*

昼も夜もノースパタヤ。最後はやっぱり一人寝。

沈没日記8

本日も一人で過ごす。

カラオケ嬢からは、LINEでメッセージが届いていた。
どうやら月よりの使者がやって来たようで、その期間中はとても不機嫌になるので、あまり会いたくない、お願いだから理解してね、というような内容だった。
うむ、それならばしかたない。男には永遠の理解できない分野である。

ちなみ、タイ語で生理を表す言葉はいくつもあって、人によって言い方が違う。
日本語と同じで「メンス」でも通じるし、「ファイデーン」(赤信号)という言い方もする。月経に相当する言い回しもあるようだが(プラジャンドゥアン?)、あまりこれは聞かない。普通は、メンスかファイデーンで通じると思う。
英語では、「Menstruation」よりも「period」という言い方が一般的かな。

ま、わたしは男なので、あまり詳しくは語りません。

昼のノースパタヤ

昼間にソイ6をのぞいてきた。

ソイ6

日本人も増えているが、肝心の在籍嬢のレベルは今ひとつ。
時間帯が早いせいもあるんで、やはりソイ6は夕方以降がベター。

昨日に引き続いて、サードロードをバイクで走ってみる。今日はノースパタヤ。
このあたりは、中国人観光客が多いせいか、中華料理レストランが目につく。

黄色い看板の人人飯店
サードロードの中華レストラン (2)

そこそこ有名な上海レストラン。本格的な中華が食べられそうだ。
上海レストラン (2)

上海レストラン (1)

どローカルな食堂にも中華料理の表記がしてある。
サードロードの中華レストラン (1)

ここは、大型マッサージ屋。団体客がバスで乗りつける。
サードロードの巨大マッサージ屋

ちょっとおしゃれなマッサージ&スパ、G Hot Spa
サードロードのGホットサウナスパ (1)

ハングル文字が見え隠れするんで、韓国人向けかな。
サードロードのGホットサウナスパ (2)

ローカル向けの店舗と中韓向けの大型店が混在しているのがノースパタヤのサードロード付近。
のんびりと調査を進めたい。

夜のノースパタヤ

昼間に続いて、夜はノースパタヤのバービア調査に向かう。
まずはソイ3に入る。
道路の面したバービアは大盛り上がりだ。

腹が減ったので、ヤムネームを屋台で購入。50バーツ

ヤムネーム (1)

焼きおにぎりとタイソーセージ(ネーム)と野菜を混ぜた、イサーン風のサラダ(ヤム)だ。

関連記事:ヤムネーム。焼きおにぎりは、激辛サラダと化す。

ヤムネーム (2)

うまいけど、辛いねえ。

タイ人お決まりの質問「アロイマイ(おいしい?)」には、イサーン語で「セーブイーリー」と答えるのもお決まり。

セーブ=おいしい
イーリー=本当に

ソイ3のバービアではイサーン語を使う客が珍しいのか、そこそこウケる。

そもそも、ノースパタヤのバービアで、ヤムネームなんぞ自分で注文して食べる外国人はかなり少数派のはず。
ウケ狙いのためにも、ぜひイサーン料理の注文や食べ方は覚えておこう。
イサーン出身の女の子と仲良くなる最初の取っ掛かりとしては、なかなか有効ですよ。あくまで取っ掛かりだけど。

その後、ドリンキングストリートの調査をしてから、なじみのバービアへ移動。
軽くビールを飲んで、この日は終了。

うーん、どうにも夜遊びの気力がわかないな。
調べるばかりでは、おもしろくない。
カラオケ嬢のからみで、お持ち帰りも不可だし。
やっぱり、完全フリーでいつでも自由にペイバーできる態勢のほうが緊張感とスルリがあっておもしろい。

帰り道、コンビニでロングバーガーを購入。連夜のバーガー。

コンビニのバーガー

こんなに安っぽいやつでも、深夜のハンバーガーは、どうしてこんなにうまいのか。

一人寝の夜が続くと、さすがに寂しい。
早く帰ってきてくれ、カラオケ嬢。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年7月


関連記事

エキサイトクラブ (2)

バンコク在住の友人がパタヤへ。エキサイトクラブでプレイ後は、ひたすらバービアめぐり。

沈没日記41 バンコク在住歴10年以上になる友人がパタヤへ遊びに来た。 年齢は同じくらいだが

記事を読む

ドンムアン空港 (2)

タイに無事入国。ドンムアンからアソークへ。初日の夜はバンコクで遊ぶぞ。

タイ入国 というわけで、スクートでバンコクヘ到着。 前回の入国では一悶着あったのだが、今回はまっ

記事を読む

ナナプラザ入り口

ソイカウボーイ、テーメーカフェ、ナナプラザ、路上バービア、立ちんぼ。バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットを駆け足で遊び倒す。

いざバンコクナイトライフ開始である。 時刻は深夜0時をまわったところ。 主な遊び場が閉店する

記事を読む

コラートバスターミナル

金の切れ目が縁の切れ目。カラオケ嬢を置き去りにして、われパタヤに帰還せり。

沈没日記20 トップマンションのベッドで泥のように眠りこけていると、LINEの着信音で叩き起こ

記事を読む

ワットポー (1)

元ゴーゴー嬢たちとバンコクで観光デート

沈没日記53 突然バンコク 朝早くから、わたしはバンコク行きのバスに乗っていた。 ルン

記事を読む

オイルマッサージ個室 (1)

21歳美人マッサージ嬢はスペシャルなし。あとバチェラーとタッチ。

沈没日記48 オイルマッサージにて ノースパタヤでバービアめぐりをしている時に見かけたマッサージ

記事を読む

パタヤバス到着

バンコクからパタヤへ~パタヤ沈没生活開始

午前10時頃起床。 昨晩はスクンビットの路上屋台飲み屋で午前4時まで飲んだ。 LCC6時間フライ

記事を読む

バービア嬢と花火

カラオケ嬢との同棲生活スタート。バービアでは花火も点火。

パタヤ沈没2日目 カラオケ嬢は、昼過ぎになっても爆睡。 やはり、長時間睡眠がお約束のようだ。

記事を読む

no image

カラオケ嬢とのその後。同棲生活かバタフライ生活か?

パタヤ沈没日記30 ウドンターニーでカラオケ嬢に見切りをつけて一人でパタヤへ戻ってからの話。

記事を読む

ゴーゴー嬢

昔結婚を迫られたゴーゴー嬢と数年ぶりに再会

沈没日記50 この夜も、日本から来た友人と遊ぶ。 まずは、LKメトロのゴーゴーバーへ。

記事を読む

アドステア

アドステア

スヌーズゾテル Snoozzotel pattaya (1)
2017年改築新装オープンホテル、スヌーズゾテル (SnoozZotel)内部見学レポート

ホテル予約サイトを眺めていると、見慣れぬホテル名を見つけた。 ス

スクリーンショット_072317_043908_PM
AIS、12callの7日間ネット使い放題パッケージを使ってみた。おすすめは4Mbps。

わたしがタイで使っている携帯電話の通信会社はAIS。12callと

GINZA ギンザ (1)
【昨日のWS】GINZAリニューアルオープンとBLISSのナースパーティ

昨日7月23日のパタヤの様子です。 晴れ間がさしたり、雨が降った

Soi9 coffee (6)
Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

ソイブッカオのほぼ北端、セブンイレブンのある角を曲がるとサードロー

Ginza ギンザ (2)
【昨日のウォーキングストリート】GINZA開店せず。ハッピーとランウェイ盛況。

快晴のパタヤ 久々に快晴となった昨日のパタヤ。 パタヤ

→もっと見る


PAGE TOP ↑