パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2015年8月~パタヤ沈没日記

はしご酒の末、20歳の新人バービア嬢をペイバー

投稿日:

8日目

日本からの友人二人が帰ったが、バンコク在住10年以上の友人がパタヤへ遊びに来るという。
また仲間が増えた。
今夜は3人で遊ぶことに。

いつもの食堂で少し早めの夕食。

バービアとゴーゴーバーはしご酒

食後、3人で軽く飲むことに。
まずは、てきとうなバービアでビール1本。

ついで、LKメトロのゴーゴーバーへ。

アメジスト

アメジストAmethyst

前回入店した際、シャワーショー担当のダンサーの絶品ボディが忘れられないという友人のリクエストで、アメジスト再訪。
時刻は夜8時半。シャワーショーはもうちょっと遅くならないと始まらないらしい。
がっくり。
でも、そのダンサーがトップレスで普通に踊っていた。
相変わらず美麗な胸の形である。
19歳。スタイル抜群。
バーファイン2000、ショート3000か。おそろしや。
観賞用ですな。

バービアで宴会

場所をバービアに移して飲む。
日本の友人は、別のバービアでペイバーして、その子を連れてきていた。

つまみは例によって、スルメやサイクロックやルークチンなど。

ルークチン屋台つまみ

河岸をかえて、バービアでさらに飲む。
今日はよく飲むなあ。

日本の友人が連れているバービア嬢は、いきなりテキーラをあおっていた。
わたしはずっとビールだけ。
今日はいいペースで酔えそうだ。

バンコクの友人はあまり酒が強くなくて、そろそろ限界を迎えてきた様子。
今晩のお相手探しに出かけるとのこと。
わたしも付き合う。
ブロージョブバーが気になるという。というか、酔っ払ってきたのでブンブンが面倒になってきたそうだ。自分から動くのは億劫で、全部やってもらいたいと。

Lolitas

ロリータズLolitas

ブッカオ近辺にあるブロージョブバーといえば、LolitasとBliss Lounge。
どちらも、LKメトロから徒歩圏内だ。

サードロード沿いにあるBliss Loungeはひどいラインナップ。一瞬で引き返す。

ソイチャイヤプーンに戻って、Lolitasへ。一人だけ若い子がいた。
友人はその子に決定。
一緒に店内に入る。

意外と清潔なバー店内。
ビリヤード台も置いてある。

友人のお相手は22歳。顔もそこそこ整っていて、やや肉がついているものの、スタイルも悪くない。
なんでこんなところで働いてるのやら。

一抜き600バーツ。

安いね~。
以前聞いた時は、700バーツくらいだったはず。ローシーズンなんで値下げしたのかな。

女の手取りはいくらになるのか。せいぜい300バーツか400バーツだろう。
ますます、その子がもったいないなあ。
ウォーキングストリートのゴーゴーバーならショートで2000は稼げるのに。
話を聞いてみると、家族(クロプクルアと言っていた)の縁で働いているという。
まあ、他人のファミリービジネスに深入りするのはよくない。黙っておこう。

ちなみに、2階のヤリ部屋は、単なるソファーが開いてあるだけの小さなスペースだったらしい。
シャワーを借りることはできるみたい。

バンコクの友人とはここでバイバイ。明日また再会することに。

ソイダイアナのカラオケバービア

その後、日本からの友人が、ソイダイアナのカラオケ付きバービアで飲んでいるとのことで、合流を果たす。
専属のDJ歌手がいて、リクエストがあれば応じてくれる。
メモに書いて渡せばいい。
ためしに日本語の歌をリクエストしてみた。「SUBARU」と「KITASAKABA」。この2曲はパタヤでもよく耳にするよね。
スバルが採用された。タイ人は「スバルソング」と呼んでいるみたい。

むちゃくちゃな日本語発音だったけど、きちんと熱唱してくれた。

もちろん自分で歌ってもいいよ。
2曲くらい歌って、チップ50バーツか100バーツを置いていくケースが多いかな。

友人の連れているバービア嬢が妖艶に踊りながらイサーンソングを歌っていた。
やんやの大盛り上がり。

と、ファランとタイ女性の集団が入店してきた。

その中に、目を引く一人の女性がいた。
長い髪にエキゾチックな顔立ちの若いタイ女性。
おっと、以前から狙っているバービア嬢ではないか。
デートしたことはあるが、ペイバーしたことはないし、ブンブンもしていない。
でも、いつか一晩を共にしたいと考えている。
しかも昨日ビデオ通話がかかってきたばかり。また会おうねと約束していた。

でも、まさか、こんな場所でこんな形で再会することになろうとは。

彼女は40代後半らしき禿頭のファランに連れられている。
ペイバーされているところを初めて見た。
あまりペイバーには乗り気じゃないと思っていたのに。

が、今こうして、ファランにペイバーされて仲良くしているさまを見せつけられると、ちょっと複雑な心境である。
酔いも手伝って、変に感傷的な気分になってきた。

向こうもこちらに気づいているが、スルー。
こういうシチュエーションは、お互いどこか気まずい。
目のやり場に困る。

半ばやけ酒のようにビールをあおる。
何だか心が晴れない。

よし。
ウォーキングストリートの20歳の新コヨーテさんに会いに行こう。
ドリンクを奢って、いちゃいちゃしよう。今は人肌が恋しい。
それから、ペイバーはしないけど、仕事終わりに部屋をおいでと直接誘うのだ。
ロングで2000バーツなら払ってもいいぞ。

と、歩き出したところで、スマフォを取り出しフェイスブックをのぞいてみる。
おっと、その20歳のコヨーテ嬢が近況をアップしていた。現在、某ディスコで飲んでいるわよん、酔っ払っちゃたよん、という写真。さては、客にペイバーされたな。

だめだ。
予定変更。

深夜のバービアで20歳の新人ゲット

大人しく帰ろうかと思ったが、足はバービア捜索へ向けられた。
今夜は一人で眠りたくない。
バービア群をうろうろしてみる。

時刻は深夜1時半頃。
バービアはどこもがらがらだ。

暗がりの中、細身のバービア嬢から客引きを受ける。
よく見ると、若い。そこそこかわいい。
年齢は20歳。
まだ働いて2週間とのこと。
よし、合格。

ちょっと色は黒いが気にしない。
スレンダーだけど胸はきちんとある。
これはいいかも。
性格も明るい。

深夜2時過ぎ。
ペイバー決定。
「ノーン ドゥアイ ダイマイ」と聞いてみると、オッケーとのこと。
起床は朝10時でも11時でも大丈夫。これなら一緒にゆっくり寝られる。

チップの希望額は1500バーツ。むこうから切り出してきた。
やっぱり、バービアではロング1500バーツが標準相場だよね。

20歳バービア嬢

部屋へ連れて帰り、一緒にシャワーを浴びる。
服を脱いでも、やはりスレンダーな体型。胸はちょうどいいサイズ。
ルックス、スタイル、肌の白さなどは、20歳の派遣コヨーテ嬢には劣るけど、そんなに悪くないぞ。バービアでこのレベルなら充分すぎるほどだ。

期待を胸にベッドへ。

が、だめだ。
ビールを飲み過ぎた。すでに7.8本は飲んでいるだろう。
愚息が言うことを聞いてくれない。
無理っぽいな。

こんな時のためのロングである。
朝まで時間はたっぷりある。

2時間ほど仮眠すると、復活。
バービア嬢にちょっかいをかけると、きちんと相手をしてくれた。
しかも、感度のよい反応であった。

まあ、サービス自体はマグロだったけど、その反応やよし。
満足。

21歳のバービア嬢と20歳のコヨーテ嬢のことは、とりあえず忘れることができた。
もう一度、眠りにつく。

翌朝9時過ぎに目が覚めてしまう。

わたしは軽い二日酔い。
目覚めの一発をする元気はなかったし、バービア嬢もやる気はないようだ。
そのままお帰り願う。

サービスがよくないんで微妙だけど、顔もスタイルも合格点だし、性格も明るんで、またペイバーするかも。
とりあえず電話番号は交換しておく。

いやはや、捨てるバービア嬢あれば、拾うバービア嬢あり。
あっさりと20歳の新人がゲットできた。
ほんと、ありがたい街である、パタヤは。

 

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-2015年8月~パタヤ沈没日記
-, ,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.