パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ夜遊び情報全般 夜遊び情報

ソイブッカオ&LKメトロ周辺、夜遊びスポット開店閉店移転最新情報2015年10月(追記)

投稿日:2015年10月10日 更新日:

ソイブッカオやソイLKメトロ周辺のバーに関する情報です。
移転したり店名が変更なったり閉店になったりしたバーを集めてみた。

ただ、わたしはバーの経営者の友人や知人がいるわけではない。
バービアのオーナーやママさんの知り合いはたくさんいるが、ゴーゴーバークラスとなると、まったく知り合いはいません。内部情報はほとんど持っていません。
ただの旅行者なので、あくまで客として、外見上からの判断となります。

ブーズラウンジ閉店?

ブーズラウンジ(Booze Lounge)のブッカオ店の看板が変わっていた。

Player's Loung
ブーズラウンジ閉店プライヤーズラウンジ

以前のブーズラウンジ
ブーズラウンジ

おそらく、経営者が変わって、屋号も変わったと思われる。

カオタローにあるブーズラウンジはそのまま営業しているようだ。
ブーズラウンジのHPをみても、ブッカオ店については、どうにもはっきりしない。

内装などは、特に変わっていないように見える。
ここは、2階がショートタイムないしロングタイム用のホテルになっており、店内でペイバーそのまま上階へ登るスタイルだったはず。
ホテルはそのまま営業しているようなので、おそらく、そのスタイルは踏襲されているだろう。

と、思いきや、昨日からまた工事が始まって、プレイヤーズラウンジの看板が取り外された。どうなることやら。
(10月17日追記。その後、上掲のPLAYERS LOUNGEの看板がまた復活した。ちなみに店内への入り口にはブーズラウンジの文字がそのまま残っている。)

プークバー改装か閉店?

プークバー(POOK BAR)が大幅改装中。
ブッカオ沿いで異彩を放っていたレディボーイ専門店であるプークバーが大規模工事をしている。

プークバー改装

以前までは、ポールダンサーをするレディボーイたちであふれかえっていたが、現在はレストラン風の内装へ作り替えている。

まだ本格的な営業は開始しておらず、看板も上がっていない。
プークバーがつぶれて、他の店になるかも不明。

(10月17日追記。どうやらレストランで確定の模様。すでにドリンクの販売は始まっている。)

ちなみにソイ6のプークバーはそのまま営業している。

ベイビーブーム移転

ソイハニーインからブッカオに入って、さらに脇道を進んだところにあったレディボーイ専門ゴーゴーバー、「Baby Boom」が移転した。

以前のBABY BOOM
Baby boom

新しい移転先は、ソイブッカオのソイ15近くの新しいゲストハウスゾーンの中。
アジアバックパッカーズというホステルの脇道を入っていくとすぐに見つかる。

アジアバックパッカーホステル
アジアバックパッカーホステル

昨日の深夜、様子をうかがいにいったら、店頭には多くのレディボーイたちが待機中。熱烈な勧誘を受けたため、怖くなり退散。
外見の写真も撮れなかった。だって、オカマ、怖いんだもん。

誰か、人柱になっておくんなまし。噂によると、みんな竿付きらしいですよ。

それにしても、この新しい一角でもゴーゴーバーの開店が可能となるのか。よく許可が下りたものだ。
他にもバービアが数軒オープンしている(上階はゲストハウス)。

ブッカオセカンドロードソイ15

ソイ15から、この一角にかけては再開発中。ホテルやコンドミニアムを建設中で、うまく開発していけば、第2のLKメトロとなれる可能性も秘めていると、個人的には期待しているが、さてどうでしょう。

新しいジェントルマンズクラブ、ラ・ポスト

知らないうちにソイレンキーに怪しい店ができていた。

BAR CLUB LA POSTE

ラ・ポスト (2)

ラ・ポスト (1)

場所は、ソイレンキーの中でもかなりサードロード寄りの場所。
隣がトラファルガーというゲストハウス。

チャイムを押して中に入るシステムのようだ。
基本的には、エキサイトクラブやクラブ4のようなショートタイムバーのようだ。
部屋代が300から400、スペシャル代は、口が600、オールが1000とかそのあたり。
近日、調査に入りたいと思っている。

なお、その斜め向かい側には、新しいスポーツバー兼レストランがオープンしている。

Retox
retoxリトックススポーツバー

噂によると、元irish-roversのオーナーが新規開店させたらしいが、真偽は不明。
上階はホテルになっている。

ほぼ新築に近いんで、とても綺麗なはず。
現在、直接予約では一泊800バーツ。

Retox Hotelをアゴダでチェック

ソイダイアナの新コヨーテバー、エリア51

エリア51

ソイダイアナのブッカオ寄り、LKメトロ入り口の斜め向かいあたりに新しいバー「AREA 51」がオープンしている。
すでに8月の時点で営業中だったので、おそらくもう少し前にオープンしていたものと思われる。
(FACEBOOKの公式ページによると、6月オープン)⇒https://www.facebook.com/Area51Pattaya

おそらく、ブッカオにあったコヨーテバー、REHABをリニューアルさせたもの。

エリア51とは、アメリカ政府が秘密裏に宇宙人と密約を交わして、UFO型の秘密兵器を開発していると一部好事家たちの間で評判となっている最高機密軍事基地エリアのこと。ああ説明が面倒なんで、Xファイルでも見てくれ。
というわけで、このコヨーテバーでも、イメージキャラクターは、グレイ型の宇宙人さんです。グレイ型とは、ロズウェルに墜落してきたとされるUFOに乗っていた宇宙人の姿でなんとかかんとか、ああ説明が面倒なんで、やっぱりXファイルでも見るか矢追さんにでも聞いてください。

パタヤのエリア51は、ガラス張りかつドアが開いているので、外から中が見える。秘密基地でも何でもない。
入って右側にステージがあり、コヨーテダンサーが踊っている。
まあ、コヨーテバーでいいと思う。
外には呼び込みがいるので、軽く話を聞いてみると、ドリンク代が90バーツくらい。
ペイバー可能かどうかなどは聞いていない。たぶん可能でしょうね。
近いうちに調査しておきます。まってろグレイ。

(10月17日追記。その後、実際に入店した。詳しくは、こちらのレポートを)

バービア胡蝶蘭閉店

ブッカオ南端に近いバービア群「アクションストリート」内にあったバービア「胡蝶蘭」が閉店となった。
胡蝶蘭はビーチロードのソイ3にある日本カラオケ店。ママさんが日本語ぺらぺら。
その姉妹店としてアクションストリートにバービアをオープンさせたが、あえなく閉店となった。(ひょっとして移転かもしれないが。)

以前のバービア胡蝶蘭
胡蝶蘭バービア

わたしは何度か飲みに訪れたことがあるが、日本人バービアといっても、日本語が話せるスタッフはほぼ皆無。
たまに、カラオケ店からヘルプで女性が派遣されてくることがあって、そこそこカワイイ子を見かけることもあった。同じ女性でも、バービアから連れ出すとバーファインが400Bだけですむ。「ヤスイヤスイ」とそこだけ日本語で言われたことがある。

ちなみに、バービア胡蝶蘭のあとは、あっさりレディボーイがメインのバービアが入居している。

パタヤの詳しいバービア群一覧は、こちらを参照にしてください。

パタヤの主なバービア群まとめ情報。相場と地図付き。

2階建てバービア群の現状

アクションストリートの北側にある2階建てバービア群「ブルーラトゥリー」の現状を見てきた。

2階建てバービア群ブルーラトゥリー

道路沿いのバービアが一軒。
中に入ると、手前に1軒、奥に1軒の計3店舗だけが営業中。
あとは、すべて壊滅状態。バーもカウンターも朽ち果ててくている。

ほぼ入る価値なし。

日本人経営ゴーゴーバー2軒、ゼロとニンジャ

ゼロ(ZERO)

zeroゼロゴーゴー (1)
LKメトロからソイハニーインへ向かう途中にある新規ゴーゴーバー。
日本人とギリシャ人の共同経営(らしい)。

すでに今年8月にはオープンしていた。
店頭には、サクラのイミテーション。

最近は鯉のぼりらしきものも飾っているような気がする。
がんばってほしい。

ニンジャ(NINJA)

LKメトロ内にあった日本人経営のカラオケバービア店が改装中。
どうやらゴーゴーバーにするようだ。

以前のニンジャの看板
LKメトロ忍者ニンジャ

たまに工事の様子をのぞいてみると、着々と内装が進んでおり、ステージが組まれているのがわかる。

ゴーゴーバーの激戦区となりつつあるLKメトロなんで、各店舗の相乗効果を狙って、がんばってほしい。

あと、10月10日には、アイアンクラブ対クイーンクラブによるダンス対決があるようだ。
夜8時スタート。

アイアンクラブ対クイーンクラブダンス対決

ダンス好きの人はお見逃しなく。
(追記。実際に10月10日夜9時くらいにクィーンクラブをのぞいてみたが、普通のダンスと変わらなかった。タイミングが悪かったようだ。)

(追記)新コヨーテバー、パンドラ(PANDORS'S)

バチェラーの隣に新しいコヨーテバーがオープンした。10月16日現在で、オープンしてまだ数日ほど。
小さなハコなんで、見落とさないように。

詳しいレポートはこちらへ。

関連記事:【新規オープンレポート】ソイLKメトロの新コヨーテバー、パンドラ Pandors’s

他にも細かいバービアの変化がないわけではないけど、あまりにも瑣末なんで省略。
料金表が書かれていないような、ちょっと怪しいマッサージ屋がちらほらと増えている。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新)


-パタヤ夜遊び情報全般, 夜遊び情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.