*

パタヤはやっぱり狭い街。浮気現場の目撃に注意せよ。

公開日: : エッセイ

先のパタヤ滞在中は、ずっと特定の女性と一緒だった。
昼間は二人で食事に出かけたり、センターンでデートしたり、夜になったら職場まで送ったりしていた。

で、それ以降はわたしは一人でバービア群をふらふら。
すると、訪れる先々で、知り合いから目撃談が寄せられるようになった。

ノースパタヤのバービアで働くバービア嬢から、
センターンで一緒のとこ、見たわよ。誰よ、あれ?
このバービア嬢は、昔ペイバーしたことがある。
二度目のペイバーはないけど、仲良しの状態は続いている。ちょっと気まずかった。

別のバービア嬢から、
ブッカオでソンテウに乗ってるとこ、見たわよ。誰よ、あれ?
このバービア嬢は、わたしのなじみのバービアで働いている。ペイバー対象外なんで、特に問題はないのだが、どこかひっかかるなあ。

はたまた、LKメトロで働く呼び込み嬢から、
ウォーキングで一緒に歩いているとこ、見たわよ。誰よ、あれ?
この呼び込み嬢とは長い付き合い。ペイバーすることはないけど、やっぱりどこか気まずい。

そんな感じで、パタヤ各地で目撃されておりました。

さらには、ブッカオの名無し食堂で、バービアのママさんと鉢合わせしたこともあるなあ。
ママさんは彼氏のファランと一緒。
このママさん、バービアに新人が入ってくれば、真っ先にわたしに紹介してくれる親切な御方。
何度も新人をペイバーさせてもらった。
わたしが別の店の女を連れているわけで、少々気まずかった。
さすがに食堂内では会話はせず、あとでママさんのバービアに遊びに行ったら、さんざんからかわれてしまった。

ママさんクラスでも、ブッカオからサードロード付近に住んでいることが多いんで、どうしてもわたしの行動範囲とかぶってしまう。

また、他の女性にしても、昼間の行動範囲は、センターンか市場くらいで行くところが限られる。
ブッカオの常設市場でバービア嬢に出くわすケースもある。
夜、遊びに行くにしてもウォーキングのディスコがメインだろうし。
あと、日本人受けするようなルックスの子は、ハリウッドへ遊びに行くことが多いかな。そうなると、深夜のハリウッドでは知り合いに遭遇する確率はもっと高くなりそうだ。

やっぱり、パタヤは狭いよね。

いつ、どこで、誰に、見られているか、わかったもんじゃない。

バービア嬢同士のネットワークは、たぶん、それほど広くない。
近所のバービア同士はつながっているけど、バービア群が離れるとそれほど交流はなさそうだ。

特に今回はバービアから誰もペイバーしていない。
少々目撃されたとしても別に問題はないんだけど、なんか小っ恥ずかしい。

一方、ゴーゴーバーは数も限られているし、移籍も盛ん。
とりわけ同グループ店だと、人の出入りは激しい。
範囲も狭い。ウォーキングストリートかLKメトロ内で完結する。
しかも姉妹店同士では確実につながっている。
そんなわけで、夜嬢の情報網が築かれることになる。

 

おそらく、バンコクのナナプラザやソイカウボーイあたりは、もっと世界は狭い

名作ゴーゴーバー小説「PRIVATE DANCER」でも、そんな情報網に関するシーンが描かれている。
主人公のファランが、ナナ・プラザの店で飲み始めると、懇意にしている別のゴーゴーで働く女性が、数分後にはなぜか店に入ってきて、ファランの目の前をしれっと歩くのだ。
しかも、ファランには声をかけず、またすぐに自分の店に戻っていく。
怖くなったファランが女性の店へ急行して、真意を問いただす。
返事は、「友だちに用事があっただけよ。それだけ。」
情報網の早さに驚くファランであった。

まあ、わたしはゴーゴーバーに嵌まったことがないんで、このあたりはあまり実感としてはわかりませんが。

ただ、バービアをうろうろしているだけで各地で目撃されるわけで、狭いウォーキングストリート内なんかだと、あっという間に知れ渡ってしまうことは想像にかたくない。

 

ゴーゴーバーで特定の相手と付き合っている人は、要注意だ。
情報網に絡め取られ、身動きがとれなくなってしまう。
バレたら、ジャオチュー(浮気者のこと)認定確実。

ま、とっかえひっかえしている人なら、問題ないでしょうけどね。

しょせんは、夜遊び旅行者なんで、気にするだけ馬鹿らしい。

お相手をした女性はすべて、斬鉄剣ばりの切れ味で、スパッと切ってしまうのだ。
あとには何も残さない。
去りゆくゴーゴー嬢やバービア嬢には目もくれず、「またつまらぬものを斬ってしまった」と、うそぶくのがパタヤ夜遊びの鉄板スタイル。
狭い街だけど、女は星の数ほどいるんで。

まあ、お好きなようにお遊びください。

 

全世界ゴーゴーバー好き必読の名作。翻訳はないが、英語で読むべし。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

nongkhai-mekong-riverside-8

イサーンで聞くボーボーニヤンニヤンに萌える。タイ語とイサーン語とラオス語。

イサーンとラオスは元々同じ文化圏。 使われている言語も当然似ている。 政治的歴史的変遷もあり

記事を読む

Baccara

昨晩のパタヤバカラにて思うこと

ソンクラーン直前のウォーキングストリート。 日増しに観光客が増えているような印象。

記事を読む

ケッティシリーハウスセーフティボックス (3)

【盗難・睡眠薬強盗】タイの夜遊びでホテルの部屋に連れて帰る時の注意事項

タイの夜遊びでは、自分のホテルに連れて帰って、一晩楽しむことができる。 これはタイ夜遊びの醍醐味の

記事を読む

パタヤヒルプラタムナックの秘密のハッテン場 (2)

パタヤヒルにある秘密のハッテン場で貞操の危機に陥った話

先日、パタヤヒル(プラタムナック)地区を散策した時のこと。 日中だけ入ることができる公園がある

記事を読む

アレカロッジ部屋

ホテルの部屋に居座るタイレディを追い出す方法

あなたは経験がないだろうか、タイ女性名物の居座りを。 はたまた荷物置きを。 居座りは、ペイバ

記事を読む

soi6

ソイ6のバー、丸ごと一軒買う値段は? パタヤのバーの値段を聞いてみた

今年一月、友人のアテンドでソイ6に行ったときの話。 とあるバーで、2階に上がった友人が

記事を読む

ソイブッカオ標識

ソイブッカオ、ブアカーオ、ボッカオ、ブーカオ、ブァッカーオ?どれが正しいの?

タイやタイ語に関する日本語の文章を書いていると、どうしても悩ましいのが、カタカナ表記だ。 どこ

記事を読む

ウォーキングストリート2016年4月

タイ・パタヤ夜遊び旅行初心者のためのアドバイス格言集

ゴールデンウィークに初めてタイやパタヤへ夜遊び旅行へ出かける予定で、不安や期待でそわそわしている人も

記事を読む

スクリーンショット_050916_020340_PM

「世界一周ホモのたび by 熊田プウ助・ サムソン高橋」がおもしろい

バックパッカー系海外旅行ブログやツイッターで話題になっている本がある。 タイトルがいい

記事を読む

LKメトロ

毎月30万バーツ送金、残高ゼロ。はたして日本人とファランはどちらがカモなのか。

前回の沈没日記に登場したソイLKメトロのコヨーテ嬢。 仕事終わりに部屋へ連れて帰って、ショート10

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ゴーゴー馬鹿一代 より:

    ゴーゴーだと。
    バンコクのバカラの方から一時的(?)にパタヤのバカラに移って働いた子が自分のひいきにしていた子の友達で、たまたまパタヤのバカラにふらりと行った時に見つかりその後もめたのがいい思い出です。

    • pattayan night より:

      ああ、そのパターンもありますね。バンコク、パタヤ間での同系列レンタル移籍?ですね。
      バンコクからパタヤへ逃げたつもりになっていても、油断できないですな。

アドステア

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑