*

カイピン-殻付きの串焼き卵

公開日: : グルメレポート


屋台でちょこちょこ見かける変わった卵をご紹介。

鶏の卵に味をつけて、殻ごと焼いたもの。
しかも串刺しになっている。
なんとも謎の多い卵である。

SPONSOR LINK

カイピン

カイピン (3)

はたして、これを、ゆで卵と呼べばいいのか、卵焼きと呼べばいいのか、焼き卵と呼べばいいのか。

とにかく、殻付きの卵を焼いたものである。

名前はカイピン。

カイ=たまご
ピン=(味付きで焼いたもの)

一串卵3個入りで20バーツ。

どうして中身が漏れてこないのか、何とも不思議。

カイピン (1)
殻をむくと、ちょっと焦げ目っぽいのが付いているが、普通のゆで卵のよう。

中身はこうなっております。

カイピン (2)
率直な感想、

黄身はどこへ行った?

食べてみると、ちょっとだけダシがきいている。それほど濃厚ではない。
意外と食べやすい。
もちろん黄身はまったく入っていない。

これと似たような卵料理に、カイカーオというのがある。
カイカーオ (2)
カイカーオ (3)

このカイカーオは、かなり濃厚な味わいだが、それに比べるとカイピンはわりとマイルド。
食べやすい。

とはいえ、一人で卵3個は食べ過ぎでしょう。
わたしは2個でギブアップ。
あとの一つはバービア嬢にあげました。

カイピンの作り方

製法に謎の多いカイピン。
少し調べてみた。

いつも参考にしている「食べる指さし会話帳1タイ(タイ料理) (旅の指さし会話帳シリーズ)
」では、味付け卵の串焼きとして紹介されている。
まず、注射器で白身だけを抜き、味をつけた上で卵に戻す。それから串をずぶりと刺すのだが、太い串をつかっているから卵の中身が漏れてこないという。串卵にしたところで、炭火で焼くと出来上がり。
焼き過ぎると卵の中身が膨張して爆発していまうので焼き加減が難しいそうだ。

ただ、この作り方だと黄身が中に入ったままということになる。

他にも作り方があるみたい。
卵の殻に小さく穴をあけて中身を取り出し、黄身だけ抜いて、白身とダシを混ぜて殻に戻す。この時に固まりやすいように片栗粉も混ぜることもある。
この時点で串刺しにして焼き上げるのかはよくわからない。
カイカーオのように専用の蒸し器で蒸し焼きにするのかもしれないが詳細不明。
ともかく火を通して、卵の中身を固める。

カオジーとカイピン(3)

それが上の写真の状態。殻をやぶったところから中身が飛び出しているのがわかる。これは、蒸したようにも思えるが。

あとは、殻ごと串刺しにして、七輪の上に並べる。
炭火焼きにして、完成。
焼きたてはアツアツで美味しいです。

製法や味付けなどいろいろ種類があるのかも。

うーん、一から作っている現場を見てみたいもんだ。

カイピンとカオジー

このカイピンは、カオジー(カオピン、カオニャオピンとも呼ぶ)と一緒に売られていることが多い。
カオジーとは、カオニャオ(もち米)にタレを塗って炭火で焼いたもの。あっさりした味でけっこうおいしい。

カオジー
カオジーカオニャオピン屋台

卵から抜き出した黄身の部分は、カオジーに塗るタレに使われているとか。

なるほど、無駄なく利用しているわけですね。

カオジー(カオニャオピン)はパタヤでは通常10バーツ。
カイピンとセットで30バーツ。
夜、小腹が空いたときに重宝します。ビールのあてにもなりますよ。

見かけた際には、カオジーとカイピンのセットでぜひどうぞ。
日本ではまずお目にかかれない料理なんで。

まあ、わたしはやっぱり普通のゆで卵のほうが好きですけどね。

関連記事:タイのゆで卵あれこれ。カイトム、カイケム、カイヨーマー、カイカーオ。

 

SPONSOR LINK

関連記事

8番らーめん (9)

タイの8番らーめん実食レポート。ラーメンと餃子のセットが148バーツ。

現在、タイ国内で110店舗を展開中の8番らーめん。 れっきとした日本生まれのラーメ

記事を読む

フードランド前カオマンガイ (2)

パタヤで一番おいしいと評判のカオマンガイ屋は、むしろスープが絶品だった@フードランド前

当方、パタヤへ通い始めて8年くらい。 ここ数年は一年の3分の1から半分くらいをパタヤで過ごして

記事を読む

小鳥の丸焼き (3)

小鳥(うずら)の丸焼き実食レポート。ノッククラダーヤーン。

バービアでのすぐ近くに屋台が通りかかった。 最近、ブッカオからセカンドロード方面でよく見かける

記事を読む

パタヤタイカオマンガイ (1)

ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。

ソイブッカオとサウスパタヤロード(パタヤタイ)の交差点にあるカオマンガイ屋台に行ってみた

記事を読む

パタヤヒル展望台カフェ (6)

パタヤヒル展望台にある絶景カフェ。パタヤ湾を眺めながらコーヒーとチョコトーストを。

パタヤヒル(プラタムナック)の頂上にある展望台。 ここからパタヤ湾を一望することができる。

記事を読む

ブッカオ火金市場のクイジャップ (4)

ブッカオ火金市場の屋台群にあるクイジャップがおいしかった

ブッカオとパタヤタイ交差点近くで、火曜日と金曜日限定で開かれる市場がある。 通称、ブッカオ火・

記事を読む

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツカレー (1)

ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

パタヤのカツカレー カツカレーが好きだ。 海外では、わざわざ日本食を食べようとはあまり思わな

記事を読む

チャイヤプーン食堂 (2)

ソイチャイヤプーンにある食堂。ぶっかけ飯、イサーン料理、洋食まで何でもそろって、日本語も通じるよ。

前回のパタヤ沈没でお世話になった食堂を紹介したい。 ソイチャイヤプーンにある食堂だ。 た

記事を読む

ブッカオステーキ屋看板

ブッカオ・ソイPPの49バーツステーキ屋のBBQリブは意外と本格的でうまかった

当パタヤ沈没日記の読者ならお気付きのように、わたしのパタヤでの食生活は基本的にタイ料理、それもロ

記事を読む

アドステア

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑