*

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

公開日: : グルメレポート


2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。
マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うまいカレーとして話題となっていた。

そういえば、わたしも日本の便乗商品を食べたことがあるな。

日清のカップヌードルマッサマンカレー味。

日清カップヌードルマッサマンカレー (1)

湯を注いで出来上がり。
茶色がかったスープだ。

日清カップヌードルマッサマンカレー (2)

うむ。こくがあって、普通にうまい。さすが世界に冠たるカップヌードルである。
でも、従来のカップヌードルカレー味と大差ない。

では、本物のマッサマンカレーはどうか。

これまでタイには何百日と滞在してきたが、マッサマンカレーは食べたことがない。
ハジャイなどの南部も行ったことがあるけど、これまた食べたことがない

たまたま、ブッカオの常設市場のぶっかけ飯屋で見つけたので、ようやく食べてみた。
というわけで、時流に乗り遅れた感たっぷりだが、今さらながらのマッサマンカレーの食レポである。

SPONSOR LINK

ブッカオ常設市場のぶっかけ飯屋のマッサマン

地図

リニューアルした市場の食事ブースには、3軒ほどぶっかけ飯屋がある。
今回食べたマッサマンカレーは、このぶっかけ飯屋。

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (3)

ずらりの陳列されたおかずの中に、ちょっと見慣れぬカレーを発見したのだった。

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (1)

例によって、「ニーアライ(これ何?)」と質問。
返ってきた答えが「マッサマン」。

タイ語でカレーのことは、ゲーンという。よって、ゲーンマッサマンとなる。
が、屋台の人は、マッサマンとだけ呼んでいた。
これは、鶏肉が入っているので、マッサマンガイ

「ノースパイシー」と屋台の人が説明してくれた。

ご飯にかけてもらい、カレーライスにする。

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

鶏肉がでかい。骨付きだ。
四角く切ったじゃがいももでかい。
でもきちんと煮込んであり、鶏肉もじゃがいもも柔らかくて食べやすい。
具材は鶏肉とじゃがいもの2点だけ。潔い。

スープは、見た目ほど濃厚ではない。ちょっと多めにかけてもらったほうがいいかも。「スープ ユッユッ」とでも言えば通じる。
タマリンドやココナッツミルクを使って、まろやかでコクのある味に仕上げているそうな。
タイカレーというイメージとは裏腹に、辛くない。屋台の人の言うとおりだった。
実に食べやすい味。

あっさりと完食。

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (4)

50バーツ。
他のぶっかけメニューのタイカレーが30バーツとか35バーツくらいなんで、マッサマンは少々お高い。
この鶏肉の大きさなんで、妥当といえば妥当かな。

正直な感想

期待して損した。
いや、普通においしいよ。
でも、まあ、それほどじゃない。期待した分だけマイナスかな。

少なくとも、このぶっかけ飯屋のマッサマンに限っていうと、世界一には程遠い。庶民的なぶっかけ飯屋なんで、特上の味を求めるのがそもそも無謀ってもの。
まあ50バーツ(170円くらい)というお手頃価格でマッサマンカレーが食べられると思えば、悪くいなんじゃないでしょうかね。
たぶん、カップヌードル1個と同じくらいの価格だと思われんで、安いもんでしょ。

あとから来店したファランは、大盛りでマッサマンカレーを頼んでいた。
ちょっとした人気メニューなのかな。

パタヤのレストランにもマッサマンカレーを扱って店はあるんで、無理にブッカオのぶっかけ飯屋でなくてもよさそう。
レストランでは80バーツくらいから。
気が向いたら、ブッカオ市場でどうぞ。

 

市場でマッサマンカレーを食べて思い出したのだが、セントラルフェスティバルの地下フードコートにも似たようなメニューがある。

焼き飯とチキンのセット

大きな鶏肉とじゃがいものカレー。あとはピラフがセットになっている。たしか80バーツか90バーツくらい。
センタンのフードコートでは一番多く食べた料理かもしれない。かなり好きなメニュー。
スープも茶色がかっていて、見た目はマッサマンっぽい。
これがマッサマンだとすると、わたしはすでにマッサマンカレーを食べていたことになる。

まあ、なんでもいいか、おいしければ。

 

SPONSOR LINK

関連記事

パットマカロニー (1)

パットマカロニは、タイ版ナポリタンスパゲティ@PSボーリングプラザのフードコート

PSボーリングプラザ セカンドロードとパタヤカン交差点にあるボーリング場ビル。

記事を読む

小鳥の丸焼き (3)

小鳥(うずら)の丸焼き実食レポート。ノッククラダーヤーン。

バービアでのすぐ近くに屋台が通りかかった。 最近、ブッカオからセカンドロード方面でよく見かける

記事を読む

パタヤタイカオマンガイ (1)

ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。

ソイブッカオとサウスパタヤロード(パタヤタイ)の交差点にあるカオマンガイ屋台に行ってみた

記事を読む

ヌアヤーン

カオトムプラジャンバンのヌアヤーンがうまい。ヤムプーマーやクンパオもいける。

パタヤカンのフードランド斜め向かい側にあるレストラン、カオトムプラジャンバン。

記事を読む

10バーツクイティアオルア食後

トゥッコム裏にある10バーツわんこクイティアオルア。あなたは何杯食べられる?

以前、バイクで通りかかった時に気になっていた10バーツの看板が掲げられたクイティアオ屋。

記事を読む

i-rovers-pattaya-breakfast-3

ソイLKメトロ、i-roversのブレックファーストがうまい。スモール99B、大盛り129バーツ。

ソイLKメトロは、ファラン向けのゲストハウスが何軒も並んでいる。 1階部分はバー&レストランに

記事を読む

49バーツポークステーキ (2)

サードロードの新しいステーキ屋は、49バーツぽっきり。Steak Khun Chay。

サードロードのソイボンコット(ソイ18/1)入り口近くに新しいステーキ屋がオープンしている。

記事を読む

名無し食堂最後の晩餐一覧

ソイブッカオの名無し食堂のおすすめメニュー紹介

ブッカオの名無し食堂 地図 ブッカオ沿いにあるゴーゴーバー「クラブ・

記事を読む

flandria-2

移転したFLANDRIAのフライドチキンステーキがうまい。チムチュムもやってるよ。

以前、ソイブッカオ沿いでムーガタとベルギー料理とイサーン料理が食べられるレストランとして紹介した

記事を読む

屋台のカオニャオマムアン (2)

今が旬!一度食べると病みつき?カオニャオマムアンは、もち米にマンゴーをのせた甘くておいしいタイ名物お菓子

タイは、5月前後がマンゴーの季節。 甘くておいしい完熟マンゴーが1kg100バーツ(310円)

記事を読む

アドステア

Comment

  1. AOKI より:

    マッサマンカレーはパタヤ中、どこでも食えます。大衆食ですから。
    BiG-Cのフードコートにもあります。60Bです。

    どうってことがない味です。
    「世界一美味い」とか、フザケタ話です。
    COCO壱やFUJIのカレーの方が数倍美味いです。

    • pattayan night より:

      ほんと、どうってことない味です。マッサマンという名称を意識していなかっただけで、たぶんこれまでも食べてましたね。
      ココイチのカレーのほうがはるかにおいしいです。もちろん値段も3倍くらいしますけど。FUJIはちょっと遠慮したいです。あれは、ひどいです。

アドステア

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)
DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。

RAINBOW24 Pattaya (15)
RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

→もっと見る

PAGE TOP ↑