*

友人のアテンド二日目。MPハニー1、LKメトロのシャンパーニュ、ソイ10バービア。

公開日: : 最終更新日:2015/10/13 2015年8月~パタヤ沈没日記 , , ,

37日目

カラオケ嬢と昼食

ブンブンを中断してから、カラオケ嬢と二人で食事へ出かける。
といっても、カラオケ嬢の住むアパートの1階食堂だ。

ガパオムー
ガパオムー

スキークン
スキー

パットプリックゲーンムー
パットプリックゲーンムー

どれもうまい。
隠れた名店かも。
が、諸事情により店名を明かせないのが残念だ。そもそも店名なんてないし、こんなところに飯だけ食べに来る外国人もいないだろうけど。

二人で3皿食べたので、お腹いっぱい。

ここで、カラオケ嬢とは、いったんお別れ。
カラオケラウンジでの仕事が終われば、また会うことに。

友人のアテンドふたたび

夜、友人二人と合流。
セントラルフェスティバルの8番ラーメンへ。
つぐつぐ日本食メインの友人たちである。
まあ、奢ってもらう立場だし、こういう機会でもなければパタヤ滞在中に日本食レストレンを訪れる機会はないので、逆にありがたいんだけど。

関連記事:タイの8番らーめん実食レポート。ラーメンと餃子のセットが148バーツ。

食後、セントラルフェスティバルのビーチロード側2階出口から1階を見下ろす。
ローシーンズのセントラルフェスティバル1階

ほとんど客が歩いていない。
ほんと、観光客が減ったなあ。
あともう少しでハイシーズンとなる。そうなれば、客足も戻ってくるかな。
ハイシーズンともなれば、この広場でビアガーデンなどのイベントも開かれるはずだ。

パタヤシティウォーク角のマッサージ屋

これは友人からの伝聞話。
友人二人は、前日気になっていた、ベイウォークレジデンスからセカンドロードへ抜ける道(Pattaya City Walk)角にあるマッサージ屋に入ってみたそうだ。
あくまで、健全マッサージ目的で。

角の手前側で客待ちしているマッサージ嬢に声をかけてみると、ホテルの中の螺旋階段を上った先にあるマッサージ部屋に連れて行かれたとのこと。

ザ プリヴィ スイーツ (The Privi Suites)
privisuiteホテル
Agodaでチェックする

写真にも螺旋階段が見える。この上がマッサージ室だったとのこと。

普通の健全マッサージかと思いきや、全身にオイルを塗られて、そりゃあスペシャルの誘いがしつこかったそうだ。
70歳の友人は、その気はゼロ。ずっと寝たふりをしていたそうだ。ろくなマッサージではなくて、ちっとも気持ちよくなかったと、しきりにぼやいていた。
で、もう一人の友人はまだ40代だが、相手が同年代のおばちゃんで、当然やる気にならず。こんなことなら、もっと若くてカワイイ子を選択しておけばよかったと悔やんでいた。
うーむ、やっぱり、パタヤのマッサージ屋は油断できないな。

ベイウォーク
(BaywalkとAYAHOTELの看板下あたりがマッサージエリア)

この付近にはいくつかマッサージ屋があって、どこもそこそこ若い子を揃えている。
日本人とみると、すぐに日本語で話しかけてくるので、話に乗ってみるのもアリだ。
たぶん、スペシャルのお誘いがくるはず。
読者さんのコメントでは、美人にフットマッサージを頼んだら、別のおばちゃんをあてがわれたそうな。
うーん、つれないなあ。
カモにされないように気をつけてね~

ハニー1(HONEY1)

話を夜のアテンドに戻す。

夜8時前。まだウォーキングストリートへ行くには早いってことで、近所のお風呂屋さんをのぞいてみること。
セントラルフェスティバルをセカンドロード側から出て、少し歩く。

ソイハニー

ソイハニーインへ。
MPのハニー1見学だ。

HONEY1MP

うわあ、すごい数のインドアラブ人だよ。
場内が香水くさい。

同時に、泡姫たちもかなりの出勤人数だった。軽く50人以上。
ひな壇は二つに分かれていて、片側はタマダー(普通)クラス、もう片方がモデルクラス。
価格はバッジの色でわかるシステム。詳しくは失念したが、2000、2500、3000となっている。4000もいたかな。
タマダーは、明らかにインドアラブ系好みの豊満な熟女たちばかり。
モデルクラスにかろうじて数人選べそうなのがいる。
でも、このレベルのモデルクラスに3000はちょっと高いよねえ。

お風呂屋さんは、やっぱりバンコクのほうが断然上のようだ。
MP好きの友人は、バンコクコージーがお気に入りだったけど、残念ながら閉店してしまった。
2000バーツくらいでそこそこのレベルの子と2時間ゆっくり過ごせるなら、MPのコストパフォーマンスも高いと思うんだけど。

LKメトロのシャンパーニュ(Champagne)

ハニー1から、そのまま歩いてソイLKメトロへ。
ここなら、夜8時前でもゴーゴーバーがオープンしている。
どこでもいいとのことなので、シャンパーニュに入ってみた。

シャンペーン(シャンパーニュ)

この画像は少し前のもので、実際には隣の同系列のマリブ(Malibu)はすでに閉店済み。マリブのあったスペースは、シャンパーニュのラウンジとして使われていた。シャンパーニュ店内からそのまま移動できる。
ゴーゴー嬢とラウンジでビール飲んだり、ビリヤードできたりするようだ。
ちょうど、トップレスのゴーゴー嬢がファランと裸でビリヤードしていた。ちょっとおもしろい光景。
興味がある人は、全裸ビリヤードに挑戦してみてほしい。

シャンパーニュのダンサーは、けっこうな人数が揃っている。マリブと合体したからかな。
レベル的には少々厳しい。特に昨晩バカラを見学したばかりなんで、友人もちょっとなあと首をかしげていた。
でも、トップレスやボトムレスダンサーもいて、飲むだけならそこそこ楽しめる。
ダンサーやホステスも陽気な人が多い印象。

一人のダンサーがからんできた。
記憶がはっきりしないが、バーファイン800バーツ、ショート2000バーツと言われたような覚えがある。
まあ、LKメトロのゴーゴーバーではそんなもんですね。

ソイ10のバービア、TUM BAR

それから、ソイハニーのスペシャルマッサージ屋を冷やかしつつ、セカンドロードに戻る。
最後は、ソイ10にあるバービア群へ。

セカンドロードから見て、手前側の左から2軒目のバービアに入る。たしか「TUM BAR」とかいう名前だったかな。
表のテーブル席に座って、3人で飲み始める。

すると、24歳のバービア嬢がからんできた。太めの体型ながら、顔はまずまず。でもわたしの食指はまったく動かない。
バービア嬢は、最初、わたしをターゲットにしていたが、どうにも相手にならないと察して、わたしの友人に目標変更。
40代の友人のほうね。
友人はまんざらでもないようだ。「かわいいねえ」と連呼していた。
が、その友人はホテルの部屋へ連れて帰れない事情があったもんで、近くのヤリ部屋へ行こうとバービア嬢は熱烈勧誘。
ちなみに、ソイ10のヤリ部屋は、セカンドロードを渡ったところにある商店の2階。コンビニの横くらい。部屋代300バーツ。
それでも友人はやんわりと断り続ける。みんなで盛んに煽ったが、やる気はないみたい。
結局、ドリンクを3杯ほど奢ってあげていた。みんなの分のドリンク代も合わせて、会計1000バーツ越え。それなら素直にヤリ部屋行ったほうがよかったのに。
楽しく飲めたらそれでいい、と友人は語る。性欲の発散よりもストレス発散が大事だそうな。

なお、このTum Barのママさんは、日本語ぺらぺら。
それほど違和感のないイントネーションの日本語を話していた。
言葉の問題でバービアに不安がある人は、こういうところで場慣れしておくのがいいかも。
ドリンク代はビール70だったか80だったか、そんなもの。このあたりでは一般的な価格帯。
ママさんにレディドリンクをたかられるだろうけど、いろいろと面倒は見てくれるはずだ。
バーファインは300バーツ。ショートは1000バーツだ。

 

アテンドはここまで。
友人たちは、明日バンコクで一泊してから日本に帰国する予定。

ずいぶんとあっさりしたパタヤ滞在の二人だったが、この二人はいつもこんな感じだ。
やり目的ではなくて、気分転換が最大の目的だそうな。

たしかに、日本では決して味わえないものが、パタヤでは気軽に楽しめる。
まさに異空間だ。
日本でストレスをためこんで、心身問わず病気になったり、自らの人生の終焉を早めてしまう前に、パタヤへ行くべし。日本で爆発するなら、パタヤの夜で爆発しろ。
日本であれこれ悩んでいるのが馬鹿らしくなってしまうよ、ほんと。

まあ、パタヤはパタヤで、外国人の飛び降り自殺ないし他殺は多いんだけどね。
先日もセントラルフェスティバル横のビュータレー6コンドからアメリカ人ファランが墜落死していた。

http://pattayaone.net/pattaya-news/218381/american-falls-from-16th-floor-pattaya-beach-condominium/

自殺か他殺か事故かはわからないけど、同居していたボーイフレンド(!)は警察が到着時には不在だったそうな。

まあ、人間、どこへ行こうが悩みの種は尽きないもの。
どうせなら、楽しく過ごしたいものだ。

(つづく)

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ブッカオの怪しいマッサージ屋

ブッカオの新しくも怪しいマッサージ屋。ゴーゴーのPRをからかって遊ぶ。

13日目 ノーブンブン5日目。 そろそろ新規の相手を見つけないと。 元バービア嬢と飲む

記事を読む

エレクトリックブルー1

ドリンキングストリートとウォーキングストリート。ついにコヨーテさんとの対面を果たす。

3日目 20歳コヨーテ嬢が帰ってから、もう一度眠る。やはり疲れがたまっているようだ。がっつり昼

記事を読む

サイクロックつまみ

20歳のコヨーテ嬢がまた部屋へ遊びに来る。最後はスクーターズバーで締める。

7日目 友人3人のうち2人が帰国。あとの一人は残り数日パタヤに滞在予定。 バービア好きの友人

記事を読む

ソイLKメトロ

特定の相手との安定の日々か、新規開拓の不安定な日々か。それが問題だ。

50日目 カラオケ嬢との日常 もはや、わたしのベッドはカラオケ嬢の定位置と化した。 彼女は一日

記事を読む

ソイ7と8の間の食堂

バービア新規開拓を目指す。新人発掘への道。

12日目 体調もほぼ回復。 ぼちぼちやっていこう。 昼飯はコンビニ弁当 たまには

記事を読む

ブッカオバービア群

チェンマイ出身の美人バービア嬢と、バービアでタトゥーを入れる元バービア嬢

45日目 あまりやる気はないが、腹は減る。 日本食は特に食べたいとは思わないけど、ちょっと濃

記事を読む

pattaya

パタヤ沈没生活前半戦終了。一ヶ月の出費とこれからの展望。

いよいよパタヤ沈没生活も一ヶ月が経過し、前半戦が終了した。 残り滞在は、約1ヶ月。 軽く

記事を読む

ガイヤーン焼き鳥 (1)

賢者モードの夜は、焼き鳥食いながらビールとビリヤードに明け暮れる。

27日目 昼間は、ソイチャイヤプーンのマッサージ屋ですっきりさせてもらった。 昼とはいえ、夕

記事を読む

ローカルタイ人宴会

カラオケラウンジ嬢とレディボーイその他とローカル大宴会

34日目 またもや借金を体で返しにくるバービア嬢 夜7時ころ、27歳バービア嬢が部屋へやって来た

記事を読む

リビングドール1

タイ初心者を連れて、軽くパタヤ夜遊び案内してみる。ソイハニー、ソイ7、ウォーキングストリート。

2日目 パタヤ二日目の朝。 前日の疲れと酔いで、かなりのグロッキー状態だ。 コヨーテさ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. MK より:

    ソイ10のバービア、自分も記述にある同じバー覚えています。ここにちょっと年増だけどスタイルのいい子がいなかったですか?(20代後半くらい)。連れが気に入ったみたいで相手してました。
    自分はもう一件奥にあるバーに若い子を発見、移動して飲んでました。年齢は19歳でパタヤに来て1週間とのこと。ちょっとポッチャリ系ですがタンクトップからはみ出すほどのバストが印象的でした。明るく性格もよさそうなのでPB候補にしていましたが、結局ここには戻ってくる時間が無かったです。この子のお姉ちゃんが渡辺真知子に似ていたので良く覚えています。

    • pattayan night より:

      ソイ10のバービアは、ちょこちょこ若くてかわいい子が現れますね。バービアはどこもそうですが、基本的にすぐにいなくなっちゃいますが。
      昔、お父さんが日本人というバービア嬢が働いていました。いいところどりのハーフなんで、かわいかったですよ。サービス地雷でしたが。

アドステア

Sutus court room (2)
ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)
ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑