*

カイピン-殻付きの串焼き卵

公開日: : グルメレポート


屋台でちょこちょこ見かける変わった卵をご紹介。

鶏の卵に味をつけて、殻ごと焼いたもの。
しかも串刺しになっている。
なんとも謎の多い卵である。

SPONSOR LINK

カイピン

カイピン (3)

はたして、これを、ゆで卵と呼べばいいのか、卵焼きと呼べばいいのか、焼き卵と呼べばいいのか。

とにかく、殻付きの卵を焼いたものである。

名前はカイピン。

カイ=たまご
ピン=(味付きで焼いたもの)

一串卵3個入りで20バーツ。

どうして中身が漏れてこないのか、何とも不思議。

カイピン (1)
殻をむくと、ちょっと焦げ目っぽいのが付いているが、普通のゆで卵のよう。

中身はこうなっております。

カイピン (2)
率直な感想、

黄身はどこへ行った?

食べてみると、ちょっとだけダシがきいている。それほど濃厚ではない。
意外と食べやすい。
もちろん黄身はまったく入っていない。

これと似たような卵料理に、カイカーオというのがある。
カイカーオ (2)
カイカーオ (3)

このカイカーオは、かなり濃厚な味わいだが、それに比べるとカイピンはわりとマイルド。
食べやすい。

とはいえ、一人で卵3個は食べ過ぎでしょう。
わたしは2個でギブアップ。
あとの一つはバービア嬢にあげました。

カイピンの作り方

製法に謎の多いカイピン。
少し調べてみた。

いつも参考にしている「食べる指さし会話帳1タイ(タイ料理) (旅の指さし会話帳シリーズ)
」では、味付け卵の串焼きとして紹介されている。
まず、注射器で白身だけを抜き、味をつけた上で卵に戻す。それから串をずぶりと刺すのだが、太い串をつかっているから卵の中身が漏れてこないという。串卵にしたところで、炭火で焼くと出来上がり。
焼き過ぎると卵の中身が膨張して爆発していまうので焼き加減が難しいそうだ。

ただ、この作り方だと黄身が中に入ったままということになる。

他にも作り方があるみたい。
卵の殻に小さく穴をあけて中身を取り出し、黄身だけ抜いて、白身とダシを混ぜて殻に戻す。この時に固まりやすいように片栗粉も混ぜることもある。
この時点で串刺しにして焼き上げるのかはよくわからない。
カイカーオのように専用の蒸し器で蒸し焼きにするのかもしれないが詳細不明。
ともかく火を通して、卵の中身を固める。

カオジーとカイピン(3)

それが上の写真の状態。殻をやぶったところから中身が飛び出しているのがわかる。これは、蒸したようにも思えるが。

あとは、殻ごと串刺しにして、七輪の上に並べる。
炭火焼きにして、完成。
焼きたてはアツアツで美味しいです。

製法や味付けなどいろいろ種類があるのかも。

うーん、一から作っている現場を見てみたいもんだ。

カイピンとカオジー

このカイピンは、カオジー(カオピン、カオニャオピンとも呼ぶ)と一緒に売られていることが多い。
カオジーとは、カオニャオ(もち米)にタレを塗って炭火で焼いたもの。あっさりした味でけっこうおいしい。

カオジー
カオジーカオニャオピン屋台

卵から抜き出した黄身の部分は、カオジーに塗るタレに使われているとか。

なるほど、無駄なく利用しているわけですね。

カオジー(カオニャオピン)はパタヤでは通常10バーツ。
カイピンとセットで30バーツ。
夜、小腹が空いたときに重宝します。ビールのあてにもなりますよ。

見かけた際には、カオジーとカイピンのセットでぜひどうぞ。
日本ではまずお目にかかれない料理なんで。

まあ、わたしはやっぱり普通のゆで卵のほうが好きですけどね。

関連記事:タイのゆで卵あれこれ。カイトム、カイケム、カイヨーマー、カイカーオ。

 

SPONSOR LINK

関連記事

ホイコムホイジューブ (1)

ホイコムは、タイのタニシ。別名ホイジューブ。屋台で一盛り40バーツ。

先日、バービアで飲んでいると、シーフード屋台売りがまわってきた。 知り合いのバービア嬢がホ

記事を読む

カレーパフ屋台 (1)

屋台のカレーパフうまし。パイナップル、ムーヨーとか味もいろいろ。

パタヤの街角でたまたま見かけたこちらの屋台。 巨大餃子ではなくて、パフってやつだ。

記事を読む

ko moo yan

イサーン料理食堂のコームーヤーンがB級グルメ度100%でうまい。白ご飯とのシンクロ率も100%。

サードロードにある安くてうまいイサーン料理食堂のティーラーブセーブ。 イサーン出身者との晩餐に

記事を読む

ウドンターニーのラーメン屋台 (1)

ウドンでラーメン。ウドンターニーの日本ラーメン屋台の赤のれんが郷愁を誘うのだ。

ウドンでうどんは以前ご紹介した。 今回はウドンでラーメンである。 それも、タイスタイルのラー

記事を読む

cool-house-kaosoi-4

パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。

パタヤでカオソーイを食べよう企画の第2段です。 前回は、サードロードにある紫の看板の食堂で

記事を読む

flandria-2

移転したFLANDRIAのフライドチキンステーキがうまい。チムチュムもやってるよ。

以前、ソイブッカオ沿いでムーガタとベルギー料理とイサーン料理が食べられるレストランとして紹介した

記事を読む

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。 マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うま

記事を読む

チャイヤプーン入り口の屋台 (1)

ソイチャイヤプーン入り口の屋台が安くてうまい。鶏の内蔵とタケノコのガパオ、イワシ入りカオパットなど。

タイ・パタヤでの節約生活には欠かせない屋台。 でも、どうせなら安くておいしい屋台で食事したいも

記事を読む

The haven breakfast the works (3)

パタヤ最強かも。THE HAVENのブレックファースト100バーツ。

パタヤのブレックファーストシリーズはまだまだ続く。 いったい、パタヤにはいくつものファラン向け

記事を読む

デンダムバミー (2)

パタヤ・デンダムレストランのすっきりスープ海鮮バミーナムはおすすめ

パタヤの庶民的なレストランとして有名なのがデンダム。 パタヤ在住のタイ人なら、ほとんどみんな知

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑