パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ブレックファースト

The Devonshire(デボンシャー)@ソイレンキーのイングリッシュブレックファースト

投稿日:

ひさびさにがっつりとしたイングリッシュブレックファーストを食べた。
店はソイレンキーにあるThe Devonshire(デボンシャー)。
老舗のファラン飯屋だ。
スモールイングリッシュブレックファーストが109バーツ。
スモールといいながらもボリューム満点。

SPONSOR LINK

The Devonshire

devonshire デボンシャー (1)

ずっと前から存在は知っていたが、実際に入ることはなかった。
というのも価格設定が高めの印象だったからだ。
ブレックファーストが170バーツくらいだったような記憶がある。

が、先日、109バーツと銘打ったのぼりが目に入った。

devonshire デボンシャー (14)

ローシーズン価格とのこと。

さっそく入ってみよう。

店内の様子。

devonshire デボンシャー (13)

客は少ない。
現在のパタヤではしょうがない。

メニューは定番のヨーロッパ料理がずらり。

devonshire デボンシャー (4)

devonshire デボンシャー (5)

devonshire デボンシャー (6)

タイ料理も揃う。

devonshire デボンシャー (7)

カオパットが120バーツとそこそこいい値段。

日替わりメニューあり。

devonshire デボンシャー (2)

日替わりのわりには高めの料金設定。
木曜日のサーロインステーキ250gはちょっと気になる。249バーツ。

ドリンクメニュー
devonshire デボンシャー (8)

水とコーラが35バーツなど

ビールはプロモーション中だった。

devonshire デボンシャー (12)

通常ビールが55バーツ、サンミゲルが60バーツ、チャン大瓶が70バーツ。
大瓶70は安いな。

SPONSOR LINK



イングリッシュブレックファースト

朝食メニュー
devonshire デボンシャー (3)

スモールイングリッシュブレックファーストが109バーツ
フルイングリッシュブレックファーストが129バーツ
ビッグボーイブレックファーストは399バーツ

ビッグボーイは、卵3つ、ベーコン2枚、ソーセージ4本、マッシュルーム、ブラックプディング、豆、焼きトマト2個、バブルアンドスクイーク、ハッシュドポテト2個、トースト2枚という内容。
食べすぎだろ。

スモールとフルの違いは、ベーコンの数、マッシュルームとブラックプディングの有無、トーストの数などが違うようだ。
あとは基本的に同じ。

無難にスモールイングリッシュブレックファーストにしておく。

まず、コーヒーとオレンジュース

devonshire デボンシャー (9)

コーヒーはおかわり自由だそうだが、大きなマグカップに入っていて、この1杯で充分な量。味は特筆すべきものではないが。

続いて本体の登場。

devonshire デボンシャー (10)

山切りカットのトースト1枚、バター付き。パンの味はそこそこ。コンビニで売っている小さな四角形のパンよりだいぶいい。
さらに揚げパンが半切れ。イングリッシュブレックファーストといえば、揚げパンでしょう。噛めば油がじんわりと口いっぱいに広がる。
卵は普通の目玉焼き2個。オーダー時にスクランブルエッグなどに変更してもらえる。
焼きトマト一切れ。
これまた定番の豆。

ソーセージは2本。いや、大きな一本は2つに分けただけかも。少し塩気の強いヨーロピアンソーセージ。
ベーコンは脂身少なめタイプ。

devonshire デボンシャー (11)

さらに、量こそ少ないが、バブルアンドスクイークも付く。
バブルスクイークとは、こねたじゃがいもに野菜などを加えて焼いたもの。イギリスの家庭料理らしい。

以前、ソイブッカオのHungry Hippoで食べたことがある。

関連記事:ソイブッカオの新ファラン飯屋、HUNGRY HIPPO(ハングリーヒポ)

デボンシャーのバブルアンドスクイークは、ハングリーヒポのものよりうまかった。
ちゃんと味がついていて、ポテトのうまみも感じられるほど。
量が少ないのが残念。

ただ、全体的なボリュームは問題なし。
トースト1枚だが、厚みがあって、これを2枚食べるのは逆にしんどいほど。
まあ、揚げパンはおまけで。
完食すれば、お腹はすっかり膨れる。

この内容で109バーツなら、コスパの高さは上々だと思う。
コーヒー好きならおかわりもできるし、文句なしかも。

もっと食べたい人は、フルイングリッシュブレックファーストにすればいいかと。プラス20バーツで、トーストが増えるし、ブラックプディングとマッシュルームも付いていくる。より完全なイングリッシュブレックファーストになる。

通常時の価格は不明。
ローシーズン価格ということだが、いつまで続くはわからない。
まあ、現在はローシーズンというよりデッドシーズンみたいなもので、リアルなハイシーズンは来年までお預けのような気がするが。

店内喫煙可能。
店は混んでおらず、まわりを気にせず、のんびり食後の一服もできる。
イギリスの新聞が常備してあり、ファランはだらだらとコーヒー飲みながら新聞を読んでいる。

地図

ソイブッカオからソイレンキーに入って徒歩1,2分。立地はすごくいい。
営業時間は不明。

まとめ

ソイレンキーのブレックファースト2強といえるRetoxとThe Havenは閉店済み。
フィッシュアンドチップスのジョリーフライヤーもクローズしている。
現状では、ソイレンキーで最強のブレックファーストは、デボンシャーとなりそうだ。
個人的にはリピートあり。
特にバブルアンドスクイークはもう一度食べたい。

ソイブッカオに出れば、ハングリーヒポ、チャンキーモンキー、チープチャーリーのファラン飯屋御三家が健在。いずれもボリューム満点だ。
王道イングリッシュブレックファーストなら、LKメトロのi-roversがいいと思う。

SPONSOR LINK

-ブレックファースト

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.