*

タイの乾き物お菓子屋台。ごぼうチップスとベビースターラーメンもどき。

公開日: : グルメレポート


タイの屋台文化は、お菓子にも及んでいる。

タイ菓子、ケーキ、クレープ、まんじゅう、かき氷、アイスクリームなどなど。
パタヤでもあちこちにお菓子屋台を見かけるが、どちらかというと、よりローカル色の強いエリアに多いかな。

これはケーキ屋台
お菓子屋台

こっちは、餅菓子のような屋台
屋台お菓子 (1)

お菓子は昼間に食べる機会が多いだろうけど、そこは夜の街、パタヤ。
夜中だろうが、お菓子屋台は元気に営業している。

夜によく見かけるのが、ロティやクレープ屋台。

これはロティ(パンケーキ屋台)
ロティ屋台
さて、今回紹介するのは、乾き物お菓子屋台だ。

SPONSOR LINK

乾き物お菓子屋台

深夜にバービアで飲んでいると、お菓子屋台が通りかかった。

タイのお菓子屋台 (1)

タイのお菓子屋台 (2)

おお、一面のお菓子ワールド。童心に帰ってわくわくするね。

菓子パンから、クッキー、えびせんべいまで選り取りみどりだ。
揚げバナナもある。

なまもの系はあまり扱っておらず、乾き物が中心のようだ。

バービアで働く女性たちが群がり、ついでにわたしも引き寄せられた。

小さい袋のものは10バーツ。
大きめのものが20バーツ。

えびせんべいの値段は不明。これ、おいしいんだけど、ちょっと量が多い。
インドネシアでナシゴレンとか注文すると必ずセットになっていて、ぼりぼり食べてしまう。うまい。
東南アジア各地で見かけるが、元は中華圏のお菓子なのかね。

小さな袋入り菓子は、よくわからないものが多い。
バーで働くタイ人に同行してもらい、てきとうに50バーツ分ほど購入してみた。

カスタードクリーム入りのミニケーキみたいなのと、ただの菓子パン
タイのお菓子屋台 のクリームケーキとパン(3)

どちらも一袋10バーツ。味はいたって普通。小腹が空いた時にはちょうどいい。酒のアテにはなりにくい。

 

つづいて、謎のチップス。

タイのお菓子屋台のごぼうチップス (1)

これ、いいね。塩味がきいていて、ポリポリサクサク。うまい。
ごぼうチップスにそっくり。
酒のあてにばっちりだ。
たぶん10バーツ。いや20バーツかも。

タイのお菓子屋台のごぼうチップス (2)

ごぼうチップスのような味だが、色合いからするとごぼうではなさそう。

タイ人に聞いてみると、プルアックと答えてくれた。タイ文字で書くと、「เปลือก」となるのかな。
グーグル翻訳にお伺いを立てると、答えは「shell」

何かの殻?

別の訳では「peel」とも載ってある。
ごぼうか何かの根菜を剥いたものなのか?

正体不明のままだが、とりあえず、ごぼうチップスにしておきたい。
とにかくビールに合うおつまみだ。おすすめの一品。

ちなみに、ごぼうをタイ語に翻訳してみると、「หญ้าเจ้าชู้」と出た。
ヤージャオチューと発音する。
ヤーは、草のこと。
ジャオチューは、夜遊びタイ語の頻出単語のひとつで、「浮気者」という意味だ。
ということは、ヤージャオチューで、ジャオチュー草ってことか。

地中にしっかりと根を下ろす根菜なのに、なにゆえに浮気者なのか。
そもそもタイでも、ごぼうを食べるのか。
うーん、謎は深まるが、地中に埋めたままにしておこう。

 

お菓子に話を戻す。

もう一つ気になる乾き物がこちら。

タイのお菓子屋台 のベビースターラーメンもどき

いや、これはもうベビースターラーメンでしょう。
しかも、ピーナッツ入り。

ベビースターラーメンおつまみにしか見えない。
チキン味になっていれば最高だ。
これこそビールのおつまみに最適ではないのか。

が、わたしの見通しは甘かった。
やっぱり、そこはタイ人の作るお菓子である。
甘い。
ひたすらに甘い。砂糖か何かがまぶしてあり、べとべとしている。
かなり期待はずれの味であった。

まあ、甘いとわかれば、別にまずくはない。
麺だけ食べるのは少々きついが、ピーナッツと食べると、そこそこいける。

それにしても食べにくい。
麺が細くて、ぼろぼろと壊れていく。
さらに手がねちゃねちゃして食べにくい。
フォークかスプーンが必要だ。

これだけの量があって、20バーツ。
でも、酒のあてにはおすすめできない。

タイ人から、「日本にこのお菓子あるの?」と聞かれたんで、ネットで画像検索して、ベビースターラーメンを見せた。
中には知っているタイ人もいた。

噂によると、一部のタイ人の間では人気とか。
わたしは見かけことがないけれど、タイ国内でも販売しているらしい。スパイシー味が人気らしい。

わたしはこの時、猛烈にベビースターラーメンが食べたくなったことをお伝えして、タイの乾き物お菓子屋台の紹介を終えたい。

ごぼうチップス(?)は、かなりおすすめなんで、タイの街角で見かけたら食べてみてほしい。

SPONSOR LINK

関連記事

8番らーめん (9)

タイの8番らーめん実食レポート。ラーメンと餃子のセットが148バーツ。

現在、タイ国内で110店舗を展開中の8番らーめん。 れっきとした日本生まれのラーメ

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

Tun Chiangmai2 Khao soi (5)

【パタヤでカオソーイ】トゥンチェンマイ2号店

夜7時半頃、晩飯を求めてサードロードを走っていると、どんぶりと箸の看板を見つけた。 バイクを止

記事を読む

クイティアオトムヤム (2)

クイティアオトムヤムタレー屋台。イカとエビ入りのトムヤムラーメン@サードロードセブン前

サードロードのソイ13入り口、セブンイレブン前で営業している屋台。 基本はクイティ

記事を読む

サードロードのカオカームーイエンターフォー屋台 (2)

サードロードソイ19屋台のイエンターフォーとカオムーデーンをお持ち帰り

タイの屋台では、ご飯物だけでなく、麺類の持帰りも可能。 熱々のスープをビニール袋に入れてくれる

記事を読む

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)

タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系のファストフード店。 タイ全土

記事を読む

ドランクンダックの99バーツブレックファースト (2)

ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ

たまに、がっつりと朝食が食べたくなる時がある。それもタイ料理の朝食ではなくて、洋食系、特にイング

記事を読む

カオカームー (2)

サードロードの中華屋台でカオカームー。豚の豚足煮込みご飯。

以前から少し気になっていたサードロードにある屋台。 大きな中華スタイルの寸胴が置い

記事を読む

ムーガタアーイー (13)

ハリウッド近くにあるシーフード食べ放題ムーガタ屋、アーイー

タイでは定番のムーガタ。 ムーガタとは、ジンギスカンのような鉄板鍋で肉を焼いたり、野菜を煮込ん

記事を読む

パタヤタイのムーデーン屋台

山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデーン屋台。

今回紹介するのは、屋台グルメ好きのブログ読者さんから情報をいただいたお店。 なんでもカオムーデ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 猫大好きパパ より:

    お菓子屋台とはまた面白いですねwあまったるいのは苦手ですが塩味なら買ってみようと思います^^

    • pattayan night より:

      乾き物は、おつまみにピッタリなんで是非どうぞ。

  2. ボッペンニャンドー より:

    お初にお目にかかります。
    いつも楽しく拝見させていただいております。
    謎のチップスですが、タロイモだと思います。
    確かにビールのあてにはもってこいのタイならではのお菓子ですよね。

    • pattayan night より:

      情報ありがとうございます。
      タロイモですか。たしかにそんな感じもしますね。日本でいえば、芋けんぴみたいなもんですね。
      甘くないんで、ビールによく合います。

アドステア

Walking street 201704 (1)
週末のウォーキングストリート。Dクラブ、パレス、ブリス、最後はルシファーで朝まで。

2日連続してLKメトロとウォーキングストリートのゴーゴーバーをはしごし

Tom yum noodle pattaya tai (5)
ポークリブ満載の無骨な男のトムヤムラーメンふたたび

パタヤタイにあるトムヤムスープのクイティアオ屋。 こ

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

→もっと見る

PAGE TOP ↑