*

部屋から一歩も外へ出ないキーキアットなタイ女性との日常生活

パタヤ沈没3日目

睡眠時間7時間ほどで目が覚めた。
ちょうどお昼の12時頃。

わたしがもぞもぞしていると、カラオケ嬢も目を覚ます。
いつもなら、二度寝するところだが、そのまま起き出してきた。
珍しい。

腹が減ったというので、わたしが買い出しに出かける。

ラーブとカイペット

またしてもイサーン屋台で昼食。

袋詰めされているラーブが20バーツ。

ラーブガイ

ラーブとは、ハーブと唐辛子と野菜と肉を和えたイサーン風サラダ。
これは、鶏肉のラーブなんで、ラーブガイ。
肝臓入りだ。

うまいけど、完全ローカル仕様なんで、辛いこと辛いこと。

これは、見るからにゆで卵。どっからどうみてもゆで卵である。

カイペット

わたしの拙い経験上、これはカイケムだと推測。
塩漬けされたゆで卵のことだ。

関連記事:タイのゆで卵あれこれ。カイトム、カイケム、カイヨーマー、カイカーオ。

が、屋台のおばさんに聞いてみると、「カイペット」だという。
ペット?
辛い?
ということは、辛い卵?
なんだ、それ。
ちょっと興味があるんで、購入。二個入りで20バーツ。

で、卵を割ってみると、こんな感じ。
黄身が大きいなあ。

カイペット中身

一口食べても、まったく辛くない。

カラオケ嬢に「これ辛くないよ。なんでカイペットなの?」と質問。

すると、カラオケ嬢は大笑い。
「バー ロー?(バカじゃないの?)」と憎まれ口を叩かれた。

「ペットじゃなくてペットだよ」

はっ!

アヒルか!!

アヒルの卵で、カイペット。

カタカナで書くと同じだが、辛いのペットとアヒルのペットは発音が違う。
唇を破裂させないのが辛いのペット、唇を破裂させるのがアヒルのペット。

手のひらにを口の前において発音してみて、息がかかるのがアヒルのペットだ。

カイケムの頭があったから、味のことを指しているものだと思い込んでいて、辛い卵だと捉えてしまった。
ああ、わたしのタイ語リスニング能力もひどいもんだな。

自分で発音する時は、それなりに区別できるが、単語だけを聞き分けるのはかなり難しい。
まあ、これは英語も同じ。
それなりの発音はできるけど、ネイティブがハイスピードで話していると全部は聞き取れない。

まあ、いいか。

とりあえず、アヒルの卵はいたって普通のゆで卵だった。
でも、やっぱり、ゆで卵は鶏のほうがおいしい。

ラーブとカオニャオとママー

カラオケ嬢は、さらにママー(カップ麺)も食べていた。
どんだけ食べるんだか。

カラオケ嬢は、食後にお昼寝開始。
部屋の電気も消してくれと言う。

わたしは、部屋の片隅の卓上ライトの元、ひたすらPC作業だ。

彼女は睡眠、わたしは仕事。
見事な役割分担である。

日が暮れるまで、それぞれの任務をこなす。

謎のタイガーを買い出しに

そろそろ晩飯かな。

「オー ヌアイヌアイ(疲れた疲れた)」と言いながら、カラオケ嬢が起き出してきた。
いやいや、寝ているだけでなんで疲れるんだよ。
挙句の果てに、
「オー、ジェップラーン(背中痛い)」と肩と首のうしろをおさえている。
いやいや、それは長時間寝過ぎたからだろ。

これこれを薬局で買ってきてきれと、彼女がタイ語で書いたメモを渡される。
ついでに、食事も買ってくれてという。

一緒に買いに行かないのかと誘ってみたが、「キーキアット(面倒くさい)」とまったく取り合ってくれない。
ついでに、今日は仕事にも行かないようだ。
あなた、今日一日まったく外へ出ないつもりだな。

しょうがないんで、わたしがお使いである。

まず薬局へ。
カラオケ嬢からは、メモを書く前に口頭で説明されたのだが、わたしには理解できなかった。
「タイガーだよ、タイガー。知らないの? 日本人はバカなの?」とまたしてもバカにされた。
何なんだよ、タイガーって。それだけでわかるわけないだろ。

で、薬局を数軒まわって、ようやくタイガーにありついた。
薬剤師が指し示した先にあったのは、タイガーバームの湿布だった。

タイガーバーム湿布

わかるかよっ!

ちゃんとタイガーバームって略さずに言えよ。

そういえば以前、別のタイ女性から「Japanese face」が欲しいと言われたことがある。
整形でもして日本人っぽい顔にしたいのかと思ったが、何のことはない、日本製のフェイスクリームのことだった。
わかるかよっ!

ともあれ、無事にタイガーゲット。

あとは、食事を調達すればお使い完了となる。

料理名は大丈夫だ。
今回は、パットプリックゲーンムークロップとヤムママータレーの2品。
どちらもわたしの好物でもあるんで、問題なく注文できた。
ふう、一安心。

お使いをすませて帰宅。

タイガーバーム湿布は、冷蔵庫に入れて冷やしておく。

本日の晩飯

その間に食事。

パットプリックゲーンムークロップ
パットプリックゲーンムークロップ

赤唐辛子とペーストのかりかり豚肉炒め
適度な辛さと軽い酸味があって、豚肉との相性が抜群の一品。ご飯がすすむ。
豚肉は、普通の肉(ムーシン)でもいい。ムークロップと指定しなければ、普通の豚肉で作ってくれる。

ヤムママータレー
ヤムママータレー

これ、好きだなあ。

当ブログに頻出するタイ料理で、ブログ記事としてはいささか食傷気味だが、やはり食べるとうまいのだ。
何度か説明済みかもしれないが、あえて繰り返しておく。
タイ料理とタイ語初心者の人は、何度も目にして暗記してほしい。

ヤム=和える。サラダのこと。
ママー=インスタント麺の総称。本来は会社名ないし商品名だが、一般名詞化している。
タレー=海。転じてシーフードもこと。普通はイカとエビが入る。

ここのヤムママーは、汁が多め。
最後は、真っ赤な汁がたっぷり残った。
この汁もおいしいが、さすがに辛いので、飲み干すのは無理。

ヤムママータレーの汁

うまいうまいと二人で完食。

 

食後は、カラオケ嬢の指令で、湿布張りをやらされる。
ほんと、小間使い扱いされているな、わたし。

タイガーバーム湿布2

ここに貼れ、きちんと貼れ、剥がれないように貼れと注文がうるさい。
へいへい。ちゃんとやりますよ。

湿布貼り

上半身素っ裸の湿布姿で、ベッドにうつ伏せになるカラオケ嬢である。
「オー サバイサバイ」とご満悦の様子。

おっさんかよ!

というか、半日PC作業していたリアルおっさんのわたしが肩凝りしていないのに、寝ていただけの20歳そこそこの若い乙女がどうして肩凝りするんだよ。
まったく意味不明だ。

まあ、やっぱりかわいいから許す。

一人でバービアへ

まったく動こうとしないカラオケ嬢を横目に、もう少しだけPC作業をすすめる。
夜10時頃、さすがにわたしも飽きてきた。
そろそろ、夜遊びに出かけよう。

「ビール飲みに行くね。一緒に行く?」
どうせ行かないのはわかっていたが、いちおう聞いておく。
返事はやはり、「マイパイ(行かない)」

2時間で戻ってくるよと告げて、晴れて一人で夜のパタヤへ。

LKメトロのゴーゴーバー調査をしてから、バービアへ。
いくつもある馴染み系バービアの一つだ。

サンタ帽をかぶったバービア嬢がいい感じ。
おっと、見慣れない顔の若いバービア嬢がいる。
ママさんいわく、18歳の新人だそうな。

うーん、行き先々のバービアで若い新人があっさりと見つかるなあ。
まあ、お持ち帰りはできませんがね。

だらだら飲んでいると、カラオケ嬢から電話がかかってくる。

「帰りにガオラオ買ってきて~」との依頼。
もう腹が減ったらしい。

バービアを早々にお暇して、クイティアオ屋へ。
カシコーン銀行横のクイティアオ屋のガオラオが好みらしい。

カシコーン銀行横のクィティアオ屋 (2)
関連記事:ソイブッカオのカシコーン銀行横にあるクイティアオ屋

ガオラオとは、麺抜きのクイティアオのこと。野菜たっぷりのスープみたいなもの。
40バーツのはずだが、50バーツ請求された。
値上がりしたのか、それとも持ち帰りにすると10バーツアップなのかは不明。

部屋へ戻って、カラオケ嬢にガオラオを渡す。
がつがつと食べておりました。

ガオラオ

いやはや、丸一日外出せずに、ひたすら食っちゃ寝食っちゃ寝。
これで太らないのが不思議。
ウェストは細いままなんだよねえ。下っ腹はぽっこり出ているけどね。

こんなキーキアットなタイ女性との同棲生活、あなたもいかが?
いろんな意味で耐性が試されるよ。
ああ、肩凝った。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ココナッツジュース

まったく動かないカラオケ嬢と食っちゃ寝生活

沈没日記13 朝起きると、足がつった。激痛でのたうち回ってしまった。 酒の飲み過ぎか、単なる

記事を読む

ビエンチャンのKTV (4)

ビエンチャンで何もしない一泊。異国からカラオケ嬢とコヨーテさんとやり取りする。

沈没日記16 ビエンチャンへ カラオケ嬢を見送ってから、ビエンチャン行き国際バスに乗る。

記事を読む

ビーフハンバーガー

今日も一人寝だが朝まできっちり遊んでやった。深夜の紫煙とハンバーガーうまし。

沈没日記7 結局、カラオケ嬢は帰ってこなかった。 クリスマスの夜も一人寝となった。 電

記事を読む

コラートバスターミナル

金の切れ目が縁の切れ目。カラオケ嬢を置き去りにして、われパタヤに帰還せり。

沈没日記20 トップマンションのベッドで泥のように眠りこけていると、LINEの着信音で叩き起こ

記事を読む

アクションストリート昼間

アクションストリートの18歳バービアギャルに相手されなかった話

沈没日記51 アクションストリート ソイブッカオのバービアめぐり定番スポットの一つに

記事を読む

ビエンチャンノンカーイイミグレーション (1)

ビエンチャンからウドンターニーへ。旅は道連れ、ファラン2人とタイ入国。

沈没日記18 ビエンチャン滞在3日目となった。 個人的には長逗留したい街ではないので、ビザを

記事を読む

ナナプラザ入り口

ソイカウボーイ、テーメーカフェ、ナナプラザ、路上バービア、立ちんぼ。バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットを駆け足で遊び倒す。

いざバンコクナイトライフ開始である。 時刻は深夜0時をまわったところ。 主な遊び場が閉店する

記事を読む

パタヤ発スワンナプーム空港行きエアポートバス乗り場 (4)

パタヤ沈没生活突然終了のおしらせ。急遽、帰国命令が下る。

沈没日記55 急遽、帰国へ 昼頃にだらだらと起床して、寝ぼけまなこでメールチェック。 日本

記事を読む

ワットポー (1)

元ゴーゴー嬢たちとバンコクで観光デート

沈没日記53 突然バンコク 朝早くから、わたしはバンコク行きのバスに乗っていた。 ルン

記事を読む

ドリンキングストリート

肉と酒とノースパタヤ夜遊びめぐり

沈没日記47 日本から新たに遊びに来た友人。 暗くなってから合流して、まずは食事とビールでも

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ノークチャイ より:

    可愛いワガママですね^ ^
    そんな子に出会いたいなぁ。
    カラオケ屋さんは休んでもペナルティないんですかね?

    2016ソンクランの情報って現地で出てますか?
    ネットにはパタヤは毎年4月19日がクライマックスって出てるんですが…どうなんでしょうか。
    ってまだこの話は早いかな。笑
    すみません。

    • pattayan night より:

      店は、出勤したら賃金が発生する契約みたいですよ。詳しくは聞いてませんが。
      来年のソンクラン情報はまだですねえ。パタヤのクライマックスが4月19日なのは、毎年同じです。たぶん、来年もそうでしょうね。ワンライというお祭りの日ですね。
      19日にクライマックスが固定されているんで、一般的なソンクラン休暇の日程次第で、パタヤでは一週間以上水かけが続きます。むちゃくちゃですよ。

  2. ヨッシー より:

    カラオケ嬢との沈没ライフを謳歌されてますね~(笑)
    若いから代謝が良いので食っちゃ寝しても太らないんですよね~(^^; 我々なら同じことをしたら確実にウワンマークになりますね。
    でも、そんな可愛い若い子とのパタヤ沈没は イッチャー ナー(羨ましい)。
    長い間一緒に毎日居ると、トゥーンテン(ドキドキ感)が無くなって来るのが今後の課題ですかね。
    私も日曜日から参戦させていただきますので、どうぞ宜しくです!

    • pattayan night より:

      すでにドキドキ感はなくなっています(笑)。
      パタヤはすでに人であふれています。お気をつけて~

  3. ようしん より:

    キーキアットな彼女は本当に心を許しているんでしょう。

    あまりにタイ人ぽくて、笑えます。

    そうした緩いやり取りの生活、

    うらやましいです。

    • pattayan night より:

      いやあ、リアルキーキアットでしょう、あれは。
      ゆるすぎる生活です。だれだれです。楽しいですけど。

アドステア

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑