*

パタヤのギンジェー。ソイダイアナの仮設テント販売所で揚げ豆腐と焼きそばを食べてみた。

公開日: : グルメレポート

ギンジェー

現在、タイはギンジェーの真っ最中。

ソイダイアナのギンジェー屋台 (3)

黄色に「齊」の漢字が目印。

ギン=食べる
ジェー=齊

ジェーはチェーとも聞こえるんで、ギンチェーとも表記できるかな。

英語では、Chinese Vegetarian FestivalもしくはWeekとか言うようだ。

ギンジェーのぼり

英語名のほうがわかりやすいが、要するに菜食主義週間のこと。
期間中は、肉食をやめて健康に過ごしましょうということらしい。
体内浄化を目指しているとか何とか。
タイ人に聞いたところ、10日ほどやり続ければ、効果があるよとのこと。
普段は油と調味料まみれのタイ料理を食べているのに、今さら手遅れなようも気もするのだが。

元々はプーケットあたりが発祥で、ご当地のプーケットではギンチェー期間中の奇祭が有名。
顔に串を突き刺したり、真っ赤な火の上を素足で歩いたりと、あまり菜食主義とは関係なさそうだが、宗教的には意味があるのだろう。

さて、菜食としてのギンジェー。
コンビニやスーパーでも黄色い旗や商品が目立つ。
弁当にも黄色いラベルが貼ってあり、ベジタリアンフードをアピールしている。

ギンジェーコンビニ

ただ、パタヤに中華系は少ないのか街全体の盛り上がりは大してない。
ところどころにギンジェー特設販売所が設けられている。

ソイダイアナのあるギンジェー販売所

ソイダイアナのギンジェー屋台 (4)

ほぼソイブッカオ寄り、ダイアナドラゴンのレストラン表にテントの仮設販売所が設けてある。
もう何年も前からずっとこの場所でギンジェー期間中に販売しているのは知っていたが、今回、初めて購入してみた。
というか、おそらく意識してギンジェーを食べるのもこれが初めてかも。

半同居のタイ人のすすめるギンチェー料理が、トーフトートとパットミー。

トーフトートは、揚げ豆腐。ターフォートーッみたいな発音になる。

パットミーは、やきそば。パットが炒める、ミーは麺だ。そのまんま焼きそば。

この販売所では、トーフトートが3つで20バーツ。
画像下部は揚げ春巻きで、上部が揚げ豆腐だ。

ギンジェーの揚げ豆腐

パットミーが一皿45バーツ。

ギンジェーのパットミー

他にも、一品料理が多数並んでいる。
バットに入っているものは、どれも一人前45バーツのようだ。

ソイダイアナのギンジェー屋台 (5)

ソイダイアナのギンジェー屋台 (1)

ソイダイアナのギンジェー屋台 (2)
中には肉にしか見えないものもあるが、どれも野菜や豆で作られている。
日本の精進料理のようなものだね。

 

部屋に持ち帰って、揚げ豆腐と焼きそばを食べてみる。

う~む、これは、ちょっとなあ。

ギンジェー揚げ豆腐トーフトート

トーフトートは、味があまりにもなさすぎる。ナムチム(やや辛いタレ)をつけて食べても、やっぱりおいしくない。豆腐の中がスカスカだ。それなのに揚げてある油のせいで、べちゃべちゃしているし。

パットミーを同様。
ただ麺を塩コショウで炒めただけ。具はニンジンなどの野菜がちょろっと。やっぱり味がしない。
やっぱり油が悪いのか、麺がパサパサなのに、油っこい。

ギンジェーパットミー焼きそば

せっかくのベジタリアンフードなのに、油っけが多いんじゃ台無しのような気もするのだが。
まあ、普段は肉食のわたしが言うのも余計なお世話ですが。

この2品が好物だというタイ人も、「マイアロイ」と途中で箸をおいてしまった。

これだけでソイダイアナの特設売り場を判断するのは早計だし、もちろんギンジェー料理全般を論じるなんてもってのほかだ。

とりあえず、ソイダイアナ特設売り場のトーフトート(揚げ豆腐)とパットミー(焼きそば)はやめましょう。

たぶん、パタヤタイのワットチャイ前市場や、パタヤカンにある中華料理のレンキーレストランや、デーンダムあたりなら、おいしいギンジェー料理にありつけるんじゃないでしょうかね。

残念ながら、わたしはすっかり興味をなくしてしまいました。
最初の出会いって大事。

ちなみに、パタヤのギンジェーは、10月22日までです。
ソイダイアナの特設テントは21日までと言ってました。
気になる人はお早めにどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

ペルシャ料理屋の40バーツケバブ

ブッカオにあるペルシャ料理屋の40バーツケバブサンドを食べてみた。肉もパンもうまし。

少し前にソイブッカオにオープンしたばかりのペルシャ料理のお店。 ケバブ40バーツの看板が上

記事を読む

チムチュム2

パタヤの中心部でチムチュム

チムチュム チムチュムとは、イサーン地方の鍋料理のこと。 日本では、タイ風ハーブ鍋と呼ば

記事を読む

RETOXGAMEONブレックファースト (3)

RETOX GAME ON@ソイハニーのブレックファースト95バーツ。肉厚ベーコンと本格的ソーセージがうまい。

パタヤのファランな朝食シリーズ RETOXは、ソイレンキーにあるスポーツバーだ。 ここの

記事を読む

パタヤタイのカノムジーン (2)

パタヤタイのカノムジーン屋は種類豊富。ウォーキングストリートからも近くて便利。

カノムジーン タイ風カレーそうめんとも言うべき「カノムジーン」 カノム=お菓子

記事を読む

パットマカロニー (1)

パットマカロニは、タイ版ナポリタンスパゲティ@PSボーリングプラザのフードコート

PSボーリングプラザ セカンドロードとパタヤカン交差点にあるボーリング場ビル。

記事を読む

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ (1)

豚骨入りトムヤムクイティアオは、男の迫力で辛くてうまい@パタヤタイ

うまそうな店を求めてパタヤタイのワットチャイ市場裏側のソイを走っていると、ふと目に止まったのが、

記事を読む

malee-breakfast-5

MALEEのブレックファースト69バーツと99バーツは、可もなく不可もなし

MALEEは、洋食が気軽に食べられるパタヤの有名店だ。 ソイハニーやブッカオの病院前脇道に店舗

記事を読む

白身魚フライとスパゲッティ

BIG-C惣菜コーナーの巨大白身魚フライ(PANGASIUS STEAK)49バーツがうまい

ノースパタヤにあるBIG-Cは、パタヤ老舗のスーパーマーケット。かなり巨大な店内で、品数も豊富。

記事を読む

スパイシーチキンステーキ

サードロードのローカルステーキ屋「ルゥンヤーイ」のチキンステーキ69バーツ

サードロードのノースパタヤ側には、郊外型の広めの店が多いが、パタヤカン寄りにはちょこちょこと小さ

記事を読む

ムーガタアーイー (13)

ハリウッド近くにあるシーフード食べ放題ムーガタ屋、アーイー

タイでは定番のムーガタ。 ムーガタとは、ジンギスカンのような鉄板鍋で肉を焼いたり、野菜を煮込ん

記事を読む

アドステア

Comment

  1. AOKI より:

    パタヤでキンジェーが有名なのは、ナクアです。
    ナクアはパタヤで一番古い街であり、中華系の人々の多く住む街です。

    キンジェーの惣菜を販売してるところで有名なのは、セントラルパタヤ通りの有名なレストラン「レンキー」です。
    買う人が多過ぎて、ボヤボヤしてると、いつまでたっても買えません。

    ソイYUMEにある「タマチャート」も人気です。
    このレストランは1年中、菜食を提供しています。

    キンジェー期間中(今年は12日~21日)は、肉やアルコールの摂取は禁止です。女人に触るのも禁止、当然S○Xは禁止です。
    菜食週間=禁欲週間です!

    • pattayan night より:

      なるほど、ナックルアまで行けばいいわけですね。パタヤ中心部やブッカオ近辺はあまりギンジェーで盛り上がってません。
      「レンキー」は人だかりができてますね。さすが中華系レストランです。
      ソイユメのタマチャートは未見なので、機会があればのぞいてみたいと思います。
      肉なし一週間はわたしには無理っぽいです。

  2. 芽キャベツ より:

    ギンジェーに入り早々にレンキーは長蛇の列 1番儲かり人が集っている販売所だと思いますが・・・・3日目に行って買いましたよーついつい釣られて・・・・・美味しいので2日連荘で。
    でも3日目にはたまらずに元の肉食系に戻りました。管理人さんが購入の販売所 見ましたが・・・・・正直食欲が湧かずに通り過ぎました。またナックルアの中華系寺院、パタヤで救急車を走り回らせている団体の本拠地サワンボリブン財団本拠にも行ってみました、すごい数の出店が出ていて昼食と夕食の買出しをしてきましたが 日本の精進料理みたいな考えですね。この期間限定のお祭りですね。

    • pattayan night より:

      ブッカオ近辺でギンジェー販売で盛り上がっているのはレンキーレストランくらいですかね。
      ソイダイアナの販売所はガラガラです。
      やっぱりメインはナックルアですか。記事内写真の祭りお知らせポスターが、サワンボリブン主催のギンジェーですね。
      わたしは野菜だけ食べるのが苦手なんで、たぶん一日で挫折すると思います。

  3. 芽キャベツ より:

    この期間中 あちらこちらで祭りの行列を見ました。菜食も飽きっぽいタイ人には飽きれられて 今日のレンキーの販売所には誰もいませんでした  こんな結末に成るとは。あの最初の頃の人だかりと行列は何だったんでしょう・・・・・

    • pattayan night より:

      中国獅子舞やちんどん屋は、イベント事に出現しますよね。
      一週間は長すぎるようです。そのわりには、パタヤのソンクラーンは飽きもせず一週間続けていますよね~。せめて3日間にしてほしいです。

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑