*

アレカロッジホテルのIDカードチェックをすり抜ける方法

公開日: : ホテル情報

ARECA LODGE HOTEL

アレカロッジ (2)

日本から来た友人が宿泊しているのが、アレカロッジホテル。
ソイダイアナとブッカオ寄りの立地だ。
LKメトロから近くて、とても便利。
プールもフィットネスジムもあり、ブッカオ近辺にしては珍しいリゾート感あふれるホテル。

フィットネスジム
アレカロッジフィットネスジム

アレカロッジのスイミングプール(ブルーオーシャンサイド)
アレカロッジ (1)

さすがに2月のパタヤは少々気温が低めで、プールで泳ぐどころではない日もあったようだけど。

メインの客層は、やや上品なファランが多い印象。
日本人利用者も少なくない。
中国人の団体客はあまり見かけない。
韓国系の若いグループがたまにうるさいそうだが、比較的静かに過ごせる。

部屋内部の様子
アレカロッジ部屋

バスタブ
アレカロッジのバスタブ

バスタブを重視する友人は、これがないと我慢できないらしい。気持ちは何となくわかる。

室内禁煙だが、ベランダでは喫煙可能。
室内で吸っているのがバレると罰金なので要注意。

バルコニーからの眺め(ソイダイアナ側のプールが見える)
アレカロッジバルコニー

ブッカオの安ホテルに比べると価格的には高めだが、立地条件や部屋の清潔さや設備を考えると、短期滞在者にはかなりおすすめのホテル。
まあ、パタヤリピーターの方には、今さらかよといったところですが。
友人はパタヤ訪問歴30回を越える大ベテランだが、パタヤ各地のホテルを転々とした結果、アレカロッジに落ち着いた経緯あり。

SPONSOR LINK

アレカロッジのIDカードチェックすり抜け方法

さて、アレカロッジはジョイナーフィー無料である。毎日とっかえひっかえ連れ込んでも追加料金は不要だ(1度に招待可能なゲストは1人までだけど。あと、予約の際は必ず二人宿泊で予約すること。これはどこのホテルでも同じ。)

IDチェックは厳しい。18歳未満(もしくは以下)は、IDチェックではじかれて入館不可となる。
もちろんIDカード(タイ語でバットプラーチャンチョーン)を保持していないと、たとえ18歳より上の年齢でもホテルへ連れて帰ることはできない。
ゲストが入館の際にはIDカードを預ける必要あり。

ホテルによっては、宿泊客がオッケーをだせばIDカードチェックやIDカード預けなしでもオッケーのところもある。
アレカロッジは、その点、厳しめのセキュリティ。

が、抜け道もある。

正面玄関から入らず、裏から回ればいいだけの話。
アベニュー側の勝手口まで移動してもいいが、それだとかなり遠回り。

アベニュー側の勝手口(ガードマンに見つかる可能性あり)
アレカロッジの裏口

正面玄関の脇にある駐車場を抜けてから建物内に入ると、IDカードチェックなしで入館可能となる。

ここが駐車場。バイク置き場もある。この先を抜ければオッケー。
アレカロッジの駐車場 (2)
アレカロッジの駐車場 (1)

エレベーターに乗り込んで、部屋へ直接向かって下さい。
もちろん、フロントにルームキーを預けていたら、一度回収しておく必要あり。

友人は、実際にこの方法でIDチェックなしで連れ込んでいた。

まあ、部外者を連れ込む場合は、安全性も考慮して、普通にIDカードチェックならびにIDカード預けをしたほうがいいと思いますがね。
相手がIDカードを忘れたとか、そんな時だけ仕方なく裏道を使って下さいませ。
たまにガードマンに見つかるとダメな時もあるみたいだけど。

どんなにセキュリティが厳しいように見えても、意外とザルな部分が多いのがタイのホテルというもんです。
まあ、いろんな意味で自衛手段が必要ですね。

アレカロッジの価格チェックや予約はこちらから

agoda

Booking.com

エクスペディア

SPONSOR LINK

関連記事

the-chic-boutique-hotel-1

ザ シック ブティック ホテル (The Chic Boutique Hotel)は、ほどよく綺麗なゲストハウスだった。

ホテル予約サイトをチェックしていると見慣れぬホテル名を見つけた。 ザ シック ブティック

記事を読む

ビエンバンホテル

ビエンチャンでのタイビザ取りに便利な格安おすすめホテル、VIENG VANG HOTEL

ビエンチャンで、タイの観光ビザをはじめ各種タイビザを取得するには、ビエンチャン中心部から少し離れ

記事を読む

MプレイスM Place (2)

Mプレイス宿泊レポート@ソイアルノタイ。長期滞在向けサービスアパートメント。

ソイアルノタイにある長期滞在向けサービスアパートメント、Mプレイス(M PLACE)にお試し宿泊

記事を読む

Hotel Zing superior room (4)

タップラヤー通り沿いの格安ホテル、ホテル ジング (Hotel Zing)宿泊レポート

パタヤとジョムティエンビーチを結ぶ大通りが、Thapparaya(タップラヤー、タッパヤー)通り

記事を読む

The cube hostel Silom (1)

シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一方、タニヤやパッポンといった一

記事を読む

deep-blue-z10-ocean-view-6

オーシャンビューあり。ビーチロードソイ10の新築ホテル、Deep Blue Z10内部見学レポート。

ビーチロード・ソイ10に新しいホテルがオープンしている。 オープンしてから、まだ1週間ほどだ。

記事を読む

The LD Boutique Hotel (12)

ザ LD ブティック宿泊レポート。サードロードなら新築で広い部屋のホテルが700バーツ。

Agodaのパタヤのホテル地図をチェックしていると、見慣れぬホテル名を発見した。 ホテル名

記事を読む

katesiree-residence-4

ケッティシリー レジデンス宿泊レポート。ソイブッカオの格安ホテル。

以前紹介したケッティシリーハウスに続いて、姉妹ホテルのケッティシリーレジデンスにも宿泊してみた。

記事を読む

ノヴァエクスプレスホテルパタヤ (4)

パタヤカンの新築ホテル、ノヴァ エクスプレス パタヤ ホテル (Nova Express Pattaya Hotel)

ノヴァ エクスプレス パタヤ ホテル (Nova Express Pattaya Hotel)

記事を読む

じゃらんクーポン (5)

残り5日。じゃらんの1万円クーポンでパタヤのホテル代を節約しよう。

日本国内の温泉宿予約のイメージが強い「じゃらん」だけど、実は海外ホテルの予約にもかなり力を入れて

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 通りすがり より:

    おととしこのホテルの裏のOZOパタヤに泊まった時にそこ通り抜けましたw

    • 千夜一夜 より:

      意外と便利な抜け道です。まあ、アレカロッジ横にもきちんとした道があるんですけどね。

  2. さわい より:

    アレカロッジの新館はフロントが別にあってエレベーターとの位置関係からすり抜けは難しいかと思います。

    新館はカードキーで有線LANにも対応していてネット環境は快適でした。
    (旧館は無線LANのみ)
    朝食も新館の方が30分遅くまでOKだった気がします。
    2014年末の情報です。

    新館はLKメトロ側に出る場合に遠い&少し高いのがデメリットかな。

    • 千夜一夜 より:

      なるほど。情報提供ありがとうございます。
      そういえば、友人は真ん中の棟に宿泊していましたね。キーは、普通のシリンダー錠だったような。
      普通に裏口へ通り抜けするだけなら問題ないみたいです。
      新館はアベニューに行くには便利ですよね。ほんと、目の前です。

アドステア

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

Walking street 201704 Palace
GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリ

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

→もっと見る

PAGE TOP ↑