*

はしご酒の末、20歳の新人バービア嬢をペイバー

8日目

日本からの友人二人が帰ったが、バンコク在住10年以上の友人がパタヤへ遊びに来るという。
また仲間が増えた。
今夜は3人で遊ぶことに。

いつもの食堂で少し早めの夕食。

バービアとゴーゴーバーはしご酒

食後、3人で軽く飲むことに。
まずは、てきとうなバービアでビール1本。

ついで、LKメトロのゴーゴーバーへ。

アメジスト

アメジストAmethyst

前回入店した際、シャワーショー担当のダンサーの絶品ボディが忘れられないという友人のリクエストで、アメジスト再訪。
時刻は夜8時半。シャワーショーはもうちょっと遅くならないと始まらないらしい。
がっくり。
でも、そのダンサーがトップレスで普通に踊っていた。
相変わらず美麗な胸の形である。
19歳。スタイル抜群。
バーファイン2000、ショート3000か。おそろしや。
観賞用ですな。

バービアで宴会

場所をバービアに移して飲む。
日本の友人は、別のバービアでペイバーして、その子を連れてきていた。

つまみは例によって、スルメやサイクロックやルークチンなど。

ルークチン屋台つまみ

河岸をかえて、バービアでさらに飲む。
今日はよく飲むなあ。

日本の友人が連れているバービア嬢は、いきなりテキーラをあおっていた。
わたしはずっとビールだけ。
今日はいいペースで酔えそうだ。

バンコクの友人はあまり酒が強くなくて、そろそろ限界を迎えてきた様子。
今晩のお相手探しに出かけるとのこと。
わたしも付き合う。
ブロージョブバーが気になるという。というか、酔っ払ってきたのでブンブンが面倒になってきたそうだ。自分から動くのは億劫で、全部やってもらいたいと。

Lolitas

ロリータズLolitas

ブッカオ近辺にあるブロージョブバーといえば、LolitasとBliss Lounge。
どちらも、LKメトロから徒歩圏内だ。

サードロード沿いにあるBliss Loungeはひどいラインナップ。一瞬で引き返す。

ソイチャイヤプーンに戻って、Lolitasへ。一人だけ若い子がいた。
友人はその子に決定。
一緒に店内に入る。

意外と清潔なバー店内。
ビリヤード台も置いてある。

友人のお相手は22歳。顔もそこそこ整っていて、やや肉がついているものの、スタイルも悪くない。
なんでこんなところで働いてるのやら。

一抜き600バーツ。

安いね~。
以前聞いた時は、700バーツくらいだったはず。ローシーズンなんで値下げしたのかな。

女の手取りはいくらになるのか。せいぜい300バーツか400バーツだろう。
ますます、その子がもったいないなあ。
ウォーキングストリートのゴーゴーバーならショートで2000は稼げるのに。
話を聞いてみると、家族(クロプクルアと言っていた)の縁で働いているという。
まあ、他人のファミリービジネスに深入りするのはよくない。黙っておこう。

ちなみに、2階のヤリ部屋は、単なるソファーが開いてあるだけの小さなスペースだったらしい。
シャワーを借りることはできるみたい。

バンコクの友人とはここでバイバイ。明日また再会することに。

ソイダイアナのカラオケバービア

その後、日本からの友人が、ソイダイアナのカラオケ付きバービアで飲んでいるとのことで、合流を果たす。
専属のDJ歌手がいて、リクエストがあれば応じてくれる。
メモに書いて渡せばいい。
ためしに日本語の歌をリクエストしてみた。「SUBARU」と「KITASAKABA」。この2曲はパタヤでもよく耳にするよね。
スバルが採用された。タイ人は「スバルソング」と呼んでいるみたい。

むちゃくちゃな日本語発音だったけど、きちんと熱唱してくれた。

もちろん自分で歌ってもいいよ。
2曲くらい歌って、チップ50バーツか100バーツを置いていくケースが多いかな。

友人の連れているバービア嬢が妖艶に踊りながらイサーンソングを歌っていた。
やんやの大盛り上がり。

と、ファランとタイ女性の集団が入店してきた。

その中に、目を引く一人の女性がいた。
長い髪にエキゾチックな顔立ちの若いタイ女性。
おっと、以前から狙っているバービア嬢ではないか。
デートしたことはあるが、ペイバーしたことはないし、ブンブンもしていない。
でも、いつか一晩を共にしたいと考えている。
しかも昨日ビデオ通話がかかってきたばかり。また会おうねと約束していた。

でも、まさか、こんな場所でこんな形で再会することになろうとは。

彼女は40代後半らしき禿頭のファランに連れられている。
ペイバーされているところを初めて見た。
あまりペイバーには乗り気じゃないと思っていたのに。

が、今こうして、ファランにペイバーされて仲良くしているさまを見せつけられると、ちょっと複雑な心境である。
酔いも手伝って、変に感傷的な気分になってきた。

向こうもこちらに気づいているが、スルー。
こういうシチュエーションは、お互いどこか気まずい。
目のやり場に困る。

半ばやけ酒のようにビールをあおる。
何だか心が晴れない。

よし。
ウォーキングストリートの20歳の新コヨーテさんに会いに行こう。
ドリンクを奢って、いちゃいちゃしよう。今は人肌が恋しい。
それから、ペイバーはしないけど、仕事終わりに部屋をおいでと直接誘うのだ。
ロングで2000バーツなら払ってもいいぞ。

と、歩き出したところで、スマフォを取り出しフェイスブックをのぞいてみる。
おっと、その20歳のコヨーテ嬢が近況をアップしていた。現在、某ディスコで飲んでいるわよん、酔っ払っちゃたよん、という写真。さては、客にペイバーされたな。

だめだ。
予定変更。

深夜のバービアで20歳の新人ゲット

大人しく帰ろうかと思ったが、足はバービア捜索へ向けられた。
今夜は一人で眠りたくない。
バービア群をうろうろしてみる。

時刻は深夜1時半頃。
バービアはどこもがらがらだ。

暗がりの中、細身のバービア嬢から客引きを受ける。
よく見ると、若い。そこそこかわいい。
年齢は20歳。
まだ働いて2週間とのこと。
よし、合格。

ちょっと色は黒いが気にしない。
スレンダーだけど胸はきちんとある。
これはいいかも。
性格も明るい。

深夜2時過ぎ。
ペイバー決定。
「ノーン ドゥアイ ダイマイ」と聞いてみると、オッケーとのこと。
起床は朝10時でも11時でも大丈夫。これなら一緒にゆっくり寝られる。

チップの希望額は1500バーツ。むこうから切り出してきた。
やっぱり、バービアではロング1500バーツが標準相場だよね。

20歳バービア嬢

部屋へ連れて帰り、一緒にシャワーを浴びる。
服を脱いでも、やはりスレンダーな体型。胸はちょうどいいサイズ。
ルックス、スタイル、肌の白さなどは、20歳の派遣コヨーテ嬢には劣るけど、そんなに悪くないぞ。バービアでこのレベルなら充分すぎるほどだ。

期待を胸にベッドへ。

が、だめだ。
ビールを飲み過ぎた。すでに7.8本は飲んでいるだろう。
愚息が言うことを聞いてくれない。
無理っぽいな。

こんな時のためのロングである。
朝まで時間はたっぷりある。

2時間ほど仮眠すると、復活。
バービア嬢にちょっかいをかけると、きちんと相手をしてくれた。
しかも、感度のよい反応であった。

まあ、サービス自体はマグロだったけど、その反応やよし。
満足。

21歳のバービア嬢と20歳のコヨーテ嬢のことは、とりあえず忘れることができた。
もう一度、眠りにつく。

翌朝9時過ぎに目が覚めてしまう。

わたしは軽い二日酔い。
目覚めの一発をする元気はなかったし、バービア嬢もやる気はないようだ。
そのままお帰り願う。

サービスがよくないんで微妙だけど、顔もスタイルも合格点だし、性格も明るんで、またペイバーするかも。
とりあえず電話番号は交換しておく。

いやはや、捨てるバービア嬢あれば、拾うバービア嬢あり。
あっさりと20歳の新人がゲットできた。
ほんと、ありがたい街である、パタヤは。

 

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム

まだまだ続くノーブンブン。めぐり合わせが悪い時は何をやってもダメな時。

15日目 ムーガティアム ソイエキサイト脇道にある日本語メニュー付き食堂へ。 ここは、ムーガテ

記事を読む

スルメ屋台 (2)

スルメと餅菓子とビールとビリヤード。パタヤバービア沈没スタイル。

28日目 昼にケバブをかじって、腹ごしらえ。 夜。 またしても、スポーツバーで知人と合

記事を読む

ギンザゴーゴー

IDカード持たないゴーゴー嬢と、深夜の熟女バービア嬢トーク

6日目続き ギンザとショーガールズ 初心者の友人をスワンナプームまで送ってからパタヤに戻ったのが

記事を読む

カオパットタレー

女子大生か、妖艶シンガーバービア嬢か?

22日目 不本意な食事会 20歳のバービア嬢から電話がかかってきて、一緒に昼食を食べることになっ

記事を読む

ガイヤーン焼き鳥 (1)

賢者モードの夜は、焼き鳥食いながらビールとビリヤードに明け暮れる。

27日目 昼間は、ソイチャイヤプーンのマッサージ屋ですっきりさせてもらった。 昼とはいえ、夕

記事を読む

ウォーキングストリート2015

ちょっとパタヤに飽きてきたかも。それでもウォーキングストリートのゴーゴーバーへ。

44日目 昨晩からずっとカラオケ嬢と電話がつながらない。 何度かコールしているが、応答がない

記事を読む

23歳新人バービア嬢1

パタヤ初日の新人バービア嬢をペイバー

4日目 コヨーテさんとは完全に決別。 新たな道を進むことにする。 現在の第一候補は、もちろ

記事を読む

ソイLKメトロ

特定の相手との安定の日々か、新規開拓の不安定な日々か。それが問題だ。

50日目 カラオケ嬢との日常 もはや、わたしのベッドはカラオケ嬢の定位置と化した。 彼女は一日

記事を読む

シャンペーン(シャンパーニュ)

初日夜はソイLKメトロゴーゴーバーめぐり。最後はコヨーテさんにすっぽかされる。

初日つづき ソイエキサイト脇道食堂で晩餐 夜、友人たちとまたしてもソイエキサイト脇道の日本語メニ

記事を読む

コンビニの餃子

つづくノーブンブンデイ。終わりなき負のスパイラルに差し込むぱっつん一筋の光。

14日目 ノーブンブン6日目である。 まだまだ余裕とはいえ、そろそろやっておきたい。 熟女

記事を読む

アドステア

Comment

  1. サライ より:

    ロリータはソイチャイヤプーンに移転してからはずっと600バーツです。LKにあった時は700バーツですから、タイでは珍しい値下げですね。私の知る限り、口抜きの定価総額としてはパタヤ最安値だと思います。

    • pattayan night より:

      なるほど、LKメトロにあった頃よりも値下げしてるわけですか。家賃が安くなったんですかね。それにしても、600バーツぽっきり価格は安いですね。
      たしかブリスラウンジが今年1月頃で800バーツと言われました。今回は値段聞く前に撤退しましたので、わかりません。

アドステア

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

→もっと見る

PAGE TOP ↑