*

THE SEA(ザ・シー)閉店で思うこと

公開日: : エッセイ

ダイアモンドアーケード内を歩いていると、電気の消えている店があった。

ザ・シー閉店

ザ・シー(THE SEA)だ。

どうやら閉店してしまったようだ。

ああ、ついに潰れてしまったか。
ちょっと感慨深いものがある。

他の繁盛店や大型店に比べれば話題に登ることが少ないゴーゴーバーだろうけど、個人的には思い出に残るゴーゴーバーだ。
それほどゴーゴーバーでのペイバー経験が豊富なわけではないが、おそらく一番ペイバー回数が多いのが、このザ・シーだった。

在籍ダンサーが多いわけでも、レベルが際立って高いわけでもないが、明るい照明とほどほどの大きさの店内が気に入っていた。
わたしは大箱が苦手なんで、これくらいがちょうどいい。
接客の雰囲気も良かった。
ついつい何度も通っていた。

たまにびっくりするような上玉もいて、何度か美味しい思いもしている。まあ、人気嬢はその後、もっと稼げるバカラあたりへ移籍してしまうのだが。

わたしがよくペイバーしていたのは、4年くらい前まで。
当時は、バーファイン600にロング2500が通常価格。
為替レートもよかったんで、特に財布を気にすることもなくペイバーできた。

それから、ザ・シーでもコヨーテを導入した。時流に乗っかってみたのだろう。
コヨーテといっても、それまで普通にトップレスで踊っていたダンサーが重装備の下着を着用して、単に名前をコヨーテに変えただけだ。
それでバーファインが600から1000バーツにアップ。
しかもチップもロング3000、そして4000へ。

これでは、常連客が離れてしまう。
少なくともペイバーはしなくなるだろう。
わたしもそうだ。まったくペイバーしなくなった。
客足は鈍る一方だったと思う。時流に乗れなかったのだ。

それでも知り合いのダンサーが何人もいて、ちょこちょこと顔は出していた。
レディドリンクを奢るかわりに、食事代40バーツ寄越せと、いつもたかられていたが、そのやりとりも楽しかった。
ソイダイヤモンドに出ているカノムジン屋台で一緒に食べたりもしたなあ。

同じダイヤモンドアーケード内にあるスーパーベイビー閉店もちょっとした事件だったが、個人的にはこのザ・シー閉店のほうが感慨深い。
やはり、うまく時流に乗れないゴーゴーバーは淘汰されていく。

ああ、でもザ・シーのようなほどよいゴーゴーバーは好きだったんだけどなあ。
LKメトロでいうなら、マッシュもよかった。

昔を懐かしむのは年寄りの証拠だというが、あの頃は確かに楽しかった。安く遊べた。
が、それはもう過去の遺物でしかない。

パタヤはまだ死んでいない。
古いゴーゴーバーがなくなり、新しいゴーゴーバーが誕生している。
昔を知らない若い世代や新規旅行者も増えている。
わたしにしたって、知っているのはたかだかここ8年か9年くらいだ。
20年前を知る大ベテランの方に比べれば、ひよっこ同然。
パタヤで知り合う老ファランには、パタヤ歴20年なんてざらにいる。

遊び方や物価はかわりつつあるが、パタヤはまだまだ楽しい。
過去のことは忘れて、未来も気にせず、今を楽しむしかない。
それがパタヤというものだろう。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(8月6日更新3軒追加)


関連記事

ソンクランバービア嬢

ゴーゴーバーに転職するバービア嬢。田舎っ子Pちゃんがスレっ子へ。

パタヤに星の数ほど存在するバービアとそこで働くバービア嬢たち。 そのほとんどが、年齢的にもルックス

記事を読む

Gift

カラオケ嬢が欲しがるお土産は3つ。でも最高のお土産はアレだよ。

タイ訪問まであと少しだが、カラオケ嬢とは毎日のようにLINEのビデオコールでやりとりしている

記事を読む

LKメトロ

毎月30万バーツ送金、残高ゼロ。はたして日本人とファランはどちらがカモなのか。

前回の沈没日記に登場したソイLKメトロのコヨーテ嬢。 仕事終わりに部屋へ連れて帰って、ショート10

記事を読む

pattaya-investigation

パタヤのバーガールの浮気を調査せよ

タイの日本人浮気調査 前回の記事で、タイの私立探偵についての本を取り上げた。 これはバンコクで探

記事を読む

タイ結婚式

続・フェイスブックにご用心。ファランからの死刑宣告とタイ女性の自由奔放。

以前、フェイスブックのメッセージでファランから罵詈雑言を浴びせられた件について記事を書いた。

記事を読む

アパート明細書

月末になると家賃の支払いに追われた女性たちの送金依頼や個人営業が活発になる

タイのアパートの家賃は、月末締めで数日以内に支払う必要がある。 わたしが以前パタヤで借りて

記事を読む

ブッカオバービア群

北部タイ語のちょっと危ないスラング

パタヤでチェンマイ語 パタヤのバービアで働く女性の大半はイサーン出身だ。バンコク近郊やペチ

記事を読む

71L9vGSAY6L._SL1081_

レディボーイが女を捨てて、男に戻り、女を愛する時

知り合いのレディボーイが男になった。 いや、元々男だ。 男に戻ったというべきだろう。

記事を読む

Book of Shimokawa

下川裕治ひさびさのタイ本、「週末ちょっとディープなタイ旅」レビュー。ナタリーも登場するよ。

タイに関するトラベルライターといえば、下川裕治さん。 ガイドブック的ではない、タイの庶民目線か

記事を読む

カシコーン銀行パタヤブッカオ支店

コヨーテ嬢からの送金依頼来たる。送金してしまう男の気持ちとは?

送金依頼 パタヤ滞在中にずっと付き合っていたコヨーテ嬢。 日本に帰ってからも、そのコヨー

記事を読む

アドステア

Comment

  1. かな より:

    私も約15年ぶりに、今年の2月にパタヤを訪れた者です。
    久しぶりのパタヤは変わってはいましたが、
    ネットからの情報は得ていたので、それほど驚きは
    しませんでした。
    子供たちも大きくなったので、パタヤにコンドミニアムでも
    買って、しばらく暮らしてみようかと思案中です。
    今年で還暦を迎える年ですが、2月に行ったときは、
    ゴーゴーでしっかりとロングでペイバーしましたし、
    一番安心したのは、私より年上とおぼしき日本人の方が
    しっかりと遊ばれていたことです。
    段階の世代と呼ばれる65歳から70歳位の方々が
    老後を元気に海外で活動されているのを見ると、
    日本は素晴らしい国なんだなと、改めて感じます。
    千夜一夜さんも、健康には気をつけて、幸せな人生を
    送ってください。

    • 千夜一夜 より:

      コメントありがとうございます。
      15年ぶりのパタヤを楽しまれたようですね。
      店はたくさん変わっているだろうし、物価も上がってますが、街は変わっていないと思います。
      シニア世代の旅行者の方は、達者ですねえ。パタヤに限らず、精力的に海外各地で遊んでおられます。在住になると、あまり遊ばなくなるみたいですが。

  2. あぶさびも? より:

    まだ50歳でもないのに25年前からパタヤで遊んでいる私は何なんだろ?
    でもパタヤのゴーゴーのペイバーは本当に高くなりましたね。
    2日で4000で交渉しても旨みが無いです。

    • 千夜一夜 より:

      25年前ですか。当時のパタヤは、ほんと安かったでしょうねえ。
      ゴーゴーバーは、バーファインが高くなったんで、ペイバーするのがきついです。チップは交渉で何とかなるんですが…

アドステア

バチェラー4周年 Bachelor (1)
オフィス7周年パーティとバチェラー4周年パーティ

8月16日のLKメトロの様子です。 時刻は深夜0時過ぎ。

Pangpond cafeのカイガタ (1)
サードロードのちょいおしゃれカフェでアラビカ種コーヒーとカイガタ

サードロードとパタヤカンの交差点近くに新しいカフェができている。

ラーメンチャンピオンのたこ焼き
【パタヤでたこ焼き】ローカル食堂ラーメンチャンピオンでたこ揚げと揚げ餃子

たこ焼きが好きだ。 海外滞在中だろうが日本にいようが、ふいにたこ

Ginza ギンザ
【昨晩のウォーキングストリート】アイアンクラブ火事閉店、ギンザとミスティーズ訪問

昨日8月14日のウォーキングストリートの様子。 月曜日の

インスタントジョーク Instant jok (4)
インスタントジョーク(粥)とコーンスナックを組み合わせると、なんちゃってコーンポタージュへ進化する

タイのお粥はジョークと呼ぶ。 雑炊(カオトム)との違いは、米粒の

→もっと見る


PAGE TOP ↑