パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ステーキ・洋食

ソイブッカオの新しいステーキ屋台

投稿日:

SPONSOR LINK

ソイブッカオの新しいステーキ屋台

ソイブッカオに新しいステーキ屋台ができた。

ソイブッカオの新しいステーキ屋台 (1)

場所は、ソイダイアナとソイレンキーの十字路から少しだけ南下したところ。

本当に小さな屋台だが、いちおう椅子とテーブルがあって、その場で食べることができる。

ソイブッカオの新しいステーキ屋台 (2)

ビールも売っていた。

メニュー
ソイブッカオの新しいステーキ屋台 (7)

プレインステーキ:鶏59、豚69、牛99バーツ
ブラックペッパー、バーベキュー、スパイシーステーキ:鶏79、豚89バーツ
ポークチョップ99バーツ

スパゲッティもあり。

ソイブッカオの新しいステーキ屋台 (6)

が、どうやら現在はトマトソーススパゲッティのみのようだ。
カルボナーラなどは販売中止らしい。

深夜0時頃に訪問。
まだ営業しており、プレインポークステーキをテイクアウトすること。
タイ語では、ステークムータマダーと呼んでいた。69バーツ。

部屋に持ち帰り、容器を開封。ちょっと中身が崩れていたがやむをえまい。

ソイブッカオの新しいステーキ屋台 (4)

しっかりと焼かれたポークステーキ。
フライドポテトとサラダ。
プレインステーキだけど、ちゃんとソースはついている。

ステーキはこんな感じだ。

ソイブッカオの新しいステーキ屋台 (5)

脂身少なめで、意外とあっさりした味。ペッパーソースによく合う。
タイのローカルステーキ屋では平均的な肉質と味付けではないだろうか。
決して不味くはないが、うまくもない。
特筆すべきことはない。
肉の量は少なめ。150gとかそんなもの。
ポテトとサラダをあわせても、腹いっぱいにはならない。

サラダは思いのほか新鮮。フライドポテトの揚げ加減は上々。
69バーツはちょっとだけ高く感じるが、立地を考えるとこんなものかなあ。
サードロードやスクンビット方面のローカルステーキ屋だと同じ価格帯でもレベルは少しアップする。

地図

Maleez Lodgeホテルの向かい側あたりだ。
便利な立地ではある。

詳しい営業時間は不明だが、夜間でも営業している。昼間は営業していない。おそらく夕方くらいから。
これは深夜0時過ぎにステーキ屋台からソイブッカオとソイレンキーの交差点方面を見たところ。

ソイブッカオの新しいステーキ屋台 (3)

この時間帯は人通りも車もぐっと減る。
ほとんどのレストランは閉店済み。名無し食堂ですら閉店してしまう。
パタヤ中心部ではもっともにぎわっているソイブッカオでもこのありさま。

ステーキ自体は大したことはない。
深夜に小腹が空いて、軽くステーキでも食べる程度なら利用してもいいかというレベル。
機会があれば次回は59バーツのチキンステーキにしてみる。

SPONSOR LINK

-ステーキ・洋食

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.