*

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

公開日: : 最終更新日:2017/07/11 グルメレポート

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。
突貫工事が心配されたが、その後も順調に営業中。

フーターズパタヤ (2)

場所はビーチロード・ソイ13近くのビーチ沿い。
ウォーキングストリートからは歩いて5分くらい。

ちょうど友人がパタヤへ遊びに来ており、一緒に入ってみることにした。
夜8時半頃の入店。

Hooters Pattaya

フーターズパタヤ (1)

まず、インサイドかアウトサイドのどちらの席にするかを聞かれる。
アウトサイドを指定。
テーブル席に案内された。

ここではタバコも吸えるし、ビーチを眺めながらゆっくり過ごせる雰囲気。
(店内が喫煙可かどうかは未確認。)

店内は、カウンター席がメイン。
フーターズガールと間近で対面しながら酒を飲むには、こちらがおすすめ。
ただ、店内のステージでは生バンドの演奏があって、ちょっとうるさいかも。ただ、バンド演奏の音量はやや控えめ。スピーカー設備も質がいいのか、決して不快な音ではない。

フーターズパタヤ店内

あとロデオマシーンが置いてあって、客がトライしている最中は実況中継あり。

そしてやはり名物は、フーターズガールのダンスタイム。
ステージ前に10人以上のフーターズガールが勢揃いしてダンス。
まだダンスに慣れきっていないガールもいて、どこか初々しい。

写真撮影は失敗。ぼけぼけとなってしまった。

フーターズガールダンシング

フーターズガールは、現地でお確かめください。

タンクトップ衣装がいいよね。
やや濃い目の顔立ちと小麦色の肌、健康的な肉体美、いかにも欧米人が好きそうな南国系美人を採用しているような雰囲気ですな。

ドリンクとフードメニュー

メニューは二種類。
ドリンクとフードに分かれている。
料金は税金サービス料込みの表示。

ドリンクは思ったよりも高くない。
ドラフトビールの1パイントが170バーツ。
ハーフパイントが100バーツ。

これは、ドラフトビールの1パイント
フーターズパタヤ1パイントビール

イギリスのパブで飲む1パイントよりは、若干グラスが小さいように見える。フーターズはアメリカ系なんで、アメリカ式の容量かもしれない。
だいたい500ml弱ってところ。
メニューには「PINT」と書いてある。間違って、ピントと発音しないようにしましょう。パイントです。

たしかボトルビールなら150バーツくらいだったような。

こちらは、フードメニュー
フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズ名物の料理といえば、チキンウイング。
味付けは12種類から選べる。

フーターズパタヤフードメニュー (2)

10ピースで410バーツ

1バーツ=3.3円で計算すると、約1350円。

日本では10ピースで1400円らしいので、ほぼ変わらない価格設定。

フーターズパタヤフードメニュー (4)

バーガーは、WESTERN BBQ BURGERで530バーツ(1750円)。
日本は1580円。
これは、むしろ日本のほうが安い。

いや、いくら超豪華なアメリカンハンバーガーとはいえ、一個で530バーツは強気な値段設定でしょ。

フーターズパタヤフードメニュー (1)

ポテトフライやオニオンリングは180バーツ。
これまた強気な値段設定で。

欧米人客は、がんがん料理を注文していた。
運ばれているところを見ていると、たしかにジャンクフード好きの血が騒ぐ。
ハンバーガーの背の高いこと高いこと。そして、皿のでかいことでかいこと。
アメリカンだなあ。

 

結局、われわれはビールだけ飲んだ。
他にも飲むだけの客が少なくないんで、特に問題なし。

外のテラス席で潮風にあたりつつ、健康的なフーターズガールのタンクトップを眺めながら、時に通りすがるフーターズガールとの軽い会話を挟んで、1パイントビールを飲むのがおすすめです。
フーターズガールはもちろんタイ人だけど、タイ語で話しかけても返事はほぼ英語ですな。うーん、アメリカン。

一人なら、店内のカウンター席もいいかな。
テラス側のビーチロード沿いにもカウンター席あり。
(2階にもテーブルが並んでいるようだが、使われていなかった。)

客層は、やはりファランがメイン。タイ女性を連れたファランもちらほら。
アジア系の客もいるが、うるさい団体客は見当たらない。

がっつり飲み食いしてもいいでしょうが、ウォーキングストリートへ遊びに行く前に軽く飲むのが楽しいと個人的には思いますね。

(追記)
その後、フードメニューも食べてみた。
フーターズパタヤ店再び。フードも食べてみた。金髪ガールもいたよ。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年7月


関連記事

i-rovers-pattaya-breakfast-3

ソイLKメトロ、i-roversのブレックファーストがうまい。スモール99B、大盛り129バーツ。

ソイLKメトロは、ファラン向けのゲストハウスが何軒も並んでいる。 1階部分はバー&レストランに

記事を読む

バレンタインズの朝食 (2)

バレンタインゲストハウスのブレックファスト@ソイレンキー。ミディアムサイズで109バーツ。

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回は、ソイレンキーにあるValentines GUES

記事を読む

コンチネンタルベーカリーカフェ (8)

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

欧米人が集うパタヤには、カフェがとても多い。 コーヒーだけでなく、パンも販売している店もたくさ

記事を読む

chiangmai-restaurant-pattaya-8

パタヤのチェンマイ料理レストランでカオソーイを食べる。あと、深夜食堂とたこ焼き情報。【追記あり】

パタヤでカオソーイを食べるシリーズ第3段。 今回は正統派のチェンマイ料理レストランへ。

記事を読む

Steak chogun (4)

サードロードの新しいステーキ屋、Steak Chogunは49バーツから

パタヤ・サードロードに新しいステーキ屋がオープンしている。 おそらく以前は普通のタイ料理レスト

記事を読む

屋台のカオニャオマムアン (2)

今が旬!一度食べると病みつき?カオニャオマムアンは、もち米にマンゴーをのせた甘くておいしいタイ名物お菓子

タイは、5月前後がマンゴーの季節。 甘くておいしい完熟マンゴーが1kg100バーツ(310円)

記事を読む

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。 マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うま

記事を読む

カオムークロップ (1)

カオムークロップとカオムーデーン屋台。バミーとワンタンスープもあるよ。

パタヤタイ通りを走っていると、ソイブッカオとサードロードの間にムーデーンが一際目立つ屋台があった

記事を読む

ソイ6食堂 (1)

ソイ6のど真ん中にあるローカル食堂(追記あり)

パタヤビーチロードソイ6といえば、とてつもなくいかがわしい通りである。 普通の観光客が

記事を読む

サードロードステーキ屋のチキンステーキ (3)

サードロードの人気ステーキ屋で肉厚チキンステーキを喰らう

少し前の話となるが、またしてもステーキが食べたくなった夕暮れ時のこと。 やはりパタヤの

記事を読む

アドステア

アドステア

スヌーズゾテル Snoozzotel pattaya (1)
2017年改築新装オープンホテル、スヌーズゾテル (SnoozZotel)内部見学レポート

ホテル予約サイトを眺めていると、見慣れぬホテル名を見つけた。 ス

スクリーンショット_072317_043908_PM
AIS、12callの7日間ネット使い放題パッケージを使ってみた。おすすめは4Mbps。

わたしがタイで使っている携帯電話の通信会社はAIS。12callと

GINZA ギンザ (1)
【昨日のWS】GINZAリニューアルオープンとBLISSのナースパーティ

昨日7月23日のパタヤの様子です。 晴れ間がさしたり、雨が降った

Soi9 coffee (6)
Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

ソイブッカオのほぼ北端、セブンイレブンのある角を曲がるとサードロー

Ginza ギンザ (2)
【昨日のウォーキングストリート】GINZA開店せず。ハッピーとランウェイ盛況。

快晴のパタヤ 久々に快晴となった昨日のパタヤ。 パタヤ

→もっと見る


PAGE TOP ↑