*

バレンタインゲストハウスのブレックファスト@ソイレンキー。ミディアムサイズで109バーツ。

公開日: : グルメレポート


パタヤのファランな朝食シリーズです。
今回は、ソイレンキーにあるValentines GUESTHOUSE & SPORTS BARへ。

バレンタインズゲストハウス (4)

一階がバー&レストラン、上階が貸部屋になっている典型的なパタヤのゲストハウスですな。
ゴルフボールの看板があるんで、たぶんコンペも開催しているのでしょう。

地図

場所はソイレンキーの中ほど。
LKメトロから歩いて数分です。

バレンタインズゲストハウス (2)

テラス席は、ちょっと暑い。

メイン客層はもちろんファラン。
わたしが入店した時は、ファランが数組いただけ。

店頭のブレックファストメニューの看板がこちら。
バレンタインズゲストハウス (3)

ミディアムサイズが109バーツ、ラージサイズが139バーツ。

テーブルの上にも詳しいメニューあり。

バレンタインズゲストハウス (5)

朝食メニューは、午前8時から夜9時までの提供。

正午から夜9時まではすべての料理が注文できるようだ。

バレンタインズゲストハウス (1)

こてこてのファラン飯が並ぶ。
あと、タイ料理も置いてある。

SPONSOR LINK

バレンタインズゲストハウス&バーレストランのブレックファスト

今回はミディアムサイズにしてみた。
選択するのは、コーヒーか紅茶にするかだけ。

まずはコーヒーから。

バレンタインズの朝食 (1)

量は多いが、まあインスタントですね。

ついで、プレートの登場。

バレンタインズの朝食 (2)

トースト1枚を切ったもの、目玉焼き、ソーセージ1本、ベーコン1枚、焼きトマト、豆、マッシュルーム、焼きポテト。

アメリカンというより、イングリッシュブレックファストに近い。

ボリュームはそこそこあるが、おかずの量に対してトーストがちょっと小さい。トーストのバターはあらかじめ塗られていて、テーブルの上にはオレンジジャムが別途置いてある。
ソーセージは、ヨーロッパ風のきちんとしたもの。屋台のルークチンで使われているような安っぽいソーセージではない。まあ、高級品でもないけれど。
個人的には、この豆が好き。いかにも缶詰から移し替えましたという味なのだが、それでも豆は好きだ。
マッシュルームは正直不要。じゃがいもとトマトはうれしい。トマトはもうちょっとぐじゅぐじゅになるまで焼いてほしい。

これで、109バーツ。
お腹いっぱいになって、そこそこ満足できたが、まあかなり微妙といったところ。

139バーツのラージサイズだと、トーストが2枚、卵2個、ソーセージが2本になるようだ。
かなりのボリュームになりそうだが、朝食に139バーツは出せないなあ。

コスパでいうと、同じソイレンキーにあるRETOXの99バーツイングリッシュブレックファストのほうがお得かな(値上げしていなければ)。

RETOX朝食 (3)
RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

ただ、RETOXは、かなり油っこいけど。

 

ソイレンキーには、他にもファラン向けのレストランがいくつかある。

デボンシャー(The Devonshire)のビッグブレックファストは149バーツ。かなりのボリュームと予想される。
ソイレンキーデボンシャー

一皿99バーツで食べられるフライヤータックスは以前紹介した。
フライヤータックス (2)
ファラン飯がいつでも99バーツから。ソイレンキーにあるフライヤータックス。おすすめはチキンカツ。

フィッシュ・アンド・チップスなら、JOLLY FRIAR
ソイレンキージョリーフライヤー

テキサスグリルのステーキなら、LONE STAR
ソイレンキーローンスター

まあ、がっつりファラン飯が食べたくなったら、ソイレンキーへどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

stir-fried-squid-with-salted-egg-yolk-with-rice-1

タイのセブンイレブンの新商品、イカのプーパッポンカリー弁当がうまい

タイのセブンイレブンでは、独自の弁当を各種販売している。 定番のカオパット(焼き飯)やらガパオ

記事を読む

カオムークロップ (1)

カオムークロップとカオムーデーン屋台。バミーとワンタンスープもあるよ。

パタヤタイ通りを走っていると、ソイブッカオとサードロードの間にムーデーンが一際目立つ屋台があった

記事を読む

Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (5)

【アンヘレスの朝食】Phillies Sports Grill&Barで大盛りブレックファースト125ペソ

アンヘレスで朝食付きプランのホテルに滞在していないと、少し困るのが朝食。 ジョリビーやマクドナ

記事を読む

カオソーイ (3)

パタヤでカオソーイを食べるには?サードロードのおいしいカオソーイ食堂。

カオソーイとは、タイ北部チェンマイの名物料理。 乾燥麵と太麺が入ったカレーラーメンのようなもの

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツカレー (1)

ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

パタヤのカツカレー カツカレーが好きだ。 海外では、わざわざ日本食を食べようとはあまり思わな

記事を読む

カオカイジアオ@カオソーイ食堂 (2)

カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

少し前に紹介したサードロードにある、カオソーイが食べられる食堂。 ⇒パタヤでカオソーイ

記事を読む

グラポプラー魚の浮袋スープ屋台 (3)

グラポプラー。魚の浮袋スープは、なんちゃってフカヒレスープのお味。

大きな寸胴から湯気が立ち上っている屋台を発見。 予想ではジョークかなあと思ってタイ人に質問して

記事を読む

ジョーレストランのブレックファスト朝食 (3)

JO RESTAURANTのブレックファスト79バーツ@ソイハニーイン

パタヤのファランな朝食シリーズです。 友人の宿泊しているベイブリーズホテルを訪れた際に気に

記事を読む

ルアットムークンシーのクイティアオ

もつスープのルアットムークンシーで、あえてクイティアオを食べてみる

パタヤカンにある有名なモツスープ(クイジャップ)のレストラン、ルアットムークンシー。 数年前に

記事を読む

フードランド前カオマンガイ (2)

パタヤで一番おいしいと評判のカオマンガイ屋は、むしろスープが絶品だった@フードランド前

当方、パタヤへ通い始めて8年くらい。 ここ数年は一年の3分の1から半分くらいをパタヤで過ごして

記事を読む

アドステア

アドステア

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

→もっと見る

PAGE TOP ↑