*

アソーク近くにある格安カプセル型ホステル、3ハウ ホステル @ スクンビット21宿泊レポート。トランジットや寝るだけに最適。

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 バンコクホテル, ホテル情報


バンコクで安いゲストハウスといえばカオサン通りがあまりにも有名。
でもカオサンは都会のバンコクの中にあって、実に不便な立地だ。BTSや地下鉄の駅からは遠くはなれており、移動といえばローカルバス、あるいは水上フェリーに乗るしかない。
しかも、設備は古くて、ベッドのシーツは何年も取り替えていなような劣悪さ。

が、最近ではバンコク都心部に、バックパッカーやバジェットトラベラー向きのゲストハウスがいくつかできている。
これまでの、安い・汚い・狹いといった激安ゲストハウスの概念をぶちこわすかのような清潔さとオシャレさだ。

今回紹介するのは、地下鉄スクンビット駅とBTSアソーク駅から徒歩5分でいけるホステル。まさに都会のど真ん中。
ホステル定番のドミトリーではあるが、日本のカプセルホテルのようにきちんと仕切られていて、カオサンのドミトリーからは考えられないほど充実した内容だ。
時代は変わっている。
わたしは、昨年12月に初めて利用。気に入ったので、また宿泊することにした。

SPONSOR LINK



3ハウ ホステル @ スクンビット21(3Howw Hostel @ Sukhumvit 21)

大都会アソーク通りの只中に、3ハウホステルは建っている。

外観
3ハウホステル外観 (1)

ちょっとオシャレなガラス張りのビルで、これもカオサンの安ゲストハウスでは考えられない。

玄関
3ハウホステル外観 (4)

オートロックになっており、カードキーをかざして解錠するシステムだ。

レセプションとロビー
3ハウホステルロビー

フロントは、とても丁寧な接客で好感が持てる。
英語が当たり前のように通じる。当然タイ語でもいけるが、むしろ英語でいいかも。
予約サイトを通じてブッキングしたが、バウチャーの提示は必要なかった。パスポートを提出するだけでオッケーだ。

デポジットは500バーツ。

カードキー、ロッカーの鍵、Wi-Fiパスワード、バスタオルを渡される。
(前回宿泊時には簡易スリッパも渡されたが、今回は無し)

初めて利用する場合は、ホステルの従業員が部屋まで付き添ってくれて施設の使い方を説明してくれるので心配無用。
過去に利用済みの場合は自力で部屋まで。

階段
3ハウホステル館内 (9)

エレベーターもあるが、結局、階段を少し登り降りする必要があり、2階か3階なら階段利用と大差ない。

3ハウホステル館内 (6)

3ハウホステル館内 (7)

廊下と階段は、一部天井が低くなっており、背の高い人は要注意。

館内は靴を履いたまま歩くが、室内は土足厳禁となっている。
部屋の手前に靴箱が置いてあって、自分のベッド番号が書いてある。靴はそちらへ収納。

3ハウホステル館内 (2)

ドミトリーカプセルルーム部屋内部

予約したのは、カプセルルームだ。

ドミトリーと呼ばれる大部屋で、ベッドが大量に並んでいる。

まず、大部屋に入るときにカードキーをかざす。
ランプの色が青になって解錠。中に入る。

大きな部屋に、カプセル型に仕切られた個室が並んでいる。

3ハウホステル (4)

3ハウホステル室内 (1)

部屋の規模はかなり広い。
道路側の壁は全面ガラス張りになっており、広々とした雰囲気だ。

ほどよくエアコンが効いていて、不快感はない。ただ、昼間は直射日光が差し込むため、少し暑いかも。

壁にはロッカーが並んでいる。ここにも番号がふってあり、レセプションで渡された鍵で開け閉めする。これがセーフティボックスのかわりにもなる。
スーツケースも収納できる大きさだが、あまりにも大きすぎると無理かもしれない。

3ハウホステル室内 (6)

ちょっとしたテーブルも置いてある。コンセントあり。

3ハウホステル室内 (7)

さらに、物干し台やクッションも置いてある。

 

さて、肝心の寝床だ。

多くが2段ベッドになっているのは、日本のカプセルホテルと同じだ。

3ハウホステル室内 (4)

わたしはカプセルルーム(Capsul Room)を予約した。
すると、2段ベッドではなくて、1段のみのタイプとなった。
2段タイプに比べると、格段に天井が高くなる。

3ハウホステル室内 (2)

前回の宿泊時でも同じだったので、おそらくカプセルルームで予約すると1段ベッドになるようだ。
ドミトリーというタイプを選ぶと2段ベッドになるものと思われる(ちょっと値段が安い)。

↓アゴダでの表記の違い
スクリーンショット_062216_113342_PM

追記
読者の方からの情報によると、アゴダの写真は掲載間違いのようです。
カプセルルームは、カプセルルーム専用の大部屋で、ドミトリーとは別物。わたしが2回連続で1段ベッドにあたったのは、たまたまだったようです。
ドミトリーは、このようなカプセルタイプにはなっていないとのことです。

 

カプセルのドアはなく、カーテンで仕切るだけのもの。

3ハウホステル (3)

夜は真っ暗になるので、特に問題なさそう。

内部はもちろん狭いけれど、寝るだけなら充分な広さがある。

シーツは真っ白で清潔そのもの。カオサンの安ゲストハウスとは雲泥の差だ。

3ハウホステル (2)

カプセル内に、電灯とコンセントがある。もう至れり尽くせりだ。
カードキーを挿入すると、電気が使えるシステムになっている。

なお、一段しかないカプセルは、ロッカーがカプセル入り口の下に配置されていて、とても便利。

3ハウホステル室内 (5)

共用トイレとシャワールーム

ホステルといえば、トイレとシャワーが共用となっているのが常。
3ハウの共用トイレとシャワーは、ドミトリーの外にある。

3ハウホステル館内 (4)

数は多い。これだけあれば、満室で使えないこともなさそうだ。
トイレとシャワーが別々なのも高ポイント。ユニットタイプだとどうしても混み合ってしまうんで。

トイレ
3ハウのトイレとシャワー (2)

シャワールーム
3ハウホステル館内 (10)

チェックイン時に清潔なタオルを渡されるんで、手ぶらで訪れても大丈夫。他のゲストハウスでは、バスタオルとベッドシーツは別料金ということもあるんで、これまたうれしい。

シャワールームには、ボディソープとシャンプーも備わっている。

もちろんホットシャワー。
湯量は豊富だが、温度調整がちょっとむずかしい。
安ゲストハウスは水シャワーと相場が決まっているが、お湯が出るだけでも単純にうれしい。

共用スペースにドライヤーがおいてある。
3ハウホステル館内 (1)
ただし、利用時間が限られており、夜間と早朝は撤去される。
おそらく、騒音防止のためだろう。

その他の館内施設

ゲストハウスやホステルに欠かせないのが共有スペース。

キッチン
3ハウホステルキッチンと冷蔵庫 (1)

自炊派なら簡単な調理も可能。食器類も完備。
ウォーターサーバーとコーヒーメーカーあり。どちらも無料で飲める。

共用冷蔵庫もあり。

3ハウホステルキッチンと冷蔵庫 (2)

好きに使ってかまわないが、他人に勝手に食べられる可能性もある。
マジックで名前を書いてしまおう。

リクライニングスペース
3ハウホステル館内 (8)

画像には映っていないが、パソコンが一台。
あとは寝っ転がって、リラックスできる。

ムービーシアタールーム
3ハウホステル (5)
3ハウホステル (1)

大型壁掛けテレビが設置されていて、好きな映画が見られる。リラックスソファーあり。

あまり利用者は見かけないんで、使い放題かも。
利用時間が限られている。禁止事項はちゃんと読むように。

屋上にムエタイ教室があるようだ。

3ハウホステルムエタイ

わたしは見学に行っていないので詳細不明。

さすがにスイミングプールはない。

館内禁煙。
たばこは、玄関脇のスペースで吸える。

3ハウホステル外観 (3)

ここはテーブルがたくさん置いてあって、夜でも利用可能。
夜遅くなって話し込むなら、ここがいい。迷惑にならない。

Wi-Fi無料。チェックイン時にパスワードを渡されるのでなくさないように。
速度はまったく問題なし。

ホステルなので連れ込みなどという概念はない。
ただし、普通のタブルルームもあるんで、そちらはフロントで応相談。

3ハウホステル注意書き
ゲストを招く際は必ずフロントを通せと注意書きしてある。

なお、レイトチェックアウトも可能(有料)。
またチェックイン後のシャワー利用もオッケー。午後5時までは無料で、それ以降は有料となる。

わたしは90年代のバックパッカーなんで、もう、なんというか、すべてにおいてバンコクのゲストハウスの概念をぶち壊された感じだ。
綺麗、清潔、オシャレ、便利、快適。立地条件最高。

3ハウ ホステル @ スクンビット21予約先

アゴダ
エクスペディア
ホテルズドットコム
じゃらん
ブッキングドットコム

地図と周辺施設

地図

行き方は、簡単。
地下鉄スクンビット駅、あるいはBTSアソーク駅下車。二つの駅は隣接していて、どちらでも同じこと。

アソーク通りをまっすぐ北へ向かう。道路の東側を歩こう。
ソイカウボーイの入り口脇を通過して、北上。
すると、小さめの交差点(角にセブンイレブン)があって、少しだけ右に入ると3ハウがある。

3ハウホステル外観 (2)

スクンビット駅から5分かからないだろう。

最寄りのコンビニ(セブンイレブン)までは、徒歩20秒くらい。信号を渡ったところにもう一軒セブンイレブン。

3ハウホステル近所のコンビニ交差点

日本語のランドリーショップとコンビニも近所にある。

3ハウホステル近所のランドリーとローソン

バックパッカーに用はないだろうけど、日本の居酒屋やレストランも少なくない。

3ハウホステル近所の居酒屋

旅行する上での不便さはまったくないだろう。

3ハウからアソーク駅前にあるターミナル21までも5分くらい。
ターミナル21
大きな交差点は信号待ち時間が長いため、ホステルを出てからすぐに信号を渡っておいたほうがベター。

もちろん、ソイカウボーイまでも近い。どんなに酔っ払っても余裕で歩いて帰れる。チェックアウトの12時まで寝過ごさないようにすべし。
その他のナイトスポットにはついては深く語らないが、いくらでも遊ぶ場所はある。
BTSと地下鉄の両方が利用できるので、バンコク市内の観光にも最適だ。

宿泊料金

今回はじゃらんを利用した。

スクリーンショット_060116_113355_PM
スクリーンショット_060116_113512_PM
総額で1549円。
じゃらんの500円割引クーポンを使用して、
スクリーンショット_060116_113535_PM

最終的な支払額は1049円となった。

たった1000円でアソークから5分の綺麗なベッドで眠れる。
バンコクの物価は上がってきたけれど、うまく利用すれば、まだまだ安く泊まれる。

なお、じゃらんで検索する際には、ちょっとコツがいる。
宿泊人数を一人にしないと、このカプセルルームタイプが出てこないので要注意。

昨年12月下旬に宿泊した際は、ブッキングドットコムを利用。
スクリーンショット_121715_060632_PM
ハイシーズンまっさかりで、1659円。為替の影響もあるが、やはりローシーズンのほうが安いだろう。

ブッキングドットコムは、現地払いが原則なので、到着時にフロントで490バーツを支払った。
現地でクレジットカード払いも可能だが、手数料が3%かかる。JCBもオッケー。

現地で現金払いがいい人はブッキングドットコムの利用を推奨。

各サイトによってプロモ価格を打ち出しているんで、それぞれチェックしてみてほしい。

日程を入れて部屋と料金を検索する場合は、必ず宿泊人数を大人1人にすること。2人とすると、ドミトリー系の部屋が出てこないことが多い。

単純に一番安くする方法は、じゃらんのクーポンを使うこと。
お試しで一日だけ宿泊するなら500円引きクーポンがとても有効だ。
さらにPONTAポイントがたまって、次回以降の宿泊に使える。またサプライス!での航空券購入にも使える。

スクリーンショット_040116_085447_AM
⇒⇒じゃらん海外ホテルクーポン
(クーポンは継続配布中)

頻繁に2000円割引キャンペーンをやっており、航空券を購入するならサプライスがお得だ。LCCも扱っている。
⇒⇒航空券予約 サプライス

総評

わたしは、アジアやヨーロッパ各地のドミトリーに数限りなく宿泊してきた経験があるが、その中でもトップクラスの清潔さと快適さだ。
アジアでは一番。
西ヨーロッパで数千円するようなドミトリーよりも素晴らしいかもしれない。

アソーク周辺には、他にも格安のドミトリーがいくつかできている。
その中でも、この3HOWWの評判が高い。
それも納得のレベル。

確かに、カオサンのドミトリーなら、いまだに100バーツくらいで泊まれるかもしれない。シングルで200バーツくらいだろうか。
でも、この圧倒的なレベルの高さと立地条件の良さを考えると、もうカオサンに行く必要が感じられない。
(最近のカオサンでも綺麗なゲストハウスが増えてきているようだけど。)

もちろん、カオサンにはカオサン独特の雰囲気があって、それは捨てがたい。

かつては、インドのバラナシで一泊90円のドミトリーに泊まったこともある。ネパールの宿は馬小屋みたいなダブルベッドルームが200円だった。
それはそれで良き思い出として残っている。貴重な経験だった。
が、今となっては、90円レベルはちょっときつい。
3ハウくらいがちょうどいい。

・トランジットで一晩眠るだけでいい人
・なるべく安く、それでいて清潔なベッドで眠りたい人
・昼間はバンコク観光して、夜はスクンビット界隈で飲み歩きして、寝るときは一人で眠りたいけど、さすがに雑魚寝タイプのドミトリーは嫌だという人

こういう人には、このカプセルホテルがうってつけ。
日本の繁華街でもカプセルホテルを利用するという人ならまったく問題ない。

まあ、宿泊しているのは、若いバックパッカーがほとんどだけど、それほど顔を合わす機会もないだろう。
日本人よりも韓国人や台湾人などのアジア系が多い印象だ。

いろいろと、時代は変わるもんですね。

SPONSOR LINK

関連記事

The grass pattaya (1)

The Grass Serviced Suitesはアットマインドグループの新築サービスアパートメント

先日、知り合いのタイ人からコンドミニアムの物件を紹介された。 名前は、THE GRASS。

記事を読む

AAパタヤヴィレ (2)

AAパタヤヴィレホテル宿泊レポート@サードロードソイ14

日替わりホテルレポート第4弾はサードロードへ。 AAパタヤヴィレというホテルだ。

記事を読む

Bella Vista hotel pattaya (8)

ソイ7とソイ8の間、バービアめぐりの拠点にどうぞ。イースティニー ベラ ヴィスタ ホテル (Eastiny Bella Vista Hotel)宿泊レポート。

ソイ7とソイ8を結ぶ路地のただなかにあるベラヴィスタに泊まってみた。 ソイ7とソイ8界隈では古

記事を読む

スタジオナナ (2)

BTSナナ駅至近のおすすめホテル、スタジオナナ バイアイチェックイン宿泊レポート@バンコクスクンビット

今回のホテル宿泊レポートは、バンコクのスクンビットへ。 バンコクのスクンビット地区はホテル代が

記事を読む

スーパーベッドオテル室内 (3)

スーパーベッドオテル(Super Bed ‘otel)宿泊レポート@ソイブッカオ

連続ホテル宿泊記第2弾は、ソイブッカオ南端近くにあるスーパーベッドオテルをお届けする。 ア

記事を読む

wellness residence room (6)

ソイカウボーイから徒歩30秒。ウェルネス レジデンス (Wellness Residence)宿泊レポート

Soi Cowboy入り口から本当に徒歩30秒。いや、15秒かもしれない。 それほど便利な場所

記事を読む

スクリーンショット_051216_124613_PM

【クーポン配布継続中】じゃらん海外ホテル予約の都市名検索方法。タイの地方都市も扱っているよ。

じゃらんのタイの地方都市ホテル検索方法 お得なクーポン配布継続中のじゃらん海外ホテル予約。

記事を読む

baybreezehotelpattaya-2

バスタブ付きの格安ホテル。ベイブリーズホテルパタヤ (Bay Breeze Hotel Pattaya)宿泊レポート@ソイハニー

ソイハニー(セカンドロードソイ11)にあるベイブリーズホテルは、このあたりでは老舗のホテルとなる

記事を読む

privi-suites-16

ジャグジー付きでプチ優雅気分。ザ プリヴィ スイーツ (The Privi Suites)宿泊レポート@パタヤシティウォーク

ウォーキングストリートからほど近いところにあるPATTAYA CITY WALK。 こ

記事を読む

Ruamchitt hotel (2)

立地がすべて。テーメーカフェ真上のルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)宿泊レポート。

バンコク・スクンビットソイ15にあるテーメーカフェ。その真上にあるホテル、ルアムチットプラザホテ

記事を読む

アドステア

アドステア

バチェラー4周年 Bachelor (1)
オフィス7周年パーティとバチェラー4周年パーティ

8月16日のLKメトロの様子です。 時刻は深夜0時過ぎ。

Pangpond cafeのカイガタ (1)
サードロードのちょいおしゃれカフェでアラビカ種コーヒーとカイガタ

サードロードとパタヤカンの交差点近くに新しいカフェができている。

ラーメンチャンピオンのたこ焼き
【パタヤでたこ焼き】ローカル食堂ラーメンチャンピオンでたこ揚げと揚げ餃子

たこ焼きが好きだ。 海外滞在中だろうが日本にいようが、ふいにたこ

Ginza ギンザ
【昨晩のウォーキングストリート】アイアンクラブ火事閉店、ギンザとミスティーズ訪問

昨日8月14日のウォーキングストリートの様子。 月曜日の

インスタントジョーク Instant jok (4)
インスタントジョーク(粥)とコーンスナックを組み合わせると、なんちゃってコーンポタージュへ進化する

タイのお粥はジョークと呼ぶ。 雑炊(カオトム)との違いは、米粒の

→もっと見る


PAGE TOP ↑