*

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

公開日: : グルメレポート

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。
突貫工事が心配されたが、その後も順調に営業中。

フーターズパタヤ (2)

場所はビーチロード・ソイ13近くのビーチ沿い。
ウォーキングストリートからは歩いて5分くらい。

ちょうど友人がパタヤへ遊びに来ており、一緒に入ってみることにした。
夜8時半頃の入店。

Hooters Pattaya

フーターズパタヤ (1)

まず、インサイドかアウトサイドのどちらの席にするかを聞かれる。
アウトサイドを指定。
テーブル席に案内された。

ここではタバコも吸えるし、ビーチを眺めながらゆっくり過ごせる雰囲気。
(店内が喫煙可かどうかは未確認。)

店内は、カウンター席がメイン。
フーターズガールと間近で対面しながら酒を飲むには、こちらがおすすめ。
ただ、店内のステージでは生バンドの演奏があって、ちょっとうるさいかも。ただ、バンド演奏の音量はやや控えめ。スピーカー設備も質がいいのか、決して不快な音ではない。

フーターズパタヤ店内

あとロデオマシーンが置いてあって、客がトライしている最中は実況中継あり。

そしてやはり名物は、フーターズガールのダンスタイム。
ステージ前に10人以上のフーターズガールが勢揃いしてダンス。
まだダンスに慣れきっていないガールもいて、どこか初々しい。

写真撮影は失敗。ぼけぼけとなってしまった。

フーターズガールダンシング

フーターズガールは、現地でお確かめください。

タンクトップ衣装がいいよね。
やや濃い目の顔立ちと小麦色の肌、健康的な肉体美、いかにも欧米人が好きそうな南国系美人を採用しているような雰囲気ですな。

ドリンクとフードメニュー

メニューは二種類。
ドリンクとフードに分かれている。
料金は税金サービス料込みの表示。

ドリンクは思ったよりも高くない。
ドラフトビールの1パイントが170バーツ。
ハーフパイントが100バーツ。

これは、ドラフトビールの1パイント
フーターズパタヤ1パイントビール

イギリスのパブで飲む1パイントよりは、若干グラスが小さいように見える。フーターズはアメリカ系なんで、アメリカ式の容量かもしれない。
だいたい500ml弱ってところ。
メニューには「PINT」と書いてある。間違って、ピントと発音しないようにしましょう。パイントです。

たしかボトルビールなら150バーツくらいだったような。

こちらは、フードメニュー
フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズ名物の料理といえば、チキンウイング。
味付けは12種類から選べる。

フーターズパタヤフードメニュー (2)

10ピースで410バーツ

1バーツ=3.3円で計算すると、約1350円。

日本では10ピースで1400円らしいので、ほぼ変わらない価格設定。

フーターズパタヤフードメニュー (4)

バーガーは、WESTERN BBQ BURGERで530バーツ(1750円)。
日本は1580円。
これは、むしろ日本のほうが安い。

いや、いくら超豪華なアメリカンハンバーガーとはいえ、一個で530バーツは強気な値段設定でしょ。

フーターズパタヤフードメニュー (1)

ポテトフライやオニオンリングは180バーツ。
これまた強気な値段設定で。

欧米人客は、がんがん料理を注文していた。
運ばれているところを見ていると、たしかにジャンクフード好きの血が騒ぐ。
ハンバーガーの背の高いこと高いこと。そして、皿のでかいことでかいこと。
アメリカンだなあ。

 

結局、われわれはビールだけ飲んだ。
他にも飲むだけの客が少なくないんで、特に問題なし。

外のテラス席で潮風にあたりつつ、健康的なフーターズガールのタンクトップを眺めながら、時に通りすがるフーターズガールとの軽い会話を挟んで、1パイントビールを飲むのがおすすめです。
フーターズガールはもちろんタイ人だけど、タイ語で話しかけても返事はほぼ英語ですな。うーん、アメリカン。

一人なら、店内のカウンター席もいいかな。
テラス側のビーチロード沿いにもカウンター席あり。
(2階にもテーブルが並んでいるようだが、使われていなかった。)

客層は、やはりファランがメイン。タイ女性を連れたファランもちらほら。
アジア系の客もいるが、うるさい団体客は見当たらない。

がっつり飲み食いしてもいいでしょうが、ウォーキングストリートへ遊びに行く前に軽く飲むのが楽しいと個人的には思いますね。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)

DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。 DOMICILは、オースト

記事を読む

ジョーク屋台 (3)

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。

酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。 タイ料理なら、ジョークである。

記事を読む

ブッカオ火金市場のクイジャップ (4)

ブッカオ火金市場の屋台群にあるクイジャップがおいしかった

ブッカオとパタヤタイ交差点近くで、火曜日と金曜日限定で開かれる市場がある。 通称、ブッカオ火・

記事を読む

Gyunoya (1)

タニヤの牛野家で、豚丼と牛丼を食べる。吉野家じゃないよ。

タイ・バンコクにあるタニヤ通りは、まさに日本人街。 日本で有名なチェーン店系居酒屋やとんかつ屋

記事を読む

ae-restaurant-breakfast-9

ソイエキサイトにあるエーさん食堂のイングリッシュブレックファースト100Bは豆だくさん

ファランな朝食シリーズです。 今回はソイエキサイトにお邪魔しました。 100バーツで、イング

記事を読む

カオチー屋台 (3)

カオチーは、ラオス名物フランスパンサンドイッチ。あふれかえるパクチーが魅力だよ。

ラオスは元フランス領。フランスのパンといえば、フランスパン(バゲット)。 バゲットをサ

記事を読む

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーがうまいブッカオとパタヤカン交差点のぶっかけ飯屋

ソイブッカオの北端、パタヤカン(セントラルパタヤロード)との交差点付近に出ているぶっかけ飯屋があ

記事を読む

フランドリア (1)

ブッカオ沿いにあるムーガタが食べられるベルギーレストラン。でも、ムーカタよりもイサーン料理をどうぞ。

ソイブッカオ近辺で、ムーガタが食べられる店はほとんど見当たらない。 サードロードやパタヤタイま

記事を読む

24時間営業のクイティアオとクイジャップユアン食堂 (3)

24時間営業のクイティアオ&クイジャップユアン食堂

サードロードに24時間営業のクイティアオ屋を見つけた。 場所は、サードロードのソイ15角のファ

記事を読む

アドステア

アドステア

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

Walking street 201704 Palace
GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリ

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

→もっと見る

PAGE TOP ↑