パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート ブレックファースト

バレンタインゲストハウスのブレックファスト@ソイレンキー。ミディアムサイズで109バーツ。

投稿日:2016年5月15日 更新日:


パタヤのファランな朝食シリーズです。
今回は、ソイレンキーにあるValentines GUESTHOUSE & SPORTS BARへ。

バレンタインズゲストハウス (4)

一階がバー&レストラン、上階が貸部屋になっている典型的なパタヤのゲストハウスですな。
ゴルフボールの看板があるんで、たぶんコンペも開催しているのでしょう。

地図

場所はソイレンキーの中ほど。
LKメトロから歩いて数分です。

バレンタインズゲストハウス (2)

テラス席は、ちょっと暑い。

メイン客層はもちろんファラン。
わたしが入店した時は、ファランが数組いただけ。

店頭のブレックファストメニューの看板がこちら。
バレンタインズゲストハウス (3)

ミディアムサイズが109バーツ、ラージサイズが139バーツ。

テーブルの上にも詳しいメニューあり。

バレンタインズゲストハウス (5)

朝食メニューは、午前8時から夜9時までの提供。

正午から夜9時まではすべての料理が注文できるようだ。

バレンタインズゲストハウス (1)

こてこてのファラン飯が並ぶ。
あと、タイ料理も置いてある。

SPONSOR LINK



バレンタインズゲストハウス&バーレストランのブレックファスト

今回はミディアムサイズにしてみた。
選択するのは、コーヒーか紅茶にするかだけ。

まずはコーヒーから。

バレンタインズの朝食 (1)

量は多いが、まあインスタントですね。

ついで、プレートの登場。

バレンタインズの朝食 (2)

トースト1枚を切ったもの、目玉焼き、ソーセージ1本、ベーコン1枚、焼きトマト、豆、マッシュルーム、焼きポテト。

アメリカンというより、イングリッシュブレックファストに近い。

ボリュームはそこそこあるが、おかずの量に対してトーストがちょっと小さい。トーストのバターはあらかじめ塗られていて、テーブルの上にはオレンジジャムが別途置いてある。
ソーセージは、ヨーロッパ風のきちんとしたもの。屋台のルークチンで使われているような安っぽいソーセージではない。まあ、高級品でもないけれど。
個人的には、この豆が好き。いかにも缶詰から移し替えましたという味なのだが、それでも豆は好きだ。
マッシュルームは正直不要。じゃがいもとトマトはうれしい。トマトはもうちょっとぐじゅぐじゅになるまで焼いてほしい。

これで、109バーツ。
お腹いっぱいになって、そこそこ満足できたが、まあかなり微妙といったところ。

139バーツのラージサイズだと、トーストが2枚、卵2個、ソーセージが2本になるようだ。
かなりのボリュームになりそうだが、朝食に139バーツは出せないなあ。

コスパでいうと、同じソイレンキーにあるRETOXの99バーツイングリッシュブレックファストのほうがお得かな(値上げしていなければ)。ただ、RETOXは、かなり油っこいけど。

RETOX朝食 (3)
RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

同じく、ソイレンキーにあるThe Havenもおすすめ。

The haven breakfast the works (3)
パタヤ最強かも。THE HAVENのブレックファースト100バーツ。

100バーツと限定するなら、RetoxとHavenがパタヤブレックファーストの最強2トップでしょう。

 

ソイレンキーには、他にもファラン向けのレストランがいくつかある。

デボンシャー(The Devonshire)のビッグブレックファストは149バーツ。かなりのボリュームと予想される。
ソイレンキーデボンシャー

一皿99バーツで食べられるフライヤータックスは以前紹介した。(追記。その後閉店している。)
フライヤータックス (2)
ファラン飯がいつでも99バーツから。ソイレンキーにあるフライヤータックス。おすすめはチキンカツ。

フィッシュ・アンド・チップスなら、JOLLY FRIAR
ソイレンキージョリーフライヤー

テキサスグリルのステーキなら、LONE STAR
ソイレンキーローンスター

がっつりファラン飯が食べたくなったら、ソイレンキーへどうぞ。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, ブレックファースト
-

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.