*

やはり浮気の虫がうずき出す

公開日: : 最終更新日:2014/11/05 2014年5月~7月パタヤ沈没日記 , ,

40日目

昼飯は買い置きしてあったインスタントラーメンとゆで卵。
貧乏学生のような食生活である。
が、この組み合わせは最強だ。うまい。

インスタントラーメン

 

久々に日本語を話す

夕方、ビーチロード・ソイ10のホテルへ。
日本から知人がやって来る予定だった。
直接の友人ではないけれど、ホテルを予約してあげていた。
パタヤ初心者らしく、ちゃんとチェックインできるのか不安だったので、様子をうかがってみた。
ホテルに着くと、まさにチェックインが終わったところ。
デポジットで預けてあった1000バーツを無事に返してもらった。
少し立ち話。
パタヤへ来るのは2度目で、今回はソイ6を中心に攻めるとのこと。
まあがんばってほしい。

それにしても、まとまった日本語を話すのはひさしぶりだった。
今回の滞在中は、日本の友達が誰もパタヤへ遊びに来ず、また現地の日本人の知り合いもいないので日本語を話す機会がほとんどない。
やっぱり母国語でコミュニケーションが取れるってのは楽でいいと痛感した。

 

ちなみに予約したのは、EASTINY RESIDENCE(イースティニー・レジデンス)

イースティニーレジデンス

ソイ10の中では老舗の部類に入るが、まだまだきれいだ。
ちょうどローシーズンのプロモーション中で、一週間滞在なら一泊あたり1000バーツとお値打ち価格だった。
ハイシーズンなら1500バーツくらいかな。
同じソイ10内にあるシーミースプリングやページ10よりも、500バーツほどは安いはずなので、そこそこおすすめのホテル。

agodaでイースティニー・レジデンスの価格とレビューをチェック

 

浮気の虫が蠕動す

夜、一人でNのバービアへ。
Nがいた。
今日はまだペイバーされていないようだ。

レディドリンクをおごって、ビリヤードやジャックポット(サイコロゲーム)などで遊ぶ。
腹が減ったので、近くの屋台でカオパットを注文。
これが夕食となる。40バーツ。

カオパット

 

しばらくそのままNと過ごす。
Nの体調は少し回復したが、まだ本調子ではないようだ。
相変わらず病院代がかさんでいるらしい。
電卓に数字を打ち込んでかかった費用を見せてもらう。2300バーツほど。
民間病院なので高い、とこぼしていた。

Nは連れ出してほしそうだったが、今日は他の女へ行きたい気分だった。
ブッカオのバービアの新人Uちゃんが気になってしょうがない。
Nとはこれからも長く続きそうな予感がする。でも、浮気の虫がうずいてしょうがないのだ。
これはもうタイ夜遊び旅行者の本能のようなものだ。
試さずにはいられない。
ダメだったらダメであきらめがつく。でも一度はベッドを共にしてみないと何もわからないではないか。

まずはやってみろ

やらないで後悔するより、やって後悔するほうがいい

本能というより病気だな、こりゃ。

というわけで、Nのバービアを後にした。
まあ、Nは昨日ペイバーされて収入があったろうから、今日はいいだろう。
ものすごく自分勝手な理由付けだが、自分自身を無理やり納得させて、Nに手を振ったのであった。

(つづく)


関連記事

ラオス国際バス

ビザランスタート。ラオスへの遠い道のり

29日目 【ウドンタニーへ】 407のVIPシートは初めて利用したが、かなり快適だった。

記事を読む

Nちゃん2

高卒バービア嬢Nの秘密

31日目つづき 夜の部 【Nをペイバー】 ソンテウを乗り継ぎ、パタヤ中心部まで戻る。 金持ちガ

記事を読む

Gちゃん

ウドンタニーのDAY&NIGHTバービアでペイバー

29日目つづき 夜の部 またデイ&ナイトへ戻る。 もうどうでも良くなってきた。 呼び込みに

記事を読む

ツンデレS

満を持してツンデレ嬢Sを連れ出すも…

19日目 大卒バービア嬢Fとの不完全燃焼なペイバーから3日ほど経過した。 2週間ほど前に一夜

記事を読む

バーベキュー

屋台のBBQ。最後はタダ酒で酔っ払う

26日目 【セントラルでNと待ち合わせ】 昼12時過ぎにNに連絡。1時間後にセントラルフ

記事を読む

BOOM BOOM BAR

ブッカオのバービア群、アクションストリートとブルーラトゥリー

33日目 夜、外出。 ブッカオのパタヤタイ近くにある、いつもの屋台へ(参考記事)。 晩飯は

記事を読む

buakao barbeer

まさかのペイバー強要、でも大当たり

6日目夜の部 ブッカオのバービアへ移動。 ここには以前友人が連日ペイバーしたバービア

記事を読む

pattaya

沈没生活まとめ。パタヤ一ヵ月半の滞在費と夜遊び代

トータル48泊のパタヤ沈没生活。 支出はいくらだったのか、公開してみます。 結論から

記事を読む

ムーカタ3

パタヤ最後の一日はまったり過ごす

47日目 パタヤに泊まるのも今日が最後。 クーデターに遭遇した初日から数えて47泊目だ。

記事を読む

Fちゃん1

大卒バービア嬢を連れ出す

12日目 もうすっかり下痢は完治。 タイ語で言うなら、トーン・シア・ハーイ・レーオ。

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑