*

【新規オープンレポート】ソイLKメトロの新コヨーテバー、パンドラ Pandors’s

公開日: : 夜遊び情報

パンドラPandors (2)

ソイLKメトロに、いつの間にかオープンしていたコヨーテバーがある。おそらく今週になってからの新規開店だ。
ドアはガラス張りになっており、中をのぞくことができる。
小さなステージでコヨーテダンサーが踊っているのが垣間見える。

パンドラPandors (1)

筆記体で書かれた看板の店名が読みにくい。
そのまま読めば、Pandors’sとなる。
パンドーズ? パンドーズズ? パンドアーズ?

店先で呼び込みをしていたコヨーテ衣装の女性と男性ガードマンに聞いてみると、「パンドラー パンドラー」と連呼していた。
ああ、パンドラの箱のパンドラね。Pandora’s boxのこと。店名のスペリングには何やら意味がありそうな気もするが、別に何でもいいだろう。
というわけで、この店の名前は、「パンドラ」とさせていただく。実際、店員もパンドラと呼んでいるので、それでいいはずだ。

場所は、ソイLKメトロのソイダイアナ側の通り。バチェラーの南隣。
小さな店舗で看板もそれほど目立たないので、気づかないうちに通りすぎてしまう。要注意。
近くにある似たようなバー「WHITE ROOM」よりもさらに目立たない。せめて看板をわかりやすくしたほうがいいと思う。

中に入ると、やっぱり狭い。
コヨーテバーとしては破格の狭さ。
パンドラの箱というよりは、単なる小さなハコ。

壁際に小さなステージ。
その向かいの壁際に客席。
堂々の差向いスタイル。

昨夜10時半くらいの入店。客は、店の知り合いと思しきタイ人が二人、タイ人とファランのコンビが二人の計4人。
テーブルがあと3つくらいは空いていたので、20人くらいまでなら収容できそうだが、満員になるところは想像できない。

ステージでは二人だけコヨーテが踊っている。
シルバーポールが4本ほど並んでいるし、スペースにはまだ余裕があるから、あと2,3人は踊れそうだ。
二人ずつ踊って、時間が来たら別の二人と交代という流れのようだ。

言い寄ってきたコヨーテ嬢に女性の数を聞いてみると、全部で6人との答え。
少ないなあ。
これまたパタヤ最小人数ではあるまいか。

メニューはない。
瓶ビール(LEO)が110バーツ。あとは直接聞いてほしい。
レディドリンクは130バーツ。

言い寄ってきたコヨーテ嬢は二人。
20代半ばから後半くらい。顔もスタイルも残念だけど、ノリはよかった。

バーファインは、700バーツ

そのコヨーテ嬢一人に聞いただけだが、

ショート:2000バーツ
ロング:3000バーツ

とのこと。
おそらく他のダンサーも同様だと思われるが、要確認。

コヨーテ嬢6人のうち、特に目を引くのは一人だけ。
スタイル良し、ルックス良しの上玉。ややエキゾチックな顔立ちかな。好みの人はたまらないだろう。
客のファランがLDを進呈して、召喚していた。横で見ていると、なかなか熱烈な接待スタイル。
サービスも期待できそうだ。
ファランが放流したので、ちょっと話をしてみた。年齢は24歳。そばで見てもスタイルは抜群だ。
このレベルがBF700、ロング3000なら、ウォーキングストリートのゴーゴーバーと比較すれば、かなりお買い得。

あと一人、顔はちょっと外れだが、スタイルはそこそこいけるダンサーもいた。
残りは、まあ残念なレベルかな。

音楽の音量は小さめ。
コヨーテたちはフレンドリーなんで、意外と居心地は悪くなかった。
楽しかったので、お釣りはダンサーに進呈した。
が、この出勤人数では、経営的には厳しいと言わざるをえない。
気になる人は、お早めにどうぞ。

禁断のパンドラの箱を開けるなら今しかない。
災厄が待っているかもしれないけど。
希望はちょっとだけ残っているよ。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

baccara

パタヤバカラの開店時間は午後7時半。オープニングに乗り遅れるな。

昨日12月28日の時点で、パタヤバカラの開店時間は午後7時半となっている。閉店は午前3時半。

記事を読む

サファイアクラブ

【近況報告】最近訪れたゴーゴーバーたち

8時間ドライブしたり、同じ女性に5日間軟禁されたり、カブトガニ食べたり、パタヤマフィアにみかじめ料を

記事を読む

バカラ

大みそか直前、昨晩のウォーキングストリート、バカラの様子

12月30日の夜12時頃、ウォーキングストリートを訪れた。 やはり混雑している。

記事を読む

Songkran wanrai walking street (6)

ワンライ当日夜のウォーキングストリートの様子。ライトハウスとハッピー入店。

4月19日ワンライの夜。 ワンライの昼間の水かけの様子はすでにお伝えした。 関連記事:2

記事を読む

禁酒日のウォーキングストリート (1)

意外と営業店舗多し。昨晩、禁酒日のウォーキングストリート、ゴーゴーバーの様子。

昨日、2月22日はマカブーチャというタイの仏日だった。 酒類販売が禁止。いわゆる禁酒日だ。

記事を読む

ウォーキング夜景 1

【最新改訂版】2016年パタヤ夜遊び相場一覧。ゴーゴーバー、バービア、ソイ6、MP、いくらで遊べるの?

2015年4月にアップした記事の最新改訂版となります。 ベースとなる記事はそのままに、値上がり

記事を読む

therme-cafe

テーメーカフェ2017年最新訪問レポート

バンコク屈指の出会いの場として名を馳せるテーメーカフェの現状レポート。 訪れたのは日曜

記事を読む

アメジストのクリスマスツリー

ソイLKメトロ周辺新規オープン店情報。2015年12月クリスマスイブ。

本日はクリスマスイブ。 ゴーゴーバーやお店の飾り付けもすっかりクリスマスモード。

記事を読む

インソムニア看板

シルバーウィーク真っ只中、昨晩のウォーキングストリート訪問記

昨日(2015年9月21日)の夜9時ころから12時ころまでウォーキングストリートを訪れてみた。

記事を読む

スクーターバー4

ブッカオの新しいバービア、スクーターズがモッズテイスト満載でイカす。おっと、もちろんペイバーも可能だよ。

深夜のソイブッカオを千鳥足でふらふらと歩いていると、耳慣れたビートとサウンドが耳に飛び込んできた。

記事を読む

アドステア

アドステア

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑