*

パタヤの散髪屋は100バーツへ値上げ。それでも安くて早くて便利だよ。

公開日: : プチ情報・便利帳


恒例のパタヤで散髪をしてきた。

パタヤの大衆理髪店では、80バーツが定番プライスだった。
が、少し前に値上げとなった。
前回のパタヤ滞在時の2月時点ですでに100バーツとなっていた。

散髪屋 (2)

わたしがよく行く散髪屋も100バーツに。
ソイブッカオ北側のRコンレジデンス付近の散髪屋密集エリアも同様。

散髪屋 (1)

一部、80バーツの看板がそのまま残っている店もあるが、たぶん値上がりしていると思う。
一斉値上げはカルテルでも結んでいるのか。

とはいえ、たったの100バーツ。
日本円で300円ちょっとである。
しかも、以前の80バーツだった頃も、100バーツ札で支払ってお釣りの20バーツはチップとしてあげることが多かったので、最終的な支払額は変わっていない。
まあ、こんな大衆店でチップは本来不要なのだが、特に問題なく仕上げてくれたら、気持ちとしてチップをあげている。
でも、今回からは100バーツぽっきりなので、お釣りが出ない。よってチップは無し。まあしょうがない。

SPONSOR LINK

タイのローカル散髪屋

さて、タイのローカル散髪屋での仕上がり具合を心配している人もいるかと思う。

が、心配は無用である。

日本の大衆理髪店と大差はない。
理容師のテクニックも似たようなものだ。

日本の1000円カットや1500円カットで問題ないと感じている人なら、利用価値は高い。

パタヤの散髪屋の場合、ある程度の英語は通じる。
客層はファランが多いからだ。

この前、隣の席で散髪していたファランは、事細かに注文をつけて、最後は昔のベッカムのようなソフトモヒカン仕様にしてもらっていた。
注文はすべて英語。さすがに細かい英語は理解されなかったようで、一緒に来ていたタイ彼女が通訳していたけれど。
でも、最後に理髪店の人がスマフォで仕上がった髪型を撮影して、次回からは言葉なしでカットできるにしていた。

心配な人は、あらかじめ見本写真を用意しておけばいい。日本の散髪屋も同様ですな。

そういえば、日本のバラエティ番組でタイの散髪屋でおまかせで切ってもらうとどうなるかという企画を放送していた。中川家礼二が実験台になっていた。
バンコクでやればいいものをなぜかパタヤだったっけ。

結果は、お約束の七三分けっぽい髪型。ダサさ全開で、スタジオ爆笑。

でも、こんなのは日本でも同じだ。
日本の大衆理髪店でおじさんにおまかせで散髪してもらうと、保守的な七三分けになるか、坊ちゃん刈りになるか、たまにパンチっぽくなるかのどれかである。

要は日本でもタイでも変わらないってことだ。

特に指定の髪型がなければ、切る長さだけ指定すれば大丈夫。
できるだけ髪型を整えてから散髪屋へ入って、スタイルはこのままで希望の長さだけを告げればいい。

切るは、タイ語で「タット」
髪は、「ポム」
散髪は、「タットポム」

実に簡単。
もちろん、英語でカットヘアーでもいい。

1センチだけ切ってほしいなら「タット ヌン センチ」と言えばいい。
あとは、髪型そのままに1センチだけ切ってもらえる。
これまた簡単な話で、日本と同じ。

タイの散髪屋では、髭剃りはオプションとなっている。
追加で100バーツ。
散髪だけでも、耳元や首周りの産毛はカミソリで剃ってもらえる。
カミソリの刃は毎回新品を使うので心配無用。
シャンプーも別料金。追加で100バーツくらいかな。
すべてやってもらっても300バーツあれば足りる。

散髪だけなら100バーツ。
いや、ほんと、安くて早くて便利。
たった300円で、それなりにきちんと仕上げてくれる。

そりゃあ、日本のカリスマ美容師がいるような流行りのサロンには勝てないだろう。満足度も段違いだろう。
値段が20倍も30倍も違うのだから当然だ。
どうしてもオシャレヘアースタイルでしか我慢出来ない人は、素直に日本のサロンか、バンコクの日本人スタッフ運営の散髪屋に行ったほうがいい。

でも、タイのローカル散髪屋でも、日本の大衆理髪店との差はほとんどない。
わたしも一番最初にパタヤで散髪した時はおっかなびっくりだったけど、今ではすっかり平気になった。だって、本当に問題ないんだもの。

散髪が終わってから、ブッカオ北端にある100バーツマッサージ屋に行けばさらにリフレッシュできる。
散髪屋密集地帯からは歩いてすぐだ。

100バーツマッサージ屋

あわせて200バーツ。日本でサロンに行ってから、タイマッサージ屋に行ったら、軽く1万円を越える。でもパタヤではたった600円。
何にどうカネを使おうが個人の自由だが、一度、この味をしめてしまうと日本では散髪もマッサージも行けなくなってしまうかもね。

せっかくのタイ旅行なんで、タイミングが合えば、記念に散髪でもどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

Image

サプライスの最大8000円引きキャンペーンはやっぱりお得。通常でも5000円引き。

当ブログで何度もお知らせしている格安航空券販売のSurprice(サプライス) サ

記事を読む

LINEスマフォ (2)

意外と便利。LINEをパソコンで使う方法。

タイ人とのやり取りでかかせないツールであるLINE。 知っている人も多いでしょうが、L

記事を読む

スクリーンショット_012417_024735_AM

HISの初売りクーポン券発行中。LCCでも3000円引き。

格安航空券の大手、H.I.S(エイチ・アイ・エス)が初夢フェアを開催中。 第二弾は、オンライン

記事を読む

リクルートカードJCB (3)

タイ旅行好き必携!? リクルートカードJCBを作ってみた。

次回のタイ・パタヤ訪問に向けて、日本国内でしかできないことに取り組み中。 気になったのが、リク

記事を読む

sandal

タイ旅行は足元から。ビルケンシュトックのサンダルは頑丈で歩く人向け。

つい先日のこと、3年以上に渡り愛用してきたサンダルがついにご臨終を迎えた。 このサンダルで、パ

記事を読む

レンタルバイク (6)

パタヤでレンタルバイクを借りるときの方法と注意点

パタヤは巡回ソンテウが走っていて、中心部を移動するだけならとても便利な街だ。 1回10バーツな

記事を読む

蓮の実 (1)

珍味?タイの屋台で売られている蓮の実を生で食べてみた。パックブア。

タイでは、いろんな野菜や果物が屋台で売られている。 トラックに満載された果物が売られていること

記事を読む

韓国カラオケモナリザ (2)

ノースパタヤの新店舗情報。浪漫亭、モナリザ、AMAZING ART

ノースパタヤをうろうろしていると、いくつか新店舗や新発見があったので、軽くご紹介。 まずは

記事を読む

エアアジア予約

エアアジアのクレジットカード決済手数料がさらに値上げ。でも、安くする方法あり。(追記の追記)

日本からタイへの格安航空券として定着してきたタイ・エアアジアX。 通常のプロモーション価格でも

記事を読む

移動遊園地観覧車

タイの移動遊園地は、どこか昭和チックで懐かしい雰囲気。一度は行くべし。

パタヤのソイエキサイト空き地に移動遊園地がやって来ていた。 せっかくなんで、ちょっと遊びに

記事を読む

アドステア

アドステア

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑