとでバービアに遊びに行くと約束。現在は他のバービアへ移籍したそうだ。

日中のいい時間潰しになった。まったく金もかからないし。

(つづく)


関連記事

エアアジアパタヤ初日 017

初日はクーデター

1日目 ほぼ3ヶ月ぶりのパタヤ訪問。 今回は2ヶ月弱の滞在予定だ。 貧乏旅行者御用

記事を読む

THE SEA

ウォーキングのゴーゴーバー「THE SEA」と、いつものバービアめぐり

14日目 昼ごろから145センチのバービア嬢Bと懲りずにメッセージのやり取り。 &nbs

記事を読む

ACTIONSTREET看板

二日酔いの日は、まったりとバービアめぐり

38日目 パーティから一夜明け、すっかり二日酔い。 英語で言うなら、HANG OVER。

記事を読む

407バス

急遽、ラオス・ビエンチャンへのビザランをすることに

28日目 【パタヤからのビザラン】 そろそろタイに入国してから一ヶ月になる。 滞在期限が迫

記事を読む

N2

高卒バービア嬢Nを連れ出す

24日目 【Nをペイバー】 夜、9時頃外出。 今日は予定通りNをペイバーするつもりだ。 鼻息

記事を読む

パラダイス

屋台、ゴーゴーバー、バービア

7日目 一夜をともにしたSを宿の下まで送っていく。 タイ語で、 「パイ・ソーン・カンラーン

記事を読む

crazy house

ウォーキングストリートの格安屋台群とCRAZY HOUSE

21日目 昼飯はから揚げ(ガイトート)とカオニャオ、それとおかず屋台でラーブ。 これで計45

記事を読む

日本料理屋2

飯、ネット、散歩、バービア。ありふれたパタヤの一日

17日目 【マクドナルドのwifi】 昼過ぎからアヴェニューにあるマックへ行き、昼食

記事を読む

N3

早朝試合開始の第2ラウンド

25日目 早朝8時から日本代表の試合だ。 苦しい戦いからあまり時間はたっていないが、無理やり

記事を読む

TUKCOM1

トゥッコムとブッカオ市場

6日目 【トゥッコムへ】 昼過ぎ、パタヤタイ(サウスパタヤ)にあるIT製品に特化したショッピ

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑