*

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

公開日: : グルメレポート


2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。
マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うまいカレーとして話題となっていた。

そういえば、わたしも日本の便乗商品を食べたことがあるな。

日清のカップヌードルマッサマンカレー味。

日清カップヌードルマッサマンカレー (1)

湯を注いで出来上がり。
茶色がかったスープだ。

日清カップヌードルマッサマンカレー (2)

うむ。こくがあって、普通にうまい。さすが世界に冠たるカップヌードルである。
でも、従来のカップヌードルカレー味と大差ない。

では、本物のマッサマンカレーはどうか。

これまでタイには何百日と滞在してきたが、マッサマンカレーは食べたことがない。
ハジャイなどの南部も行ったことがあるけど、これまた食べたことがない

たまたま、ブッカオの常設市場のぶっかけ飯屋で見つけたので、ようやく食べてみた。
というわけで、時流に乗り遅れた感たっぷりだが、今さらながらのマッサマンカレーの食レポである。

SPONSOR LINK

ブッカオ常設市場のぶっかけ飯屋のマッサマン

地図

リニューアルした市場の食事ブースには、3軒ほどぶっかけ飯屋がある。
今回食べたマッサマンカレーは、このぶっかけ飯屋。

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (3)

ずらりの陳列されたおかずの中に、ちょっと見慣れぬカレーを発見したのだった。

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (1)

例によって、「ニーアライ(これ何?)」と質問。
返ってきた答えが「マッサマン」。

タイ語でカレーのことは、ゲーンという。よって、ゲーンマッサマンとなる。
が、屋台の人は、マッサマンとだけ呼んでいた。
これは、鶏肉が入っているので、マッサマンガイ

「ノースパイシー」と屋台の人が説明してくれた。

ご飯にかけてもらい、カレーライスにする。

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

鶏肉がでかい。骨付きだ。
四角く切ったじゃがいももでかい。
でもきちんと煮込んであり、鶏肉もじゃがいもも柔らかくて食べやすい。
具材は鶏肉とじゃがいもの2点だけ。潔い。

スープは、見た目ほど濃厚ではない。ちょっと多めにかけてもらったほうがいいかも。「スープ ユッユッ」とでも言えば通じる。
タマリンドやココナッツミルクを使って、まろやかでコクのある味に仕上げているそうな。
タイカレーというイメージとは裏腹に、辛くない。屋台の人の言うとおりだった。
実に食べやすい味。

あっさりと完食。

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (4)

50バーツ。
他のぶっかけメニューのタイカレーが30バーツとか35バーツくらいなんで、マッサマンは少々お高い。
この鶏肉の大きさなんで、妥当といえば妥当かな。

正直な感想

期待して損した。
いや、普通においしいよ。
でも、まあ、それほどじゃない。期待した分だけマイナスかな。

少なくとも、このぶっかけ飯屋のマッサマンに限っていうと、世界一には程遠い。庶民的なぶっかけ飯屋なんで、特上の味を求めるのがそもそも無謀ってもの。
まあ50バーツ(170円くらい)というお手頃価格でマッサマンカレーが食べられると思えば、悪くいなんじゃないでしょうかね。
たぶん、カップヌードル1個と同じくらいの価格だと思われんで、安いもんでしょ。

あとから来店したファランは、大盛りでマッサマンカレーを頼んでいた。
ちょっとした人気メニューなのかな。

パタヤのレストランにもマッサマンカレーを扱って店はあるんで、無理にブッカオのぶっかけ飯屋でなくてもよさそう。
レストランでは80バーツくらいから。
気が向いたら、ブッカオ市場でどうぞ。

 

市場でマッサマンカレーを食べて思い出したのだが、セントラルフェスティバルの地下フードコートにも似たようなメニューがある。

焼き飯とチキンのセット

大きな鶏肉とじゃがいものカレー。あとはピラフがセットになっている。たしか80バーツか90バーツくらい。
センタンのフードコートでは一番多く食べた料理かもしれない。かなり好きなメニュー。
スープも茶色がかっていて、見た目はマッサマンっぽい。
これがマッサマンだとすると、わたしはすでにマッサマンカレーを食べていたことになる。

まあ、なんでもいいか、おいしければ。

 

SPONSOR LINK

関連記事

カオムークロップ (1)

カオムークロップとカオムーデーン屋台。バミーとワンタンスープもあるよ。

パタヤタイ通りを走っていると、ソイブッカオとサードロードの間にムーデーンが一際目立つ屋台があった

記事を読む

cool-house-kaosoi-4

パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。

パタヤでカオソーイを食べよう企画の第2段です。 前回は、サードロードにある紫の看板の食堂で

記事を読む

コンチネンタルベーカリーカフェ (8)

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

欧米人が集うパタヤには、カフェがとても多い。 コーヒーだけでなく、パンも販売している店もたくさ

記事を読む

レインボーゲストハウスの朝食ブレックファスト (3)

レインボーゲストハウスレストランの大皿ブレックファスト99バーツ

パタヤのファランな朝食シリーズ。 朝食の付いていないホテルに宿泊しているか、ホテルの朝食時間に

記事を読む

バミーナンファーのシーフードトムヤムママー (3)

シーフードトムヤムクイティアオの新店、バミーナンファー(天使のバミー)

サードロードに新しいバミーの店ができていた。 どうやら、海鮮トムヤムスープが売りの

記事を読む

シーフードトムヤムスープクィティアオ屋 (3)

これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋。

少し前の沈没日記で取り上げたサードロードにあるクイティアオ屋。 満席で座れなかったり、

記事を読む

15バーツわんこクイティアオルア (2)

パタヤにあるアユタヤボートヌードルは15バーツわんこクイティアオ。濃厚で辛めのスープがしびれる。

パタヤタイのトゥッコム裏、1杯10バーツで食べられるクイティアオルアは以前に紹介した。 まさに

記事を読む

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

バーンイサーンムアンヨットのチムチュム

プロンポン近くのイサーン料理レストラン、バーンイサーンムアンヨット

バンコク在住の友人に連れて行ってもらったイサーン料理レストランがこちら。 バーンイ

記事を読む

ice-frost-bingsu-pattaya-6

パタヤで巨大かき氷。韓国式かき氷屋「ICE FROST」は噂通りの山盛りだった。

以前ちょろっとだけ日記に登場したはずの、かき氷屋「ICE FROST」。 パタヤタイのスクンビ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. AOKI より:

    マッサマンカレーはパタヤ中、どこでも食えます。大衆食ですから。
    BiG-Cのフードコートにもあります。60Bです。

    どうってことがない味です。
    「世界一美味い」とか、フザケタ話です。
    COCO壱やFUJIのカレーの方が数倍美味いです。

    • pattayan night より:

      ほんと、どうってことない味です。マッサマンという名称を意識していなかっただけで、たぶんこれまでも食べてましたね。
      ココイチのカレーのほうがはるかにおいしいです。もちろん値段も3倍くらいしますけど。FUJIはちょっと遠慮したいです。あれは、ひどいです。

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑