*

キムチとキモチイイ。Southsideのヒップホップナンバー「KIMUCHI」でコーシアンノイ。

公開日: : エッセイ

サウスサイドのキムチ

とあるバービアでの話。
バービア嬢から、「キモチイイ」と「イク」と「イタイ」を連呼された。

また誰かが変な日本語を教えたか、と半ば呆れた。
タイに限らず、東南アジアでもインドでも日本人観光客が訪れるところでは、変な日本語をよく聞かされる。
たいていは、一昔前の流行語やギャグだ。特にバックパッカーの多いエリアでは顕著かな。いまだに「コマネチ」とか「ソンナノカンケーネー」とか言われることもある。

いや、それにしても「イタイ」とか変な言葉ばかり覚えているなあ。

で、バービア嬢はスマホを取り出し、ユーチューブに接続。
見せてもらったのが、この曲。

SOUTH SIDEというヒップホップユニットのナンバー「KIMUCHI

冒頭から和楽器の調べと女性の喘ぎ声。

キムチとは名ばかりに「キモチイイ」を連呼。
キムチとキモチイイをひっかけている。タイ人には、似たような音の響きにきこえるのだろう。

イク」と「イタイ」も連発だ。

まさに日本AV賛歌とも言えるチューン。

あかん、日本文化が(ちょっとだけ)間違って伝わっているぞ。

日本語を覚えてくれるのはうれしいが、かなり変な方向へむかっている。

とりあえず、あの行為の最中に「イク」は使うけど、「イタイ」はめったに使わないとだけ教えておいた。

「行く」はタイ語に直訳すれば、もちろん「パイ」となるが、この場合の「イク」は、「ジャセッレーオ(もうイってしまう=イキそう)」だな。
英語では「I’m coming」。行くと来るの違いか。

ついでに、キモチイイはタイ語で「シアオ」。これはもう初心者でもすぐに覚えるべきマスト単語。
マッサージ屋での「気持ちいい」はタイ語で「サバイ」だけど、あえて「シアオ」と言って、笑いを誘うのもマスト手段。
痛いは、タイ語で「ジェップ」。

「KIMUCHI」を聞きながら、タイ語も覚えておきましょう。

この曲のせいかは知らないが、キムチが日本料理だと勘違いしているタイ人も少なくない。
数年前に発表されて、そこそこヒットしたようなんで、タイ在住の人ならおそらく耳にしているでしょう。
今さらながらですが、わたしは初めて知りました。

Welcome To The South

タイ人によれば、このサウスサイド、タイではかなりメジャーなヒップホップユニットらしい。
タイ南部出身なんでサウスサイドというらしい。
で、タイ芸能界ではお約束のハーフ。父親はファランらしいですな。

だったら父親の祖国のポーンムービーをライムに盛り込めばいいのに、やっぱりアジア人は日本のAVのほうがお好きなようで。
(曲の冒頭でちょっとだけ英語のセリフも挿入されているけど。)

というわけで、バービアやゴーゴーバーで意味ありげに「キムチ」と言われても、別に韓国人に間違われているわけではないので、早とちりなさらぬように。
「キモチイイ」とか「イク」「イタイ」と返してあげましょう。
たぶん、受けます。

コーシアンノイ

ヒップホップといえばDJ。
そのつながりでもう一つだけ。

タイのDJがよく使うタイ語も教えてもらった。

コーシアンノイ

タイ人いわく、英語で「Give me some noise」といった訳になるそうだ。

「コー○○ノイ」で、「○○を下さい」という意味になる。

グーグル翻訳の力を借りて調べてみると、シアンは、タイ語表記で「เสียง」となるのかな。
soundとかcryといった英訳が出てくる。

まあ、両手をあげながら、デカイ声で叫べばいいんでしょう。

ディスコやクラブでDJが「コーシアンノイ」と客を煽ったら、一斉に「ウェーイ!!」と反応すべし。

バービアやゴーゴーバーで宴会している時に使ってみたらおもしろいかも。
何人かにテキーラを奢ってから、「コーシアンノイ!」と煽れば、たぶん、盛り上がってくれるはず。

ちょっと場が盛り下がってきたかなと感じたら、「コーシアンノイ!

誰か試してみてください。

 

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

カマグラ

カマグラ ミーマイ?パタヤの夜の強い味方

パタヤの薬局にて 今年2月頃、友人とパタヤ滞在中の話。 どうしても夜のお薬が欲しいという

記事を読む

コンビニのペットボトル

セマクテ?シンメチョーダイ?キクアノネ?ミヤビ。タイで耳にするよくわからん日本語。

パタヤに限らず、タイで遊んでいると、変な日本語にでくわす機会が多い。 商品名が奇妙な日本語表記して

記事を読む

スクリーンショット_061516_074709_PM

Gダイアリー最新号のタイ夜遊びブログ34選と、わたしのお気に入りブログ

紳士の雑誌「G-DIARY」最新2016年7月号に気になる記事があったので購入してみた。 タイ

記事を読む

ソイダイアナバービア群

ファランころがしの熟女バービア嬢

先のパタヤ滞在中の話。 バービア群をうろうろしていると、遠くからわたしの名前が呼ばれた

記事を読む

school-girl-473071_640

タイへ夜遊び旅行するなら覚える言葉は英語、それともタイ語?

なぜ日本人はタイ語を勉強するのか? パタヤのバービアやゴーゴーバーで飲んでいると、よく質問され

記事を読む

ウォーキングストリート2015年5月

ヒモ男はつらいよ 深夜のウォーキングストリート純情篇

先のパタヤ滞在中の話。 仕事終わりのコヨーテ嬢を店まで迎えに行ったことが一度だけある。

記事を読む

ラン島 (10)

ラン島などパタヤで昼間の観光に付き合ってもらった場合のチップは?

バービア嬢、ゴーゴー嬢、その他、いわゆる夜の女性たち。 彼女たちと仲良くなり、昼間の観

記事を読む

バービア嬢2

バービア嬢に送金するファラン。その金でお寿司を食べる日本人。

これもアパート滞在時に、とても仲良くなった女性の話。 元々はソイ7のバービアで知り合った。

記事を読む

ソイブッカオ標識

ソイブッカオ、ブアカーオ、ボッカオ、ブーカオ、ブァッカーオ?どれが正しいの?

タイやタイ語に関する日本語の文章を書いていると、どうしても悩ましいのが、カタカナ表記だ。 どこ

記事を読む

LKメトロ

毎月30万バーツ送金、残高ゼロ。はたして日本人とファランはどちらがカモなのか。

前回の沈没日記に登場したソイLKメトロのコヨーテ嬢。 仕事終わりに部屋へ連れて帰って、ショート10

記事を読む

アドステア

Comment

  1. yuu より:

    タイにある和食店で定食を頼むとキムチが付け合せで出てくることがよくありますからそれも影響しているのかもしれませんね。誤った文化が蔓延してるなぁ。タイ語でシアンは音、シアンダンは大きな音ですが、うるさい!と言うときタイ語でシアンダン!ってよく言いますね。

    • pattayan night より:

      ラーメンにキムチ入れるとおいしいというタイ人もいますよね。中華と韓国と日本の料理がごっちゃになってます。日本食でしょと聞かれるんですが、細かい説明が面倒なんで、もうあきらめました。
      「シアンダン!」は使えそうですねえ。

  2. sawa より:

    「シアオ」は気持ち良いの意味だったんですよね、タイ語ゼロの私も以前やっと知ったのですがこの「シアオ」は男が使っても違和感は無いのでしょうか?次回、言ってみたいのですが。
    この言葉ってなんとなく雰囲気的にセクシーに
    聞こえるのは私だけかな?

    • pattayan night より:

      「シアオ」は男も使いますよ。
      また、高いところとかジェットコースターみたいに、身体がぞくぞくとするような感覚のことも「シアオ」と言ってますね。
      単純に、あの行為の最中の気持ちよさを表すだけではないようです。詳しくはわかりませんけど。

アドステア

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

→もっと見る

PAGE TOP ↑