*

タイのゆで卵あれこれ。カイトム、カイケム、カイヨーマー、カイカーオ。

公開日: : 最終更新日:2016/03/22 グルメレポート, プチ情報・便利帳 , ,


ゆで卵が好きだ。

ご飯と食べるもよし、パンと食べるもよし、カレーに入れるもよし、ラーメンに入れるもよし、肉と一緒に食べるもよし、サラダと一緒に食べるもよし、まさに万能食品だ。

当ブログには、カイダーオ(目玉焼き)、カイジアオ(タイオムレツ)が頻繁に登場するが、わたしが一番好きなのはカイトム(ゆで卵)なのである。

タイでは、ゆで卵は日本以上に食べられているかも。
屋台で売りに来ることもあるし、市場でも食堂でも店頭に並んでいる。

種類も多い。
しかも、殻に色付けして、外見で区別できるようにしてある。
なんとも卵好きの国民だ。

今回は、そんなタイのたまごのご紹介。
一部、閲覧注意の写真も載せてありますのでご注意を。

SPONSOR LINK

3色のゆで卵

まずは定番のゆで卵から。

ジョーク屋台に並ぶゆで卵
ジョーク屋台 (1)

屋台や食堂の店頭に並んでいるゆで卵は大きく3種類。

カイトム=普通のゆで卵。殻は薄茶色。いわゆる赤玉。
カイケム=塩漬けされたゆで卵。殻は白色。
カイヨーマー=ピータン。殻はピンク色。

カイトム

カイ=卵
トム=ゆでる

そのまんま。
味もそのまんま、ゆで卵です。
解説不要。

カイケム

カノムジーン屋に吊るされているカイケム
カノムジーン屋のゆで卵カイケム

カイケムは、かなり塩辛いので要注意。

カイ=卵
ケム=塩辛い

これまた、そのまんまのネーミング。
カイケム単体で食べるのは、かなりきつい。
スープやカレーなどと混ぜて食べよう。
ちなみに、カイケムに使う卵は、アヒルの卵が一般的だそうな。

ガパオプラームック

これは、ブッカオの常設市場にあるぶっかけご飯屋で、正体を知らずに注文したカイケム。
ひたすら辛くて完食できなかった。

カイヨーマー

殻がピンクに着色された独特の卵。
カイヨーマーは、いわゆるピータンのことだ。
アヒルの卵を漬けて発酵させたもの。

タイ語で書くと、こうなるようだ。
ไข่เยี่ยวม้า

カイ=卵
ヨー=尿
マー=馬

ピータンのような黒色のことを、馬の尿の色に見立てて、「シーヨーマー」と呼ぶ。
そこから、ピータンのことを「カイヨーマー」と名づけた。

蛇足ながら、「おしっこ」に相当するタイ語は、「チー」。

英語なら、尿は「urine」、おしっこは「pee」だ。

日常会話では、タイ語で「チー」、英語で「pee」をよく使う。日本語で、「尿」が少し固い表現なのと同じこと。

以上、タイ語に関してはタイ人からの聞き取りを元にしたので、正しいかどうかは自信ありません。英語はたぶん合ってます。

カイヨーマーは、ジョーク(おかゆ)に入れて食べることがある。

ジョーク屋台でカイヨーマーの殻を剥くところ
カイヨーマー

見た目は真っ黒で少々気持ち悪いが、味は意外とマイルド。
おかゆと一緒に食べると、けっこういける。

 

あとは、サラダにして食べることもあるかな。

参考写真
ピータンサラダ
photo credit: 凉拌皮蛋 Century Egg Salad – Baolaoliu Restaurant via photopin (license)

タイ以外の国のピータンの中にはえぐいものもあるようだけど、カイヨーマーはいたって普通。
一度、ご賞味あれ。

以上、三色のゆで卵でした。

薄茶色が普通のゆで卵だと覚えておけば、大丈夫。

知らないと、まず白色を選んでしまいますよねえ。

カイカーオ

カイカーオ (2)

これは、屋台で売られているもの。
食事用というより、おつまみ用。

カーオはご飯のカーオ。カイカオとも表記するかな。

調べてみると、卵の白身のこともカイカーオと呼ぶようだ。
どうやって区別してるんだろ?
ちなみに、黄身はカイデーン(黄色じゃなくて赤色)。

ゆで卵というより、蒸し卵だ。

カイカーオ (1)

独特の蒸し器が目印。
蓋を開けると、大量の卵がてんこ盛り。

が、これは普通のゆで卵ではない。

注文すると、殻を剥いた卵をいくつかに切りわけて袋に入れてくれる。

中身の写真がこちら

カイカーオ (3)

黄身がない。
黄身と白身が一緒になったような色だ。
ちょっとだけ香辛料で味がついているような気もする。

うん、待てよ。
殻がついているのに、どうやって殻の中身をいじくるんだ?

ちょっと、カイカーオで検索してみた。
なんとまあ、ひよこが孵化する前の卵を蒸したものらしい。
それで黄身がないのかな。

フィリピン料理で有名なバロットとも違う。
あれは、孵化寸前のアヒルの卵をゆでたもので、そりゃあとんでもないルックスをしている。

バロット参考写真。閲覧注意。
Balut
photo credit: Balut via photopin (license)

が、このカイカーオは、鶏の卵のはず。
でも、ひよこの影も形もない。

それ以上の情報は得られなかった。
詳しい調理方法は謎のままだ。
まあ、別にグロい食べ物でもなんでもないし、別にいいか。
気にせず食べればよし。

それほど味はきつくない。わずかに臭みがあるくらい。
やや濃厚な味わいだけど、ゆで卵風味もちゃんと残っている。
辛めのタレをかけて食べる。

うーん、普通に食べられる味で、それなりにおいしいけど、やっぱり普通のゆで卵のほうがいい。
ただ、酒のアテとしてつまむには、ゆで卵よりは断然向いている。

3つで20バーツ。
一人で全部いっぺんに食べると、確実にカロリーオーバーなんで、何人かでシェアしましょう。

カイピン

カイピン (3)

串刺しにした焼き卵。中身が漏れないのが不思議な食べ物だ。
黄身はない。
ややカイカーオに似ているが、カイピンのほうが食べやすい。

詳しくはこちらを
カイピン-殻付きの串焼き卵

ウズラの卵

タンブンワットチャイモンコン (13)

これはウズラの卵を目玉焼きにしたもの。縁日でよく見かける。
コンビニでも同じようなウズラの卵焼きが売っている。

写真には撮っていないけれど、天秤棒をかついた卵売りもちょこちょこ見かけるなあ。

ルークチン(つみれ)揚げの屋台には、うずら卵をパリパリの皮で巻いたものが置いてある。
これは、酒のアテとしてかなりおすすめだ。

コンビニのゆで卵と温泉卵

もちろん、コンビニにもゆで卵は売っている。

コンビニのゆで卵

2個入りで16バーツ。
屋台の3個20バーツよりは、少々高い。
が、衛生面での安全性も、たぶん上。

写真左側が温泉卵。まあ単なる半熟のゆで卵かもしれないけど。

わたしはいつも普通のゆで卵を購入して、食パンやインスタントラーメンと一緒に食べている。

朝食パンとハムとゆで卵

塩気の強い醤油のようなタレが付属。
このタレがうまい。
ゆで卵に絶妙にマッチしている。もう塩では満足できない体になってしまった。
食パンと食べても、まったく問題なし。

 

以上、タイのゆで卵にまつわるあれこれでした。
お好みに合わせて、お好きな卵をどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

エアアジア ロゴ

エアアジアのフライトを予約する際の各サイト手数料を調べてみた

少し前のエントリーでエアアジアのクレジット決済手数料値上げについて取り上げた。 一区間

記事を読む

カイヨーマー

カイヨーマー(ピータン)入りのジョークを食べよう

ジョークといえば、タイのおかゆ。 米粒の形がなくなるほど、どろどろに煮込まれている。

記事を読む

カオモッガイ (1)

カオモッガイ@ソイブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋

ソイブッカオの南端、パタヤタイとの交差点付近で夜になると登場するカオマンガイ屋台。 このカオマ

記事を読む

パタヤ雨降り2016年1月15日 (1)

【パタヤ近況】季節外れの大雨と、TTカレンシーのレート

ビエンチャンやウドンターニーのネタがたまっているため、なかなかブログ更新が追いつきませんが、わた

記事を読む

下川裕治裏国境 001

ミャンマー陸路移動は可能なのか?下川裕治「裏国境突破 東南アジア一周大作戦」

アジア旅行記界のゴッドファザー、下川裕治の新作が出た。 今回は、下川先生の大得意分野、貧乏バス

記事を読む

ヒルトンパタヤ・ホライズン (7)

HILTON PATTAYAの屋上ラウンジ「HORIZON ホライズン」

つい先日、ヒルトンホテルパタヤの屋上にあるラウンジ「HORIZON」に行ってみた。 ここから眺

記事を読む

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。 マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うま

記事を読む

スクリーンショット_030616_073717_AM

本日朝10時からスクートがプロモ開始。バンコクまで8000円。

何かというとプロモーションばかりやっている印象のLCC、スクート(SCOOT)。 今回のプ

記事を読む

ユアドンのカツ丼 (1)

パタヤカンの新しい日本食屋台「YOUR DON」のカツカレーとカツ丼を食べてみた

先日、パタヤカンを昼間に走行している時に見かけたこの屋台。 そういえば、新しく日本

記事を読む

イサーン料理屋ギンニャンの料理

気軽に食べられるイサーン料理専門食堂@パタヤアベニュー裏。生肉サラダも置いてるよ。

セカンドロードとブッカオの間で気軽に食べられるイサーン料理専門店をご紹介。 かなりローカルな雰

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 猫大好きパパ より:

    ピータンならやっぱりダシ醤油にカラシ溶いてちょいとつけて食べるかなぁ。。酒は紹興酒をぬる燗で(^O^)色々な茹で卵があるものですね(´・_・`)

    • pattayan night より:

      おお、日本でもピータン食べますか。ダシ醤油に辛子っておいしそうですね~

  2. サライ より:

    タイ語表記、発音が違います。
    ไข่ขาว 白身、卵白
    ไข่ข้าว(胚ができる前後)の受精卵
    いづれも鶏卵です。
    ไข่ข้าวは滋味深い味わいで栄養価が高いと言われていますすが、私は苦手です。

    • pattayan night より:

      なるほど、深い情報ありがとうございます。
      やっぱり鶏卵ですよね、あのカイカーオ。
      たしかにちょっぴり濃厚な味で栄養価は高そうです。わたしは苦手ではありませんが、普通のゆで卵のほうがいいです。
      それにしても、サライさんは、お詳しいですね。感服します。

  3. 芽きゃべつ より:

    この様な違い 全然知りませんでした、先日まで その前は1度 塩味付きのゆで卵を間違えて買って来てからは 店で茹でただけかを確認してから買っています。
     私はゆで卵には 断然マヨネーズ派で日本から持参(やはりキューピーが、タイのキューピーは甘くてダメです)して大事に食べています。

    • pattayan night より:

      タイのマヨネーズは甘いですよね。ファランレストランに置いてあるような輸入物のマヨネーズみたいなものも今ひとつです。

  4. ヨッシータルン より:

    タイ人は日本のサライが好きですね!
    訪タイのときはいつも持って行って、ゴーゴーやバービアでばら撒いています。
    50袋入り2個があっという間に消えてなくなりますが、安価で軽いので夜遊びグッズとしては最適ですね。
     確かにタイのサライは不味いので、大森屋なんかはとても人気です。
    あとは定番の抹茶チョコですが、これは重いしパタヤに着いた時にはドロドロに溶けている・・なんてことがあったので、不向きです。

    • pattayan night より:

      サライって、海苔ですね。味付け海苔のほうですね。
      最近、タイ人も「ノリ」って日本語でも通じるようになってきましたよ。
      抹茶のキットカットは溶けずに何とか持ちました。いかにエアコンの効いた環境下で持ち運ぶかが勝負ですね。ま、せいぜい数百円の土産のために、そこまで苦労したくありませんが。

アドステア

take-away-breakfast-5
TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE

ノヴァエクスプレスホテルパタヤ (4)
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)

《更新情報》 〈リンク切れを修正しました〉 2016年

walking-street-201612
バカラ、ハッピー、ギンザ、パレス、ランウェイなど、パタヤ最新ゴーゴーバー訪問レポート

ここ数日、珍しく熱心にウォーキングストリートへ日参してきた。 いくつ

royal-qd-suite-hotel-8
ソイイエンサバイの格安ホテル、ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)宿泊レポート

Soi Yensabaiとは、パタヤタイにあるソイのこと。セカンド

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

→もっと見る

PAGE TOP ↑