*

久々にGダイアリーを購入してみたら最強マップが増えていた

公開日: : エッセイ

タイ好きの紳士の雑誌といえばGダイアリー。
購入したのは、G-DIARY2015年11月号。目下のところの最新号。

Gダイアリー
G-DIARY 2015年 11 月号

うーん、懐かしい。
バックパッカー時代は見向きもしなかったし、雑誌の存在すら知らなかったが、タイで夜遊びをはじめた頃は毎号買って端から端まで熟読していた。
それ以降も特集によっては購入していたけど、今回、日本帰国後に久しぶりに購入してみた。

一番目を引いたのが、アップデートされた最強MAP

以前は掲載されていなかったコンケーン、ウボンラチャタニー、ダンノックまで載っている。
さらには、フィリピンのアンヘレスや中国深センも増えているではないか。
まさに至れり尽くせり。

そのうちクアラルンプールジャカルタやマニアの地図も常時掲載してくれそうな気がする。

ブリラムとかスリンとか、そのほかイサーン各地のマップがあればなおよし。

パタヤの最強マップもリニューアルされていた。
以前は片側1ページだったのが、見開き2ページになり、見やすくなっている。
取り上げている店も増えたかな。クラブ4の場所も載っている。

パタヤのマップは、わたしには特に必要ないですが、初心者の人には心強い味方でしょうね。
パタヤやバンコクで遊びはじめた当初は、最強マップだけを切り取ってポケットに入れて持ち歩いていたもんです。

今なら、スマフォやタブレットに落とし込めばいいでしょうね。
そもそも、電子書籍版で簡単に買えるようになったし。

しばらく読んでいないうちに、掲載記事の連載陣も様変わり。
下川裕治の記事はもうないのか。
うーん、記事の読み応えは以前よりも薄くなったような気もするが、単にわたしがスレてきただけかもしれない。

 

あと気になったのが、「パタヤのローカルタイ料理屋を食べ歩く」の特集記事。
これも楽しみの一つで購入した。

もっとローカルかと思いきや、まずまず無難な選択。
まあ、実際に行ったことのある店もあれば、ない店もある。

ジョムティエンにあるシーフードのジェイトゥンは、おいしそうだ。そのすぐ横にある「ロンポーバービア群」には何度か訪れたことがあるけれど、ジェイトゥンは知らなかった。
次回のパタヤ訪問の際には、寄ってみたいと思います。参考になりました。

が、この記事の写真も文もほとんど、某ブログをそのまんま流用していることは内緒にしておこう。
女性店員や料理の写真もまったく同じものを使っている。
厳密に言えば、ブログに掲載してある写真にはウォーターマークが入っているが、Gダイアリーの誌面上にはそのウォーターマークが外されている。
でも、文責は「取材・文/本誌編集部」と表記してある。

うむ、これ以上深くは考えないようにしよう。
いろいろと事情があるのだろう。

 

とまあ、久々に買ってみたGダイアリー。
やっぱり最強マップは便利なわけで、タイやパタヤだけではなくて、東南アジアの夜遊び好きなら、最強マップ目当てだけでも購入する価値はあるかと思いますよ。
(ベテランの人は、たまにでいいと思うけど…)


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。


関連記事

カシコーン銀行パタヤブッカオ支店

コヨーテ嬢からの送金依頼来たる。送金してしまう男の気持ちとは?

送金依頼 パタヤ滞在中にずっと付き合っていたコヨーテ嬢。 日本に帰ってからも、そのコヨー

記事を読む

ドリンキングストリートバービア群

パタヤのバービアで若くてかわいい新人バービア嬢は見つかるのか?その探し方。

バービア遊びの醍醐味 バービア遊びの醍醐味としてよく言われるのは、 ・ダイヤの原石探

記事を読む

東南アジア周遊ルート地図

夜遊び的東南アジア大周遊旅行を考える

ほぼ、前回の続きのような内容。 下川裕治の「裏国境突破 東南アジア一周大作戦」に触発されたわた

記事を読む

コヨーテ嬢

パタヤの洪水とコヨーテ嬢の思い出

最近の大雨で、パタヤはここ10年で最悪の洪水に見舞われたらしい。 ビーチロードには、急遽、排水

記事を読む

パタヤ新年LKメトロ花火

次回のパタヤ沈没決定。年末年始はパタヤで年越し(予定)。

年末年始はパタヤ最大のハイシーズン。 3年前にパタヤで年越しをしたことがあるが、とにかくすごい人出

記事を読む

パタヤビーチ

ハリウッド出身のファランにとってパタヤは天国か地獄か

同じ宿に長期滞在しているファランがいる。まあ、安宿なんで、そんな沈没系ファランばかりなのだが、ベラン

記事を読む

ウォーキングストリート2015年5月

ヒモ男はつらいよ 深夜のウォーキングストリート純情篇

先のパタヤ滞在中の話。 仕事終わりのコヨーテ嬢を店まで迎えに行ったことが一度だけある。

記事を読む

ソイブッカオ標識

ソイブッカオ、ブアカーオ、ボッカオ、ブーカオ、ブァッカーオ?どれが正しいの?

タイやタイ語に関する日本語の文章を書いていると、どうしても悩ましいのが、カタカナ表記だ。 どこ

記事を読む

ブッカオバービア群

北部タイ語のちょっと危ないスラング

パタヤでチェンマイ語 パタヤのバービアで働く女性の大半はイサーン出身だ。バンコク近郊やペチ

記事を読む

bangkok

バンコク夜遊び最新情報2015年2月。パタヤとバンコクをちょっとだけ比較してみる。

パタヤからバンコクへ向かった友人のバンコク夜遊び情報をいくつか紹介。 この友人は、最初

記事を読む

アドステア

アドステア

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

no image
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

カラオケ嬢とママー1
出所してきたカラオケ嬢と再会。一晩を過ごす。

パタヤ沈没日記33 パタヤ最終日の本当に最後の最後。 明日

→もっと見る

PAGE TOP ↑