*

マッサマンカレーがうまいブッカオとパタヤカン交差点のぶっかけ飯屋


ソイブッカオの北端、パタヤカン(セントラルパタヤロード)との交差点付近に出ているぶっかけ飯屋がある。

営業時間は、夕方6時から夜10時まで。
わずか4時間だけ、角っこの薬局の前におかずを並べて売っている。

ブッカオ北端のぶっかけ飯屋 (4)

テーブルが置いてあるので、その場で食べることも可能。
ここは、ローカルタイ人の間でも評判の高いぶっかけ飯屋だ。

たまたまタイミングが合ったので、食べてみることにした。

SPONSOR LINK



マッサマンカレー

ずらりと並ぶおかずの数々。

ブッカオ北端のぶっかけ飯屋 (2)

スープもおいしそうだ。

ブッカオ北端のぶっかけ飯屋 (3)

その中で一番目を引いたのが画像右下のおかず。
大きな鶏肉に惹かれた。うまそうだ。

料理名を聞くと、ゲーンマッサマンガイと言われた。つまり鶏肉入りのマッサマンカレーだ。

注文は指差しでオッケー。
あとは「ラートカオ(ご飯にかける)」とジェスチャー付きでお願いすればいい。
その場で食べるなら、「ギンニー」とか「ギンティーニー」と言うだけ。

見よ、この鶏肉の大きさを。皿に盛られたご飯の半分が隠れてしまうほどだ。

マッサマンカレー (1)

フラッシュを焚いてもう一枚。

マッサマンカレー (2)

鶏皮もばっちり付いていて、実に食欲をそそる。
この鶏肉がよく煮込まれていて柔らかい。そして味がよく染みている。

じゃがいもの茹で加減もばっちり。ぐずぐずになりすぎず、ほどよい固さが残っている。
ルーは、まさにマッサマン。辛さは控えめだが、決して甘すぎることもない。

これはおいしいね。
ご飯がすすむこと、すすむこと。

これまで食べたマッサマンカレーの中では、ダントツでうまかった。
ブッカオ常設市場のぶっかけ飯屋で食べた時は、正直パッとしなかったが、ここのマッサマンカレーは素直においしいと思える。

関連記事:マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

まあ、日本風のカレーというよりチキンを味わうつもりで食べれば、さらに満足度が上がるかな。

作りおきなのでルーが熱々ではないのが少々残念だが、ご飯はあたたかい。
量はそこそこあるが、大食いの人は物足りないかも。ごはん大盛りでどうぞ。

リピート確定。
料金は50バーツ。他のおかずはもう少し安いはず。

あまりぶっかけ飯屋に慣れていない人でも、ここのマッサマンカレーなら安心して食べられると思う。

(追記)
その後、リピートした。別皿盛りでも50バーツ。味は変わらずうまい。

massamancurry

地図

行き方は簡単。ソイブッカオの北端まで行くだけ。ブッカオは双方向でソンテウが走っており便利。パタヤカンも双方向でソンテウが走っており、これまた便利。

↓ぶっかけ飯屋のテーブルから見た景色。ソンテウが曲がっているのがブッカオとパタヤカンとの交差点。左側がビーチ方面となる。
ブッカオ北端のぶっかけ飯屋 (1)

とにかく営業時間が短い。夕方6時から10時まで。
うまく時間を見計らって訪れてほしい。

近くには、100バーツのマッサージ屋が密集している。

lk-mansion-25
夕方にマッサージを受けて、すっきりしたあとにマッサマンカレーを食べるのもいいね。
マッサージとマッサマンカレーで合わせて150バーツ。日本円で450円ちょっと。うーん、安い。

格安ホテルのLKマンションもすぐ近く。
LKマンション (LK Mansion)宿泊レポート。思ったより良いホテルだよ。

SPONSOR LINK

関連記事

buriram-railway-station-6

ソース二度づけ禁止!?ブリラム駅前の立ち食い串揚げルークチンは1本3バーツ

なぜかは知らないが、ブリラムにはルークチン屋が多い。 ルークチンとは、魚な豚肉をミンチにし

記事を読む

marquee pattaya (9)

パタヤの日曜日は、Marqueeでサンデーローストを。フィッシュアンドチップスもあるよ。どれでも100B!

パタヤ・ソイブッカオの北側にあるバー、the marquee bar & cafe。

記事を読む

ビッグCエクストラフードコートのバミー (4)

BIG C Extraのフードコート。ポークリブのせ甘辛ソースがけバミー。

パタヤカンにあるBIG-C EXTRA(ビッグシーエクストラ) セントラルパタヤロード

記事を読む

Retox Xtra breakfast (7)

サードロードにRetox新店オープン。強烈無比なブレックファーストに打ちのめされろ。

洋食レストランの充実したパタヤにあって、ひときわ強烈な安さとボリュームを誇るRETOXのブレック

記事を読む

Gyunoya (1)

タニヤの牛野家で、豚丼と牛丼を食べる。吉野家じゃないよ。

タイ・バンコクにあるタニヤ通りは、まさに日本人街。 日本で有名なチェーン店系居酒屋やとんかつ屋

記事を読む

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない

記事を読む

バスストップレストランパブ (4)

ナナプラザ至近のレストラン、バスストップ(BUS STOP)のブレックファースト125バーツ

バンコクのスクンビットソイ4(Soi NANA)にあるレストラン、バスストップ。 わた

記事を読む

tuktuk-noodle-soup-2

トゥクトゥク屋台のクイジャップユアンを年越しうどんがわりにした

年が明けても、年越しそばは食べられずじまい。 いや、関西人のわたしとしては、そばよりもうどんが

記事を読む

フライヤータックスフィッシュアンドチップス (1)

ファラン飯がいつでも99バーツから。ソイレンキーにあるフライヤータックス(閉店)

毎日タイ料理ばかり食べていると、たまには洋食(つまりファラン飯)を欲してしまう。 パタヤはファ

記事を読む

ホーモック屋台

ホーモックプラーは、ちまき風の蒸し魚。プラーサワイとプラーチョン(雷魚)。

ちまきのような料理が並ぶ屋台。 パタヤの街角では、ちょこちょこと見かける。 タイ

記事を読む

アドステア

アドステア

ラーメンチャンピオンのたこ焼き
【パタヤでたこ焼き】ローカル食堂ラーメンチャンピオンでたこ揚げと揚げ餃子

たこ焼きが好きだ。 海外滞在中だろうが日本にいようが、ふいにたこ

Ginza ギンザ
【昨晩のウォーキングストリート】アイアンクラブ火事閉店、ギンザとミスティーズ訪問

昨日8月14日のウォーキングストリートの様子。 月曜日の

インスタントジョーク Instant jok (4)
インスタントジョーク(粥)とコーンスナックを組み合わせると、なんちゃってコーンポタージュへ進化する

タイのお粥はジョークと呼ぶ。 雑炊(カオトム)との違いは、米粒の

Bachelor バチェラーの門 (1)
【昨晩のLKメトロ】天蓋付きバチェラーと、アラーム付きカオス

日本はお盆休み真っ盛りで日本人がめっきり増えたパタヤ。 昼間のソイブ

Green bottle breakfast グリーンボトルのブレックファースト (5)
食べ放題の朝食。GREEN BOTTLEのビュッフェブレックファースト。

先日、ボススイートパタヤに宿泊した際、朝食を取ったのがホテルのすぐ

→もっと見る


PAGE TOP ↑