*

タイ初心者を連れて、軽くパタヤ夜遊び案内してみる。ソイハニー、ソイ7、ウォーキングストリート。

2日目

パタヤ二日目の朝。
前日の疲れと酔いで、かなりのグロッキー状態だ。

コヨーテさんとのLINEのやり取りはあるものの、かなり冷たい返事。
やっぱり、ダメっぽいな。
他に男でもできたのかな。
まあ、もう少しだけ様子をみよう。
とりあえず今晩も仕事に行くとは聞いておいた。

友人二人とソイレンキーにある新しいクィティアオ屋で昼食。
こういった体調の時は、薬膳ラーメンが体にしみわたる。いいね。

ソイハニーとHONEY1見学

食後、タイ初心者を連れて、簡単に昼間のパタヤの遊び場を紹介。
ノースパタヤまで行くのは面倒なので、ソイハニーインだけで済ませることに。
明日はソイ6でも連れて行こう。

ソイハニー

ソイハニーイン(セカンドロードのソイ11)といえば、もちろんスペシャルマッサージ通りである。
もう見るからに怪しいマッサージ屋が並んでいる。
オイルマッサージが1時間200バーツ。あとは追加のスペシャルサービスが1000バーツだ。
店の前でしきりにマッサージ嬢が呼び込みしている。
これ、全員できるから」と初心者の友人に伝えておく。
「まじっすか」と驚き笑う友人。
さすがに真っ昼間の時間帯では、出勤者も少なくて、選べそうなマッサージ嬢は見当たらなかったけど、素通りするだけでもいい経験になっただろう。
何度も通るようになると、客引きがうざく感じてしまうんだけどね。

HONEY1

ついで、MP「HONEY1」へ。
MPとはマッサージパーラーのこと。つまりお風呂屋さんだ。
タイ初心者の友人は、日本でもお風呂屋さん未経験。つまり人生初の体験となる。
しかもタイのMPは顔見せあり。
昼過ぎの時間帯、それも元々大したラインナップではないハニー1だが、目の前で女性たちが座っている様に、友人はやっぱり驚いていた。
どうせなら、バンコクのナタリーかチャオプラヤー2にでも連れて行ってあげたかったが、MPの少ないパタヤでは致し方ない。
ちなみに、ハニー1のコンチアに話をきいたら、2000、2500、3000のラインナップ。このコンチア、ちょっと日本語うまくなってるぞ。
2000と2500は選べるレベルではなかった。
でも、3000のモデルクラスには、一人だけスタイルもルックスも抜群の女性が座っていた。
これなら3000バーツでも納得。あとは無理っす。

ハニー1は、見学だけで終了。
夜はウォーキングストリートを案内する予定だ。こんなところで無駄撃ちはやめておこう。

ソイ7のバービアで宴会

夜、他の友人も合わせて計4人で合流。
まずは、ソイ7のバービアで遊ぶことになった。

ソイ7

パタヤの初心者向けバービア群といえば、ソイ7・8が鉄板。あとはドリンキングストリートが有名だが、そちらは明日に連れて行く予定。まずはソイ7から。

とはいえ、ソイ7も客が少ない。もちろんバービア嬢も少なめ。
全体的に活気がない。

4人まとめて選ぶのは、ちょっと絶望的な状況。
とりあえず、適当なバービアに入って、おつまみとビールで宴会となった。

カオニャオピン
カオニャオピン

これは、もち米(カオニャオ)を七輪であぶったもの。バーベキュー屋台のカオニャオピンよりも、味は薄め。
焼き餅みたいなものだ。

イカ焼き屋台が通りかかったので、4人分を大量注文。

いか焼きスルメえのきベーコンエリンギ焼き

げそ焼き、スルメ、えのきベーコン、エリンギなどなど。しめて200バーツ。

えのきベーコンとエリンギは、塩バター味。

げそ焼きは、ひたすら辛いタレをつけて食べる。ビールに合う。

するめ(プラームックヘン)は、日本人の酒飲みならみんな大好きだろう。日本で食べるものと違いなし。でも、その場で七輪であぶってくれるので、熱々を食べることができる。うまし。

 

ペイバーはきついが、パタヤ初心者の友人にバービア遊びを経験させることにした。
バービア嬢を一人呼んで、4目並べとジャックポット(サイコロゲーム)の相手をしてもらう。
こっちが勝ったらチュー、相手が勝ったらドリンクを奢るという定番の遊び方。
もちろん、4目並べも初めての友人はあっさり敗北。ドリンクを奢っていた。でも、楽しそうだからオッケーだ。

友人はタイ語の本を手に必死にコミュニケーションを取ろうとしていたが、やっぱり発音が悪いから通じない。CDを聞かずにカタカナ文字だけで学習していては、まず通じない。
バービア嬢はすぐにわたしに通訳の助けを求めてくる。
言葉が通じなくても一対一で辛抱強く相手をしてくれる優しいバービア嬢だったら、一晩中タイ語を教えてくれたりもする。そういった子が見つかれば、タイ語の上達も早いんだけどね。
まあ、はじめてのタイでは、なかなかうまくいくことはない。
ひたすら経験を積んでいこう。

ウォーキングストリートへ

ウォーキングストリート入り口

さあ、お待ちかね。パタヤの夜遊びの総本山、ウォーキングストリートへ誘う時が来た。

経験豊富な友人たちとあれこれ相談。最初にどこへ連れて行くのがいいのか、軽く悩む。

初っ端にバカラやセンセーションズに連れて行くと、あとの店で選ぶのが難しくなるんじゃないかとか、いやいや、いきなりトップクラスの店のほうがやっぱりいいんじゃないかとか。

ウィンドミルクラブ

ウィンドミル

で、結局連れて行ったのが、ウィンドミル。
って、一番過激なところかよ。

しかも座った席が、入って左奥にあるマットプレイのかぶりつき席。
素っ裸の女性二人が重なり合ってプレイしているさまを、わずか30センチの距離で見ることができる特等席だ。
圧倒される友人。固まっている。
これでは、いかん、とスパンキーする棒を友人に手渡す。
これで尻を叩け」と促す。
弱弱しく叩く友人。勢いがないなあ。
マットプレイ中のダンサーが棒を奪って、お相手の女性の尻をおもいっきり引っ叩く。

スパーン!!!

と、破裂音が響き渡る。
でもまったく痛くない。音がでかいだけだ。
友人も腕を差し出して叩いてもらっていた。
それからレディドリンクを進呈して、スキンシップをはかる。
よしよし、順調に楽しんでいるな。

ウィンドミルのドラフトビールは60バーツ。それっぽちで、この過激なショーが見られるのはお得だと思う。

リビングドール1

リビングドール1

次いで、リビングドール1へ。
特に理由はないが、まあ普通っぽいゴーゴーバーってことで。
ドラフトビール79バーツ。

リビングドール1ボード

お、まずまず選べそうなレベルがそろっている。でも客はゼロ。
おかまのママさんにはスルーされた。よかった、やつに絡まれると面倒なんだ。
ここは見学だけで終わり。

リビングドールショーケース

リビングドールショーケース

リビングドールつながりで、リビングドールショーケースへ。
チャンビール1本150バーツ。シンハーなら155バーツ。
高いなあ、ここ。
ダンサー数、ちょっと少な目。奥のステージには誰も登っていない。
基本的に水着着用のコヨーテばかり。
以前はもうちょっと活気があったんだけどなあ。
平均レベルはリビングドール1より上だけど、この人数では厳しい。

ママさんに話だけ聞いてみた。
レディドリンクが165バーツ。
バーファインが、ショート1000、ロング1500。12時以降は、すべて1000バーツでいいとのこと。
で、チップがショート2500、ロング4000。
ひええ~
12時前にロングで連れ出せば、合計5500バーツ。
レディドリンクや自分の飲み代でプラス500バーツくらいかかるとすると、総合計6000バーツ。今のレートでほぼ2万円。
おいそれと手が出る金額じゃなくなった。

ここも撤退。

ベイビードールズ

ベイビードールズBabydolls

ベイビードールズボード

またまた、ちょっと過激系のゴーゴーバーへ行くことに。
ウィンドミルほどではないが、ベイビードールズも全裸ショーあり。
奥にシャワーショー、手前にマットショーの構成。

シャワーショーのメンツがきつい。お腹しわしわのおばさんばっかり。
でも、ショーを見る暇すらなく、ダンサーの売り込みがやってくる。
すぐに横に座って、ドリンクのおねだり。
いや、少しはダンスを見させてくれ。
初心者の友人にも寄ってきたが、ここはうまく撃退していた。
よし、わかってきたな。

あまりゆっくりもできずに、ドラフトビール一杯で退散。70バーツ。

バカラ

バカラ

そろそろトップクラスのゴーゴーへ行きますか。
もちろん、バカラだ。
ドラフトビールは69バーツ。

1階は満席。さすが超人気店。4人並んで座るのは不可能。
2階はそこそこ空いていた。
やっぱり1階のほうがいいね。
2階ではあまりいい子が見つからないのか、初心者の友人もあまり乗り気ではないようだ。
1階のレベルの高さにはびっくりしていたけど。

ここで、バービア好きの友人とわたしはリタイア。
もうゴーゴーバーめぐりは限界だ。
生ビールの連続と、冷え切ったクーラーがきつい。

あとは、ゴーゴー好きの友人に初心者の案内を任せた。
まだまだ連れまわすつもりのようだ。
元気だねえ。
最後まで頑張ってほしい。
(翌日聞いたところ、その後は、センセーションズやグラスハウスなど数軒まわったが、結局ウォーキングストリートでは見つからずに、LKメトロのゴーゴーでペイバーしたそうな。)

バービア好きの友人は一人でバービアへ。
わたしは、今一度、コヨーテさんの働くバーを訪れることにしたのだった。
さあ、今夜こそコヨーテさんと対面できるのか。

(つづく)


関連記事

クィティアオ

23歳パタヤ初日のバービア嬢。最後はやっぱりゴーゴー嬢と深夜のラーメン。

21日目 カオムーワーン ソイチャイヤプーンにあるローカル食堂で食事。 どれにしようかと、壁に

記事を読む

ウォーキングストリート2015

ちょっとパタヤに飽きてきたかも。それでもウォーキングストリートのゴーゴーバーへ。

44日目 昨晩からずっとカラオケ嬢と電話がつながらない。 何度かコールしているが、応答がない

記事を読む

ブッカオバービア群

チェンマイ出身の美人バービア嬢と、バービアでタトゥーを入れる元バービア嬢

45日目 あまりやる気はないが、腹は減る。 日本食は特に食べたいとは思わないけど、ちょっと濃

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム

まだまだ続くノーブンブン。めぐり合わせが悪い時は何をやってもダメな時。

15日目 ムーガティアム ソイエキサイト脇道にある日本語メニュー付き食堂へ。 ここは、ムーガテ

記事を読む

pattaya

2015年パタヤ2ヶ月沈没生活。実際の出費は2ヶ月で29万円でした。

57泊58日。ほぼ2ヶ月のパタヤ沈没生活。 毎度恒例、滞在費や夜遊び代に関しての実際の費用

記事を読む

エレクトリックブルー1

ドリンキングストリートとウォーキングストリート。ついにコヨーテさんとの対面を果たす。

3日目 20歳コヨーテ嬢が帰ってから、もう一度眠る。やはり疲れがたまっているようだ。がっつり昼

記事を読む

シャンペーン(シャンパーニュ)

友人のアテンド二日目。MPハニー1、LKメトロのシャンパーニュ、ソイ10バービア。

37日目 カラオケ嬢と昼食 ブンブンを中断してから、カラオケ嬢と二人で食事へ出かける。 といっ

記事を読む

パタヤラブサインボード

ありふれたパタヤ沈没の日常。夜の女性との半同棲生活はこんな感じ。

51日目 21歳カラオケ嬢との日常は、あまりにも強固かつ流れ作業的なものになりつつあり、もはや

記事を読む

洪水後のジョムティエンビーチ (3)

ファランとタイ人と宴会。最後は19歳ゴーゴー嬢とまたしても深夜のクィティアオ。

26日目 ジョムティエンビーチの様子 この日は滞在延長申請に向かう。 ノービザ入国での滞在期限

記事を読む

バービアのB52

パタヤカン散策後、バービアのタダ酒で酔っ払う

55日目つづき パタヤカン付近散策 夜、レンタルバイクでお出かけ。 パタヤカン方面へ行ってみよ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ヨッシー より:

    そうなんですよね~(^^; 私もある日以降のラインからコヨーテさんの態度が変わっていった経験があります。たぶん、気に入ったカスタマーを見つけたんでしょうね…。3wan以上のペイバーとかされたなら仲良くなる可能性は高いですからね…

    • pattayan night より:

      おそらく、上客の出現が一番大きな理由っぽいです。
      まあ、やっぱり、カネですね。

  2. みっきー より:

    毎度のことですが日本人的な”情”は無いようですね

    • pattayan night より:

      この2ヶ月の毎日のようなLINE通話は何だったんでしょうかね。まあ、そんなもんですよね。
      逆に、二股かけてやろうとしないだけ、マシかもしれませんが。

アドステア

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

→もっと見る

PAGE TOP ↑