*

パタヤはやっぱり狭い街。浮気現場の目撃に注意せよ。

公開日: : エッセイ

先のパタヤ滞在中は、ずっと特定の女性と一緒だった。
昼間は二人で食事に出かけたり、センターンでデートしたり、夜になったら職場まで送ったりしていた。

で、それ以降はわたしは一人でバービア群をふらふら。
すると、訪れる先々で、知り合いから目撃談が寄せられるようになった。

ノースパタヤのバービアで働くバービア嬢から、
センターンで一緒のとこ、見たわよ。誰よ、あれ?
このバービア嬢は、昔ペイバーしたことがある。
二度目のペイバーはないけど、仲良しの状態は続いている。ちょっと気まずかった。

別のバービア嬢から、
ブッカオでソンテウに乗ってるとこ、見たわよ。誰よ、あれ?
このバービア嬢は、わたしのなじみのバービアで働いている。ペイバー対象外なんで、特に問題はないのだが、どこかひっかかるなあ。

はたまた、LKメトロで働く呼び込み嬢から、
ウォーキングで一緒に歩いているとこ、見たわよ。誰よ、あれ?
この呼び込み嬢とは長い付き合い。ペイバーすることはないけど、やっぱりどこか気まずい。

そんな感じで、パタヤ各地で目撃されておりました。

さらには、ブッカオの名無し食堂で、バービアのママさんと鉢合わせしたこともあるなあ。
ママさんは彼氏のファランと一緒。
このママさん、バービアに新人が入ってくれば、真っ先にわたしに紹介してくれる親切な御方。
何度も新人をペイバーさせてもらった。
わたしが別の店の女を連れているわけで、少々気まずかった。
さすがに食堂内では会話はせず、あとでママさんのバービアに遊びに行ったら、さんざんからかわれてしまった。

ママさんクラスでも、ブッカオからサードロード付近に住んでいることが多いんで、どうしてもわたしの行動範囲とかぶってしまう。

また、他の女性にしても、昼間の行動範囲は、センターンか市場くらいで行くところが限られる。
ブッカオの常設市場でバービア嬢に出くわすケースもある。
夜、遊びに行くにしてもウォーキングのディスコがメインだろうし。
あと、日本人受けするようなルックスの子は、ハリウッドへ遊びに行くことが多いかな。そうなると、深夜のハリウッドでは知り合いに遭遇する確率はもっと高くなりそうだ。

やっぱり、パタヤは狭いよね。

いつ、どこで、誰に、見られているか、わかったもんじゃない。

バービア嬢同士のネットワークは、たぶん、それほど広くない。
近所のバービア同士はつながっているけど、バービア群が離れるとそれほど交流はなさそうだ。

特に今回はバービアから誰もペイバーしていない。
少々目撃されたとしても別に問題はないんだけど、なんか小っ恥ずかしい。

一方、ゴーゴーバーは数も限られているし、移籍も盛ん。
とりわけ同グループ店だと、人の出入りは激しい。
範囲も狭い。ウォーキングストリートかLKメトロ内で完結する。
しかも姉妹店同士では確実につながっている。
そんなわけで、夜嬢の情報網が築かれることになる。

 

おそらく、バンコクのナナプラザやソイカウボーイあたりは、もっと世界は狭い

名作ゴーゴーバー小説「PRIVATE DANCER」でも、そんな情報網に関するシーンが描かれている。
主人公のファランが、ナナ・プラザの店で飲み始めると、懇意にしている別のゴーゴーで働く女性が、数分後にはなぜか店に入ってきて、ファランの目の前をしれっと歩くのだ。
しかも、ファランには声をかけず、またすぐに自分の店に戻っていく。
怖くなったファランが女性の店へ急行して、真意を問いただす。
返事は、「友だちに用事があっただけよ。それだけ。」
情報網の早さに驚くファランであった。

まあ、わたしはゴーゴーバーに嵌まったことがないんで、このあたりはあまり実感としてはわかりませんが。

ただ、バービアをうろうろしているだけで各地で目撃されるわけで、狭いウォーキングストリート内なんかだと、あっという間に知れ渡ってしまうことは想像にかたくない。

 

ゴーゴーバーで特定の相手と付き合っている人は、要注意だ。
情報網に絡め取られ、身動きがとれなくなってしまう。
バレたら、ジャオチュー(浮気者のこと)認定確実。

ま、とっかえひっかえしている人なら、問題ないでしょうけどね。

しょせんは、夜遊び旅行者なんで、気にするだけ馬鹿らしい。

お相手をした女性はすべて、斬鉄剣ばりの切れ味で、スパッと切ってしまうのだ。
あとには何も残さない。
去りゆくゴーゴー嬢やバービア嬢には目もくれず、「またつまらぬものを斬ってしまった」と、うそぶくのがパタヤ夜遊びの鉄板スタイル。
狭い街だけど、女は星の数ほどいるんで。

まあ、お好きなようにお遊びください。

 

全世界ゴーゴーバー好き必読の名作。翻訳はないが、英語で読むべし。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

ウォーキング夜景 1

ゴーゴーバーから立ちんぼまで。タイ夜遊び旅行初心者一名様パタヤご案内

今年(2014年)の1月、パタヤに沈没していた時の話。 日本の知人が4人でパタヤへ遊びにき

記事を読む

ソイブッカオ標識

ソイブッカオ、ブアカーオ、ボッカオ、ブーカオ、ブァッカーオ?どれが正しいの?

タイやタイ語に関する日本語の文章を書いていると、どうしても悩ましいのが、カタカナ表記だ。 どこ

記事を読む

バンコク銀行ATM

続・日本人彼氏がいるバービア嬢へのインタビュー。あなたはそれでも送金しますか?

覚えているだろうか、あの魔性の女プーちゃんを。 齢21にして、日本人やファランを転がし、送金を受け

記事を読む

ドリンキングストリートバービア群

日本人彼氏がいるバービア嬢へのインタビュー。彼女の秘密を知るべきか知らざるべきか。

ふらりと入ったパタヤのバービアでの話である。 酒とビリヤードと70年代ロックに酔いしれるファランた

記事を読む

city-235448_640

パタヤで日本人が行かない遊び場ってどこ?

今年1月にはじめてパタヤを訪れた友人を案内したときの話。 ゴーゴーバー、バービア、MP、立

記事を読む

ソイパタヤランド2レディボーイゴーゴーバー

タイ・パタヤのレディボーイについて。見抜く方法と対処法はあるのか?

タイで遊んでいると、どうしてもぶつかってくる問題がある。 そう、レディボーイ問題だ。 これは

記事を読む

Gダイアリー

久々にGダイアリーを購入してみたら最強マップが増えていた

タイ好きの紳士の雑誌といえばGダイアリー。 購入したのは、G-DIARY2015年11月号。目下の

記事を読む

southside-kimuchi サウスサイドキムチ

キムチとキモチイイ。Southsideのヒップホップナンバー「KIMUCHI」でコーシアンノイ。

サウスサイドのキムチ とあるバービアでの話。 バービア嬢から、「キモチイイ」と「イク」と「イタイ

記事を読む

ウォーキングストリート2016年4月

タイ・パタヤ夜遊び旅行初心者のためのアドバイス格言集

ゴールデンウィークに初めてタイやパタヤへ夜遊び旅行へ出かける予定で、不安や期待でそわそわしている人も

記事を読む

りんな (2)

【ネタ】謎のJKりんなちゃんにペイバー交渉してみた

突如としてLINEに現れた女子高生りんな。 今、巷で話題沸騰中だ。 世の男どもは、何とか

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ゴーゴー馬鹿一代 より:

    ゴーゴーだと。
    バンコクのバカラの方から一時的(?)にパタヤのバカラに移って働いた子が自分のひいきにしていた子の友達で、たまたまパタヤのバカラにふらりと行った時に見つかりその後もめたのがいい思い出です。

    • pattayan night より:

      ああ、そのパターンもありますね。バンコク、パタヤ間での同系列レンタル移籍?ですね。
      バンコクからパタヤへ逃げたつもりになっていても、油断できないですな。

アドステア

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

soi BJ (1)
ウォーキングストリート、ソイBJ屋台の10バーツ唐揚げ

ウォーキングストリートのソイBJに屋台が集結するようになった。

sensations
【昨晩のウォーキングストリート】エアポートクラブとセンセーションズ

調べごとがあり、数日ぶりに夜のウォーキングストリートを訪れた。

camel toe pattaya (1)
ソイコーパイのジェントルマンラウンジ、 The Camel Toe(キャメルトゥー)訪問レポート

ソイコーパイにあるジェントルマンラウンジ、The Camel Toe(

→もっと見る

PAGE TOP ↑