*

タイに無事入国。ドンムアンからアソークへ。初日の夜はバンコクで遊ぶぞ。

タイ入国

というわけで、スクートでバンコクヘ到着。
前回の入国では一悶着あったのだが、今回はまったく問題なく通過できた。
まあ、このあたりは大人の事情により詳しいことは語らない。
普通に入国することができたとだけ書いておく。
この件に関するコメントには一切答えないのであしからず。
(同じような境遇にあって貴重な情報を教えてくださった読者の方には感謝します。ありがとうございました。困っている方は、直接連絡ください。)

ちなみに、帰国便のEチケットの提示は求められなかった。
また、ホテル名のほか、電話番号の記入が必要との声も聞こえるが、ホテル名だけを記入しておけば、余計な質問は一切されなかった。
拍子抜けするほど、あっさりとイミグレーションを通過できた。

ドンムアン空港 (1)

イミグレーションを通過したあとの開放的な気分といったら、この上無し。

ドンムアン空港のクリスマスツリーもいっそう華やいで見える。
ツィンクルツィンクルリトルスター♪

ドンムアン空港 (2)

心のなかできらきらと星が輝いている。

またタイに滞在できる!

これ以上の喜びが他にあろうか。

いやまあ、他にももっとうれしいことや楽しいことがあるだろうけど、とにかくタイ好きにとっては、実にありがたい出来事なのである。

素直にタイ政府へ感謝の弁を述べておきたい。
コップンマークナカップ。
一ヶ月で15万円ほどカネを落としますんで、それで許してね。

ドンムアン空港からスクンビットへ

さて、今回のフライトはスクート便利用のため、ドンムアン空港到着となる。しかも時刻は夜10時半過ぎ。
この時間からパタヤへ向かうには、タクシーを利用するしか方法がない。
モーチットバスターミナル発パタヤ行き最終バスが夜10時だったはず。エカマイ発が11時だったか。
どちらにせよ、間に合いそうにない。
ロットゥーは不明だが、おそらくないと思われる。

しょうがないね。
久々にバンコクナイトとしゃれこみますか。

これはこれで楽しみだ。

まずはバンコク市内へ向かう。

スクート搭乗記で軽く触れておいたが、ドンムアンからスクンビット(アソーク)への行き方である。

スクート便がドンムアン空港に着陸したのが夜10時20分過ぎ。
ドンムアン空港を出て、A1エアポートバスに乗る。これが夜10時45分のバスだ。

スクートSCOOT TZ297搭乗記 (8)

夜の時間帯はとても道路も空いており、15分ほどでMRTチャトチャック公園駅へ到着。すぐ近くにはBTSモーチット駅もある。

スクートSCOOT TZ297搭乗記 (9)

どちらでも好きなほうへ。
ナナ近辺に滞在予定ならBTS(スカイトレイン)でどうぞ。NANA駅で下車すればいい。
アソークないしスクンビット駅なら、MRT(地下鉄。メトロともいう)でいいかな。
わたしはアソークに宿泊予定だったので、MRTを選択。
まだまだ終電には余裕がある。
ただ、本数は少なくなっているようで、待ち時間が少々長めだった。たしか11時15分くらいに地下鉄に乗れたような気がする。

夜11時半頃、MRTスクンビット駅に到着。
構内を歩いている時に、スクンビット発の終電時間のアナウンスが流れた。
11時38分と48分と言っていたような気がする。どっちがどっち方面かは忘れた。

ソイカウボーイを横目に本日の宿へ向かう。

ソイカウボーイ

お持ち帰るする予定もなかったし、翌日はすぐにパタヤへ向かうつもり。軽く仮眠が取れればそれでいい。
というわけで、カプセル型ホテルを予約しておいた。

3HOWWホステル

実際に予約したのはBooking.comで。

3ハウ ホステル @ スクンビット21(3Howw Hostel @ Sukhumvit 21)

予約だけ済ませて、宿泊代は現地払い。1泊490バーツ。びっくりするほど清潔で居心地のいいカプセル型ホテルだった。ソイカまで歩いて5分足らず。
(詳細は、後日レポート記事を書きます)

アソークでクイティアオ

荷物をロッカーに放り込んで、すぐに外出。

イヤッホーイ

久々のバンコクナイトだ。
パタヤは最高だけど、たまにはバンコクもいいよね。
都会的な雰囲気の中に猥雑で卑猥な空気が混在している。これもまたいいもんだ。

しかし時間がない。
時刻はすでに深夜0時前。
主だった夜遊びスポットの閉店は深夜2時である。
あと2時間しかない。

アソークプレイス21

ソイカ至近のショートタイム用連れ込みホテル「ASOKE PALCE 21」前の屋台でクィティアオ。
まずは、腹ごしらえだ。

アソークのクィティアオ屋台

バミーナムで40バーツ。
味はまずまず。

アソークのクィティアオ屋台のバミー

屋台で麺をすすっている最中にも、アソークプレイスには、女連れの日本人やファランが次々に出入りしていた。
うーん、これぞバンコクだなあ。パタヤでは自分のホテルに連れて帰るケースが圧倒的に多いけど、バンコクではショートタイムホテル利用率もそこそこ高いよね。駐在員だからとかホテルの場所が遠いとかいろいろ理由はあるだろうけど。

食べ終わるとすでに深夜0時を回っている。
さあ、急げ。
タイムリミットはあと2時間だ。

(つづく)

まだパタヤへ到達していませんが、とりあえずこの記事をもって、パタヤ沈没日記のスタートとします。
以降、ご愛読のほどを。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

焼酎とキムチとサーモン寿司

クリスマスには焼酎とキムチで宴会を。最後はブンブン。

パタヤ沈没日記6 パタヤで焼酎とキムチを求めて カラオケ嬢のおみやげ希望リストにあったのが、焼酎

記事を読む

ココナッツジュース

まったく動かないカラオケ嬢と食っちゃ寝生活

沈没日記13 朝起きると、足がつった。激痛でのたうち回ってしまった。 酒の飲み過ぎか、単なる

記事を読む

バービアパーティ

23歳バービア嬢にふられて、32歳キャッシャーをペイバー

パタヤ沈没日記45 かれこれ10日ほどブンブンしていない。 いくら月単位の長期滞在とはいえ、

記事を読む

ウォーキングストリート夜 (2)

コヨーテさんと久々にブンブン

沈没日記23 ビエンチャンへビザ取り旅行する前に、某ゴーゴーバーでばったり再会を果たしたコヨー

記事を読む

ウドンターニーナイトマーケット (1)

ウドンの夜。パタヤへ戻るかカラオケ嬢の実家か?大事なお金の話をしておこう。

沈没日記19 ウドンターニーの夜 日本式ラーメン屋台で腹ごしらえをしてから、ウドン夜遊び開始。

記事を読む

20歳バービア嬢

友人との夜遊びが続くが、ノーペイバーの日々も続く

沈没日記52 魚と肉 昼飯は、無性にフィッシュバーガーが食べたくなり、ソイニュープラザにあるFR

記事を読む

ソイレンキー入り口のケバブ屋台

ダイエットに成功したバービア嬢との再会。タイの女性は体重を簡単に教えてくれるよ。

沈没日記26 昼飯は、ブッカオ常設市場へ。 何を食べようか考えるのが面倒になった時は、とりあ

記事を読む

エアアジア機体

パタヤから日本へ。沈没日記最終回と軽いあとがき。

沈没日記57 本日、パタヤラストデイ。 パタヤをあとにして、日本へ帰るだけ。 午前

記事を読む

ワットポー (1)

元ゴーゴー嬢たちとバンコクで観光デート

沈没日記53 突然バンコク 朝早くから、わたしはバンコク行きのバスに乗っていた。 ルン

記事を読む

ナナプラザ入り口

ソイカウボーイ、テーメーカフェ、ナナプラザ、路上バービア、立ちんぼ。バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットを駆け足で遊び倒す。

いざバンコクナイトライフ開始である。 時刻は深夜0時をまわったところ。 主な遊び場が閉店する

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Johnny より:

    いよいよ始まりましたね。
    楽しみにです。
    1月下旬頃にパタヤ行きますので、参考にさせていただきます。

    混んでるかなー。

    • pattayan night より:

      お楽しみに~
      ハイシーズンは人が多いですよ。ローシーズンとは大違いです。

  2. 猫大好きパパ より:

    いや~いよいよですねぇ^^記事楽しみにしています^^/

  3. まも より:

    いつもブログ読ませていただいてます
    短期でしか行けませんが、パタヤを愛する同志です
    私は来年1月下旬にパタヤ旅行を予定しています
    参考になる情報、更新今から楽しみです!!

    • pattayan night より:

      ご愛読ありがとうございます。
      ぼちぼち更新していきますんで、これからもよろしくおねがいします。

  4. nobu より:

    今回も前回同様、2ケ月位のご滞在でしょうか?今後が楽しみです。

  5. Ratchada3 より:

    ご無沙汰しております。
    ちょっと色々とバタバタしており、最近すっかりアクセスできておりませんでしたが、私も年末年始をタイで過ごすために、先日タイにやってきました。
    また本日からパタヤ寺とで過ごします!
    この投稿はブアカーオのソンテウに乗りながら書いてます。
    さて、今夜は何して過ごそうかな???

  6. Taka より:

    こんばんは。
    いよいよタイ入りですね!
    私もあと5日でタイに行けるので楽しみで仕方ありません。
    それまで予習させて頂きますので、楽しい記事を待っています。
    ぜひパタヤのバービア辺りでお会い出来る事を祈っております(笑)。

  7. SS より:

    はじめまして
    早いですねぇ、もう行きましたか。
    私はあと三日後。
    バンコク周辺でサクッと仕事してからパタヤ入り。
    現地では10日なんですが、はっきり言ってこの時期は人が多すぎてもう一つ。
    この10年ほとんど年越しはパタヤ、一回だけチェンマイ。
    パタヤでは昔はウォーキングでしたが、もう人多すぎて近寄りたくない。
    ということで最近はブッカオが多いですね。
    また、良い情報をお願いします。

    • pattayan night より:

      ウォーキングは人が多すぎますね。ブッカオは常連客が多いんで、まだマシですね。

アドステア

KIX to CLARK (15)
同日乗り継ぎで関空から香港経由でクラーク(アンヘレス)まで飛んでみた

アンヘレスの最寄り空港であるクラーク国際空港まで日本からの直行便は

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

→もっと見る

PAGE TOP ↑