*

今夜もLKメトロgo-go barめぐり

巨乳好きの友人K氏。
昨晩飲んだバービアの巨乳バービア嬢が気になるとのこと。
昨日は酔いすぎていて、はっきりと顔は覚えていないけれど、巨乳だけは脳裏に焼き付いているという。
やっかいな人だ。

夕方6時くらいから早めに出撃。
お目当ての巨乳嬢はまだ出勤していないようだ。
いかんせん、顔をよく覚えていないのではっきりしない。

ようやく巨乳嬢が出勤してきた。
たしかに圧倒的な巨乳である。
が、その子の顔を見てK氏が怪訝な表情。
違う、その子がじゃないと言う。
まあ、確かに顔はかわいくない。
どうやらK氏の勘違いだったようだ。

次回からは、胸だけでなく顔もきっちり覚えましょう。
おかげでこの冒頭部分だけで、巨乳という単語を7回も使ってしまった。

ちょっと居づらくなり、退散。

K氏は、結局、近くにある別のバービアで30歳の新人バービア嬢をペイバー。そこそこ大きなムネだ。

わたし、Yくん、K氏、それにK氏のペイバーしたバービア嬢と4人でLKメトロへ。

軽く夜食を食べてから、4人でゴーゴーバーへ入る。
バービア嬢は、はじめてのゴーゴーバーとのことだ。

 

アメジスト Amethyst

アメジスト

ここはエンジェル・ウィッチの系列店らしく、ショーが売り物だ。
時刻は10時過ぎ、ちょうどショーの始まる時間だった。

エンジェル・ウィッチほど大掛かりではないものの、なかなか見応えのあるショーだった。
ダンサーの中にも、ちらほらとかわいい子がいたような気がする。

ここで、K氏は離脱。バービア嬢とホテルへ戻る。
翌日話を聞くと、このバービア嬢は外ではお淑やかだが、ベッドの上ではサービス満点だったらしい。
なんでも、「一晩中、チ○コを握ってくれたまま寝ていた」そうだ。
30歳の遅咲きの新人、おそるべし。

 

話を戻し、わたしとYくんは、さらなるゴーゴーバーめぐりへ。

オフィス OFFICE

オフィス

うーん、やっぱりちょっと厳しいか。コヨーテにはスタイルがよくかわいい子もいるが、すでに客がついている。
Yくんには別のコヨーテが絡んできたが、お気に召さない様子。
ドラフトビール一杯でアウト。

 

ディスティニー DESTINY

ディスティニー

ここの呼び込みは、以前から知り合い。いろんなバーをダンサーとして渡り歩き、現在は呼び込み
として働いている。
せっかくなので入店。
ステージ上は、5人ほどが踊っている。正直レベルはいまいち。トップレスもいたような?
待機ダンサーの中に、ひとり若くてかわいい子がいた。
Yくんにいいだろうと思ったが、どうやらまったく好みではないようだ。
他人の好みだけは、まったくわからないものだ。
ここもドラフトビール一杯だけで退散。

 

シュガーシュガー SUGAR SUGAR

シュガーシュガー

ここはゴーゴーバーというよりも、ほぼコヨーテバーだ。
たまにトップレスがいたりもするので、よくわからない形態。
24歳のスレンダーなコヨーテ嬢がYくんに言い寄ってきた。
Yくんもまんざらではなさそう。
一緒にハリウッド行こう、とか言って盛り上がっている。

お、これはペイバーか?

バーファインは1000バーツ。まあ、しょうがない。
でもロング代は5000バーツほしいとの仰せ。
もう深夜2時だよ。
それで5000は高すぎる。
さすがにYくんも難渋の表情。
「無理っすわ~」と、ペイバーをあきらていた。

 

クラブ・オアシスとレディラブは、店内をのぞいただけで、あわてて撤退。見るべきものがなかった。
キッスは、もはや論外なので入ろうともせず。

というわけで、Yくん、初日と2日目を合わせると、ソイLKメトロのゴーゴーバーを全軒制覇したことになる。
もうLKメトロでは行くところがない。

そもそも時刻は深夜2時半過ぎ。
もうすぐLKメトロのゴーゴーバーは軒並み閉店となる。

が、そこは諦めきれないYくん。
全部で6泊の短期滞在だ。一日たりとも無駄にできないのだ。
最後の望み、ウォーキングストリートへ行くと宣言。

ソンテウに乗って、ウォーキングストリートへ向かうYくんをお見送り。
元気だなあ。
がんばれよ~。

わたしはもう限界なので、部屋に戻っておとなしく一人寝。

翌日、Yくんから話を聞いたところ、一軒目に入ったペパーミントであっさりとペイバーしたそうな。
しかも、とんでもないスケベ女だったと。

まあ、友人二人ともアタリを引いたようで、終わりよければすべてオッケーだ。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

LKメトロバービア嬢

もやもや状態でLKメトロへ。元ハッピーのダンサーをペイバーするも…

(続き) Fへの送金を断り、反対にBからはペイバーを拒否され、もやもやした状態でバービアをあと

記事を読む

Fちゃん1

昔知り合った元バービア嬢が田舎から会いに来た/1・2コールの罠

鳴り響くコール音 沈没生活3日目。 泥酔していて眠りこけていると、朝から電話が鳴り響く。 うる

記事を読む

バービア嬢P

田舎っ子Pちゃんと夜の稲刈り。二毛作に挑む。

(つづき) 二者択一を迫られ、Pちゃんをペイバーしたのだが、さてどうなることやら。 (今回の

記事を読む

Fちゃん1

もやもやパタヤ。送金拒否とペイバー拒否。

25日目 今回のパタヤ滞在も残すところあと4日。 夜を過ごせるのは3日だけだ。 【元バービ

記事を読む

ウォーキングストリート

街角ハンバーガー屋/バービアとウォーキングストリート

沈没生活18日目。 昼間はカップラーメンをすすって空腹をしのぎ、だらだらと過ごす。 ニッシン

記事を読む

ウォーキングストリート

ウォーキングストリートへ。バカラとハッピーはやはりレベル高し

沈没生活6日目。 昼間は、友人とコーヒーを飲んだり、それぞれマッサージへ行ったりと、だ

記事を読む

誕生日パーティ1(6)

ファランの誕生日パーティーに参加。客のバービア嬢をナンパしてみる

【ぶっかけ飯と散髪】 24日目。 今日も元気に、ブッカオ市場でぶっかけご飯。 40バーツ。

記事を読む

クィッティアオ食堂

プールでまったり/パタヤの屋台メシ相場から物価上昇を考える

K氏がホテルをチェンジ。 全部でパタヤ12泊滞在。 ホテルは二回チェンジして計3つのホテルに泊ま

記事を読む

鐘を鳴らすファラン

バービアでファランがスートゥアオーク(永久ペイバー)

23日目。 昼間からスコール。 降ったり止んだりの繰り返しだ。 出かけるタイミングが難しい

記事を読む

パタヤ看板

パタヤ1ヶ月滞在の生活費と夜遊び代のまとめ。2014年9月から10月編

2014年9月から10月にかけてのパタヤ滞在。 トータル28泊29日のパタヤ沈没生活。

記事を読む

アドステア

アドステア

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

スクリーンショット_032317_055159_PM
GWにも年末年始にも。サプライス(Surprice)の5000円割引きクーポン配布中。

格安航空券販売のSurprice(サプライス)が、恒例の割引きクー

→もっと見る

PAGE TOP ↑