*

ポットンのN。カフェイエン。バービアめぐり。

公開日: : 最終更新日:2014/11/13 2014年5月~7月パタヤ沈没日記 , , ,

44日目

Nとの朝

朝の一発は無し。
Nは生理不順で腹が痛いとのこと。

ポットン ポットン

とトイレにかけこんでいた。

ポットンとは「腹が痛い」という意味で、タイ人は何かというとよく使う。
「プアット(痛い)・トーン(腹)」が本来の発音なのだろうけど、縮めて発音すると「ポットン」としか聞こえない。
日本人には実におぼえやすいタイ語だ。
トイレへ向かうタイ女性には「ポットン キー?」と声をかけてみよう。
たぶん、怒られます。

Nはポットンポットンとうるさいわりには、夜中に起きだして、冷蔵庫で冷やしておいたフルーツを完食していた。
おそるべき食欲。
ポットンなのは、食べ過ぎのせいでは?

実際、パタヤに来てから体重が激増したらしい。
すでに10kg近く増量。
そういえば、出会ってからまだ2週間ちょっとだが、最初のころはスリムだったのに、心なしか体の線も太くなり、顔もふっくらしてきている。
まあ、若くして田舎から出てきて、相当ストレスがたまっているのだろうなあ。
食べ盛りの年頃でもあるし。

 

近所の食堂でNと昼食。

Nは大好物のカオマンガイ。
こちらはカオカイジアオ(オムレツごはん)。
さらに近所の屋台でガイトート(トリのから揚げ)を追加。

カイジオアとガイトート

Nは安い食事で満足してくれるので、とても助かる。
お茶は近所のコンビニでNが自腹で購入してくれた。
大した金額じゃないけれど、こういうところは高ポイント。

ここでNは帰宅。
あとで病院に行くとのこと。
体を大切にね。

 

カフェイエン

 

カフェイエン

一人で部屋に戻る。
途中の屋台でアイスコーヒー(カフェイエン)を購入。20バーツ。

カフェイエン屋台

飲んだことのある人なら身に染みておわかりでしょうが、このカフェイエンがとてつもなく甘い。
砂糖をたっぷりと入れた上、コンデンスミルクをなみなみと注いでくれるのだ。

でも、これがうまい。
炎天下の中、この甘さ全開かつ大量の氷で冷やされたコーヒーを飲むのは格別なのだ。
特に一口目、二口目が最高。
が、半分も飲むと、もうつらくなる。
虫歯と肥満に気をつけろ。

どうでもいいが、この手のドリンク屋台で売られているファンタの赤色は「ナムデーン」、緑色は「ナムキアオ」と言う。何味かは知らない。
じゃあ、ファンタオレンジはなんて言うのだ?
ナムソム
それではオレンジジュースと同じになってしまう。
が、そんな小さなことを気にしているようではタイでは暮らせないので、自問自答しておきながら、聞かなかったことにする。

 

バービアめぐり

夜になった。
今日も今日とてバービアめぐり。
ひさびさにソイ・ニュープラザを通る。

昼間のソイ・ニュープラザ
ソイニュープラザ

バービアの数は多いものの、ほとんど見所なし。
ビール一本55バーツくらいで提供しているバーが多いので、沈没系ファランばかりが目立つ。
ここはいつもそんな感じ。

 

ついで、ソイ7ソイ8

昼間のソイ7
ソイ7

ソイ7に、長身の美人を発見。
ヒールを履いているので、見た目は170センチオーバーだ。

スーン マーク(背が高いねえ)

と言ったら、あわてて膝を曲げて背を低く見せていた。
可愛げがあっていい感じ。

ちょっと気になるタイプだったが、背中に堂々たるタトゥーが彫ってあったのでとりあえずパス。
まあ、タイの夜の女性でタトゥーは珍しくもないので別にかまわないのだが、あんまり好きじゃないかな。

ソイ7と8をぐるっと周ってみたが、他に気になる女性は見つけられず。

 

結局、いつものバービアへ入ってしまう。
ビールを飲みながら、ワールドカップ観戦。
ドイツ対フランスの隣国対決。
あれ?
ドイツ人のボーイフレンドがいるバービア姉さんがいない。
さては、あまりにもドイツが強いので、鐘を無理やり鳴らされるのを恐れているな。
ゴールのたびにリンガベル(1000バーツ強)では、財布が持たないか。

それにしても客が少ない。
テレビを横目にしながら、ひたすらビリヤード。
すぐに順番がまわってくるので、結局10ゲームほどプレイ。

 

ドイツの勝利を見届けてから、Nのバービアへ。
ここでもNとビリヤードして遊ぶ。
客はいないので、ビリヤードし放題だ。
結局、二つのバービアでトータル15ゲームは遊んだ。
そのわりには、うまくならんよなあ。

 シメはやっぱりクィッティアオ

2時過ぎ、バービア閉店。
Nの先輩バービア姉さんと3人でクィッティアオを食べに行くことにした。
キャッシャーのおばさんが、一緒に行くならペイバー代を払えと文句タラタラ。
先輩バービア姉さんが、「クィッティアオ食べに行くだけだから」と押さえこんでくれた。
まあ、本当にクィッティアオ食べるだけだしね。

3人で麺をすする。
またしてもナムトック。
毎日毎日飽きもせずクィッティアオか。
これもタイ人だ。

3人分で120バーツ。
これで歓心を得られれば安いもの。
ペイバー代も節約できるしね。

そのまま、Nとはバイバイ。

本日は大人しく一人寝。


関連記事

the castle

サードロードに怪しいフェティッシュクラブ発見。夜、大卒バービア嬢と出会う

11日目 もうほとんど痛みはなくなったが、最後のダメ押しで薬を飲んでおく。 これで下痢ともお

記事を読む

Bちゃん2

バービア嬢Bと昼間デート。そのまま部屋に連れこんで…。あとソムタム。

9日目 【Bと待ち合わせ】 朝からBとラインのやり取りが始まる。 やはりBはビーチへ行きたがっ

記事を読む

ムーカタ3

パタヤ最後の一日はまったり過ごす

47日目 パタヤに泊まるのも今日が最後。 クーデターに遭遇した初日から数えて47泊目だ。

記事を読む

オフィス

さらば外出禁止令。LKメトロのゴーゴーバー、オフィス。

13日目 145センチのバービア嬢Bとは、毎日のようにラインのやり取りを続けている。 そのわ

記事を読む

barbeer1

今宵もバービアめぐり。スイス人ハーフ(男)と語り合う 

5日目 今日も、昼間からバービア嬢Aに会いに行く。 雑貨屋で合流し、コーラを飲む。Aにも栄養

記事を読む

バービア姉さんたち

バービア沈没ファランスタイル

20日目 一晩中エアコンを付けっぱなしで寝ていたせいか、喉が荒れ気味だ。少し調子が悪い。 無

記事を読む

パーティ0629 (7)

Nと目覚めの一発。夜はパーティへ

37日目 【Nと目覚めの一発】 昼前に起床。 先にシャワーを浴びてから、Nを起こして、

記事を読む

TUKCOM1

トゥッコムとブッカオ市場

6日目 【トゥッコムへ】 昼過ぎ、パタヤタイ(サウスパタヤ)にあるIT製品に特化したショッピ

記事を読む

ムーカタ

バービア嬢Nが部屋に来る。それからムーカタへ

34日目 昼過ぎ、LKメトロのケバブ屋で昼食。60バーツ。 なんだかんだ言って、週に

記事を読む

ウドンセントラル2

ウドンタニーで1泊。もちろんバービアめぐり。

29日目つづき 【再びウドンタニーへ】   無事にタイ再入国を済ませ、ウ

記事を読む

アドステア

アドステア

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑