*

ジョムティエンビーチへ


沈没日記3

投宿しているスーパーベッドオテルをチェックアウト。
部屋の最終チェックすらなかった。
実に気楽な宿だなあ。

SPONSOR LINK

ジョムティエンへ

続いてのホテルは、ジョムティエンにある。
レンタルバイクの足元に荷物を置いて、遠路、ブッカオからジョムティエンまで移動。
しかも、宿泊予定のホテルは、ジョムティエンのさらに先、チャイヤプルックにあった。
想像以上に遠かった。

が、ホテルは素晴らしい。

ジャングルリゾートホテル

名前の通り、ジャングルの中にあるようなリゾート風ホテル。
ホテルというより、サービスアパートメントみたいな雰囲気で、キッチン付きの巨大な部屋。ブッカオの安宿の3倍くらいは広いだろう。

ジャングルリゾート (6)

窓の外は、スイミングプールとなっている。

ジャングルリゾート (13)

一人で過ごすには贅沢すぎる部屋だった。

そのかわり、周囲には何もない。
まさにジャングルリゾートだ。

ホテルで飼っているウサギがかわいい。でも、昼間は寝ている。

ジャングルリゾート (17)

アゴダでジャングルリゾートの詳細と価格をチェック

ジョムティエンビーチ散策

バイクでジョムティエンビーチ方面へ移動。
ホテルからはバイクで5分もあれば行ける。

ジョムティエンビーチ (2)

ジョムティエンビーチ (3)

ジョムティエンビーチは、パタヤビーチと比べると、わりあい静かな雰囲気で、個人的には好み。
たまにパタヤから遊びに来ることもある。

ローカル食堂があったので、昼食にしてみよう。ソイ3あたりだったかな。

ジョムティエンビーチのローカル食堂 (1)

ガパオムーサップカイダーオで、50バーツ。

ジョムティエンビーチのローカル食堂 (2)

ビーチ至近の立地としては申し分ないローカルプライス。
パタヤビーチそばの観光客向けレストランなら90バーツくらいしそう。

道路を渡ればすぐにビーチ。海を見ながらのローカル飯はうまい。

ジョムティエンビーチのローカル食堂 (3)

その他、シーフードレストランも豊富。

ジョムティエンビーチ (1)

店頭でつまみだけでも購入できる。
パタヤビーチの物売りから買うよりはリーズナブルで新鮮かな。そのままビーチサイドに持ち込めば、安上がり。

ラン島へ行くのは面倒でも、ジョムティエンならパタヤから気軽にソンテウで来られるので、昼間に時間があるならジョムティエンビーチでゆっくりするのも悪くない。

ジョムティエンのさらに奥まで移動すると、どんどんビーチはローカルっぽくなっていく。

ジョムティエンビーチ (1)

そのうち、パラソルもなくなってしまう。ほとんど人がいない。

ジョムティエンビーチ (2)

最後は、巨大なカニ看板がお出迎え。

ジョムティエンビーチのシーフードレストランプーペン (2)

人気シーフードレストランのプーペンだ。Pupen SEAFOOD

昔、仲の良かったタイ女性に連れられて食べに来たことがある。

ジョムティエンビーチのシーフードレストランプーペン (1)

ビーチサイドの席で沈みゆく夕日を眺めながら食べるシーフードは雰囲気たっぷりでおすすめ。値段の詳細は忘れたが、そんなに高くなかったような。
ジョムティエンのビーチロードを走るソンテウは、たぶんこのあたりが終点かつ始発点。バイクがなくてもソンテウで移動可能だ。

プールでまったり

せっかくのリゾートホテル滞在である。
ホテルに戻って、のんびりしよう。

ジャングルリゾート (2)

プールサイドで寝そべり、スマフォでユーチューブを見たり、コーヒー飲みながらタバコ吸ったり、たまにプールで泳いだりと、一人ぼっちリゾートを満喫する。

久しぶりだな、こんな時間の過ごし方。

プールサイドには、おとなしそうなファランが数組いるだけ。
パタヤの喧騒が嘘のような静けさだ。

たまにはいいよね、ジョムティエンも。
(夜の部へつづく)

SPONSOR LINK

関連記事

プロンポン駅前のダイナソー観覧車

タイ最終日はバンコクの友人としっぽり飲みつつも、最後はやっぱりテーメーでブンブン

沈没日記48 バンコク2日目。 これがタイ滞在2ヶ月最終日となる。 この2ヶ月、長かっ

記事を読む

ディスコチラシ

今回初のペイバーは20歳バービア嬢

パタヤ沈没2日目 ホテルチェンジ しばらくはホテルを日替わりで転々とする予定。 快適なケッティ

記事を読む

禁酒日ウォーキングストリート (1)

禁酒日前夜のバービアとウォーキングストリート。日系OLと出会う

沈没日記25 禁酒日前夜のバービア 本日5月20日は仏教の祝日のため禁酒日。 昨晩19日は

記事を読む

カラオケ嬢 (1)

カラオケ嬢が早朝に再降臨して最後のブンブン。さらばパタヤ。

沈没日記45 (つづき) 早朝コーリング パタヤラストナイトから一夜明けた。 午前6

記事を読む

豚の丸焼き

バービアのパーティは出会いのチャンス。豚の丸焼きもおいしいんで、参加すべし。

沈没日記20 ソイアルノタイの唐揚げ屋 炎天下の暑いさなか、ソイアルノタイまでバイクを走らせる。

記事を読む

ポテトフライつまみ

カラオケ嬢はやって来ず、一人でバービア遊び

沈没日記38 (つづき) ポテトと23歳新人バービア カラオケ嬢が帰宅してから、しばらく部

記事を読む

pattaya

パタヤ沈没前半戦終了。1ヶ月の出費と現在のテンション。

パタヤ沈没日記22 今回のパタヤ滞在は2ヶ月の予定だが、すでに1ヶ月が通過している。 前半戦

記事を読む

タイのツナ缶中身

カラオケ嬢と仲直りの青缶とアオカン

沈没日記37 ママーとツナ缶 修羅場から一夜が明けた。 カラオケ嬢は、正午を過ぎても、まだ

記事を読む

ワットプラヤイビッグブッダ (2)

ワットプラヤイへタンブンからの、23歳新人バービア嬢とリビングドール1

沈没日記30 再会後はわたしの部屋に入り浸っている30歳バービア嬢。 この日は、昼過ぎに

記事を読む

ウォーキングストリート2016年夜

すったもんだでウォーキングストリートのコヨーテ嬢が部屋に来る

沈没日記31 ウォーキングストリートでリビングドール1を冷やかしてからの話。 時刻はすでに深

記事を読む

アドステア

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑