*

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

公開日: : グルメレポート


2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。
マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うまいカレーとして話題となっていた。

そういえば、わたしも日本の便乗商品を食べたことがあるな。

日清のカップヌードルマッサマンカレー味。

日清カップヌードルマッサマンカレー (1)

湯を注いで出来上がり。
茶色がかったスープだ。

日清カップヌードルマッサマンカレー (2)

うむ。こくがあって、普通にうまい。さすが世界に冠たるカップヌードルである。
でも、従来のカップヌードルカレー味と大差ない。

では、本物のマッサマンカレーはどうか。

これまでタイには何百日と滞在してきたが、マッサマンカレーは食べたことがない。
ハジャイなどの南部も行ったことがあるけど、これまた食べたことがない

たまたま、ブッカオの常設市場のぶっかけ飯屋で見つけたので、ようやく食べてみた。
というわけで、時流に乗り遅れた感たっぷりだが、今さらながらのマッサマンカレーの食レポである。

SPONSOR LINK

ブッカオ常設市場のぶっかけ飯屋のマッサマン

地図

リニューアルした市場の食事ブースには、3軒ほどぶっかけ飯屋がある。
今回食べたマッサマンカレーは、このぶっかけ飯屋。

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (3)

ずらりの陳列されたおかずの中に、ちょっと見慣れぬカレーを発見したのだった。

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (1)

例によって、「ニーアライ(これ何?)」と質問。
返ってきた答えが「マッサマン」。

タイ語でカレーのことは、ゲーンという。よって、ゲーンマッサマンとなる。
が、屋台の人は、マッサマンとだけ呼んでいた。
これは、鶏肉が入っているので、マッサマンガイ

「ノースパイシー」と屋台の人が説明してくれた。

ご飯にかけてもらい、カレーライスにする。

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

鶏肉がでかい。骨付きだ。
四角く切ったじゃがいももでかい。
でもきちんと煮込んであり、鶏肉もじゃがいもも柔らかくて食べやすい。
具材は鶏肉とじゃがいもの2点だけ。潔い。

スープは、見た目ほど濃厚ではない。ちょっと多めにかけてもらったほうがいいかも。「スープ ユッユッ」とでも言えば通じる。
タマリンドやココナッツミルクを使って、まろやかでコクのある味に仕上げているそうな。
タイカレーというイメージとは裏腹に、辛くない。屋台の人の言うとおりだった。
実に食べやすい味。

あっさりと完食。

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (4)

50バーツ。
他のぶっかけメニューのタイカレーが30バーツとか35バーツくらいなんで、マッサマンは少々お高い。
この鶏肉の大きさなんで、妥当といえば妥当かな。

正直な感想

期待して損した。
いや、普通においしいよ。
でも、まあ、それほどじゃない。期待した分だけマイナスかな。

少なくとも、このぶっかけ飯屋のマッサマンに限っていうと、世界一には程遠い。庶民的なぶっかけ飯屋なんで、特上の味を求めるのがそもそも無謀ってもの。
まあ50バーツ(170円くらい)というお手頃価格でマッサマンカレーが食べられると思えば、悪くいなんじゃないでしょうかね。
たぶん、カップヌードル1個と同じくらいの価格だと思われんで、安いもんでしょ。

あとから来店したファランは、大盛りでマッサマンカレーを頼んでいた。
ちょっとした人気メニューなのかな。

パタヤのレストランにもマッサマンカレーを扱って店はあるんで、無理にブッカオのぶっかけ飯屋でなくてもよさそう。
レストランでは80バーツくらいから。
気が向いたら、ブッカオ市場でどうぞ。

 

市場でマッサマンカレーを食べて思い出したのだが、セントラルフェスティバルの地下フードコートにも似たようなメニューがある。

焼き飯とチキンのセット

大きな鶏肉とじゃがいものカレー。あとはピラフがセットになっている。たしか80バーツか90バーツくらい。
センタンのフードコートでは一番多く食べた料理かもしれない。かなり好きなメニュー。
スープも茶色がかっていて、見た目はマッサマンっぽい。
これがマッサマンだとすると、わたしはすでにマッサマンカレーを食べていたことになる。

まあ、なんでもいいか、おいしければ。

 

SPONSOR LINK

関連記事

フーターズパタヤのフーターズガール (4)

フーターズパタヤ店再び。フードも食べてみた。金髪ガールもいたよ。

2016年1月にグランドオープンしたHOOTERS PATTAYA 少し前に実際に

記事を読む

domicil-breakfast-7

オーストリア料理レストラン”DOMICIL”のブレックファースト

ソイ7とソイ8の間のセカンドロード沿いにオーストリア料理レストラン、DOMICILがある。

記事を読む

ホーモックガイ (3)

天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

タイの街角では、いまだに天秤をかついで行商する人がいる。 パタヤでも、ちょこちょこ見かける。

記事を読む

パタヤタイの39バーツステーキ屋 (3)

これがパタヤ最安か?39バーツステーキ屋@パタヤタイ

パタヤタイ(サウスパタヤ通り)をひたすら走っていると、またしてもステーキ屋の看板を発見した。

記事を読む

BITESバイツのイングリッシュブレックファスト (1)

ここはおすすめ。BITESの満腹イングリッシュブレックファースト100バーツ@ソイエキサイト

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回紹介するのは、ソイエキサイトにあるBITES RES

記事を読む

soi BJ (1)

ウォーキングストリート、ソイBJ屋台の10バーツ唐揚げ

ウォーキングストリートのソイBJに屋台が集結するようになった。 ソイBJとは、ウォーキングスト

記事を読む

カオパットトムヤムマハーサムット (3)

カオパットトムヤムタレー。シーフード入りトムヤム味の焼き飯。

サードロードにあるシーフード満載のトムヤムクイティアオで有名となった「マハーサムット」。

記事を読む

Patonko (1)

ソイブッカオの新しいパートンコー屋台

パートンコーとは、タイの朝食を代表する揚げパンのことだ。 パタヤでパートンコーといえば、ソイブ

記事を読む

LKメトロ入り口のイエンターフォー (1)

LKメトロ入り口のラーメン屋は、イエンターフォーもうまかった

LKメトロのソイダイアナ側入り口にあるバミー&カオマンガイ屋台。 通称、「LKメトロ前ラーメン

記事を読む

パタヤカンソイ16唐揚げ屋 (1)

まさかの唐揚げ一個2バーツ?パタヤ至高のフライドチキン。

またしても唐揚げネタである。 いや、好きなんですよ、唐揚げ。 嫌いな人、そんなにいないでしょ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. AOKI より:

    マッサマンカレーはパタヤ中、どこでも食えます。大衆食ですから。
    BiG-Cのフードコートにもあります。60Bです。

    どうってことがない味です。
    「世界一美味い」とか、フザケタ話です。
    COCO壱やFUJIのカレーの方が数倍美味いです。

    • pattayan night より:

      ほんと、どうってことない味です。マッサマンという名称を意識していなかっただけで、たぶんこれまでも食べてましたね。
      ココイチのカレーのほうがはるかにおいしいです。もちろん値段も3倍くらいしますけど。FUJIはちょっと遠慮したいです。あれは、ひどいです。

アドステア

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

J Club (4)
日本を意識したジェントルマンズクラブ、J CLUB訪問レポート。CLUB 4クローズ情報。

けっこう前から看板は見かけていたJ CLUB。 店舗は完

Gaen Moogata (18)
蟹がうまい!シーフードも食べ放題のゲーンムーガタ、199バーツ

パタヤのムーガタシリーズ最新作。 初訪タイの知人のために、タ

Working girl (1)
パタヤソイ6のゴーゴーバーめぐりをしてみた。ドールズ、ワーキングガール、パッション。

ちょっと気が向いたので、夕方6時半頃にソイ6へ。 ちょう

→もっと見る

PAGE TOP ↑