パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2016年4月~パタヤ沈没日記

ジョムティエンビーチへ

投稿日:


沈没日記3

投宿しているスーパーベッドオテルをチェックアウト。
部屋の最終チェックすらなかった。
実に気楽な宿だなあ。

SPONSOR LINK



ジョムティエンへ

続いてのホテルは、ジョムティエンにある。
レンタルバイクの足元に荷物を置いて、遠路、ブッカオからジョムティエンまで移動。
しかも、宿泊予定のホテルは、ジョムティエンのさらに先、チャイヤプルックにあった。
想像以上に遠かった。

が、ホテルは素晴らしい。

ジャングルリゾートホテル

名前の通り、ジャングルの中にあるようなリゾート風ホテル。
ホテルというより、サービスアパートメントみたいな雰囲気で、キッチン付きの巨大な部屋。ブッカオの安宿の3倍くらいは広いだろう。

ジャングルリゾート (6)

窓の外は、スイミングプールとなっている。

ジャングルリゾート (13)

一人で過ごすには贅沢すぎる部屋だった。

そのかわり、周囲には何もない。
まさにジャングルリゾートだ。

ホテルで飼っているウサギがかわいい。でも、昼間は寝ている。

ジャングルリゾート (17)

アゴダでジャングルリゾートの詳細と価格をチェック

ジョムティエンビーチ散策

バイクでジョムティエンビーチ方面へ移動。
ホテルからはバイクで5分もあれば行ける。

ジョムティエンビーチ (2)

ジョムティエンビーチ (3)

ジョムティエンビーチは、パタヤビーチと比べると、わりあい静かな雰囲気で、個人的には好み。
たまにパタヤから遊びに来ることもある。

ローカル食堂があったので、昼食にしてみよう。ソイ3あたりだったかな。

ジョムティエンビーチのローカル食堂 (1)

ガパオムーサップカイダーオで、50バーツ。

ジョムティエンビーチのローカル食堂 (2)

ビーチ至近の立地としては申し分ないローカルプライス。
パタヤビーチそばの観光客向けレストランなら90バーツくらいしそう。

道路を渡ればすぐにビーチ。海を見ながらのローカル飯はうまい。

ジョムティエンビーチのローカル食堂 (3)

その他、シーフードレストランも豊富。

ジョムティエンビーチ (1)

店頭でつまみだけでも購入できる。
パタヤビーチの物売りから買うよりはリーズナブルで新鮮かな。そのままビーチサイドに持ち込めば、安上がり。

ラン島へ行くのは面倒でも、ジョムティエンならパタヤから気軽にソンテウで来られるので、昼間に時間があるならジョムティエンビーチでゆっくりするのも悪くない。

ジョムティエンのさらに奥まで移動すると、どんどんビーチはローカルっぽくなっていく。

ジョムティエンビーチ (1)

そのうち、パラソルもなくなってしまう。ほとんど人がいない。

ジョムティエンビーチ (2)

最後は、巨大なカニ看板がお出迎え。

ジョムティエンビーチのシーフードレストランプーペン (2)

人気シーフードレストランのプーペンだ。Pupen SEAFOOD

昔、仲の良かったタイ女性に連れられて食べに来たことがある。

ジョムティエンビーチのシーフードレストランプーペン (1)

ビーチサイドの席で沈みゆく夕日を眺めながら食べるシーフードは雰囲気たっぷりでおすすめ。値段の詳細は忘れたが、そんなに高くなかったような。
ジョムティエンのビーチロードを走るソンテウは、たぶんこのあたりが終点かつ始発点。バイクがなくてもソンテウで移動可能だ。

プールでまったり

せっかくのリゾートホテル滞在である。
ホテルに戻って、のんびりしよう。

ジャングルリゾート (2)

プールサイドで寝そべり、スマフォでユーチューブを見たり、コーヒー飲みながらタバコ吸ったり、たまにプールで泳いだりと、一人ぼっちリゾートを満喫する。

久しぶりだな、こんな時間の過ごし方。

プールサイドには、おとなしそうなファランが数組いるだけ。
パタヤの喧騒が嘘のような静けさだ。

たまにはいいよね、ジョムティエンも。
(夜の部へつづく)

SPONSOR LINK

-2016年4月~パタヤ沈没日記
-

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.